シグナル 100 あらすじ。 映画『シグナル100』ネタバレあらすじと感想。キャスト橋本環奈ほか36人が魅せた「デスゲーム」と“青春ドラマの妙味”

シグナル100映画のあらすじと予告映像は?|CINEMA Adjust

シグナル 100 あらすじ

映画「シグナル100」のスタッフ・キャスト 【監督】竹葉リサ 【脚本】渡辺雄介 【出演】橋本環奈 樫村怜奈 、小関裕太 榊蒼汰 、瀬戸利樹 和田 隼 、甲斐翔真 西園寺聖也 、中尾暢樹 藤春 昴 、福山翔大 桐野 玄 、中田圭祐 羽柴 健太 、山田愛奈 園田樹里 、若月佑美 小泉はるか 、前原滉 関 克美 、中村獅童(下部) 【製作年】2020年 映画「シグナル100」あらすじ ある朝、担任教師の下部(中村獅童)に視聴覚室に呼び出された樫村怜奈(橋本環奈)たち3年C組の生徒達。 不気味な映像を見せられ、催眠をかけられてしまう。 それは、ある行動をすると自殺してしまうという催眠だった。 自殺させる「シグナル」は、全部で100種類。 「遅刻をする」「スマホを使う」「大笑いする」「つまずいて転ぶ」「あくびをする」など、何気なく行う普段の行動がトリガーとなり死へとつながる。 学校から出ることも、クラスメイト以外に催眠のことを話すこともできず、一瞬にして彼らの日常は消え去った。 自殺催眠を解くには、自分以外のクラスメイトが全員死んで最期まで生き残るしかない。 生徒達に自殺催眠をかけた下部は、絶望に唖然とする生徒達を前に、教室の窓から飛び降りてしまう。 そして、樫村は全員が生き残る方法を見つけようとするが、生徒達の生き残りを賭けた壮絶なデスゲームが始まってしまうー。 感想:不条理な非日常があぶり出す人間の醜さと優しさ 『バトルロワイアル』や『悪の教典』系の若者が次々の殺されていく映画の自殺版というところ。 これは、ものすごーく好き嫌いが別れると思います。 とにかくエグい映像の連続ですし、後味も悪い……。 自殺催眠という不条理な非日常があぶり出すのは、人間の醜い本性であり、実は好きな人を守りたいという気持ちでもあります。 そして、催眠を解く鍵は、本当に単純なことですが、そこに気が付けない愚かさが描かれています。 暴力的な映像をこれでもかと見せられますが、暴力や自殺を肯定している映画ではないと思います。 ただ……、原作のコミックも読んだのですが、ラストがイマイチうーんと思ってしまいました。 映画版とコミック版では結末が多少異なります。 壮絶な事件の最後に生き残るのは、主人公の樫村です。 原作版では、生き残った樫村が大人になり教師となっています。 下部と同じように生徒達から嘲笑され蔑まれる毎日を送っています。 そして、彼女が下部と同じように、自殺催眠の映像を生徒達見せるというシーンで終わっています。 (思い留まって映像を止めてくれていないかなあ……と思います。 生き残りである彼女なら、違う選択肢があったのでは?と思ってしまいました。 ) 映画版では、下部が実は生きていて、会いにやって来た樫村が、自殺催眠の映像を下部に見せて終わります。 個人の感想ですが、どちらのラストもうーんでした。 とは言え、個人の感じ方や捉え方でラストの意味が変わってくるのかなと思いました。 原作は、宮月 新の同名のコミック全4巻.

次の

映画『シグナル100』あらすじネタバレあり!主要キャストと作品情報・予告動画や原作漫画を紹介します!【橋本環奈主演映画】

シグナル 100 あらすじ

漫画『シグナル100』ネタバレ 担任教師からかけられた自殺催眠から抜け出せるのか!? 聖新高校2-C担任の下部は追いつめられていました。 言うことを聞かず問題ばかりおこす生徒たち そのせいで校長におこられるのはいつも下部ばかり その上生徒たちは下部のことを 下僕と馬鹿にします 授業だってまともにできない状態 でも今日だけはなんとしても・・・ 下部は今日の授業は視聴覚室でやるから必ず出席するようにと 生徒たちにいいます すると生徒の一人がお願いするときはそれなりのことをしないとといい 下部に土下座させます さらには出席する生徒には1人1万円わたすといい・・・ もちろんこれをきけば生徒たちは全員出席します しかしこれは下部の作戦でした そして視聴覚室にやってきた2-Cの生徒たち すると突然教室の中が暗くなりスピーカーからは耳をつんざくかのような巨大音 そしてスクリーンには意味のわからない映像がながれ・・・・ その後生徒たちの目の前に下部がたっていた すると下部は「 今 君たちに後催眠をかけました」といいだし・・・ それをきいた生徒たちの1部が逆上し下部に殴りかかります するとその生徒はなんと自ら壁に自分から頭を強くうちつけ死んでしまい・・・ 漫画『シグナル100』あらすじと感想 下部は生徒たちに 後催眠=自殺催眠というものをかけました。 なにか行動をしてしまうと自分の意思関係なく自殺してしまうのです。 催眠発動となる事象を知っているのはもちろん下部だけ。 下部に殴りかかろうとした生徒、電話で外に助けを求めようとした生徒などが次々に自殺していきます。 しかもこの後「地獄で待つ」といって窓から飛び降り下部は死亡。 催眠かけた本人が自殺してしまうなんて絶望的ですね。 自分を自殺に導くには 100の行動があります。 なにがきっかけで発動するかわからない恐怖。 解放される方法は自分以外のクラスメイト全員死ぬこと。 まさに絶望のデスゲームです。 (サイト内の検索で「シグナル100」と入力して検索!).

次の

【ネタバレ】映画『シグナル100』を原作と比較しながら解説 下部はキャラ設定がかなり違う?

シグナル 100 あらすじ

引用元: 原作・、作画・近藤よるに人気コミック「シグナル100」の実写映画化! 平和な高校生活が、担任教師による「自殺催眠」をかけられたことによって、日常生活が一気に変貌します。 今回は、橋本環奈主演のデスゲーム映画「シグナル100」を紹介していきます。 映画「シグナル100」の作品情報 監督:竹葉リサ キャスト:橋本環奈(樫村怜奈)、(榊蒼汰)、(和田隼)、甲斐翔真(西園寺聖也)、(藤春昴)、福山翔大(桐野玄)、中田圭祐(羽柴健太)、(園田樹里)、(小)、前原滉(関克美)、(山本英司)、(箕輪紀子)、(下部)、他 作品概要: 原作・、作画・近藤よる人気漫画『シグナル100』を原作に、主人公の樫村怜奈と周囲の生徒達による、命をかけたデスゲームを描いたスリラー。 出演は、4年ぶりの映画単独主演となる橋本環奈を始め、やなど、日本映画注目のが集結。 監督は、2014年に初の長編作『さまよう小指』が、「2014」で最高賞とシネガーアワードをW受賞するなど、注目の監督、竹葉リサ。 映画「シグナル100」のあらすじ 引用元: 11月3日の、聖新学園の3年C組では担任の下部()の下で特別授業が行われようとしていました。 樫村怜奈(橋本環奈)と、その親友の小()、女子に人気があるサッカー部員の榊蒼汰()らC組の生徒36名は学校の視聴覚室に集められ、下部が用意した不気味な映像を全員が見せられてしまいます。 映像が終わった後、この日遅刻してきた生徒が自ら教室から飛び降り自殺をしてしまい、連鎖反応的に他の生徒たちも次々と窓から身を投げていきました。 動揺する生徒たちの前に現れた下部は、用意した映像には生徒を普段の何気ない行動など100パターンの行動がシグナルとなって自殺を誘発してしまうという「自殺催眠」の効果があることを語りました。 先程自殺した生徒は100パターンのひとつ「遅刻をする」を実行してしまっており、で助けを呼ぼうとしたはるかは「を使う」もシグナルだったことから絶命してしまいます。 怜奈は衝撃を受けますが、「泣く」こともシグナルであることから、涙を流せませんでした。 下部は「これは大人になった時の訓練だ。 下部に逆上して殴りかかろうとした生徒は、100パターンのひとつ「他人に暴力をふるう」に引っかかったため絶命、下部は怜奈らに「ちゃんと進路を考えろ」と言い残して自らも窓から飛び降りていきました。 生徒たちは催眠解除のカギを探ることにし、図書室に行った伊沢学(白石拳大)はそれらしき本を見つけましたが、クラスのなかでも他人とは距離を置いている和田隼()に奪われました。 教室に戻った和田は、この催眠はカのカルト団体が作り出したものであり、最後の一人になれば催眠が解けるのは事実だと語ると、図書室で見つけた本の中にシグナルの100パターンのうち50パターンが書かれていた事を明かしました。 和田はクラス全員で協力して乗り切ろうと呼びかけ、サッカー部員に部室にある大量のスポーツドリンクを取りに行かせましたが、「水を飲む」行為もシグナルのひとつだったため、ドリンクを飲んだ部員は絶命してしまいます。 その頃、和田は自分に好意を持っている君津早苗(鈴木つく詩)を誘って保健室に連れ込み、「興奮した状態で性器を握る」というシグナルを実行させて死に追いやりました。 和田はそのまま姿を消し、図書委員の園田樹里()は、和田は積極的にゲームを進めることにしたのではないかと推測、サッカー部の桐野玄(福山翔大)は和田が死んだ部員を罠にかけたものだと疑念を抱きました。 しかし、怜奈はあくまでも全員で協力するべきだと主張したことから、サッカー部と協力して和田を探す事にしました。 やがて桐野は和田が廊下を歩いているところを見つけ、理科室に追い込みましたが、和田は一計を案じて桐野に水を飲ませようと画策しました。 和田を疑う桐野が拒んでいたところに怜奈がやってきました。 和田は身の潔白を主張しようと自ら水を口に含み、桐野は水を飲みますが、その瞬間絶命してしまいます。 実は和田は水を飲むフリをして口に含んだだけであり、桐野を罠にかけたのです。 映画「シグナル100」の結末 引用元: その頃、教室では樹里が同級生たちにシグナルは50種類だけではなく62種類であること、その全てを知っているのは和田と自分だけであると伝えました。 生徒たちはシグナルの情報を得るため仕方なく和田と樹里の言いなりにならざるを得なくなり、その間にも和田は同じサッカー部の西園寺聖也(甲斐翔真)に罠をしかけて死に追いやりました。 その頃、榊と共に和田を探していた怜奈は、和田によって命を奪われたと思われるルの遺体に遭遇、体育館で和田側についた生徒たちからシグナルを発動させられそうになりますが、この状況で怜奈はシグナルは62種類の他にもう38種類あることに気付きました。 それは下部があらかじめ制定していた「3年C組38の掟」のことでした。 38の掟には「学校で朝を迎えない」と定められており、また「学校の外に出ない」というシグナルがあることから、このまま朝を迎えれば全員が死ぬことになることが判明しました。 その時、和田がレインコートを着て現れ、その場にいた生徒たちにビールを浴びせました。 「お酒を浴びない」というシグナルにかかった生徒たちは次々と絶命していき、逆上した樹里は和田に襲い掛かり「他人に暴力をふるう」のシグナルにより命を落としました。 榊は逃げた和田を追い詰めますが、和田は榊に話しかけてきました。 和田の目的は一人だけ生き残ることではなく、幼馴染で最近全く構ってくれなくなった榊ともう一度話をすることでした。 和田は榊と共に死のうとしたその時、和田を追って怜奈とサッカー部の藤春昴()が駆け付けました。 しかし、藤春は和田を突き飛ばし、シグナルにより絶命しました。 和田は再び逃走し、榊は怜奈に催眠を解く薬を見つけたことを明かしました。 しかし、薬は2錠しかなく、一計を案じた怜奈は和田と榊が薬を飲めば結果的に催眠をかけられているのは自分一人になり、三人とも助かるとの見通しを示しました。 薬の存在を知った和田は榊から奪って飲みますが、実は催眠を解くというのは嘘であり、薬はただの痛み止めでした。 榊はせめて怜奈だけでも生かそうと考えたのです。 榊は和田と揉み合いになり、結局二人とも命を落としました。 結局生き残ったのは怜奈ただ一人となり、「高校生の」という衝撃的な事件はすぐさま世間に報道されました。 時は流れ、高校を卒業した怜奈は大学でを学んでいました。 そこに実は密かに生き延びていた下部が現れ、怜奈は下部に「自殺催眠」の映像を見せてその場を立ち去りました。 映画「シグナル100」のまとめ 引用元: 高校生が次々と生命を落としていくため、本作を受け入れ難いと考えている方も多いかもしれません。 この作品は、日常や警察などのリアルな組織を全て排除し、まるで悪夢を見ているような感覚に陥っていまいます。 命を奪われてしまうの中で、臨場感を味わうことが本作での醍醐味で面白さを感じる点になります。

次の