ポケモン 剣 盾 ブースター 育成 論。 【ポケモン剣盾】ブースターの育成論と対策【不遇ブイズ】

【ポケモン剣盾】ウインディの育成論

ポケモン 剣 盾 ブースター 育成 論

5倍 0. 25倍 なし 無効 解説 特攻と特防が非常に高く、防御と素早さが非常に低いというハッキリとした特徴のあるポケモンです。 どのように使っても強いというわけではありませんが、出すべき所がわかりやすく、サブウエポンも豊富なので基本的な動きや構築を行っているだけで十分強力になります。 耐久寄りにするか火力寄りにするか、火力増強アイテムを持たせるか回復アイテムを持たせるかなど、周りのポケモンや環境にも対応できるポテンシャルがあります。 物理技を喰らうとあっさり落ちてしまいますが、夢特性の「ほろびのボディ」によって接触技でこちらが落ちてしまった場合にも相手を流す、またはひんしという最低限の仕事をこなす事が出来ます。 高い特攻を活かして相手を大きく削っていけます。 ほとんどの場合確定となる技です。 命中も威力も安定しておりとりあえずで入れておける技です。 くさ 特殊 威力 75 命中 100 PP 10 効果 相手に与えたダメージの半分の量だけ回復する 解説 威力は低いですが、回復ソースとしても使用出来るサブウエポン候補です。 ダイソウゲンとして使用する事でグラスフィールドを展開し、回復ソースにする事も可能です。 みず 特殊 威力 110 命中 80 PP 5 効果 通常攻撃 解説 威力は高いですが命中不安のサブウエポン候補です。 他のポケモンのダイストリームで雨状態にしておくと火力が大きく上がる、逆にサニゴーンがダイストリームとして使用して他のポケモンをサポートするなどの役割を担う事も可能になります。 環境や構築に地面技が欲しい場合は採用される可能性があります。 ほのお 変化 威力 0 命中 85 PP 15 効果 相手を「やけど」にする 解説 攻撃が下がる効果があるので、サニゴーンを狩りに来た物理アタッカーに交換読みなどで撃てると大きなアドバンテージが取れる技です。 ちからをすいとると合わせて物理アタッカーとの殴り合いを可能にします。 くさ 変化 威力 0 命中 100 PP 10 効果 相手の攻撃力と同じ数値だけHPを回復する。 その後、相手の攻撃をダウン 解説 相手の攻撃を下げつつ下げた分だけ自分のHPを回復します。 サニゴーンは物理が極端に低いので物理アタッカーを呼びやすくいので相手の戦力を削りつつ大きな回復量が見込めます。 やけどによる攻撃低下は回復量の影響を受けないので、おにびと合わせて物理アタッカー相手でも高い殴り合い性能を実現します。 場持ちがよくなり、特殊アタッカーはもちろん物理アタッカーに対しても行動回数が増やせる可能性が高まります。 効果 持たせると同じ技しか出せなくなるが、特殊技のいりょくが1. 5倍になる 解説 物理アタッカーとの殴り合いは完全に諦めてサイクルでの運用になりますが、技威力によってやや物足りない火力を底上げし、文句無しの特殊火力にしてくれます。 事前にトリックルームなどを他のポケモンで起動しておくと更に活躍が見込めます。 効果 持たせると攻撃するたびにHPが減るが、技の威力が1. 3倍になる 解説 実質的な耐久は落ちてしまいますが、火力を増強しつつおにびなどの補助要素と共存できます。 こだわりメガネと同じくトリックルーム下で撃ち分け可能なアタッカーとして採用する際に特に有効です。 効果 持たせるとHPが半分以下になった時に自分でHPを回復するが、性格によっては「こんらん」状態になる 解説 オボンのみよりも発動の安定度は低いですが回復量が高く、明確な耐久調整先などが居る場合特に有効です。 メインメニュー•

次の

【ソードシールド】サニゴーンの育成論!特殊アタッカーに強い特殊アタッカー【ポケモン剣盾】

ポケモン 剣 盾 ブースター 育成 論

トゲデマルの育成論 トゲデマルの育成論はこのようになります。 性格:ようき• 特性:ひらいしん or がんじょう• 持ち物:きあいのタスキ or とつげきチョッキ or ラムのみ• 努力値:H4 A252 S252• トゲデマルは基本的に攻撃を活かす形になるので、陽気が良いでしょう。 特性は避雷針と頑丈の好きな方を選ぼう! トゲデマル通常特性で『てつのとげ』と『ひらいしん』、夢特性で『がんじょう』と、どれも優秀な特性なので悩みどころです。 この中でも特に強いのが避雷針と頑丈であり、自分の構築と相談しながら選ぶといいと思います。 避雷針で襷をもたせれば、特性の両立のような形になるので、こちらもおすすめです。 持ち物は行動保証をつけられるものが望ましい トゲデマルは耐久の低いポケモンであるため、避雷針の特性を選んだのであれば、きあいのタスキを選ぶのが良いです。 襷を持たせることで、努力値を火力面に思いっきり振ることができるようになるのも大きいです。 一方、耐久に振るのであれば、とつげきチョッキも相性が良いです。 猫騙しやほっぺすりすりといった、攻撃技でありながらサポートができる技をそなえており、補助技が採用できないというデメリットをあまり気にせず持つことができます。 鬼火も誘いやすいのでラムのみもおすすめです! 努力値は基本的にAS特化で! トリプルならまだしも、ダブルやシングルではサポート役にもある程度の火力が求められます。 トゲデマルは素早さにも長けているため、火力を上げることで上から倒していく動きができるようになるので、基本的には火力を上げるAS振りが望ましいです。 おすすめの技 トゲデマルのおすすめの技を紹介します。 ねこだまし シングルでは不要ですが、ダブルならよほどのことがない限り採用しましょう! ダイマックスには無効化されるものの、エルフーンやドータクンなど、サポーターであることがわかり切っているポケモンには撃っていけます。 ほっぺすりすり ほっぺすりすりを覚えることがトゲデマルを採用する理由と言っても過言ではないのでしょうか? 命中100で襷を削りながら麻痺を付与できるのがとても優秀で、とつげきチョッキと相性が良いのも嬉しいところです。 ポケモン剣盾では、素早さ操作がそのターンに反映されるため、この技で素早さを落として隣のポケモンに仕留めてもらう動きが非常に強力です。 アイアンヘッド トゲデマルの鋼技としてアイアンヘッドもほぼ確定でしょう。 フェアリータイプへの打点として、非常に有効です。 びりびりちくちく ほっぺすりすりを電気技のメインとするには威力が低すぎるので、攻撃技としての電気技もほしい方はびりびりちくちくも合わせて採用しましょう。 ワイルドボルトと違って反動がなく、3割で怯みをとれるのも強いです。 とんぼがえり ねこだまし持ちは交代戦でこそ真価を発揮するので、攻撃しながら引っ込むことができるとんぼがえりもほしいところです。 とんぼがえりで降臨させたポケモンに、隣のポケモンのダイジェットで素早さアップを付与していくなど、おもしろい動きもできるようになるのでおすすめです。 味方の弱点保険を押しながら交代するのもおもしろいですね。 ニードルガード トゲデマル式の守るです。 てだすけ アンコールの圧力から守るを選択されにくいので、てだすけも使いやすくておすすめです。 アンコール わざわざ覚えさせなくても、覚えている前提で相手側は動かなくてはいけないため、持っている可能性があるという択があるだけで十分だと思います。 (技スペが足りない) トゲデマルの対策 トゲデマルは様々なサポートが可能なため、全く仕事させないといったことは難しいです。 そんな中でも有効な対策を紹介します。 地面タイプのポケモンを採用する トゲデマルは電気タイプのほっぺすりすりで素早さを落としていくのがメインの仕事になるので、電気技の効かない地面タイプのポケモンを採用するのが有効です。 トゲデマルが地面4倍弱点なのもあり、地面タイプのポケモンがいればかなり楽になるはずです。 高耐久のポケモンを採用する トゲデマルを採用すると火力があまり期待できないため、攻撃面は隣のポケモンに依存していく形になっていきます。 トゲデマルのコンボ自体を無力化するのは難しくても、攻撃を受けきることは耐久の高いポケモンであれば難しくないでしょう。 トゲデマル自身も耐久が低いポケモンなので、火力のないポケモンでも反撃で十分削っていけるはずです。 まとめ トゲデマルは避雷針の特性で味方を守りつつ、猫騙しやほっぺすりすりで盤面を操作するサポーターとして活躍できます。 避雷針の特性を選んだケースでは、AS振りで襷を持たせて、行動保証と火力を両立させるのがおすすめです。 サポーターとしては優秀ですが、地面タイプのポケモンや高耐久のポケモンを突破するのが苦手なので、トゲデマルを採用する際には、そこをどうカバーするかがポイントになりそうです。

次の

【ポケモン剣盾】お前に何ができる?ツボツボの育成論【ソードシールド】

ポケモン 剣 盾 ブースター 育成 論

アシレーヌの育成論 アシレーヌの育成論はこのようになります。 性格:ひかえめ or れいせい• 特性:げきりゅう• 持ち物:こだわりメガネ、しんぴのしずく、いのちのたま、とつげきチョッキなど• 努力値:HC252 A4• そのため、 素早さの上がる『おくびょう』よりも特攻の上がる『ひかえめ』がおすすめです! また、トリル下での運用を考えている場合や『アクアジェット』の火力を少しでも盛りたいといったケースでは、攻撃ではなく素早さに下降補正のかかる『れいせい』も候補となります。 特性は『げきりゅう』がおすすめ! アシレーヌの特性は通常特性の『げきりゅう』と夢特性の『うるおいボイス』の2種類が存在します。 結論から言うと、シングル勢は『げきりゅう』一択となります。 『うるおいボイス』はスキン系の特性のような火力アップ効果はないため、ダブルバトルで味方を巻き込まない全体技である『ハイパーボイス』を水タイプで撃ちたいケースでのみ採用される特性となります。 『うるおいボイス』はダイマックスとも相性が悪いので、基本的には『げきりゅう』を選ぶのが良いでしょう。 持ち物は火力を伸ばすものがおすすめ! アシレーヌは火力を押しつけていくポケモンであるため、『いのちのたま』や『こだわりメガネ』などの火力アップ系の持ち物がおすすめです。 『アクアジェット』を採用する場合には、HPを消耗せずに火力アップの期待できる『しんぴのしずく』や撃ち合いに強くなれる『とつげきチョッキ』なども候補となります 努力値はHCベースで! アシレーヌは素早さよりも耐久を活かした戦い方を得意とするので、HCベースの配分が基本となります。 必要に応じて低い防御を補強したり、素早さの調整をすると良いでしょう。 おすすめの技 アシレーヌのおすすめの技を紹介します。 ハイドロカノン・ハイドロポンプ ダイマックスエースとして運用したいケースでは、水技は威力の高い『ハイドロポンプ』や『ハイドロカノン』を選ぶと良いでしょう。 通常時には使いづらい『ハイドロカノン』を採用する場合は、ダイマックス前提の形にするのが望ましいです。 うたかたのアリア・ねっとう・ハイパーボイス・みずのちかい 積極的にダイマックスをさせない構築であるなら、水技は『うたかたのアリア』や『ねっとう』などの使いやすいものを採用すると良いでしょう。 ダブルバトルならコンビネーションわざを狙える『みずのちかい』や味方を巻き込まない全体技である『ハイパーボイス』も候補となります。 意外かもしれませんが、『だくりゅう』は覚えることができません。 ムーンフォース・マジカルシャイン・ドレインキッス フェアリー技はシングルなら『ムーンフォース』ほぼ一択となります。 ダブルで全体技を求めている場合には『マジカルシャイン』、瞑想型などで攻撃しながら回復したいようなケースでは稀に『ドレインキッス』が採用されることもあります。 れいとうビーム・ふぶき・こごえるかぜ アシレーヌの苦手な草タイプを意識したい構築では、氷技も候補となります。 ダイマックス前提なら『ふぶき』、命中安定で使いやすい『れいとうビーム』、素早さを落としながら攻撃できる『こごえるかぜ』から好きなものを選ぶと良いでしょう。 『ダイアイス』で襷を潰せるのも魅力です。 エナジーボール 草打点が欲しい方は『エナジーボール』も覚えるので採用するといいかもしれません。 アクアジェット 先制技が欲しい方は『アクアジェット』も採用すると良いでしょう! アシレーヌ自体が遅いポケモンであることもそうですが、攻撃種族値も74とそこまで低くはなくタイプ一致で撃てるのもあって、役に立つ場面は多いはずです。 めいそう アシレーヌは『めいそう』と相性が良く、一度でも積めればダイマックスで一気に制圧できるほどの火力を手に入れることができます。 アシレーヌの弱点である電気、草、毒はいずれも特殊技が主体であるため、瞑想を積むことで弱点を突かれても倒されにくくなるのも強みと言えるでしょう。 ちなみに、7世代以前の作品では『めいそう』を覚えることができません まもる ダブルでは『まもる』があると動きやすくなります。 ほろびのうた 扱いの難しい技ではありますが、『ほろびのうた』も便利な技です。 ダブルでは相手より先に2体処理した後にカウントダウンを押し付けるのが強力ですし、シングルでも耐久系の積みポケモンなどを流せたりと便利です。 アシレーヌの対策 アシレーヌは種族値が高くタイプも優秀なので対策は少し難しいです。 物理アタッカーで戦う アシレーヌは特殊相手には強いですが、防御の種族値が低いため物理を相手にするのは苦手です。 高い攻撃を誇る物理アタッカーであればアシレーヌに有利を取れるでしょう。 上から一撃で倒していけるパッチラゴンや行動保証のついているミミッキュなどがおすすめです。

次の