帝王 切開 普通 分娩。 帝王切開ぶっちゃけトーク③:普通分娩より高いの?出産費用大公開

帝王切開

帝王 切開 普通 分娩

はじめまして!5歳の息子と1歳半の娘がいます。 ふたりとも帝王切開でした。 準備するもの、入院なさる病院に確認しましたか?私が入院した病院は産褥(さんじょく)用パンツも産褥用ナプキン(大、中、小)もお産セットの中に入っていたので、準備するのはタオル、洗面器、洗顔セット、歯みがきセット、プラスチックの吸い飲みくらいでした。 この中で、帝王切開の人だけ言われたのは「吸い飲み」くらいだったと思います。 「吸い飲み」とは透明で持ち手がない急須を小さくしたようなものだと思ってください。 手術後、まだ手術後、起きれないうちはこれで看護婦さんが水を飲ませてくれました。 水をたくさん飲むというよりも口の乾きを抑えるという感じでした。 産褥用のパンツは起きれるようになるまでの産褥用ナプキンの交換や、動けるようになってからも傷の消毒をしてもらうときなど、看護士さんたちにとっても手早く出来て便利だと思いますが、ほんとに出産のときくらいしか使いません。 ナプキンも同じです。 生理用のナプキンとは少し違いますから、このふたつはお産セットに入っていないことを病院に確認してからお買いになる方が良いと思います。 他の方のように、これはあると良かったというものが思い浮かばないのですが、帝王切開は自然分娩よりも3日ほど入院が長いことがあります。 わたしは10日間入院したので、名前を決める14日まで退院してからだと4日しか無かったので、名前を決めるのがとってもバタバタしてしまいました。 なので、名付けの本を持って行ってて良かったと思いました。 もう、お名前が決まっていたら必要ありませんが!自然分娩の経験がないので、参考にならなくてすみません。 みなさんがおっしゃるように、帝王切開は手術後はなるべく動いた方が癒着の心配もなく、回復が早いですから、痛くてもなるべく動いた方が後が楽!と思って頑張ってください!私は2人目のときは傷の痛みがほとんどありませんでした。 (子宮の収縮は痛かったですけどね。 )体調がよければそういうこともありますから、あまり怖がらず元気なお子さんを産んでくださいね!(^。 ^)ノ 3人の子供を帝王切開で出産しました。 1月・6月・11月ですが 2人目を出産して(1月)絶対必要だと思ったのが 私の場合、すでにアドバイスがありますが 【マジックテープ式の手術用のウエストニッパー】 1人目出産の時はサラシの腹帯を使用 サラシを巻くと何もない時より傷口の痛みが少ないです。 自分で巻くとゆるくなってしまい看護師さんに巻いてもらったらきつくて良かったのですが 歩く様になったり回診の時に傷口を見たりして結局巻き直すのが面倒でした。 ウエストニッパーだと自分でも楽にできますよ。 【うちわ】 うちわは手術後ベットで使用しました。 手術後って身体があついんです。 (熱も出ましたが私だけではなかったみたいで隣りの方も帝王切開で出産されたのですが手術後「暑いね~」って言ってました) また枕元にはハンドタオルなどを置いておき汗を拭き取ったりしていました。 【傷テープ】 抜糸?多分、糸では無くホチキスのような物で傷をとめると思いますが 抜糸の後、傷口をテープで張っておきます。 総合病院等では売店に売っているとは思いますが・・・ 1人目の時に退院後、傷が痒くて傷テープを寝ている時に無意識のうちに剥がしてしまい1ヶ月もテープを張っていなかったら傷の幅が1cm位になって ケロイド状態でした。 2人目を出産した時に看護師の方に相談したら「テープをチャンと張っていた?」と聞かれ テープを頑張って張っていたら傷口も綺麗になったのでテープはケロイド体質の人には使った方がよさそうです。 (ケロイド体質なんてわからないですよね。 私自身皮膚が弱いという訳ではなかったので手術してみてケロイド体質?って思いました) 帝王切開後は麻酔がきれると確かに痛いです。 でもベットの上では身体の向きを変えたり足を動かしたりするように言われましたね~。 (特に産後身体に異常がなければですが) 翌日には尿の管も外され歩いたりしました。 動ける様なら動いた方が回復が早いと聞き 点滴につかまりながらトイレに行ったりしてましたよ。 傷は痛いし後腹も痛いけど1日1日痛みも良くなってくるので 頑張って出産してくださいね。 こんばんわ。 昨年の8月に帝王切開(骨盤が狭いことが、予定日前日に発覚)で出産しました。 普通分娩のことは逆に判らないのですが、産褥パンツ(#3さんがお答えになってるもの)はあったほうがいいと思います。 普通分娩用には生理用パンツで代用可みたいに書いてましたが、私は買って(ちょっと高いですが)正解でした。 手術からまる2日、おしっこの管をつけたままです。 その状態で、産後用ナプキンを看護士さんたちが替えてくれるのです、パンツなら腰をうかせてズラさないといけないですが、これならビビっと開きますので。 洗濯物をとりに来てくれる人がいるなら3枚ほどあればいいと思います。 10日の入院で、後半は自分でコインランドリー(病院内の)で洗濯してました。 あと、ビデオで周りの方の様子を撮っといてもらうといいかと思います。 私は、娘と手術台で対面後、3~4時間寝てしまってたので、その間におきた事を全く知りません。 先日、ダンナから「おれが、最初に体重計に乗せて体重測ったんよ」なんて言う感動体験を初めて聞かされ、痛い思いをして産んだのは私なのにぐやぢぃ゛~と思いましたので。 人生で3度目の手術でしたが、今回が初の部分麻酔だったため、ちょっといえいえかなり緊張しました。 こんにちは。 8月に帝王切開で出産しました。 普通分娩は知らないので、とりあえす私の経験で役に立った物を言いますね。 (皆さんの補足程度に…) ペットボトルにつけるストロー。 フタ付の物が良いです。 付き添いの人がいるのなら必要ないかもしれないですが、そのペットボトルを保温、保冷できるパックなんかも便利です。 何しろ、冷蔵庫を開けに行くので一苦労だったので。 病院で用意してくれるなら良いのですが、クッションも役立ちますよ。 ハンカチタオル?なんかも便利でした。 私は、傷口が痛くて、シヨ-ツに挟んで使用しました。 術後に腹帯をしますが、生まれても、子宮収縮がゆっくりなので、お腹がまだポッコリ…。 妊娠中に使っていた物で十分間に合います。 あとは出産後にガードルなんかを履こうと思っているなら、おなかの真ん中にチャックやワイヤーなんかがないもの。 退院してすぐは使えなくても、少し時間があけば使えます。 それに、お腹が大きかったせいか、傷口がよれて痛かったので、逆にニッパーを使ったほうが痛くなかったです^^; 私の場合ですが、手術後本当に痛くて起き上がるのもしんどかったのですが、退院するくらいにはあるけるようになり、今ではたまに痛くなるくらいで、普通の生活をしているので安心して手術に臨んでください。 出産、頑張って下さいね!! なんか脅したみたいでスミマセン>< 本来なら産みの痛みのはずなんですが 手術なのでいまだに出産の痛みを知らず、 そのためか後産(あとざん)=子宮の収縮がものすごく痛く感じたのでした。 本来なら生むときの痛みなんですけどね;あとから「痛いー」と騒いでも(痛み止めくれますが6時間おきです;)実母でさえ(実母だからか)「もう終わったんだから痛いっていわんとき」といわれて悲しかったです(^^; あと下半身がしびれた感じで寝返りも打てないし、おなかいたくても丸まることもできない仰向け状態だったのでそれがつらかったかな(結局あまり慰めになっていないですね、ごめんなさい)。。。 ナプキンは巨大なやつが必要です。 下着は子供のおむつさながらの全開タイプがもっとも楽でしたね(ちょっと高いですが)。 でも2日か3日もしたら歩かされるし、痛いながらも食べるご飯はやっぱり美味しかったですよ(^^;最初痛かったぶん2日か3日ですごく楽になりました。 たしか術後一日で車椅子に乗ってNICUに行けましたよ。 いろいろ大変だと思うけど頑張ってください。 ささやかながら応援しています。 それまで手術経験はなかったですが だいぶ度胸がつきました。 でもおめでたい手術なのでお医者さんが「おめでとう」と言ってくれたのが嬉しかったです。 7歳と5歳の子どもがいます。 骨盤が狭いため、二人とも帝王切開で出産しました。 手術後は、すぐに起きられなくて食事もできませんから、ストロー付きのコップを用意すると、楽にお水が飲めます。 あと、産後用のウエストニッパー(腹巻きのような、マジックテープで止めるもの)は帝王切開でも産後すぐに使えますから、あると便利です。 病院の方針や個人差にもよりますが、産後数日は売店や自販機まで歩いていけないと思うので、付き添いの方にずっといてもらえないのでしたら、飲み物などを買い置きしてもらうといいですよ。 帝王切開でも、出産後は出血しますのでナプキンが必要です。 お母さんが毎日来てくれたりするのなら、心配ないと思いますがそうでない場合は用意しておくと安心ですよ。 また何か思い出したら書きますね。 よい出産を!!.

次の

帝王切開3回の経験でわかった事

帝王 切開 普通 分娩

分かりにくいの費用 去年出産をしましたが、最後まで逆子が直らず、での出産になりました。 34週、35週、、、と臨月になるにつれの可能性は高まり、 普通分娩と何が違うの?費用の違いは?と気になりネットで沢山検索をしました。 しかし「結局いくらかかった」という話は多いのですが(ざっくりしたもの)、の費用の内訳がどうなって 結局自己負担はいくらなのか、その 最終的な支払い金額が普通分娩と比べてどうなのかをしっかり書いてくれているサイトはありませんでした。 ということで、人生の備忘録としてかかったお金の内訳やの、還元額などについて詳しくここに記しておきます。 まず結論:出産の総請求額と最終支出 まずは全体像から整理します。 「自己負担」や 「費用」「手当」「還元」などの用語や 「これだけかかったけどこれだけ戻ってきた」など、 出産にまつわる「かかったお金」の話は定義が人によってバラバラで、それが頭のこんがらがる理由の一つかと思います。 もちろん病院によって出産費用の設定額や請求の仕方が違うので人それぞれなのですが、 「病院から出産した人に対して請求される額」がスタート地点で、「最終的に家計からマイナスとして出ていった支出」がゴール地点なのは共通です。 実際に私が出産後に病院から請求された額と、最終的な支出に至るまでの内訳をここに図で整理しました。 出産の費用内訳 緑が支出、 赤が国や体、健康保険から支給された手当類です。 最終的な支出は「374,683円」。 その差額の「571,467円」が支給された(キャッシュバックされた)ということになります。 実際には、妊婦健診時に普通分娩時にはない検査(麻酔耐久性など)があり、それらは保険適用される診療になり自己負担三割で請求されます。 (ちなみに医療費控除で安くなったは4. 5万円ほど、住民税は令和元年分が4. 5万円ほど安くなる計算です。 妊婦健診で10万以上払っているのでそれに充てられたようなものですね。 ) と普通分娩の請求内容の違い 普通分娩からに切り替わることで、普通分娩時にはない診療項目が増え、その分病院からの請求額は増えることになります。 その請求額、及び元々の出産費用は病院によってかなり異なりますが、一般的には「普通分娩費用」に「オプション」といった形で金額が追加されることになります。 あるいは、の料金が別に設定されているケースもあります。 実際に私のケースでいうと、(産院が結構な高額のところだったので一般の2倍くらいの金額になっていますが) 【普通分娩費用】 普通分娩費用 お産パック 742,000円(普通はここが40万円程度) 16,000円(誰でもかかる重度の補償金) 【加算】 150,000円 というのがメニューに書かれた出産費用でした。 私の場合、この758000+150000=908000円という「妊婦合計負担額」に「ベビーの診療費」と「マッサージ代(アロママッサージサロン併設だったので)」が加算されて946150円という請求額になったのでした。 結局と普通分娩ではどのくらい費用差がある?どっちが安い? 病院からの総請求額としては の方が高くなることが多いです。 が、安くなることもあります。 手術をするとほぼ確実に適用されるのが 「高額療養費制度」です。 (月をまたぐと利用できないこともあります)そして、世帯が会社勤めの場合はで 「高額療養費の付加給付」がされることもあります。 私の場合、約15万円の「保険適用診療自己負担額(=病院からの請求額の一部)」がこの制度の対象になり、高額療養費制度の年収別自己負担額の計算式に基づく「82,103円」を超える「58,067円」と、さらに付加給付の自己負担額「25,000円」を超える「57,000円」(1000円未満切り下げ)が支給されました。 (細かい解説は後述) これが先程の「の費用内訳」図のAにあたります。 よく「の方が安くなる」というのは、 任意のに入っていてその保険金が降りる場合が多いです。 もし10万円おりたのであれば、一気にの方が安くなります。 また、病院側で「時の分娩介助料を安く設定している」場合には、が普通分娩に比べて少なくなりますのでの方が安くなりますね。 一度をして2人目のために入ろうとしても、条件で入れないケースも多いので、気をつけてくださいね。 で黒字になるパターン 最初の「出産の費用内訳」図で、最終支出は37万円を超えることになりました。 よく「 で黒字になった」ということが言われますが、どこがどうなったらそうなるのか疑問に思うかもしれませんが答えは簡単です。 「(=「分娩介助料」)」の実額741,710円(メニューではお産パック742,000円)は病院が勝手に決めている金額なので、ここが 50万円としましょう。 すると、病院からの請求額は 「15万円+50万円+補償制度1. 5万円+42万円=54万円程度」となります。 最近はベビーの診療代は全額戻ってくるのでかかりません。 かかった金額67万円ー54万円=13万円 となるので、 手術一時金と入院日額が任意のから出て15万円くらいになれば、見事黒字達成となります。 と還元額 まさにのときに加算される費用です。 私の場合は約15万円でしたが、半額の8万円ほどが一般的だと思います。 予定と緊急で料金が違う場合もありますし、実費請求とだけ記載してある病院もあります。 その人によって、麻酔の仕方や術後の安定度合いは異なると思いますのでその分加算されれば請求します、という意味だと思います。 私の保険適用診療は140,170円(元は467,230円)で、加えて保険適用の食事代が10,120円(元は33,734円)でした。 具体的な診療項目 の時にとなる(点数が付く)項目にはどんなものがあるのか、抜粋ですがいくつかご紹介しますと、 「入院料」 ""という手術行為のための入院をしますので、入院料がとなりました。 「医学管理」 肺塞栓症予防管理料や、薬剤管理指導料など 「検査」 血液化学検査や尿検査など 「注射」 術前術後に様々な投薬が点滴を通して行われます。 おかげで両手首は注射の後でずったずたになりました。。 ^^; 「投薬」 酸化が貧血予防に出されたり、痛み止めが出されたり、錠剤もいくつか出ます。 をしたために必要になった薬として保険対象になります。 「手術」 手術の術そのものと、合わせて使われる癒着防止材や薬剤です。 本当に怖くて震えました・・・ 「処置」 "創傷処置"。 お腹を開きますのでそれを閉じた後傷の手当をしました。 「麻酔」 手術中の麻酔ではなく術後に痛みを抑えるために背中に管を通して注入される麻酔もです。 「食事療養」 後の食事は、普通分娩時と違い術後療養のための食事となります。 保険適用の食事代というのは、をした直後のようなものや流動食を取ることになります。 普通の食事になった後の5日間ほどの食事代も項目に入っていました。 に対する還元 一つの病気等に対するがひと月に一定額以上になると、高額療養費制度が適用されます。 収入が少ないとその額(自己負担額)は低く還元額は多く、収入が多いと自己負担額は高く還元額は少なくなるという制度になっています。 注意点として食事代や個室ベッド代、交通費などが対象になりません。 に対する高額療養費制度+組合の付加給付計算の仕方 の部分の費用 高額療養費制度の解説は色々なところでされているので省略します。 まず対象となるのは食事代を除くです。 国の高額療養費制度における自己負担額は収入によって異なります。 高額療養費還付+付加給付 =58,067円+57,000円= 115,067円 これが図のA、に対する還元額になっています。 つまるところ、黒字になった人うらやま〜って話。 ここまで解説しましたが、書いていて負担額37万にもなったことが改めてショックというか、やっぱ高すぎるよねという感想。 もちろん保険に入っていればとかそういう後悔もありますが、病院選びは重要だと感じました。 いや、すごくいい病院だったんだけれども。 の手術のノウハウも技術も高かったんだろうけども。 確かに退院時フルコースディナーは美味しかったし、個室は結構広くて良かったけどもさ。 あと20万は安くしてほしかったな〜。 tokikotan.

次の

帝王切開後の普通分娩

帝王 切開 普通 分娩

やはり普通分娩に比べ 帝王切開の方が 退院時にかかる費用は 高くなりますね。 ただ、知っておきたいこととして、 妊娠にかかる費用は保険適応外ですが、 帝王切開にかかる手術費等は 医療行為となる為保険適応され、 3割負担となっています。 kokuho. pdf】 おそらく、東京や大阪などの都心部では このデータよりも高い金額が必要でしょう。 個室などの部屋代が 都心部より地方の方が安いことが多いです。 もちろん入院の日数や 年末年始や平日・休日特別日等 病院によっても違いますので 事前に 産院の助産師さんに聞いて 確認しておくといいでしょう。 出産一時金とは何? 帝王切開でも適応される? 出産一時金とは出産の際に 必要な金額を助成してもらえる制度です。 金額は 子供1人につき42万円。 双子の場合は倍の84万円、 三つ子なら3倍の124万円ということになります。 このお金は健康保険に加入、 または被扶養者になっていて、 妊娠4カ月以上で 出産した人であれば受け取ることが出来ます。 例え、これが 早産や 残念なことに流産や死産になってしまったとしても このお金を受け取ることができます。 もちろん 帝王切開の場合も適応されます。 支給方法は3つです。 保険なんて必要ない! と思いながらも入っていた方!! よかったですね!必要な時が来ました。 申請の方法等は 保険会社に問い合わせて見ましょう。 高額医療費制度 高額医療費制度とは 1ヵ月辺りに支払う医療費が高額になると 健康保険より負担してもらうことが出来ます。 この金額は自己負担限度額があり 超えた金額を 健康保険から払い戻しを受けることができます。 帝王切開だと事前に わかっていることが多いので、 限度額認定申請証を取り寄せておけば、 通院でも入院でも 請求額は上限額ですみます。 上限に行かない場合は その金額を支払います。 医療費控除 医療費控除とは 1年間にかかった医療にかかった費用が 一定の額を超えると 確定申告を行うことで 税金が返納される制度です。 その金額は家族全員で1年間に支払った 医療費の 合計が10万円 (所得が200万円以下なら、所得の5%) を超えた場合となります。 これは帝王切開・普通分娩にかかわらず 妊娠にかかる費用も適応となります。 例えば妊婦健診の際に 助成金以上に 支払った金額も適応となります。 その他病院に行くまでの 交通費【公共交通機関を使用の場合】も 陣痛がきてタクシーを使ったのであれば そのタクシー代も医療費控除の適応となります。 今は骨盤ベルトまで適応になっているようですね!! 家族全員分なので、 しっかりと利用した レシートを残しておきましょう。 まとめ いかがでしたか? 今回は帝王切開についてのお話でした。 帝王切開にかかる費用の平均• 出産一時金について 帝王切開でも適応される?• 帝王切開、お金がかかると思われがちですが、 保険に入っていれば 案外そうでもないようですね!! 保険に入っていない場合は 少し金額が張りますけどね・・・涙.

次の