よしみ つ 小児科。 小児科

小児科

よしみ つ 小児科

診療内容のご紹介 当科で診療を行なっている主な疾患は下記のとおりです。 小児血液・腫瘍疾患 白血病、悪性リンパ腫、固形腫瘍などの小児血液・腫瘍疾患 小児内分泌・糖尿病 成長障害、糖尿病、甲状腺機能低下症などの小児代謝・内分泌疾患 小児神経疾患 てんかん、発達障害(ADHD,自閉性障害など)、脳性麻痺、神経筋疾患、中枢神経感染症、心身症 小児腎疾患 腎炎、ネフローゼ症候群、検尿の異常(血尿や蛋白尿、学校検尿や保育園の検尿)、生まれつきの腎臓や尿路の奇形・異常、繰り返す尿路感染症、こどもの膠原病 など 小児循環器疾患 先天性心疾患、川崎病などの小児循環器疾患 成人先天性心疾患外来(ACHD について 循環器内科専門医、心臓血管外科専門医、小児循環器専門医が協力して、先天性心疾患や小児循環器疾患を有し成人期に達した患者さんの診療を行います。 対象の年齢は15歳以上で、未治療・治療既往(他施設を含む)を問わず受診可能です。 先天性心疾患、川崎病冠動脈病変、マルファン症候群等をはじめ、様々な疾患における循環の評価、心不全治療、不整脈治療やカテーテル治療、心臓外科手術、心臓疾患を有する妊娠出産の管理に対応します。 予約票の時間に合わせてお越し下さい。 外来案内 当科では、以下のような疾患に対して、様々な最先端の治療を行なっています。 そのいくつかを紹介します。 造血幹細胞移植 造血器腫瘍、固形腫瘍、再生不良性貧血、先天性免疫不全症候群などを対象に、自家および同種移植を行っています。 当科は1999年から骨髄移植推進財団の認定科であり、非血縁骨髄・臍帯血移植と非血縁骨髄ドナーからの骨髄採取も行っています。 成長ホルモン治療・性腺抑制療法・強化ホルモン治療など 内分泌、糖尿病専門医が成長障害、甲状腺疾患、糖代謝異常、性腺疾患、骨疾患その他幅広い小児内分泌領域の疾患に対して、最先端の診療を行っていきます。 小児神経疾患における特殊検査 発達障害・てんかん児における高次脳機能に関する種々の神経心理検査の施行と診断、療育指導および各種誘発電位を実施します。 進行性腎疾患に対する根治をめざした治療 将来、慢性腎不全(透析療法)への進展が予測される難治性腎疾患に対して、疾患早期から強力な化学療法を主体とした多剤併用療法を実施しています。 まだ、実施数は多くありませんが、進展が阻止され腎臓の働きが保持され、長期間に亘り全く通常の生活が送れている患者さんも出てきています。 吸入ガスによる肺血流調節治療 低酸素ガスによる抗心不全治療やNOガスによる、抗肺高血圧治療を行っています。 心臓カテーテル治療 コイル塞栓術、ステント留置等のカテーテル治療を積極的に行っています。 肥満児の認知行動療法 幼児~学童期の肥満に対してひとりひとりの肥満の程度や合併症の状況に応じて指導を行い当施設で考案した「生活自己管理チェックリスト」を用いて効果的な通院治療を行っています。 診療科・講座のホームページアドレス 小児科ホームページ スタッフ紹介.

次の

よしみつ小児科医院の口コミ・評判(8件) 【病院口コミ検索Caloo・カルー】

よしみ つ 小児科

しかし、夜間・休日の時間外外来では、緊急性の低い患者さんも 受診されるため、本来の目的である重症患者さんへの迅速な対応に支障をきたしています。 このような状況を改善し、入院を必要としない緊急性の低い患者さんの時間外での受診を控えていただくために、時間外選定療養費を徴収しています。 つきましては、令和2年6月1日午前0時 より 小児科受診の患者さ ん からも時間外選定療養費を徴収することといたしますので予めご承知おき頂きますようお願いします。 詳しくはをご覧ください。 また、接種枠が埋まり次第終了といたします。 ご挨拶 東京医科大学八王子医療センター小児科は昭和55年のセンター開設当初より八王子市の小児科診療担って参りました。 また、夜間・休日の救急診療を行い八王子医師会の後方ベッドとして機能してきました。 現在、医療環境は急速に変化していますが、近隣の医療機関との医療連携、専門外来の充実を通して市民の皆様が安心して受診できる医療を提供して参ります。 診療科のご案内 一般外来(午前中)、午後診療(他院からの紹介患者さんのみ)、専門外来(午後)、平日・夜間(偶数日のみ)夜間および休日(偶数日のみ)の救急外来を行っています。 専門外来として呼吸器・感染症、神経疾患(てんかん、神経発達症、アレルギー疾患(気管支喘息、食物アレルギー)、内分泌疾患(低身長など)、腎疾患、免疫疾患、新生児の発達に対する診療を積極的に行っております。 また、小児専門の臨床心理士が心身症的に対する心理相談やカウンセリングを行っています。 一般外来では予約制をとっておりません。 原則として来院順番に従って診療を行っております。 午後は乳児検診(当院出生の1カ月健診のみ)や予防接種外来と共に、専門外来(感染・免疫、アレルギー、神経、腎臓、内分泌)を行っております。 予防接種につきましては、当院出生もしくは当院で継続して予防接種しているお子さんが対象となっております。 午後の専門外来は予約制(診療受付時間13:30~15:30)となっており、当院の診察券をお持ちの方(IDのある方で定期受診されている方)は、平日13:00~14:00に電話予約が可能です。 代表電話()へおかけいただき、小児科外来をご指定ください。 (心理相談は最初に午前の外来受診が必要です。 ) 発熱や感冒症状がある場合は感染防止のため延期もしくは午前外来を受診してください。 入院 26床の病棟を有し、呼吸器・感染症、神経疾患(てんかん、神経発達症、アレルギー疾患(気管支喘息、食物アレルギー)、内分泌疾患(低身長など)、腎疾患、免疫疾患、新生児の発達始めとする多岐にわたる疾患の診療を行っております。 原則として基準看護及び管理上の理由から、ご家族の付き添いは出来ません。 面会 面会時間は12:00~21:00です。 面会は感染防止の観点から原則として両親と祖父母のみに限らせていただきます。 患者さんのご兄弟は面会できません。 対象となる症状 ・小児内科全般(外傷などの外科疾患以外) 実施している検査 ・食物アレルギー負荷試験 ・脳波検査、夜間ビデオ脳波検査(個室料金が必要) 行っている治療 ・小児内科全般 主な診療実績 実績等 2018、2017年度 外来患者数、紹介患者 入院患者数、 救急車受け入れ数 2018年度 外来患者数 紹介患者数 入院患者数 救急車受け入れ 4月 626 793 53 55 59 85 29 24 5月 602 827 62 66 99 79 23 27 6月 659 922 78 72 64 89 32 27 7月 700 1052 48 83 88 81 55 34 8月 740 1124 60 94 99 90 37 37 9月 593 874 40 42 70 69 29 25 10月 604 824 64 39 89 79 28 31 11月 590 846 50 54 82 75 35 30 12月 662 941 39 55 88 61 34 30 1月 724 905 22 45 60 66 57 24 2月 642 856 41 47 70 71 26 39 3月 694 945 48 54 60 77 22 26 7836 10910 605 706 928 922 407 355 : 2017年度• 医師紹介•

次の

吉見内科小児科医院 【病院口コミ検索Caloo・カルー】

よしみ つ 小児科

診療内容のご紹介 当科で診療を行なっている主な疾患は下記のとおりです。 小児血液・腫瘍疾患 白血病、悪性リンパ腫、固形腫瘍などの小児血液・腫瘍疾患 小児内分泌・糖尿病 成長障害、糖尿病、甲状腺機能低下症などの小児代謝・内分泌疾患 小児神経疾患 てんかん、発達障害(ADHD,自閉性障害など)、脳性麻痺、神経筋疾患、中枢神経感染症、心身症 小児腎疾患 腎炎、ネフローゼ症候群、検尿の異常(血尿や蛋白尿、学校検尿や保育園の検尿)、生まれつきの腎臓や尿路の奇形・異常、繰り返す尿路感染症、こどもの膠原病 など 小児循環器疾患 先天性心疾患、川崎病などの小児循環器疾患 成人先天性心疾患外来(ACHD について 循環器内科専門医、心臓血管外科専門医、小児循環器専門医が協力して、先天性心疾患や小児循環器疾患を有し成人期に達した患者さんの診療を行います。 対象の年齢は15歳以上で、未治療・治療既往(他施設を含む)を問わず受診可能です。 先天性心疾患、川崎病冠動脈病変、マルファン症候群等をはじめ、様々な疾患における循環の評価、心不全治療、不整脈治療やカテーテル治療、心臓外科手術、心臓疾患を有する妊娠出産の管理に対応します。 予約票の時間に合わせてお越し下さい。 外来案内 当科では、以下のような疾患に対して、様々な最先端の治療を行なっています。 そのいくつかを紹介します。 造血幹細胞移植 造血器腫瘍、固形腫瘍、再生不良性貧血、先天性免疫不全症候群などを対象に、自家および同種移植を行っています。 当科は1999年から骨髄移植推進財団の認定科であり、非血縁骨髄・臍帯血移植と非血縁骨髄ドナーからの骨髄採取も行っています。 成長ホルモン治療・性腺抑制療法・強化ホルモン治療など 内分泌、糖尿病専門医が成長障害、甲状腺疾患、糖代謝異常、性腺疾患、骨疾患その他幅広い小児内分泌領域の疾患に対して、最先端の診療を行っていきます。 小児神経疾患における特殊検査 発達障害・てんかん児における高次脳機能に関する種々の神経心理検査の施行と診断、療育指導および各種誘発電位を実施します。 進行性腎疾患に対する根治をめざした治療 将来、慢性腎不全(透析療法)への進展が予測される難治性腎疾患に対して、疾患早期から強力な化学療法を主体とした多剤併用療法を実施しています。 まだ、実施数は多くありませんが、進展が阻止され腎臓の働きが保持され、長期間に亘り全く通常の生活が送れている患者さんも出てきています。 吸入ガスによる肺血流調節治療 低酸素ガスによる抗心不全治療やNOガスによる、抗肺高血圧治療を行っています。 心臓カテーテル治療 コイル塞栓術、ステント留置等のカテーテル治療を積極的に行っています。 肥満児の認知行動療法 幼児~学童期の肥満に対してひとりひとりの肥満の程度や合併症の状況に応じて指導を行い当施設で考案した「生活自己管理チェックリスト」を用いて効果的な通院治療を行っています。 診療科・講座のホームページアドレス 小児科ホームページ スタッフ紹介.

次の