ハレ 婚 最終 回。 【ハレ婚。】19巻を無料の漫画村で読める?rar,zip,pdfは違法じゃない?

ハレ婚。【第187話・最終回】最新話のネタバレと感想!!|漫画大陸

ハレ 婚 最終 回

この記事はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2017年12月) ハレ婚。 ジャンル 漫画 作者 出版社 掲載誌 レーベル 発表期間 30号 - 29号 巻数 全19巻 話数 全187話 - プロジェクト ポータル 『 ハレ婚。 』(ハレこん)は、によるの。 構成は手塚だい。 『』()にて、2014年30号から2019年29号まで連載。 現代日本を舞台にを題材とした作品。 日本で唯一、一夫多妻制が認められた町で第3夫人となる前園小春を主人公に、夫となる伊達龍之介、その第1夫人のゆず、第2夫人のまどかとの結婚生活と小春の成長を描いている。 単行本にはおまけ連載小説として、構成の手塚だいが書き下ろした「別宅ハレ婚。 神田家」が不定期で掲載されている。 この節にあるあらすじは作品内容に比して不十分です。 を参考にして、 物語全体の流れが理解できるように(も含めて)、をしないよう ご自身の言葉で。 ( 2017年12月)() 東京で付き合った男性はすべて既婚者と騙され続けてきた 前園小春は帰郷するが、父が病に倒れ、経営する喫茶店は借金が返せずに閉店することになってしまった。 しかし、何としても店を守りたい小春の前に、 伊達龍之介と名乗る謎の男性が現れる。 小春は龍之介から借金を肩代わりする代わりに結婚して欲しいと求婚されるが、彼にはすでに2人の嫁がいた。 なんと故郷の北つばめ市はやの対策として、日本で唯一の「一夫多妻制(ハーレム婚、略して ハレ婚)」が認められた特区となっていた。 いつか愛する人との結婚を夢見ていた小春は、店を守るために龍之介の第3夫人となることを決意する。 こうして龍之介、第1夫人の ゆず、第2夫人の まどか、第3夫人の小春による結婚生活が始まった。 登場人物 [ ] 伊達家 [ ] 伊達 小春(だて こはる) 本作の。 旧姓は前園。 平成4年11月1日生まれ。 後先を考えない無鉄砲な性格。 親の反対を押し切って上京するものの、付き合ってきた彼氏がこぞって既婚者という不運が続き、傷心を機に帰省することを決意する。 帰省後、父親の喫茶店を継いだ。 当初は上記のトラウマから情事を断るが、次第に打ち解けていく。 伊達 龍之介(だて りゅうのすけ) 本作のもう1人の主人公。 ゆず、まどか、小春の夫。 平成2年2月2日生まれ。 元ピアニスト。 現在は無職だが、ピアニストとしての再起を試みている。 柚子からは「龍ちゃん」、まどかからは、「龍之介さん」、小春からは「龍」と呼ばれている。 極度の変態だが、子供のときに小春に会ってから一途に想い続けていた。 伊達 柚子(だて ゆず) 第1夫人。 旧姓は大津。 Iカップ。 北つばめ市市長の娘。 小春に負けないほど口うるさい性格だが、気遣いも見せる。 龍之介レベルのエロさを持つ。 平成5年4月22日生まれ。 21歳。 家庭の会計担当。 物静かな性格で、龍之介のピアノが好き。 柚子からは「マグロ女」と呼ばれていた。 小春の関係者 [ ] 前園 哲郎(まえぞの てつろう) 小春の父親。 喫茶店ルパンを経営。 病気で倒れ、後に死去する。 前園 直子(まえぞの なおこ) 小春の母親。 口元にホクロがある。 コーヒーを淹れる哲郎の姿に惹かれ結婚した。 当初は小春が店を継ぐことに否定的であった。 夫の死後、ルパンを切り盛りする。 松橋 うらら(まつはし うらら) ルパンでアルバイトをする女子高生。 18歳。 大学進学を目前に控えていたが、父からは後継ぎのため婿をもらうように強制されており、見合いさせられかけていたが、妻子のいる担任への好意が諦めきれず、小春らに相談する。 結局担任と大学進学を諦め、ルパンでのアルバイトを継続している。 ゆずの関係者 [ ] 大津 一基(おおつ かずき) ゆずの父親で北つばめ市の市長。 ハレ婚の立案者。 よく精力剤(絶倫丸)を龍之介に贈っている。 大津 みかん(おおつ みかん) 大津の次女で、ゆずの妹。 16歳。 大津 れもん(おおつ れもん) 大津の三女で、末の妹。 大津 ハッサク(おおつ ハッサク) 大津の長男で、ゆずの弟。 書誌情報 [ ]• NON『ハレ婚。 』講談社〈ヤンマガKC〉、全19巻• 2014年11月26日発売、• 2014年12月5日発売、• 2015年4月6日発売、• 2015年7月6日発売、• 2015年10月6日発売、• 2015年11月6日発売、• 2016年2月5日発売、• 2016年6月6日発売、• 2016年9月6日発売、• 2016年12月6日発売、• 2017年3月6日発売、• 2017年6月6日発売、• 2017年9月6日発売、• 2017年12月6日発売、• 2018年3月6日発売、• 2018年6月6日発売、• 2018年10月5日発売、• 2019年6月6日発売、• 2019年8月6日発売、 脚注 [ ] [].

次の

【ハレ婚ネタバレ】142話で武田のイクメンぶりが明らかに!?小春の母性のなさがバレる!

ハレ 婚 最終 回

ハレ婚。 187話 最終回「たんぽぽの女」のネタバレ 伊達家から離れた小春 前回、伊達家から離れる決意をし、伊達家を出ていった小春。 そんな小春は現在東京で、自活をするために焼肉屋でバイトをしている。 そんな小春を訪ねてきたのは、かつてのハレ婚の第二夫人だったまどかと現龍之介の妻ゆず。 特に用事もなく、小春を見に来た感じだったが、いい感じに酔いが回り、まどかに第二夫人の座も空いたことだし、戻ってきてはどうかとゆずがいうとまどかもまんざらでもなく、和やかなムードが流れる。 小春「つーかなに言ってんの第二夫人なんて・・・ハレ婚はもうなくなるんでしょ!」 ゆず「だからなぁに!?」 びっくりした様子の小春 まどか「えぇ・・いくらでもやりようはあります 現存している一夫多妻家族も多くは形を変えずに継続するようですし」 ゆず「そうよ紙切れなんかなくたってぇ」 ゆず・まどか「その気があれば出来るわ(のよ)」 小春「・・・・・・・・・・・・・・・・」 ふらついて壁にぶつかる ただの風邪という小春に対して ゆずに妊娠してるんじゃない?ちゃんと生理きてるの?と聞かれ、 小春「きてない・・生理・・・・・・・・・」 小春妊娠!? 場面は変わり、ドラッグストアで妊娠検査薬を購入し、小春の自宅で確認をする 小春が確認をしている間に、まどかとゆずは衝撃のものを見てしまう。 まどか「ゆず見てこれ たんぽぽの葉だわ」 ゆず・まどか「・・・・・・・・・・・・・」 ゆず「・・・・・・・雑草食べてる」 確認が終わり、トイレから戻ってきた小春 小春「・・・・・・・・・・・・・・・」 ハレ婚。 伊達家に戻ってきたゆず・まどかそして小春。 小春「あのね・・見てほしいものがあるの」 差し出したのは、胎盤の赤ちゃんの写真 小春「今朝病院に行ってきたの あたし妊娠してるんだって」 驚く龍之介 小春「一晩よく考えたんだけど ゆずとまどかとも相談して・・・それで実際にこの子の心音を聴いたらうれしくて。。。。 」 「早く龍に伝えたくなって来ちゃった」 涙があふれる小春 小春「喜んでくれる!?」 龍之介「当たり前じゃん おかえり みんなで育てよう」 ゆず「みんなってあんたもよまどか」 まどか「ええ・・私も戻ります人手もいるでしょうし」 龍之介・小春「え・・??」 燐・まどか・ゆずの3人が海で遊んでいる中、小春と龍之介は浜辺から見ていて、小春のおなかは大きく、二人がキスをして物語はおしまい・・・・ ハレ婚。 の最新話187を無料で読む方法 という事で、ハレ婚。 の最新話たんぽぽの女のネタバレを紹介しましたが、やっぱり漫画なので絵があったほうが面白いですよね! 今ならU-NEXTを使えば、ハレ婚。 どうしても必要なければ、1ヶ月以内に解約をすると追加料金の心配もありません。 ハレ婚。 187最終回の感想・考察 ついに最終回を迎えたハレ婚。 いろいろな物語があり、でも最後には始まりの三人がハレ婚。 をしているのがほほえましいです。 とまぁきれいにまとめてみましたが、ハレ婚。 を読んでいて思ったことは一つだけ。 龍之介が羨ましい・・・・・ 死ぬまでに一度は経験してみたいですね(笑) ハレ婚。 は終わりましたが、NON先生の次回作には期待したいですね。 ハレ婚。 187話最終回についてのまとめ! ハレ婚。 最終話のネタバレや感想ついてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?^^ ネタバレだけでもやっぱり面白いですが、やっぱり登場人物や描写なども一緒に見て面白いのが、漫画ですよね! 今なら、U-NEXTを使えば、ハレ婚。

次の

ハレ婚ネタバレ最終回ラスト【小春に新しい恋が始まる】

ハレ 婚 最終 回

ハレ婚。 が遂に完結、いい感じに物語を締めくくっていてかんたんしました。 以前もうららさん編を取り上げたことがありますが、 ハレ婚。 はでさいきんまで連載していたです。 エロ要素も含みます。 女性が、彼氏の部屋にあるで優先的に読む系のやつです。 とかとかとはたぐいが違います。 女同士の友情とか助け合いとか嫉妬とか足の引っ張り合いとか笑いとか泣くとかの描写がすごく良くて、地方都市の若者の雰囲気の表し方もめっちゃ優れているので大好きな作品でした。 男性陣も女性陣も顔と身体がいいですしね。 ストーリーとしましては、 をモデルにした町が「ハレ婚条例(特区)」を始め、合法的に一夫多妻が可能となったという設定をベースに、伊達龍之介さん、第一夫人のゆずさん、第二夫人のまどかさん、第三夫人&主人公の小春さんが独特な夫婦模様を展開していく…… というものです。 一夫多妻による課題の解決。 確かに現在の日本は毎年45万人くらい人が減っていて(これから更にペースアップ)、7年に1回太平洋戦争(犠牲者310万人)に負けているような悲惨な状態ですから、こんな条例を言い出す躊躇しない系の論者が今後増えていくかもしれません。 中世ですら側室を嫌がる人はけっこう多かった訳ですし、中東のハーレムでも妻同士の人間関係に夫はもの凄く気を使うと聞きますし、個人的にも一夫多妻にはネガティブですけど……。 それはそれとしてこの漫画の登場人物はみんな非常に魅力的ですから、個別事例としてこのハレ婚家庭はいいな、と思えたりするのですよ。 以下、ネタバレは控えめに、主な登場人物の概要と感想を。 小春さん 喜んでくれると思ったの・・・・! 画像右の髪の毛短め、ホットパンツ愛用の主人公です。 運動神経が良くてケンカが強くていい尻をしていますが、第一夫人第二夫人と違って、これといった生活上の強みはありません。 むしろトラブルをもってきたり嫉妬でまわりを振り回したりするタイプ。 面倒くさいタイプともいう。 女性陣の中で唯一、龍之介さんとの幼少期の縁(刷り込み)を持っているのが強み。 何それずるい。 要は主人公なので、現時点の魅力ではなく、別の特別な理由で龍之介さんに見出され、その後は主に嫉妬(ハレ婚ですからね)で引っ掻き回して話を引っ張っていくタイプなんですね。 こう書くと本当に面倒くさい女に思えるのですが、単に嫉妬深いだけではなくて、感情が全般ストレートなタイプですので、日ごろは張り合っている他の夫人に対しても泣くときは泣く、笑うときは笑う、助けるべきときは助けると、非常に素直な活躍を示してくださいます。 感情的故に、読者もいちばん身近に感じられると思う。 本当に一夫多妻をやるなら、こういう人がいてくれた方がいいのかもしれません。 物分かりよくなろうとしないで、ストレートに気持ちを出してくれる方があんがい家庭は平和になったりしますもんね。 伊達龍之介さん ピンポン大正解 ありました ミスター舞台装置。 イケメン、天才ピアニスト兼作曲家、絶倫、平等に妻を愛する男。 彼の存在なくしてこの漫画のストーリーは成立しません。 彼のスゴいところは、嘘偽りなく平等に三人の妻を愛しているところ。 彼女たちの優劣や濃淡に悩まないところが地味に人間離れしていると思います。 もちろん彼も人間として、悩むところも幼いところも歪んだところもふんだんにあるはあるのですが、一貫して 「愛が揺らがない」ところは敬服せざるを得ません。 この方がブレずに構えてくれているおかげで、この漫画は女たちのドラマに専念できる訳です。 ちょっと変態だったり意地悪だったり弱虫だったりロン毛だったりで好みは分かれるかもしれませんが、みんな彼に感謝を捧げましょう。 ゆずさん 危ない女を 家にあげるワケにはいかない 第一夫人。 ギャル系美人、巨乳、茨城弁(~だっぺ)、料理上手、買い物上手、床上手、実家が金持ち、勘がいい、察しがいい、そしてご懐妊……と、主婦・母としてほぼパーフェクトな女性です。 世間の男性の理想を凝縮し過ぎではないか。 長女として多くの弟・妹を世話していたこともあり、周囲へのフォローの巧みさは他に並ぶ者がおりません。 家庭の守護神というか、にすら思えるくらい。 逆に言えば、彼女が有能過ぎてともすれば男をダメにしてしまう懸念も。 本編で唯一、龍之介さんか他の男か、あるいはか、を選ぶことになる人物。 日ごろは周囲の状況を察して合わせているタイプの彼女が、こうした決断をくだすことになる展開に妙味を感じますね。 色々あった後の15巻で彼女が龍之介さんに恋をし直すところ、続く16巻で息子の熱けいれんにパニックになるところは非常に魅力的ですので、ゆず派の方は楽しみに巻を読み進めて参りましょう。 まどかさん あなたさえいなければ 第二夫人。 無口系美人、スタイル良し、和服、敬語、甘いもの好き、お酒弱い、子ども好き、頭脳明晰、資産運用上手、マネジメント上手、忠実、献身、崇拝……そして感情が巨大。 ピアニスト・作曲家としての龍之介さんを支え、彼に一途な愛を捧げるも、それ故にハレ婚に誰よりも苦しむという。 他にも重い背景を抱えており、ストーリーで最も苦しい役割を担うことになります。 たぶんこの作品の裏主役。 彼女を救済できるかどうかで、ハレ婚とは、結婚とは、の答も変わってくるのではないでしょうか。 終盤、クライマックスの彼女の活躍は圧巻です。 重い、苦しい、エロい、悲しい、虚しいを怒涛の如く浴びせられますよ。 18巻での彼女の吐露はあまりにも生々しく、人間らしくて、共感したり人生の一場面を思い出したりした女性も多いのではないでしょうか。 翌朝の彼女の柔らかな表情と、その裏での暗黒な決心、見事な二面性っぷりもたまんないですね。 ゆず派かまどか派か 読んだ人はみんなこういう話をする訳ですよ。 主人公の小春さんはよくも悪くも等身大ですので、自然と話題は現実離れした第一夫人・第二夫人の方に集中しちゃうという。 私の周りではゆずさん派が多いですね。 特に既婚女性に人気。 確かに、彼女は男性陣の理想像であるだけでなく、女性から見ても目標像であり、理想の家庭を築くパワーを感じる対象なんだろうなと思います。 ゆずさんが好き、と言うだけで家庭円満の御利益がありそう。 一方、男性も女性も、恋愛に重きを置いているタイプはまどかさん好きですね。 ひたすら二人きりの純粋で重い愛を求めるタイルっぷりに惹かれる気持ちもよく分かるんですよね。 この作者さんが描く敬語美人(含むうららさん)、異常に魅力的だし。 一度はこんな恋愛をしてみたい、という方も多いんじゃないでしょうか。 私ですか? 私は…… ジョーさん派です。 ジョーさん 俺 やりてぇコト好きにやってるだけだし なーんも恥ずかしくねぇ ロン毛でひ弱い龍之介さんにノリ切れないなあと思い始めていた読者の前に、衝撃的な登場を果たしたジョーさん。 短髪、筋肉、ヒゲ、タトゥー、見かけもクズ、中身もクズ、経歴もクズ、ストーリー的にもお邪魔虫ポジション。 「元カレ」という要素を徹底的に嫌う幼い読者層からすれば、吐き気を催す邪悪に映るのではないでしょうか。 そんなジョーさんなんですが、この人、持って生まれたステータスを「憎めなさ」に全振りしてるんじゃないかというくらい憎めない男でして。 すごいダメな人なんですけど、放っといてもダメになるし甘やかしてもダメになる人なんですけど、びっくりするくらい愛嬌あって格好いいんですよねえ。 ボヤッとした喋り方、気のいい兄ちゃんな喋り方、短髪、ヒゲ、筋肉、、、イイ。 (、スト4)使いの私にはもうドストライクですよ。 龍之介さんとは、「おおきくはクズ」という点だけ一致していて、その他はまるで真逆のキャター。 ジョーさんが活躍する13-15巻あたりだけは、女性陣ではなく「龍之介さんか、ジョーさんか」という振り回し方をしてくれるんですね。 ジョーさんよかったなあ。 よくこんな 「好きになれる要素ゼロなのにダメ、好きになっちゃう」キャラをつくれたものだ。 せめてもう少し甲斐性があれば……。 最後は大きな謎を丸抱えしたまま去っていっちゃいましたが、「まあいいか」と思えるのは彼の人徳がなせる業なんでしょう。 そういう訳でですね、「ハレ婚。 」はいい大人がいい感じにかき乱されるいい作品な訳ですよ。 ほどよくエロいし。 一夫多妻かどうかはともかく、「つまり結婚とは楽しいことである。 」なのでみんな結婚したらいいんじゃない的な空気感を抱けたりするのも効能ですね。 「子はかすがい」感もふんだんにあって、子どもを授かる、家族が増えることに前向きになれそうですし。 の解決に向けましては、条例法令のような制度面からハードに進んでいくのではなく、恋人たちそれぞれの幸せの延長線上に自然となされていきますように。 trillion-3934p.

次の