セレビィ 時 を 超え た 遭遇。 ポケモン映画の英語のタイトルを教えてください。それらしい物になか...

映画『ポケモン』20年以上の歴史で初の冬公開に、正式発表 新型コロナの影響で7・10から延期

セレビィ 時 を 超え た 遭遇

概要 [ ] キャッチコピーは「 こんなポケモンに逢ってみたかった。 純粋な友情と壮大な自然、環境保護の姿勢が見受けられる作品。 ポケモン映画の主軸のテーマと成りつつある「関係性」を時間を駆使して伝えている。 『』のように、ポケモンたちにより保たれてきた自然のバランスが人間の勝手で崩壊する様が描かれている。 しかし、今作は世界規模の破滅ではなく、もっと近場に関係をもたらす流れである時が引き起こす切なさや偶然が特徴的に表現される。 作品の中でし、サトシたちと行動を共にする少年「ユキナリ」だが、これは少年期のである。 この事実は、エンディングの中でわずかに明かされる(小説版では、オーキド博士のフルネーム「オーキド・ユキナリ」がはっきり表記されているが、アニメ版ではこの映画が公開されるまで明らかにされていなかった)。 また、制作初期段階のでは、ユキナリがサトシたちの前でポケモン川柳を披露する場面が存在したが最終的にはカットされた。 本作品は海外で上映する際に追加されたシーンが存在するため、国内版と海外版で内容に差異がある。 日本ではその追加シーンを新たにアフレコしたうえで、『セレビィ 時を超えた遭遇 特別編』としてにて放送された。 時系列は第199話、第200話以降である。 本作からピカチュウプロジェクト(劇場版ポケットモンスター製作委員会)参加会社が変わった。 具体的には(本作より「協力」として参加)、、が外れ、この3社が共同出資して設立したが加わり、クレジット順も変更された。 劇場版は『』までに至るまで本作に参加した8社が製作している。 に、本作の脚本を担当したによる同名タイトルの小説が、から発行された。 映画冒頭では、宣伝として『』の短縮版オープニングムービーが放映された。 あらすじ [ ] この節にあるあらすじは作品内容に比して不十分です。 を参考にして、 物語全体の流れが理解できるように(も含めて)、をしないよう ご自身の言葉で。 ( 2013年3月)() 現代の40年前の世界。 ハテノの森を訪れた少年・ユキナリは、森の中でハンターに追われていたポケモンに出会う。 そのポケモンは「」といい、時を超える力を持つと言われるポケモンだった。 セレビィをハンターから守ろうとしたユキナリは、セレビィの力でセレビィと共に40年後の未来へタイムスリップしてしまう。 旅の途中でハテノの森を訪れたサトシ一行は、セレビィが時を越える際に起こる「森の声」という現象に遭遇。 程なくサトシ達は祠の前に倒れているユキナリを発見。 ハテノ村の長老トワ達に介抱されたユキナリはセレビィがいないことに気付き、サトシ達と共にセレビィを探しに向かう。 傷だらけのセレビィを見つけたサトシ達はトワの下へ戻ろうとするが、そこへセレビィを追っていたロケット団幹部・ビシャスが現れ、セレビィを捕えようと襲い掛かって来た。 ユキナリとの連携でビシャスのポケモンを撃退し、何とか逃げおおせたサトシ達は、生き物の傷を癒す不思議な力を持つ湖にたどり着き、そこで一夜を明かす事にする。 その後、サトシとユキナリは意気投合し、二人はセレビィとも仲良くなった。 だが翌朝、再びビシャスが現れ、セレビィはビシャスに捕らえられてしまう。 捕まえたポケモンに邪悪な心を植えつける特殊なモンスターボール「ダークボール」で捕獲されたセレビィは邪悪な心を植えつけられてビシャスの言いなりになり、森を破壊し始めてしまった。 ユキナリとサトシ達がセレビィを助けようと奮闘する中、伝説のポケモンが現れる。 サトシとユキナリはスイクンの力を借りてセレビィの下へと向かう。 登場人物・キャスト [ ] レギュラーキャラクター [ ] 詳細は個別記事かを参照。 - 本作のレギュラーキャラクター側の主人公。 ユキナリと意気投合し、共にセレビィを守るため奮闘する。 声 - 技:10まんボルト、でんこうせっか サトシの最初のポケモン。 声 - ハナダシティジムの美人4姉妹の末っ子で本作のヒロイン。 旅の途中で足を挫くもセレビィの治癒能力で完治した。 声 - 世界一のポケモンブリーダーを目指している少年。 声 - カスミのポケモン。 声 - の一員。 劇中終盤ではビシャスのダークボールによって暴走したセレビィが生み出したセレビィゴーレムの一部として一人吸収されてしまうも、ビシャスがセレビィを利用して組織を裏切ろうとしていたことを知り、セレビィを救出に来たサトシとユキナリに協力した。 声 - ロケット団の一員。 本作でもピカチュウを捕まえようと現れ、ビシャスの命令でセレビィを捕まえようとするもビジャスの非道なやり方に戸惑い、劇中終盤ではニャースと共にビシャスのダークボールによって暴走したセレビィに吸収されたムサシの身を案じていた。 声 - ロケット団の一員。 2足歩行して人間の言葉を喋る珍しいポケモン。 声 - 技:はっぱカッター、つるのムチ サトシの手持ちポケモン。 ビシャスのハッサムに苦戦するも心の目でかげぶんしんをするハッサムの本物を見抜き、勝利した。 声 - 冒頭とエンディングにのみ登場。 特別版ではあることを懐かしむ場面があり、そのラストでは話していないはずのユキナリのことを話した。 声 - 冒頭とエンディングにのみ登場。 台詞は一言のみ。 ナレーション 声 - ゲストキャラクター [ ] ユキナリ 声 - 本作のゲストキャラクター側の主人公。 の完成を目指し、旅をしている少年。 森でハンターに襲われていたセレビィを助ける際に「ときわたり」に巻き込まれ、40年後にする。 ポケモンのことを第一に考えそのためなら体を張ることもできるなど、性格や行動に共通点が多いためかサトシとは馬が合う。 旅の途中で出会ったポケモンをよくするため、彼のには様々なポケモンが描かれている。 先述の通り、正体は少年時代のである。 手持ちポケモン 技:かえんほうしゃ、ずつき の中に入っている。 ビシャスのニューラを倒した。 ミク 声 - ハテノ村に住む明るい性格の少女。 トワの孫娘。 40年前の祖母と瓜二つで、漫画版では「ときわたり」によってタイムスリップしてしまったユキナリは彼女をトワと間違えた。 トワ 声 - ハテノ村のに住むミクの祖母。 森の入口を守っている。 40年前にハテノの森を訪れたユキナリと出会っており、彼がタイムスリップする直前にセレビィの「ときわたり」に関する森の言い伝えを警告し、木の実のパンを与えた。 その後、現代で「ときわたり」をしてきたユキナリと再会し、映画版ではすぐトワであると気付いた。 ビシャス 声 - 本作のゲスト悪役、ボスに次ぐ地位を持つロケット団の最高幹部の一人で、実力はロケット団史上最強と言われている。 冷酷非道で捕まえたポケモンを凶悪な性格に変える「」や四本足の多脚メカを使い、セレビィ捕獲を狙う。 普段は仮面を被っていることから「 仮面のビシャス」と呼ばれ、セレビィを捕獲した事でロケット団に代わり世界を支配すると発言するなど強気な人物と思われていたが、実は気弱な小心者で手持ちのポケモンが全ていなくなった後、謝罪して許しを乞おうとしたが当然ながら許してもらえず、ミク達をはじめ、森に棲むポケモン達によって身柄を拘束された。 その後の動向について詳しく描かれていないが、作戦失敗をきっかけにロケット団をクビになったらしい。 ビシャスを演じた佐野史郎は特番で「見た目は勇敢な戦士だけどやること成す事が自分と同じで卑怯だ」と語っている。 使用ポケモン 「ダークボール」でゲットされたため、全員とても凶暴で攻撃的な性格をしている。 エンディングでビシャスの下を離れ、どこかへと去っていった(その際にはダークボールが壊されたと思われるため、攻撃的な性格ではなくなっていた)。 技:はかいこうせん、あばれる、なみのり 物語冒頭でハンターから強奪したポケモン。 捕獲前は体はそれほど大きくなく、大人しそうな性格であった。 タケシのイワークを圧倒するも、スイクンのバブルこうせんを受けた後、イワークに苦手な湖へ吹き飛ばされた。 事件後、なみのりが使えたのか湖を泳ぎ、どこかへ去っていった。 声 - 技:メタルクロー、かげぶんしん かげぶんしんでサトシのベイリーフを翻弄するも、本体を見破られ、つるのムチで敗れた。 事件後、ニューラと共にどこへ去っていった。 声 - 技:ひっかく すばやい動きでユキナリのリザードと渡り合うも、ずつきで敗れた。 事件後、ハッサムと共にどこへ去っていった。 声 - 技:やどりぎのタネ、しんぴのまもり、いやしのすず、ソーラービーム 時渡りポケモン。 森の守り神と言われる幻のポケモン。 40年前、森でハンターに追われていたところをユキナリに助けられ、「ときわたり」によって40年後の世界へやってきた。 ハンターに追われていたこともあって、当初はサトシたちに怯えていたが、次第に心を通わせていった。 劇中終盤では、ビシャスのダークボールによって暴走し、大量の樹木が集まって出来た巨獣「セレビィゴーレム」へと変貌し破壊の限りを尽くす。 サトシたちに助けられるが、力を酷使した影響で体が萎れて命を落としてしまうも、「ときわたり」でやってきた多数のセレビィたちによって復活。 ユキナリと共に「ときわたり」で無事に40年前の世界へと戻っていった。 声 - 技:バブルこうせん オーロラポケモン。 北風の化身と呼ばれる伝説のポケモン。 セレビィを助けるためサトシ達に協力する。 水を清める能力を持つ。 ホワイト 声 - ハテノ村に住む好青年。 サトシ達をハテノ村に招待した。 付きボートを所持しており、アウトリガーを変形させのように空を飛ぶことができる。 ハンター 声 - 40年前にハテノの森でセレビィを捕まえようとした人物。 現代ではビシャスに脅され、自分の捕まえたバンギラスを奪われ、やもなくセレビィを見つけた場所を教えた。 40年前の使用ポケモン 声 - 技:きりさく 声 - 技:かえんほうしゃ 、、、、 声 - 、、、、 森に棲むポケモン達。 傷ついたセレビィのためにサトシ達を癒しの湖に案内したり、ダークボールでゲットされたセレビィを助けようとビシャスに臆することなく立ち向かおうとするなど勇気と優しさを持ち合わせており、終盤では、、といったむしポケモン達がいとをはくでビシャスの身柄を拘束した。 この他にも、、、、、、などが登場している。 ポケモントレーナー(名前は不明) オープニングでサトシとポケモンバトルをした少年。 使用ポケモン 声 - スタッフ [ ]• 原案 -• スーパーバイザー -• アニメーション監修 -• エグゼクティブプロデューサー - 、川口孝司• プロデューサー - 、松追由香子、盛武源• アニメーションプロデューサー - 奥野敏聡、• アソシエイトプロデューサー - 沢辺伸政、石川博、山内克仁、大橋美紀子、紀伊高明、吉田紀之• アシスタントプロデューサー - 福田剛士• TVリレーションシップス - 岩田圭介、岩田牧子• デスク - 藁科久美子、島村優子、金原由香里• 脚本 -• 演出 - 、、吉村章、井硲清高• キャラクター原案 - 、藤原基史、森本茂樹、吉田宏信、太田敏、にしだあつこ、、吉川玲奈• キャラクターデザイン - 、、玉川明洋• 作画監督 - 玉川明洋、一石小百合、松原徳弘、、、池平千里、福本勝• 動画チェック - 榎本富士香、齋藤徳明、室岡辰一、笠間陽子、部谷のりこ、大原真琴• 色彩設計 - 吉野記通、佐藤美由紀• 色指定 - 堀川直子、中尾総子• 検査 - 飛田ひろみ、水巻みゆき、石川直樹、伊藤良樹、森山敦子、奥井恵美子• 特殊効果 - 太田憲之• 美術監督 -• デジタルワークス - 高尾克己• 撮影監督 -• CGプロデューサー - 坂美佐子• CGスーパーバイザー - 小畑正好• プロダクションマネージャー - 大竹研次• 2Dディレクター -• CGI監督 - 鹿住朗生• チーフCGデザイナー - 佐藤誠• 編集 - (辺見俊夫、伊藤裕)• 現像 -• 音楽 -• 音楽プロデューサー - 斎藤裕二• 一部原曲・作曲 - 、一之瀬剛、青木森一• 音響監督 -• 音響プロデューサー - 南沢道義、西名武• 制作担当 - 小板橋司• 制作デスク -• 制作進行 - 児玉隆、牧野治康、亀井康輝、嵯峨高之、阿部賢一• 制作 -• アニメーション協力 - 、• アニメーション制作 -• 監督・絵コンテ -• 本編のとは、発売。 映画10周年を記念して発売された「劇場版ポケットモンスター PIKACHU THE MOVIE BOX 1998-2002」に収録されている。 関連書籍 [ ]• 小説版(2001年11月) 小学館スーパークエスト文庫 受賞歴 [ ]•

次の

劇場版ポケットモンスター セレビィ 時を超えた遭遇 ミュージックコレクション

セレビィ 時 を 超え た 遭遇

解説 時を渡る不思議なポケモンを巡って、ポケモンマスターを目指すサトシとその相棒・ピカチュウたちが繰り広げる冒険を描いた長篇アニメーションのシリーズ第4作。 監督は「PIKACHU THE MOVIE 2001 ピカチュウのドキドキかくれんぼ」の湯山邦彦。 田尻智による原案を基に、「劇場版 ポケットモンスター 結晶塔の帝王」の園田英樹が脚本を執筆。 撮影監督に「ピカチュウのドキドキかくれんぼ」の白井久男があたっている。 声の出演に「METROPOLIS」の松本梨香、「~ピカチュウのドキドキかくれんぼ」の大谷育江、「みんなのいえ」の戸田恵子ら。 また、ゲストとして「京極夏彦 怪 七人みさき」の佐野史郎、「どケチ ピーやん物語」の藤井隆、「Juvenile ジュブナイル」の鈴木杏が参加している。 2001年製作/75分/日本 配給:東宝 ストーリー ハンターに追われていた森の守り神・セレビィを助けたことから、セレビィの持つ時渡りの力に巻き込まれ40年後の世界へタイムスリップしてしまった少年・ユキナリは、旅の途中のサトシやピカチュウたちと出会う。 しかしこの世界でもまた、ロケット団最高幹部のひとりである仮面のビシャスがセレビィを狙って襲いかかってきた。 サトシとユキナリは、協力してセレビィを守ろうとするが、ビシャスの執拗な攻撃に、遂にセレビィはポケモンを邪悪に染めるダークボールの餌食となり、セレビィ・ゴーレムに変えられ森の破壊を始めるのだった。 セレビィ・ゴーレムの暴走を食い止めるべく、セレビィの心に必死に呼びかけるサトシたち。 果たして、その声はセレビィに届きビシャスの悪巧みを阻止することは叶うが、セレビィは瀕死の状態に陥ってしまう。 そこでサトシたちは、森の奥の命の湖でセレビィを蘇らせようとするも、森の破壊によって汚染された湖水にその力は残されておらず、伝説のポケモン、スイクンが湖水を浄化させても、セレビィが蘇ることはなかった。 とその時、時を超えてやって来たセレビィの仲間たちがセレビィを救った。 こうして、蘇ったセレビィはユキナリと共に40年前の世界へ帰って行き、サトシたちも冒険の旅を続けるのだった……が、実はユキナリが幼い頃のオーキド博士であったことを、サトシたちは知る由もなかった。 監督 演出 スーパーバイザー アニメーション監修 脚本 原案 製作総指揮 製作 プロデューサー アニメーションプロデューサー 絵コンテ キャラクター・デザイン キャラクター原案 作画監督 設定協力 撮影監督 撮影 スタジオコスモス 美術監督 デザインワークス 音楽 音楽プロデューサー オープニングテーマ曲 主題歌 音響監督 音響プロデューサー 整音 音響効果 編集 ジェイ・フィルム アソシエイト・プロデューサー アシスタントプロデューサー デスク 制作担当 特殊効果 CG制作 CGプロデューサー CGスーパーバイザー デジタルアニメーション デジタルワークス CGI監督 色彩設計 色指定 「ピカチュウプロジェクト2001」 和田誠 CG制作協力 TVリレーションシップス ネタバレ! クリックして本文を読む 映画「劇場版 ポケットモンスター セレビィ 時を超えた遭遇」 湯山邦彦監督 から。 伝説ポケモンや、レアなポケモンを捕まえて、高く売る悪人に対して、 「ポケモンは売り買いするもんじゃない」と叫ぶところから始まる。 ポケモンは、商品ではなく相棒、仲間という意識であり、 彼らと力を合わせて生きていく、そんな存在なのだから、 「人身売買」のようなマネはするな、と叫ぶ気持ちは理解できた。 気になったフレーズは、 「スイクンは、水をきれいにする力があるんでしょ? 」 「 スイクン 、水をきれいにしてくれ」 この会話を耳にしたあとネットで調べたところ、 スイクンの特徴は「汚れた水を一瞬で清める力を持つ」ようだ。 スイクンがきれいにした湖に入ったところ 「不思議、体の痛いところ、全部なくなっちゃった」という台詞あり。 水をきれいにすることで、体調がよくなることを、 ポケモンの映画で再認識した。 体内の水分 血液も含め が、汚れているか、きれいか、は、 7割くらい水分の人間にとって、とても大切なことなんだなぁ。 ゲストは「佐野史郎さん」「藤井隆さん」「鈴木杏さん」 Powered by• 2020年• 2019年• 2018年• 2017年• 2016年• 2015年• 2015年• 2014年• 2014年• 2013年• 2013年• 2012年• 2012年• 2011年• 2011年• 2010年• 2009年• 2008年• 2007年• 2006年• 2005年• 2004年• 2003年• 2003年• 2002年• 2002年• 2001年• 2001年• 2000年• 2000年• 1999年• 1999年• 1998年• 1998年 劇場版 ポケットモンスター セレビィ 時を超えた遭遇• 作品トップ• 映画館を探す• 予告編・動画• インタビュー•

次の

劇場版ポケットモンスター セレビィ 時を超えた遭遇 ミュージックコレクション

セレビィ 時 を 超え た 遭遇

概要 [ ] キャッチコピーは「 こんなポケモンに逢ってみたかった。 純粋な友情と壮大な自然、環境保護の姿勢が見受けられる作品。 ポケモン映画の主軸のテーマと成りつつある「関係性」を時間を駆使して伝えている。 『』のように、ポケモンたちにより保たれてきた自然のバランスが人間の勝手で崩壊する様が描かれている。 しかし、今作は世界規模の破滅ではなく、もっと近場に関係をもたらす流れである時が引き起こす切なさや偶然が特徴的に表現される。 作品の中でし、サトシたちと行動を共にする少年「ユキナリ」だが、これは少年期のである。 この事実は、エンディングの中でわずかに明かされる(小説版では、オーキド博士のフルネーム「オーキド・ユキナリ」がはっきり表記されているが、アニメ版ではこの映画が公開されるまで明らかにされていなかった)。 また、制作初期段階のでは、ユキナリがサトシたちの前でポケモン川柳を披露する場面が存在したが最終的にはカットされた。 本作品は海外で上映する際に追加されたシーンが存在するため、国内版と海外版で内容に差異がある。 日本ではその追加シーンを新たにアフレコしたうえで、『セレビィ 時を超えた遭遇 特別編』としてにて放送された。 時系列は第199話、第200話以降である。 本作からピカチュウプロジェクト(劇場版ポケットモンスター製作委員会)参加会社が変わった。 具体的には(本作より「協力」として参加)、、が外れ、この3社が共同出資して設立したが加わり、クレジット順も変更された。 劇場版は『』までに至るまで本作に参加した8社が製作している。 に、本作の脚本を担当したによる同名タイトルの小説が、から発行された。 映画冒頭では、宣伝として『』の短縮版オープニングムービーが放映された。 あらすじ [ ] この節にあるあらすじは作品内容に比して不十分です。 を参考にして、 物語全体の流れが理解できるように(も含めて)、をしないよう ご自身の言葉で。 ( 2013年3月)() 現代の40年前の世界。 ハテノの森を訪れた少年・ユキナリは、森の中でハンターに追われていたポケモンに出会う。 そのポケモンは「」といい、時を超える力を持つと言われるポケモンだった。 セレビィをハンターから守ろうとしたユキナリは、セレビィの力でセレビィと共に40年後の未来へタイムスリップしてしまう。 旅の途中でハテノの森を訪れたサトシ一行は、セレビィが時を越える際に起こる「森の声」という現象に遭遇。 程なくサトシ達は祠の前に倒れているユキナリを発見。 ハテノ村の長老トワ達に介抱されたユキナリはセレビィがいないことに気付き、サトシ達と共にセレビィを探しに向かう。 傷だらけのセレビィを見つけたサトシ達はトワの下へ戻ろうとするが、そこへセレビィを追っていたロケット団幹部・ビシャスが現れ、セレビィを捕えようと襲い掛かって来た。 ユキナリとの連携でビシャスのポケモンを撃退し、何とか逃げおおせたサトシ達は、生き物の傷を癒す不思議な力を持つ湖にたどり着き、そこで一夜を明かす事にする。 その後、サトシとユキナリは意気投合し、二人はセレビィとも仲良くなった。 だが翌朝、再びビシャスが現れ、セレビィはビシャスに捕らえられてしまう。 捕まえたポケモンに邪悪な心を植えつける特殊なモンスターボール「ダークボール」で捕獲されたセレビィは邪悪な心を植えつけられてビシャスの言いなりになり、森を破壊し始めてしまった。 ユキナリとサトシ達がセレビィを助けようと奮闘する中、伝説のポケモンが現れる。 サトシとユキナリはスイクンの力を借りてセレビィの下へと向かう。 登場人物・キャスト [ ] レギュラーキャラクター [ ] 詳細は個別記事かを参照。 - 本作のレギュラーキャラクター側の主人公。 ユキナリと意気投合し、共にセレビィを守るため奮闘する。 声 - 技:10まんボルト、でんこうせっか サトシの最初のポケモン。 声 - ハナダシティジムの美人4姉妹の末っ子で本作のヒロイン。 旅の途中で足を挫くもセレビィの治癒能力で完治した。 声 - 世界一のポケモンブリーダーを目指している少年。 声 - カスミのポケモン。 声 - の一員。 劇中終盤ではビシャスのダークボールによって暴走したセレビィが生み出したセレビィゴーレムの一部として一人吸収されてしまうも、ビシャスがセレビィを利用して組織を裏切ろうとしていたことを知り、セレビィを救出に来たサトシとユキナリに協力した。 声 - ロケット団の一員。 本作でもピカチュウを捕まえようと現れ、ビシャスの命令でセレビィを捕まえようとするもビジャスの非道なやり方に戸惑い、劇中終盤ではニャースと共にビシャスのダークボールによって暴走したセレビィに吸収されたムサシの身を案じていた。 声 - ロケット団の一員。 2足歩行して人間の言葉を喋る珍しいポケモン。 声 - 技:はっぱカッター、つるのムチ サトシの手持ちポケモン。 ビシャスのハッサムに苦戦するも心の目でかげぶんしんをするハッサムの本物を見抜き、勝利した。 声 - 冒頭とエンディングにのみ登場。 特別版ではあることを懐かしむ場面があり、そのラストでは話していないはずのユキナリのことを話した。 声 - 冒頭とエンディングにのみ登場。 台詞は一言のみ。 ナレーション 声 - ゲストキャラクター [ ] ユキナリ 声 - 本作のゲストキャラクター側の主人公。 の完成を目指し、旅をしている少年。 森でハンターに襲われていたセレビィを助ける際に「ときわたり」に巻き込まれ、40年後にする。 ポケモンのことを第一に考えそのためなら体を張ることもできるなど、性格や行動に共通点が多いためかサトシとは馬が合う。 旅の途中で出会ったポケモンをよくするため、彼のには様々なポケモンが描かれている。 先述の通り、正体は少年時代のである。 手持ちポケモン 技:かえんほうしゃ、ずつき の中に入っている。 ビシャスのニューラを倒した。 ミク 声 - ハテノ村に住む明るい性格の少女。 トワの孫娘。 40年前の祖母と瓜二つで、漫画版では「ときわたり」によってタイムスリップしてしまったユキナリは彼女をトワと間違えた。 トワ 声 - ハテノ村のに住むミクの祖母。 森の入口を守っている。 40年前にハテノの森を訪れたユキナリと出会っており、彼がタイムスリップする直前にセレビィの「ときわたり」に関する森の言い伝えを警告し、木の実のパンを与えた。 その後、現代で「ときわたり」をしてきたユキナリと再会し、映画版ではすぐトワであると気付いた。 ビシャス 声 - 本作のゲスト悪役、ボスに次ぐ地位を持つロケット団の最高幹部の一人で、実力はロケット団史上最強と言われている。 冷酷非道で捕まえたポケモンを凶悪な性格に変える「」や四本足の多脚メカを使い、セレビィ捕獲を狙う。 普段は仮面を被っていることから「 仮面のビシャス」と呼ばれ、セレビィを捕獲した事でロケット団に代わり世界を支配すると発言するなど強気な人物と思われていたが、実は気弱な小心者で手持ちのポケモンが全ていなくなった後、謝罪して許しを乞おうとしたが当然ながら許してもらえず、ミク達をはじめ、森に棲むポケモン達によって身柄を拘束された。 その後の動向について詳しく描かれていないが、作戦失敗をきっかけにロケット団をクビになったらしい。 ビシャスを演じた佐野史郎は特番で「見た目は勇敢な戦士だけどやること成す事が自分と同じで卑怯だ」と語っている。 使用ポケモン 「ダークボール」でゲットされたため、全員とても凶暴で攻撃的な性格をしている。 エンディングでビシャスの下を離れ、どこかへと去っていった(その際にはダークボールが壊されたと思われるため、攻撃的な性格ではなくなっていた)。 技:はかいこうせん、あばれる、なみのり 物語冒頭でハンターから強奪したポケモン。 捕獲前は体はそれほど大きくなく、大人しそうな性格であった。 タケシのイワークを圧倒するも、スイクンのバブルこうせんを受けた後、イワークに苦手な湖へ吹き飛ばされた。 事件後、なみのりが使えたのか湖を泳ぎ、どこかへ去っていった。 声 - 技:メタルクロー、かげぶんしん かげぶんしんでサトシのベイリーフを翻弄するも、本体を見破られ、つるのムチで敗れた。 事件後、ニューラと共にどこへ去っていった。 声 - 技:ひっかく すばやい動きでユキナリのリザードと渡り合うも、ずつきで敗れた。 事件後、ハッサムと共にどこへ去っていった。 声 - 技:やどりぎのタネ、しんぴのまもり、いやしのすず、ソーラービーム 時渡りポケモン。 森の守り神と言われる幻のポケモン。 40年前、森でハンターに追われていたところをユキナリに助けられ、「ときわたり」によって40年後の世界へやってきた。 ハンターに追われていたこともあって、当初はサトシたちに怯えていたが、次第に心を通わせていった。 劇中終盤では、ビシャスのダークボールによって暴走し、大量の樹木が集まって出来た巨獣「セレビィゴーレム」へと変貌し破壊の限りを尽くす。 サトシたちに助けられるが、力を酷使した影響で体が萎れて命を落としてしまうも、「ときわたり」でやってきた多数のセレビィたちによって復活。 ユキナリと共に「ときわたり」で無事に40年前の世界へと戻っていった。 声 - 技:バブルこうせん オーロラポケモン。 北風の化身と呼ばれる伝説のポケモン。 セレビィを助けるためサトシ達に協力する。 水を清める能力を持つ。 ホワイト 声 - ハテノ村に住む好青年。 サトシ達をハテノ村に招待した。 付きボートを所持しており、アウトリガーを変形させのように空を飛ぶことができる。 ハンター 声 - 40年前にハテノの森でセレビィを捕まえようとした人物。 現代ではビシャスに脅され、自分の捕まえたバンギラスを奪われ、やもなくセレビィを見つけた場所を教えた。 40年前の使用ポケモン 声 - 技:きりさく 声 - 技:かえんほうしゃ 、、、、 声 - 、、、、 森に棲むポケモン達。 傷ついたセレビィのためにサトシ達を癒しの湖に案内したり、ダークボールでゲットされたセレビィを助けようとビシャスに臆することなく立ち向かおうとするなど勇気と優しさを持ち合わせており、終盤では、、といったむしポケモン達がいとをはくでビシャスの身柄を拘束した。 この他にも、、、、、、などが登場している。 ポケモントレーナー(名前は不明) オープニングでサトシとポケモンバトルをした少年。 使用ポケモン 声 - スタッフ [ ]• 原案 -• スーパーバイザー -• アニメーション監修 -• エグゼクティブプロデューサー - 、川口孝司• プロデューサー - 、松追由香子、盛武源• アニメーションプロデューサー - 奥野敏聡、• アソシエイトプロデューサー - 沢辺伸政、石川博、山内克仁、大橋美紀子、紀伊高明、吉田紀之• アシスタントプロデューサー - 福田剛士• TVリレーションシップス - 岩田圭介、岩田牧子• デスク - 藁科久美子、島村優子、金原由香里• 脚本 -• 演出 - 、、吉村章、井硲清高• キャラクター原案 - 、藤原基史、森本茂樹、吉田宏信、太田敏、にしだあつこ、、吉川玲奈• キャラクターデザイン - 、、玉川明洋• 作画監督 - 玉川明洋、一石小百合、松原徳弘、、、池平千里、福本勝• 動画チェック - 榎本富士香、齋藤徳明、室岡辰一、笠間陽子、部谷のりこ、大原真琴• 色彩設計 - 吉野記通、佐藤美由紀• 色指定 - 堀川直子、中尾総子• 検査 - 飛田ひろみ、水巻みゆき、石川直樹、伊藤良樹、森山敦子、奥井恵美子• 特殊効果 - 太田憲之• 美術監督 -• デジタルワークス - 高尾克己• 撮影監督 -• CGプロデューサー - 坂美佐子• CGスーパーバイザー - 小畑正好• プロダクションマネージャー - 大竹研次• 2Dディレクター -• CGI監督 - 鹿住朗生• チーフCGデザイナー - 佐藤誠• 編集 - (辺見俊夫、伊藤裕)• 現像 -• 音楽 -• 音楽プロデューサー - 斎藤裕二• 一部原曲・作曲 - 、一之瀬剛、青木森一• 音響監督 -• 音響プロデューサー - 南沢道義、西名武• 制作担当 - 小板橋司• 制作デスク -• 制作進行 - 児玉隆、牧野治康、亀井康輝、嵯峨高之、阿部賢一• 制作 -• アニメーション協力 - 、• アニメーション制作 -• 監督・絵コンテ -• 本編のとは、発売。 映画10周年を記念して発売された「劇場版ポケットモンスター PIKACHU THE MOVIE BOX 1998-2002」に収録されている。 関連書籍 [ ]• 小説版(2001年11月) 小学館スーパークエスト文庫 受賞歴 [ ]•

次の