ヘンプ シード 効果。 ヘンプシードオイルの凄い効能!美容と健康に効果あり!

ヘンプ(麻)の歴史と魅力、その効果

ヘンプ シード 効果

2016年から本サイトでは、「俺のLIFE PACKING」として自分のお気に入りアイテムを紹介してきた。 この軌跡がこちら。 結局、根っこの部分は変わっておらず、自分が最適だと思う荷物を詰めて旅をしている。 この記事を書き始めた頃は、僕はまだ会社員だった。 CBDオイル、ヘンププロテイン、ヘンプオイルを使い倒した結果 CBDアイテムが日本にも出回ってきた。 2019年から2020年にかけて、ようやく日本でもヘンプ、大麻解禁の流れが起きつつある。 ただ、謎のネットワークビジネスもあるそうなので注意が必要だ。 ヘンプの効果ってあるのか? ヘンプがどんな効果があるのか、CBDがどうかとか、THCがどうだとか様々な話がある。 感覚が研ぎ澄まされたり、ふわったした感じがしたり、気持ちが晴れたり、目がさえるようになったりと、色々な効果が期待される。 一番は、てんかんやガンに効果があるとされることだろう。 僕自身は、医者ではない。 医学部を目指したことはあるが、医療について、本で調べた、論文を読んだ程度の知識しかない。 そのためこれ以上の言及はすべきでないだろう。 また、Green Rushという本を出された高城剛さんのヘンプの本を読んだことがあるのだが、「効果」そのものに関することは、詳しく書かれてはいなかったように思える。 次なる投資案件としてのヘンプ 今、世界的に「解禁」の流れにあるのが、このヘンプ産業。 かつて、アメリカで禁酒法が制定されていた時代があったように、ヘンプも長らく「規制」されていた。 このヘンプが今、「合法化」している。 ヘンプとは、いわゆる「麻」のこと。 ついにこの麻が、医療大麻の分野を皮切りに、その性能の高さから解禁の流れとなっている。 にもあるように、身体への安全性や、医療分野での薬効が認められている。 この世界のヘンプ「解禁」の流れが、次なる大きな「ビジネス」のチャンス。 禁止されていたヘンプが解禁されれば、かなり大きな額の「投資」が行われる。 2020年には、世界で3兆円もの金額が動くと言われている。 アメリカでも2018年あたりから、かなりの金額が動き始めた。 カンナビスのビジネス展開は、カナダ、アメリカを中心にどんどん広がっている。 こちらのスクリーンショットでは、アメリカのYahoo! ニュースでも「カンナビス」の特集が放送されていた。 アメリカの禁酒法時代 アメリカでは、1920年から13年間、お酒が飲めない時代があった。 アルコール濃度0. ただし、工業用アルコールの製造は許されていたことや、貯蔵されている酒類は、法に触れない部分があった。 もちろん、禁酒となれども、お酒を嗜好品として使用したいニーズは消えない。 そのため、ギャングや裏社会での密造、密売が行われ、多くのブローカーの「財源」となった背景がある。 大麻は昔から日本でも馴染みのあるモノ 大麻は、日本でも馴染みのある植物。 昔から衣類や薬として利用されていた背景がある。 昔から馴染みのある植物だったにも関わらず、日本人は麻を使えなくなった。 日本で大麻が禁止されたのは、1946年、第二次世界大戦後。 GHQの統治下時代による「大麻取締法」から。 表向きには、依存性、中毒性による健康への配慮から禁止されたという見解。 だが実際には、化学繊維産業の発展を見越した取締だったとも言われている。 ちなみにこの時代、「ヒロポン」と呼ばれる合法製薬があった。 疲労がポンっと取れるとあり、今でいう、エナジードリンクのように使用されていた。 この主成分は、メタンフェタミンであり、これが覚醒剤だった。 今から、四半世紀前では薬局のような場所で、簡単に手にはいいっていたのだ。 覚醒剤は、日本人が作ったモノ。 長井長義氏が、「麻黄」から抽出されたエフェドリンからメタンフェタミンを合成したことから始まっている。 こうした、歴史を知るのも面白い。 高城剛さんのメルマガを見てヘンプに興味を持った もし、高城剛さんの「グリーンラッシュ」を読まれた方がいれば、ぜひこちらも見て欲しい。 ミニマルアイテムを極めたライフパッキングをこちらにまとめた。 ヘンプを実際に使ってみた この世界的なヘンプの「解禁」運動にあやかり、僕もヘンプの効果を試したくなった。 特にCBDオイルは、てんかんに効果があると発表されるほどだ。 ヘンプビジネスが熱を帯びている今、これをどうビジネスチャンスにするのか。 実際に試してみることにした。 今回使用したのは、全て日本で販売認可がおりているモノ。 手頃で試しやすい3つのヘンプフードを実際に試してみた。 1 CBDオイル 冒頭でも紹介した、てんかんの特効薬だとされるCBDは、カンナビジオール(Cannabidiol)の略。 ヘンプから抽出された成分。 てんかんの他に、ガンや認知症など様々な効用があるとされている。 すでに、中国の黒竜江省では、生産が活発化しているとのこと。 最近話題になったのが、コロラド州に住んでいるシャーロットちゃんの動画。 彼女は、「てんかん」持ちだったが、濃度の高いCBDを摂取したことで、てんかんが徐々に治っていったという。 このことから、WHOは、CBDに関するデータを公開した経緯もある。  こちらが、CBDオイル。 スポイトで数滴、自分の舌に滴らして使う。 沈静作用があるらしく、夜寝る前に使用するのがセオリー。 実際に使用した味の感想は、そこまで感じない。 ココナッツ風味のオイルを舌に垂らしたそのままの感覚。 適量の倍を使用してみたのだが、少し、落ち着いたかな?と錯覚する程度。 濃度が低いのか、そこまで劇的に体から変化が起こるものではなかった。 僕が購入したのが、。 ヘンプフードジャパンは、日本最大手のヘンプフードを取り扱っているお店。 2 ヘンププロテイン 大麻は、タンパク質の質が高いことで知られている。 植物性のタンパク質として有名。 その他に、上質な油としてオメガ3、オメガ6、オメガ9の他、食物繊維やミネラルが摂れる。 実は、オメガ6脂肪酸は、天然の抗うつ効果があるといわれている。 こちらのプロテインは、甘味がない。 僕は、水に溶かしてトレーニング用のプロテインを飲む感覚で摂取した。 味は、草を粉末にして飲んでいる感覚。 苦味はない。 ただ、甘みもないので美味しいわけではない。 このプロテインを料理に混ぜるのがおすすめらしい。 ヘンププロテインは確かに「高品質の植物性たんぱく質」が摂取できる。 ただ、残念ながら値段が高い。 そして、味は美味しくはない。 高品質なたんぱく質を高額で摂取するのであれば、別の食材でたんぱく質を摂取した方が費用効率はいい。 プロテインは、若干の効果を感じた。 と思い込んでいる。 実際に試していた1ヶ月間に、ジムや運動を何度かしたおかげもあってか、健康は促進された様子。 実際にCBDオイルは効果があるか? 実際、CBDオイルを毎日つかったからといって、劇的な変化があるかといわれれば、正直、僕はわからなかった。 お酒を飲んだら体に何かしらの反応があるように、濃度を上げて摂取すれば、それなりに変化が起こるだろうが、ちょっと摂取した程度では、変化は感じにくい。 筋トレしているときに、プロテインやBCAAを飲んでいるときの感覚と同じかもしれない。 プロテインを飲むと、何となく効果があるのだろうなと徐々に分かっていくのと同様に、ヘンプフードも、徐々に感じられてくるのかもしれない。 僕は納得していないのだが、専門家に言わせると、3ヶ月は試さなければ効果は出ないらしい。 日本での販売許可がおりている製品は、THCやCBDの濃度がかなり低く設定してあるのだろう。 THCとは? THCとは、テトラヒドロカンナビノール(Tetrahydrocannabinol)の略。 大麻の陶酔作用のある成分のこと。 日本では、大麻に含まれるTHCの成分濃度が高いほど、より強い効果が現れる。 この成分が取締されている。 これからのヘンプビジネス 実際、ヘンプを体験したのだが、これからどうビジネスとして使っているのかは未知数だ。 高城剛さんのように、「CBDオイル」を「瞑想」に利用した「サウンドメディテーション」という仕掛けを作るのもいい。 韓国の整形ツアーのように、医療大麻を観光としてグアム、タイ、台湾のように観光立国としてアプローチする方法もある。 ヘンプをフードに利用して物販、実店舗経営もいい。 おそらく、ここ1年くらいで、「ヘンプビジネスの最先端ビジネス視察ツアー」なるモノでアメリカへ行こうといったツアーがたくさん見受けられるころだろう。 東京でヘンプフードを体験するなら 実は、恵比寿に、ヘンプフードジャパンの実店舗がある。 こちらのお店では、ヘンプを実際に使った料理が食べられる。 これからどんどんヘンプ産業が発達していく。 初めは、健康食として、そして、娯楽エリアへと投資の幅が広がっていく。 今後もヘンプ産業の変化に目が離せない。 月8万円で暮らせる拠点探し 日本でも 海外でも月8万円生活できる場所探し 国内・海外で生活しやすい「国」や「都市」を探す旅。 生活コスパがよくて、月8万円で生活できる場所を探し中。 どんな1日のルーティーンを過ごしている? 福岡を拠点にして、月8万円の「コスパ生活」をしながら生活している。 最近の仕事実績や詳しい経歴は、まで。

次の

コストコのヘンプシードの栄養や効果は?味やおすすめの食べ方も!

ヘンプ シード 効果

この記事の目次• 中国では太古の昔、 3000年前から医薬品としても使用されてきたという歴史もあります。 この日本語を見ると、ちょっとびっくりしてしまいます。 ヘンプオイル(大麻油)って合法?大丈夫なの? 結論を言えば、合法ですし大丈夫です。 麻の実は、大麻やマリファナと同じ種族であっても特長や成分が大きく違っているので問題ありません。 (1)大麻、マリファナには、精神活性剤である THC(テトラヒドロカンビナノール)が20%近くも含まれています。 この成分によって精神状態が高揚してしまうのです (2)ヘンプシード(麻の実)またヘンプシードオイルには、このTHCが 0. 実はこの必須脂肪酸1:3のバランスというのは、私たちの健康な皮膚の細胞脂質にもっとも近いバランスだと言われています。 ミラクル成分!ヘンプシードオイルの効能は? これらの特徴のある栄養成分を含むヘンプシードオイルは、私たちに様々な健康効果や美容での嬉しい効能をもたらせてくれます。 【1】心臓の健康、心血管機能の強化 オメガ 3脂肪酸とオメガ 6脂肪酸はカラダの中で正反対の働きをしますが、両方のバランスがしっかり保たれることによって、私たちの健康状態は保持されています。 その両方ともに私たちのカラダには大切な必須脂肪酸です。 ヘンプシードオイルが持つ3:1というバランスの良いオメガ3、6比率は、心臓の健康維持、心血管機能、免疫システム、アレルギー疾患の改善などなど、カラダの多岐にいたる点で良い影響をもたらせてくれます。 また、ヘンプシードにはアミノ酸の「アルギニン」を多く含んでいます。 アルギニンは、 血圧低下や心臓病 リスクを減らすといった効果も期待できるという一酸化窒素を体内で生成するために必要な成分です。 【2】カラダの代謝促進、抗炎症性 healthline. 【3】健康的な肌と美しい髪をサポート オメガ脂肪酸の健全なバランスによって、ヘンプシードオイルは、肌の保湿力の強化、ならびに、かゆみや炎症の軽減にも役立ちます。 さらに、ビタミン Eとの組み合わせで、老化を防ぐあなたの抗酸化性を高めてくれます。 DHAは、脳や目の網膜の健康維持、胎児の脳の発育にも大切な成分になります。 【5】PMS(月経前症候群)症状の低減 現代では対象年齢女性の80%が月経前症候群( PMS)によって引き起こされる症状に悩まされていると言います。 これらの悩ましい症状は、 プロラクチンと呼ばれる脳下垂体から分泌されるホルモンの影響によって引き起こされると考えられています。 【6】消化改善 ヘンプシードに含まれる食物繊維には、可溶性( 20%)と不溶性( 80%)の両方を含んでいます。 この不溶性食物繊維は排便の形成と腸内を通りやすくするのに役立ちます。 便秘解消とうれしいダイエットへの効能も期待できますね! ご紹介したヘンプシードの効果、効能に関する参照サイト: ヘンプシードオイル、気になる副作用は? (1)血液の凝固剤を服用されている方 ヘンプシードオイルには、血液凝固を遅らせる効果もあり、血液の凝固剤を服用されている患者さんには、出血が発生する可能性があります。 服用前には必ず掛かり付けのお医者さんに相談してからにしてください。 (2)消化器が弱い方は一気に摂らないように 食物繊維量の多いヘンプシードを大量に摂取すると、他の植物繊維サプリメントと同じうような下痢や便秘、ガスがたまりやすいといった、消化器系の症状が出ることがあります。 摂取量については一気に増やすのではなく、少ない摂取量から徐々に摂るようにしてください。 オメガ3脂肪酸については、水銀を含む可能性が指摘されている養殖サーモンなどの魚油に代わって、植物性オイルがまた見直されてきています。 しかし、オメガ3に関してはヘンプシードオイルを通常の食事に加えただけでは不十分だとも言えるかもわかりません。 なぜなら現代の私たちの一般的な食事では、意識しなくともオメガ6を過剰摂取してしまうからです。 実は3:1の良バランスと言われるヘンプシードオイルだけではオメガバランスが不十分なケースも考えられるのです。 あくまでヘンプシードオイルは、オメガ3脂肪酸不足を補うサプリメントとしてのパワーは、亜麻仁油、えごま油またはチアシードには叶わないということだけは理解しておいてくださいね。 ( By ゼウス23世).

次の

ヘンプオイル?ヘンプシードオイル?CBDオイル?3つの違いを解説|DO

ヘンプ シード 効果

ヘンプシードは筆子のタンパク源 私は栄養の摂り方もミニマリスト的、あるいは断捨離の考え方を応用しています。 すなわち、からだに害のあるものはなるべく断ち、からだにいいものを少量だけ食べる。 これでも小食をモットーとしているのです。 しばしばナッツを食べ過ぎているけれど。 1昨年の秋から、基本的に動物性食品はあまり食べないようにしているので、肉、乳製品はめったに食べません。 卵はたまに食べています。。 おもなタンパク源は豆類、豆の加工品(豆腐など)、鮭の缶詰、そして 麻の実ナッツ(ヘンプシード)です。 麻の実ナッツとヘンプシードは同じものです。 以下、ヘンプシードで統一します。 先週、このヘンプシードのお話をしたのを覚えているでしょうか?とても体によいヘンプシードがとれる大麻と、薬物を作る大麻は種類が違うことを書いたのですが。 私がヘンプシードを食べている理由をお伝えします。 ヘンプシードはスーパーフード ヘンプシードは栄養豊富なので、 スーパーフードと呼ばれています。 ほかにもスーパーフードと呼ばれるものはいくつか存在し、スーパーフード界にもはやりすたりがありますね。 いくら世間にスーパーフードがいっぱいあっても、そんなに何もかも食べられません。 私は自分の食生活に取り入れやすいものを継続して食べています。 その1つがヘンプシードなのです。 量り売りの店で、簡単に手に入るし、冷蔵庫に入れずとも、冷暗所で2ヶ月ぐらいは持つので管理も楽です。 私はジャムの空き瓶に入れてます(写真参照)。 以下にその栄養と効能を書いてみますね。 良質なタンパク質(=アミノ酸)が豊富 20種類のアミノ酸を含み、この中に9つの 必須アミノ酸が含まれています。 必須アミノ酸は、体内では作ることができないものです。 ちなみに、タンパク質は消化されるとアミノ酸になるので、アミノ酸=タンパク質と考えて書いています。 タンパク質は、免疫を高め、毒物を排出し、病気になりにくいからだにしてくれます。 つまりより健康になるわけです。 ヘンプシードでも、ヘンプオイルでも継続して摂取すると、免疫系の病気がなおりやすくなるでしょうね。 たとえば風邪をひいたとしてもこじらせることが少ないのではないでしょうか。 さらに、このタンパク質はとても消化がいいです。 オメガ6も3も体内で作れないので、外から取らなければなりません。 リノール酸はわりといろいろなものでとれるけど、ほっとくとオメガ3が少なくなってしまいます。 オメガ6とオメガ3は正反対の作用をするそうで、ただ摂取すればいいというわけではなく、そのバランスが重要。 WHOの言う理想のバランスは4:1でヘンプシードの3:1はこれにとても近いのです。 必須脂肪酸は細胞やホルモンを作るのに必要だし、血圧、消化、免疫の正常な働きを促してくれます。 動物性食品をとっている人はにここはそんなに神経質にならなくてもいいかもしれません。 めったに肉を食べない私は、ヘンプシードに頼っているのです。 ミネラルが豊富 鉄、銅、亜鉛、マグネシウムを含んでいます。 ビタミンEが豊富 フィチン酸がない フィチン酸はミネラルの摂取を妨げます。 大豆にはこれがたくさん入っています。 植物繊維が豊富 まあ、植物ですから。 アレルギーを起こしにくい 私は別にアレルギー体質ではありませんが、ナッツや大豆がだめな人には朗報です。 副作用は特になく、 食べ過ぎるとおなかがゆるくなるところと、栄養とりすぎてデブになることぐらいでしょうか。 あとはあらゆるもののトッピングに利用。 玄米ごはん、オートミール、サラダー、スープ(あまり飲みませんが)にふりかけたり、ごまのようにあえ物にふりかけてもいいです。 まあ、ゴマ感覚で使えばいいですかね。 ゴマはそのまま食べると、消化されずに出てしまいますが。 食品添加物のいっぱい入ったふりかけの替りに、ヘンプシードとおいしい塩をごはんにふりかけると栄養アップ。 ペーストにして、パンにぬってもOK. ベーキングする人なら、お菓子やパンに入れてもいいでしょう。 効率的に栄養がとれるから、ダイエットにも向いています。 生で食べられるのがいいんですよね。 料理しなくてすむところが好きです。 肝心の味はナッツと草の味をまぜたような感じ。 マイルドなナッツ風味です。 この味も気に入っています。 ヘンプシードは去年から食べていますが、最近は食べる頻度があがりました。 それもこれも、量り売りの店のそばに引っ越したから。 入手しやすいというのもポイントです。 日本で、入手しやすいのかどうかよくわかりませんが、機会があったら一度食べてみてください。

次の