モンベル クロノス キャビン。 2018年新作テント!モンベルのクロノスキャビン!

ファミリーにも、ソロにもオススメ!!クロノスキャビン from鹿児島店|ITEM|シェルパMAG|アウトドア&登山専門店 シェルパ

モンベル クロノス キャビン

フェスで使いたいテント フジロックなどの大規模な音楽フェスの楽しみ方の一つにキャンプサイトを利用するというのがあります。 数日間通しで行われるフェスなどでは宿泊代も多額になりますが、キャプサイトを利用する事で安くあげる事ができます。 そしてキャンプサイトを使うからには、快適に過ごせるテントを使いたいところです。 そこでおすすめするのが、2018年に新しく登場したモンベルの クロノスキャビンです。 出典:モンベルHP クロノスキャビンの大きな特徴はリビングスペースがある事です。 リビングスペースがあれば、そこで食事もできますし、通常ならテント内に置く荷物もそこへ置く事ができます。 テントの就寝スペースの有効利用にも役立ちます。 もちろん一人でも設営はできますよ。 テントを広げて、付属のポールにテント本体を吊り下げていきます。 フライシートを被せれば完成! こんなイメージです笑 本当簡単なので、気になる方はモンベルショップで設営をお願いしてみましょう。 快く、設営させてくれますよ。 出典:モンベルHP Sponsored Link おすすめのサイズは? クロノスキャビンには2型、3型、4型の3種類のサイズがあります。 主に、型数が使用できる人数を表しているのですが、 テントのサイズは快適性を考えると人数+1の大きさがいいですね。 二人なら3型ということになります。 また、2型はリビングスペースの高さも少し低く奥行きも少ないので、テーブルやチェアもコンパクトなものを使用する必要があります。 3型、4型なら二人で使用するなら十分なスペースが確保できるでしょう。 ただ、軽量コンパクト重視なら、二人なら2型がおすすめです。 クロノスキャビンにはリビングスペースにより、キャンプの楽しさが増えること間違い無いですね。 フェスやファミリーキャンプだけではなく、2型ならバイクのツーリングなどにも重宝しそうです。 最後まで読んでいただきありがとうございました。 またお会いしましょう。 Sponsored Link.

次の

ソロキャンを始めて4カ月の初心者が買ったキャンプ道具を紹介します!おすすめのギアと選び方のコツも|マウンテンシティメディア

モンベル クロノス キャビン

クロノスキャビンの魅力 クロノスキャビンの方はファミリーキャンプに 特化していったというところでしょうか。 なによりも・・・ 前室が大きくなったことが魅力を増しました。 加えて前室を跳ね上げてタープとして解放感ある スペースにできます。 そして何より・・・ この跳ね上げようのポールも付いています。 大体ポール別売が多い中、まさかモンベルさんが ポール付きで出してくれるとは・・・。 これ一つでファミキャンテントは十分賄えますね。 クロノスドームとの差 違いはフライシートだけではありません。 インナーに大きな差があります。 ドームの方は出入り口が片側だけでしたが、 キャビンは前後に入り口が開いております。 つまり・・前室側からでも反対側からでも テントの出入りができます。 加えて・・・ 前後が解放できることにより、中の熱を逃がせられる ので夏のキャンプには有利になると思います。 風通しは重要ですからね(^^ 4. アメドとの差 やっぱり皆さん思いましたよね・・・ アメドと似ている・・・ 外遊び屋も思いました。 アメドも展示を見たことしかありませんが、 それほど大きな差は感じませんでした。 値段もそれほどの差がありませんし・・・ ポールが点いていることくらいかな。 インナーテントはモンベルさんの方が単純なので 設営時間にはモンベルさんが早いかもしれません。 敢えて言うなら、アメドはキャンプ場に行くと必ず見るけど キャビンならまだ独自性が出せる?ってことくらいですかね。 絶対こっち!っていう理由は無いので最後はお好みで。 最後に 実は店員さんに・・・ 「ドーム持っているので、フライシートの別売ないですか?」 って聞きましたが・・・一笑されました。 見事に・・・。 別売してくれてもいいじゃん・・・。 後ろに出口は無いけど我慢するのに・・・。 でも正直欲しくなるテントですね。 収納も小さくなるのでカヤックにも積めるし、 これで無人島でまったりと過ごしたくなるテントでした。 フライシートのセットだけ売ってよ~~~。 外遊び屋のFacebook「」では更新情報の他に ブログになる前の情報や、ブログに載せない情報などもあります。 よろしければこちらもお願いいたします。

次の

2018年新作テント!モンベルのクロノスキャビン!

モンベル クロノス キャビン

こんにちは、ネクスです。 昨日から公開を始めました当ブログ。 購入のきっかけ 自分は現在2つの幕を所持しています。 ひとつは4~5人用のテント。 こちらはまだあまりキャンプ熱が無かった頃に購入し、当時は年に一度使うかどうかでした。 しかし2018年夏、キャンプ熱に目覚め・・・。 「もっと設営撤収がラクなテント欲しい!」 という気持ちが芽生え。 ・2~3人用 ・前室広い ・ハイスタイルに対応 上記の条件で色々探しました。 そして悩みに悩んだ結果、クロノスキャビンを購入! 寸法・仕様 公式画像はこちら。 重量は約5. 6kg(ポール含む) そこまで軽いわけではないものの、 今までが12kgあったネクスは大満足。 ベンチレーターは前室に2つ、後室に1つあります。 また、モンベルの特許である バーティカル・クロス・システムとかいう なんかの必殺技みたいな名前の独特なポール機構により高さを確保。 これにより内部かなり広々してます! 出入り口は前後にあり、二重構造でメッシュにもなります。 前室・後室 後室は80cmあり、荷物などは十分に収納可能です。 そしてなにより、 クロノスキャビンの特徴である前室の広さ! ハイスタイルでも余裕のある高さに、最大195cmの奥行き! 付属のひさし用ポールも175cmあり、 タープ部でもあまり腰を曲げずにいられます。 さらに雨のときなどタープ部分に水が溜まりにくい構造になっています。 これ地味に助かる! 焚き火の時などはひさしを巻き巻き。 大きなサイドパネルが横風を防いでくれるので、冬場は体感温度が全然違います。 中からはこんな感じ。 うん、広々。 急な雨でも前室へ全部収納できちゃう。 画像では塞がれてますが、左手側のサイドパネルからも出入りできるのでこんな時便利。 夜露対策にも超有用!! 吊り下げ式 クロノスキャビンのインナーテントは 吊り下げ式となっております。 これが気持ちイイ! 使ってみた感想 いやもう大満足です。 設営も撤収も凄くラクになりました。 今までがファミリー向けサイズだったので余計にそう感じるのかもしれませんが・・・。 唯一の難点は前室の大きさに比例した、フライシートのサイズですかね・・・。 これはまぁ仕方のない事ですが。 夜露や雨で濡れたときは 物干し設営して乾かしてます。 ともあれ同じキャンプ場で使っている方もあまりいないですし、前室は広さ・高さ共に自分のスタイルに合っているので大満足。

次の