れいわベストテン。 キネマ旬報ベストテン

終了から30年、生中継にこだわった『ザ・ベストテン』の凄さ(NEWSポストセブン)

れいわベストテン

CBC演歌ベストテン(シービーシーえんかベストテン)は、が放送していた、専門のカウントダウン番組である。 番組終了時点の放送時間は日曜日の21:00~22:40()であった。 野球シーズン中は「」が延長した場合、時間の変更(繰り下げ)がある。 番組終了時点のパーソナリティはさゆりん()。 2013年3月まではがパーソナリティを担当していた。 2014年3月30日をもって最終回を迎え、4月6日に「」と改名して(番組内容もパーソナリティもそのまま)再スタートを切った。 概要 [ ]• 最新演歌チャートベスト20の発表• 曲はベスト3ならフルコーラスかかるが、4位から10位は一部しかかからない。 11位から20位は曲はかからず、歌手名と曲名が紹介されるのみである。 ゲストトーク 後述• 今週の注目曲• ごく最近発表された新曲を流す。 ランキング発表の合間に3曲程度、原則フルコーラス流れる。 ベスト20のランクイン曲がここで改めて流されることもある。 その他 [ ]• 以前の放送時間は日曜日の21:00~22:25(JST)。 2010年4月から「」が日曜22:00放送開始になった関係で1時間となったが、2013年4月から最終回までは日曜日の21:00~22:40であった。 番組冒頭の戸井の台詞は「 お待たせしました。 こんばんは。 あなたの戸井康成です。 CBC演歌ベストテンのパーソナリティを務めさせて頂きます。 人生の先輩方、ひとつお見知りおきを」この後でフリートークがあり、スポンサー紹介があってからCMに入った。 なお、CMはこのオープニング時と、その週のランキング1位の発表が終わった後の2回しか流れなかった。 戸井はCBCラジオで当番組の他に「」というレギュラー番組を持っていたが(現在は)、「ぴかラジ」の時とは異なり、この番組では終始穏やかで飄々とした語りであった。 冒頭の決め台詞と合わせ、高い年齢層のリスナーを意識していることをうかがわせる。 22時25分まで放送されていた頃は「ふつおたのコーナー」があった。 に最近の近況などをやなどで送ってもらう「普通のお便り」コーナーである。 演歌と全く関係のない内容でも送ることができた。 ゲストトークについては、歌手が一方的に新曲や近況などを話すコメントゲストとゲストが戸井と会話をしながら新曲を紹介するものがあった。 戸井と会話をするのはたいてい1回の放送につき1組である。 なお、戸井とゲストのトークでは歌と直接関係のない話題で盛り上がるあまり、ゲストが自分の歌に触れるのを忘れるというケースもあった。 ゲストのうち戸井と会話をした歌手の曲を流す際には戸井自らが作成した文章を曲の最初に朗読する。 かつては、「目指せ! 」と言ってから紹介していたが、2010年2月11日に玉置が他界して以降は「目指せ! ぴかイチナレーター」という台詞に変わっていた。 番組の最後はある年月に流行した曲で締めた。 時期は1950年代~80年代半ばぐらいまでと幅広いが、曲は当然に演歌か歌謡曲である。 「」に演歌・歌謡曲が採用された場合はその曲をここで流すこともあった。 番組宣伝CMが制作されていた(主にスポットCM)。 「あなたの戸井康成です」で始まり、番組内容や放送時間を宣伝した後、「日曜の夜は演歌で決まりですね」と締めた。 他の戸井出演の番組宣伝CMとは異なり、終始穏やかなナレーションで通していた(なお、『演歌』の部分はやや溜めてナレーションしている)。 日曜深夜(月曜未明)は放送機器メンテナンスによる休止枠があるため、極端に野球放送が長引き、メンテナンスに支障をきたす場合は放送時間の短縮、またまれに番組を休止し「(バッファとも)」としてインストゥルメンタルのレコード音楽に切り替える場合があった。 外部リンク [ ]• この項目は、に関連した です。

次の

麻倉怜士氏が選ぶ2019年A&V機器ベストテン

れいわベストテン

竹内 海南江 (たけうち かなえ) 「世界ふしぎ発見!」で訪れた国は100ヶ国を突破!!105ヶ国に!!! CM、文筆業またトラベルリュックや帽子のプロデュースなどでも活躍中。 著書にエッセイ『おしりのしっぽ』『お姫様と山男』(集英社be文庫)、『あっというまに』(KKベストセラーズ)、短編小説集『アフリカの女』(幻冬舎文庫)、中編小説『うたかたの月』(幻冬舎)、散文写真集「グリオの唄」(ブルースインターアクションズ)。 オフィシャルウェブサイトは「Kanana Kingdom」 ミステリーハンターは今回で290回目(スペシャルの回は含まず)。 次回「世界ふしぎ発見!」の舞台は、幕末・明治。 戊辰戦争で新政府軍と戦った旧幕府軍の知られざる人間模様に迫ります!北海道・函館を取材してきたミステリーハンターの竹内海南江さんに見所を教えて頂きました。 美しい星形の砦・五稜郭 その砦が生まれた国からやって来た 15人の精鋭軍事顧問団 かつて激戦が繰り広げられた五稜郭 幕末・明治に起きた戊辰戦争というと、革新派の新政府軍が保守派の旧幕府軍を打ち負かしたというイメージがあるかもしれません。 今回は、結果的には敗れた旧幕府軍で活躍した人たちを、これまでと違った視点から取材しています。 戊辰戦争最後の戦いの場となった函館で、興味深いお話をたくさん聞くことができました。 函館で壮絶な最期を遂げた土方歳三 江戸時代、日本は長い間鎖国でした。 ですが幕末、特にペリー来航後には幕府も積極的に諸外国と交流していて、江戸にも外国人がいましたし、最新の知識や技術を学ぶために欧米に留学していた武士たちもいました。 そして旧幕府軍の中で最強のエリート部隊を担っていた人たちは、フランス政府から派遣された軍人と、留学をしていた武士だったのです。 みなさんとても優秀で、この時代に活躍した人たちのかっこよさを感じました。 新政府軍も恐れた 旧幕府軍の軍艦・開陽丸 またフランス人による軍事顧問団と、榎本武揚(たけあき)率いる海軍奉行たちは、互いに認め合い影響し合った様子が伺えます。 もともとフランス人たちは西洋の戦術を学ぶ先生だったと思うのですが、軍事顧問団のその後の人生を辿っていくと、師弟関係というより志を共にする同志として戦っていたのじゃないかと感じます。 目の前の戦いに勝つことだけでなく、新しい時代へ変わろうとしている日本への期待や希望も共有しながら。 彼らの中の一人は、映画「ラストサムライ」のモデルとも言われているのです。 戊辰戦争という日本の歴史を動かした戦いがテーマですが、その時起きていた国や敵味方に関係なく結ばれた人と人との交流に是非注目して頂きたいですね。

次の

2019年私の見た韓国ドラマ、私のベストテン : なんじゃもんじゃ

れいわベストテン

CBC演歌ベストテン(シービーシーえんかベストテン)は、が放送していた、専門のカウントダウン番組である。 番組終了時点の放送時間は日曜日の21:00~22:40()であった。 野球シーズン中は「」が延長した場合、時間の変更(繰り下げ)がある。 番組終了時点のパーソナリティはさゆりん()。 2013年3月まではがパーソナリティを担当していた。 2014年3月30日をもって最終回を迎え、4月6日に「」と改名して(番組内容もパーソナリティもそのまま)再スタートを切った。 概要 [ ]• 最新演歌チャートベスト20の発表• 曲はベスト3ならフルコーラスかかるが、4位から10位は一部しかかからない。 11位から20位は曲はかからず、歌手名と曲名が紹介されるのみである。 ゲストトーク 後述• 今週の注目曲• ごく最近発表された新曲を流す。 ランキング発表の合間に3曲程度、原則フルコーラス流れる。 ベスト20のランクイン曲がここで改めて流されることもある。 その他 [ ]• 以前の放送時間は日曜日の21:00~22:25(JST)。 2010年4月から「」が日曜22:00放送開始になった関係で1時間となったが、2013年4月から最終回までは日曜日の21:00~22:40であった。 番組冒頭の戸井の台詞は「 お待たせしました。 こんばんは。 あなたの戸井康成です。 CBC演歌ベストテンのパーソナリティを務めさせて頂きます。 人生の先輩方、ひとつお見知りおきを」この後でフリートークがあり、スポンサー紹介があってからCMに入った。 なお、CMはこのオープニング時と、その週のランキング1位の発表が終わった後の2回しか流れなかった。 戸井はCBCラジオで当番組の他に「」というレギュラー番組を持っていたが(現在は)、「ぴかラジ」の時とは異なり、この番組では終始穏やかで飄々とした語りであった。 冒頭の決め台詞と合わせ、高い年齢層のリスナーを意識していることをうかがわせる。 22時25分まで放送されていた頃は「ふつおたのコーナー」があった。 に最近の近況などをやなどで送ってもらう「普通のお便り」コーナーである。 演歌と全く関係のない内容でも送ることができた。 ゲストトークについては、歌手が一方的に新曲や近況などを話すコメントゲストとゲストが戸井と会話をしながら新曲を紹介するものがあった。 戸井と会話をするのはたいてい1回の放送につき1組である。 なお、戸井とゲストのトークでは歌と直接関係のない話題で盛り上がるあまり、ゲストが自分の歌に触れるのを忘れるというケースもあった。 ゲストのうち戸井と会話をした歌手の曲を流す際には戸井自らが作成した文章を曲の最初に朗読する。 かつては、「目指せ! 」と言ってから紹介していたが、2010年2月11日に玉置が他界して以降は「目指せ! ぴかイチナレーター」という台詞に変わっていた。 番組の最後はある年月に流行した曲で締めた。 時期は1950年代~80年代半ばぐらいまでと幅広いが、曲は当然に演歌か歌謡曲である。 「」に演歌・歌謡曲が採用された場合はその曲をここで流すこともあった。 番組宣伝CMが制作されていた(主にスポットCM)。 「あなたの戸井康成です」で始まり、番組内容や放送時間を宣伝した後、「日曜の夜は演歌で決まりですね」と締めた。 他の戸井出演の番組宣伝CMとは異なり、終始穏やかなナレーションで通していた(なお、『演歌』の部分はやや溜めてナレーションしている)。 日曜深夜(月曜未明)は放送機器メンテナンスによる休止枠があるため、極端に野球放送が長引き、メンテナンスに支障をきたす場合は放送時間の短縮、またまれに番組を休止し「(バッファとも)」としてインストゥルメンタルのレコード音楽に切り替える場合があった。 外部リンク [ ]• この項目は、に関連した です。

次の