クババ。 【クババとは】やりすぎ都市伝説で紹介!古代メソポタミア文明の伝説の女王|oricoma

【やりすぎ都市伝説】クババとは?人類を作ったとされる神の正体に迫る

クババ

12月28日に『ウソかホントかわからない 2019冬スぺシャル』(テレビ東京系)が放送された。 今回はや、司会ののほか、ゲストとして、、、、が出演。 関の口からは、人類に関する重大な秘密が明かされた。 オープニングでは関がさっそく人類の未来を知る手がかりについて言及。 「人類は未来に向かっているようで、実は過去にさかのぼっている。 だから、過去にさかのぼることによって、未来が見えてくる」と明言し、「その出発地としてまず、インドから始まります」と口火を切った。 これには1年ぶりの出演となったマツコも「しばらく会ってない間に、もう1ステージ上がってきたわね」とニッコリ。 今回、インドに飛び立った関は、世界的に有名な寺院や遺跡をめぐり、様々な「都市伝説」を紹介。 ヒンドゥー教の財宝の神・クベーラと、永遠の命を目指した徳川家康の関係性や、シュメール文明の神話に記されていた人類創造の主・アヌンナキの存在。 さらに、人類と知的生命体のハイブリッド種であるヒューメリアンや、ヒンドゥー教や仏教の高僧が語る地球外生命体との接触など、次々と飛び出す人類にまつわる真実に、ゲスト一同は驚きを隠せない様子だった。 関は、これまでの常識に囚われていると時代の狭間に取り残されてしまうと警告し、その上で「今、思考を上げる時代なんですよ。 思考を向上しているグループが今後のオーバーグラウンドの社会をコントロールしていくんです」と断言。 そんな関に対しマツコは、「悪い意味じゃなくて」と前置きし、「こんなにスタジオを静まり返らせられる人、今いないわよ。 あんた以外」と絶賛した。 さらに関は、人類の身体を作ったのは、別次元からやってきたアヌンナキとしながらも、その人類に知恵を授けたのは別の存在だったと主張。 番組では、インドやヨーロッパで使われている言語の元になった印欧祖語を紹介し、現在の「サイバネティクス」の元となった「キベルネテス」という言葉に注目した。 この「キベルネテス」の言語をさらにたどっていくと、知恵の保護者を意味する神「キュベレー」となり、さらに、「クババ」という言葉にたどり着くという。 関は、「クババ」は約1万1500年前にトルコ・アナトリア半島で崇拝されていた女王の名前で、このクババこそが、人類に知恵を授けた存在だと語った。 その立方体を見て計算するという概念を手に入れた古代人は、人類としての進化を遂げていったという。 そして、関はすべての事象がクババの作り出したシミュレーションである可能性を示唆。 「過去も現在も未来も、全てはクババのシミュレーションの中に存在しているっていうことなの」と強調し、それを踏まえた人類の未来を予測。 最後は「信じるか信じないかは、あなた次第です」と決めていた。 スタジオでは、クババや人類の未来にまつわる話題で大盛りあがり。 山田は、「より自分に近い問題として起こりうることがこれからやってくる。 来たる世界に向けて、本当に思考を広げておかないと、受け取れないんだろうなって」と理解を示していた。 また、SNSを中心にネットでも議論が白熱。 「アヌンナキって聞いただけでテンション上がってしまう」「クババとか本当はどうでもよくて、本質はそこじゃないのに」「初めて知りました! 謎が多いですね」「関暁夫ってもうただの芸人じゃないよね」などのコメントが飛び交っていた。

次の

アダムは人類ではない?鍵となるクババ神とは…?

クババ

そこで人間は何か超越的な生命体に知恵を授けられた。 その生命体こそが、クババだというのである。 クババの異名は「宿屋の女」であったと伝わっている。 では宿とは何か。 それは立方体型の宇宙船だったのではないかと考えられる。 立方体(cube)の語源もまたクババ(kubaba)から来たものであった。 実は世界各地で立方体は崇拝の対象として信仰されている。 例えばイスラムの聖地メッカにあるカアバ神殿の中心にあるものは立方体だ。 空に浮かぶ巨大な宇宙船が立方体であったこと示唆するものは、世界各地に伝わっている。 例えば、<ヨハネの黙示録21章>にこのような記述がある。 「新しいエルサレムが、天から降ってくるのを見た」「この都は四角い形で、長さも幅も高さも同じである」 これはまさに、空に巨大な立方体が浮かんでいることを示している。 また、メソポタミアのギルガメシュ叙事詩では、ノアの箱船のモデルとなった挿話があるが、そこでは洪水を逃れた船は立方体であったとしるされている。 直線や、立方体といった形は、自然界には存在しない。 人間は初めてそれを見たときに、計算という概念を知ったのである。 そう、紛れもなくクババの導きによって。 そう考えると、人間に知恵を授けたクババという話も、荒唐無稽とは言い難いのでは無いかと思えてくる。 計算するという概念は、ピラミッド(偶然か否か、それ自体も立方体の集合体である)を作ったり、ひいては計画的に都市を作る礎となった。 来るべきAI時代も、その始まりのボールを突いたのはクババだったのかもしれない。

次の

Mr.都市伝説 関暁夫、人類に知恵を授けた立方体“クババ”に関する衝撃的事実に言及「全てはクババのシミュレーションの中」

クババ

クババは人類の神?女王の神話とは? 2019年12月28日やりすぎ都市伝説 今回最大のテーマとなる 我々人類を作ったとされる『クババ』について少しだけ情報を Kubaba(クババ) Kuba(クーバ)・Kube(クーべ) その名は『知識の保護者』の意味を 示しています。 菊花紋章似の13数字で構成された菊の紋、手にはザクロと鏡 写真出典wiki — 名古屋の救世主 sgr369 「やりすぎ都市伝説」ではクババの存在が紹介されました。 クババは人類の神として知恵と言語を授けたという神話があります。 ちなみにババとは古代メソポタミアの女神とされています。 このクババは古代メソポタミア、アッカド王国・キシュ第3王朝の伝説的な女王を務めました。 クババはク・バウとも呼ばれているそうでキシュ第三王朝では唯一の王だそうです。 在位はなんと100年と言われています。 クババは娼婦から王妃になったとされていますが、元は酒屋のバーキーパーだったそうです。 では、なぜ、クババが人類に知恵と言語を授けたのかというと、古代ローマ・ギリシアではクババがキュベレーとして崇拝されていたからです。 キュベレーは当時「知恵の保護者」を意味しました。 以下にクババの特徴をまとめました。 手にザクロと鏡を持った威厳のある婦人の姿で描かれた• ヒッタイト帝国の重要都市カルケミシュの守護神だった こちらがクババとキュベレーの像です。 キュベレー像 クババのレリーフ クババとキュベレーの歴史 クババってキュベレーやん — 世界の破壊者シグマス【敗者】 sigumasu また、クババとキュベレーは同じものとして扱われます。 ここではクババとキュベレーの歴史についてまとめました。 結論から言うと、クババは古代メソポタミア、アッカド王国の王で、キュベレーはその後のアナトリア、ローマ、ギリシアなどのヘレニズム世界での崇拝対象です。 古代メソポタミアの世界では、王族と結婚できる条件は非常に厳しく、一般人は到底、王族に入ることは不可能でした。 まして、クババのような水商売の人間は一般人以下の扱いを受けていました。 そのクババが王族に入り、100年もアッカドを統治したのです。 クババの力、知恵が崇拝対象になるのは自然ですね。 古代メソポタミアの時代から下って、ローマ・ギリシアの時代になると、過去のクババが崇拝対象として神格化されました。 この時代のローマやギリシアでは現在のようにキリスト教を普及しておらず、古代エジプトやメソポタミアのように偉人を崇拝する伝統が残っていたんですね。 現在のトルコに当たるアナトリア(小アジア)では、ヒッタイト王国の守護神としてキュベレー崇拝がありました。 そして、ギリシアでも「諸母の母、我等が祈りを聞き給う救世主」、「諸母の母、祈りが届くお方」として崇拝されました。 また、ローマではキュベレーは「マグナ・マテル」として信仰が公式化されていたそうです。 クババはキューブ 立方体 の語源?母船との関係は? また、クババは英語で表すと「kubaba」になりますが、これが立方体 キューブ の語源であるとする説がありました。 例えば、イスラームの聖地であるマッカのカアバ神殿にはこのように立方体の建物があります。 この「カアバ」も「クババ」からきているとする説です。 やりすぎ都市伝説でも立方体とクババの関係性が指摘されていましたね。 しかし、そもそもキューブの語源はギリシア語の「kybos」になります。 クババとは人物の名前なのでキューブと関係があるとは考えにくいですね。 しかし、アラビア語は基本的に単語の意味を三つの子音で表します。 クババの場合は「k b b」となります。 よって、クババと立方体の関係性は低いのではないかと思われます。 また、これに関連してクババはキューブ型の母船に乗って地球外からやってきたという神話があります。 このクババの神話が元になってノアの方舟の神話が生まれたとする説があります。 また、ギルガメッシュ叙事詩に出てくる粘土板にも立方体の記述があるそうです。 クババのシミュレーションシステムとは? この世界がシミュレーションだと!? この世界が下位存在だと!? でも、なんとなく知ってたよ。 もうすぐ最終負荷試験が始まるんだよね…。 ということは、クババは人類のシステムを作ったことになります。 人類は知恵を駆使して技術、制度などを発展させてきました。 そして、人類は言語を通じて他の民族と交流を深めました。 言語は全ての基礎です。 したがって、クババは人類のシステムを作ったと考えられました。 さらに「やりすぎ都市伝説」で語られたのは、クババによるシミュレーションシステムです。 クババは人類に知恵と言語を与えてシミュレーションを行なっているそうです。 つまり、私たちはクババの作ったシステムの中でシミュレーションとして生きているということになります。 クババはインドと関係がある? また、「やりすぎ都市伝説」ではクババはインドと関係があるとして番組ではインドを訪れていましたね。 クババとインドとはどのような関係があるのでしょうか。 ここでは、クババとインドん関係についてまとめました。 調べてみると、クババはインドの地母神という情報がありました。 しかし、クババと音が似ているインドの神はクベーラと言います。 このクベーラはインドの富と財宝の神とされています。 番組でクベーラが徳川の埋蔵金と毘沙門天と関係があると紹介されたのはそのためですね。 クベーラの像。 クベーラは地下に埋蔵されている財宝の守護神とされています。

次の