カラオケの鉄人。 店舗一覧

鉄人化計画(カラオケの鉄人)株主後優待券の高価買取なら金券ショップへ|金券ショップのチケットレンジャー

カラオケの鉄人

株式会社鉄人化計画(所在地:東京都目黒区 代表取締役社長:岡﨑 太輔)は、当社が運営する「カラオケの鉄人」の東京都・神奈川県に所在する全52店舗において、2020年3月27日(金)から4月10日(金)までの期間中、何度でも使える「テレワークパスポート」を発行します。 企業でのテレワーク促進が顕著な傾向となっている中、ネットワーク環境や機密情報管理などの観点から自宅以外に近隣で個室を必要とする方を利用者として想定し、業務用のスペースをカラオケ店内で提供します。 「カラオケの鉄人」は全店舗にパスワード付きの無料Wi-Fiを完備しているほか、充電用にルーム内のコンセントも無料で提供しています。 カラオケボックスならではの個室環境や、駅近くの利便性の高い立地とあわせ、近年急速に普及しているテレワーク環境に最適であるとの認識から、本サービスの提供に至りました。 なお、業務用のサービスとして静かな環境を保つため、テレワークスペースではカラオケ機器の利用はできません。 「カラオケの鉄人」は、月額1,500円(税抜)のサブスクリプションサービス「カラ鉄ホーダイ」も2018年5月から運営しており、近隣の個室を繰り返し利用する方に適したプランを積極的に開発・提供しています。 自社開発による会員管理やPOS、カラオケ配信、リモコン等の統合システムを保有し、匿名化された横断的な顧客の行動データを活用できることを強みとしています。 豊富なオリジナル配信楽曲やアニメ等とのコラボレーションキャンペーン、歌った曲リストを持ち帰れる 『採点レシート』、サブスクリプションサービス『カラ鉄ホーダイ』 など、ユニークなコンテンツの企画・開発に注力しています。 「カラオケの鉄人」公式サイトURL: <会社概要> 名称 :株式会社鉄人化計画 設立年月:1999年12月14日 代表者 :岡﨑 太輔 所在地 :〒153-0043 東京都目黒区東山三丁目8番1号 東急池尻大橋ビル2F TEL :03-3793-5111 事業内容:「カラオケの鉄人」ブランドをはじめとした空間提供型アミューズメント施設の運営 URL : <本件に関するお問合せ先> 株式会社鉄人化計画 支援管理ディビジョン 総務法務グループ(広報担当:村山) TEL :03-3793-5111 E-Mail :contact-info tetsujinka. com.

次の

カラオケの鉄人の店舗一覧やお得なクーポン情報

カラオケの鉄人

利用方法 カラオケの定額制サービスは、「JOYSOUND」を運営するエクシングの子会社のスタンダードが2016年に「HEYAPASS」を始めているが、チェーン全店が対象となる定額制サービスは初の試み。 鉄人化計画の担当者によると「iXITさんからお話をいただき実現した。 サブスクリプション(月額定額制モデル)が社会全体で注目されていることから、当社でも実施することにした」という。 アイドルタイムの活用や、コアなカラオケファンや1人カラオケ層などを中心にまずは数百人程度の利用者を見込む。 業績全体に対する影響は軽微とするが、「新たな利用者層の掘り起こしになるのではないか」と期待を寄せる。 カラオケの鉄人は、都内繁華街を中心に東京都・神奈川県・千葉県に店舗を展開するカラオケチェーン。 「鉄人システム」という独自システムにより、1ルームで「DAM」「JOYSOUND」など全カラオケ機種の曲が歌えることを特徴としている。 関連記事• 配信しているのは通信カラオケ大手のエクシングが展開する「JOYSOUND」。 異色の「鉄道カラオケ」はなぜ生まれたのか? 企画の生みの親に聞いた。 カラオケ人口が今世紀に入ってから微減している。 そうした厳しい環境で、ビッグエコーが売り上げを伸ばしている理由とは?• 渋谷駅から徒歩5分ほどのところに、ちょっと変わったカプセルホテルが誕生した。 その名は「The Millennials Shibuya」。 カプセルホテルといえば安全性などを理由に、男女別フロアを設けるところが多いが、ここは違う。 あえて「男女混合フロア」を取り入れているのだ。 その狙いは……。 10月9日に東京急行電鉄が池上線開通90周年イベントを展開。 全駅で乗り降りが自由になる「1日フリー乗車券」により、多くの人が押し寄せた。 乗車券の効果やイベントの反省点は?• 運転手や車掌になりきってアナウンスを読み上げる「鉄道カラオケ」が好評。 JOYSOUNDと京急電鉄がコラボし、よりリアルに体感できる「京急電鉄カラオケルーム」を7月20日にオープンする。 こだわりのルームに行ってきた。

次の

月額1500円で“歌い放題” 「カラオケの鉄人」の新提案

カラオケの鉄人

二部上場。 概要 [ ] 主力業態はカラオケボックス「カラオケの鉄人」であり、フランチャイズ店舗を除く姉妹店「KARAOKE Y'a 高尾店」含む49店舗を東京都・神奈川県・千葉県で運営。 これに加えて、カラ鉄オリジナルと称する独自音源にも対応する。 一時期は韓国の (、)製のKMS-A100に対応していたこともある。 一部の店舗では、LIVE DAMのみが設置されている、LIVE DAMルームを導入している店舗がある。 一時期、に専門店である「ヒトカラの鉄人」という業態も存在したが6年ほどで閉店。 個室にミキサーやコンデンサーマイクを備え付け、ヘッドホンを接続して利用する等、他社のヒトカラ専門店に類似していたが、他社と異なり機種単独の部屋のみならず「鉄人システム」に接続された部屋も存在した。 無論、「鉄人システム」に接続された部屋では複数の機種に対応していた。 また他社と比較して、、といったとのコラボイベントが頻繁に行われているのも特徴である。 これ以外に「AsylEsse」「まんが帝国」、ダーツ・店「サンビリ」を首都圏で展開している。 経営面では、旧経営陣が本業のカラオケボックス事業よりも新規事業であったT・Rプロジェクト(との共同事業)に偏重したため、財務状況が悪化し、2017年8月に開催された臨時株主総会で当時の代表取締役社長など旧経営陣を解任。 これらの要因により2017年8月期で純資産が約16億円から約1700万円に大幅に減少。 2018年8月期第1四半期と第2四半期は純資産において債務超過状態となっており 、財務状況を立て直すため、2018年5月8日にファースト・パシフィック・キャピタル、、の3社に対してを実施した。 沿革 [ ]• (11年) - 設立• (平成12年)• - (前)にカラオケ店「カラオケの鉄人 溝の口店」をオープン• - 有限会社東京日の丸(現トリックスターズ・アレア有限会社)のカラオケルーム運営業務の受託を開始• (平成14年)• - 東京日の丸のカラオケルーム運営業務受託を終了、受託店舗の一部「カラオケの鉄人」4店舗・「カラオケ屋」3店舗を直営化• 1月 - ビリヤード・ダーツ遊技場「サンビリ」、複合カフェ「まんが帝国」ブランドによる店舗展開を開始• - 「鉄人システム」開発• (平成16年) - 東証上場• (平成17年)• - (前)に複合カフェ「Asyl(現AsylEsse)」1号店をオープン• 9月 - 「鉄人システム」の共同開発元・製造元である株式会社システムプランベネックスを完全子会社化• - カラオケ・着メロ向けMIDIデータを制作する株式会社エクセルシアを完全子会社化• 11月 - 中小店舗向けの「ミニ鉄人システム」と、鉄人システム用のカラー液晶タッチパネル式リモコン「カラ鉄NAVI」を開発• (平成18年) - フルサービス型珈琲店「」を展開する、複合カフェ事業を展開する株式会社クリエイト・ユーをそれぞれ完全子会社化• (平成20年) - により、自社の複合カフェ事業を株式会社クリエイト・ユーに譲渡• (平成21年)11月 - 子会社の株式会社システムプランベネックスが株式会社エクセルシア及び株式会社クリエイト・ユーを合併• (平成22年)• - 自社の会員システムとモバイルサイトを運営する株式会社アイディア・ラボを完全子会社化• 11月 - に完全子会社鐵人化計画股份有限公司を設立• (平成23年)• 3月 - 完全子会社の株式会社アイディア・ラボを吸収合併• - 登記上の本店を本社と同住所に移転• (平成24年)• - カラオケの鉄人下北沢店の上に専門店「ヒトカラの鉄人」をオープン。 - に完全子会社TETSUJIN USA Inc. を設立• (平成26年)• 3月 - 完全子会社株式会社パレードを設立(2015年3月解散)• (平成27年)• - 東証二部に上場市場変更• - 完全子会社の株式会社システムプランベネックスを吸収合併• 8月 - 完全子会社のからふね屋珈琲株式会社をに譲渡。 (平成30年)• - ファースト・パシフィック・キャピタル、、の3社に対して第三者割当増資を実施。 エクシングと第一興商は第2位株主となる。 - ヒトカラの鉄人を閉店。 脚注 [ ] [].

次の