遊戯王 デュエル リンクス ブラック マジシャン デッキ。 『遊戯王デュエルリンクス』ウィッチクラフト・サイマジデッキの回し方【デッキレシピ】

【遊戯王デュエルリンクス】ブラックマジシャンのデッキレシピ|回し方と対策を紹介

遊戯王 デュエル リンクス ブラック マジシャン デッキ

このカードの発動下から各種サポートカードを使い《ブラック・マジシャン》を変幻自在なタイミングで呼び出しながら相手カードを除外除去していくトッリキーなビートダウン展開が 新規後の【ブラック・マジシャン】最大の特徴。 この《黒の魔導陣》を軸に他の新規カードを考察していきます。 召喚することで「ブラック・マジシャン」サポートの魔法・罠を手札に加えられる。 サーチ先で最優先したいのはもちろん 《黒の魔導陣》。 すでにこれが出ている場合は状況に応じたサポートカードをサーチしてくれば良い。 優秀なサーチモンスターなので複数採用したい。 緩い条件で相手ターンに《ブラック・マジシャン》をリクルートできる下級モンスター。 《黒の魔導陣》発動下ではフリーチェーンの除外除去のようにも使える。 相手ターンに特殊召喚可能な最上級マジシャン。 フィールド上に存在する場合は「ブラック・マジシャン」となるので《黒の魔導陣》での除外除去も使える。 《ブラック・マジシャン》や《マジシャン・オブ・ブラック・イリュージョン》を絡めることで展開できるランク7。 ただ現状は《幻想の黒魔導師》の方が能動的に展開、除去ができる分扱いやすい。 《ブラック・マジシャン》のサーチ・サルベージカード。 一見すると扱い辛い効果に見えるが、速攻魔法であるためコンバットトリックとしても使え、相手ターンに発動することで他のサポートカードとのシナジーが見込める。 手札の《ブラック・マジシャン》をフリーチェーンで特殊召喚しつつ、さらにデッキからも魔法使い族のリクルートができる通常罠。 これで二枚目の《ブラック・マジシャン》または《マジシャン・オブ・ブラック・イリュージョン》を展開することで即座にランク7への布石を打つことができる。 上記の《イリュージョン・マジック》と相性が良い。 《ブラック・マジシャン》を絡めたコンバットトリックに使えるカード。 フィールド・墓地に《ブラック・マジシャン》がないと機能しないカードなので複数採用には注意したい。 新規カードの登場でサーチ手段を得たのも追い風。 三積み安定。 新規カードの登場でサーチ手段が増えたため、【ブラック・マジシャン】なら《ハーピィの羽根箒》よりも優先して採用する価値あり。 とはいえ使いどころを選ぶカードなので採用する場合はピン差し安定。 《ブラック・マジシャン》から強力な魔法メタを持つ《超魔導剣士-ブラック・パラディン》を展開できる。 新規カードからサーチ手段もできたため、ピン差しでもしっかり機能する。 《ブラック・マジシャン》から《混沌の黒魔術師》を展開できる。 《ティマイオスの眼》と比べると展開先がメインデッキモンスターであるため少々重いというデメリットはあるものの、速攻魔法であるためコンバットトリックに使え、新規カードとのシナジーを活かしやすいというのはメリット。 《光と闇の洗礼》 も新規カードからのサーチに対応しているためそれぞれピン差しでOK。 自身と相手モンスターを素材に《ブラック・マジシャン》をリクルートできる。 下級の魔法使い族モンスターを複数採用した構築の場合は採用候補になる。 ただしこのカードには「ブラック・マジシャン」の記載が無いので 新規カードからのサーチには対応していないという点には注意。 《ブラック・マジシャン》と合わせてレベル8シンクロを狙えるようになるのはもちろん、《ワンダー・ワンド》でのドロー加速、 《黒魔族復活の棺》での《ブラック・マジシャン》リクルートの餌など魔法使い族シナジーを存分に活かせるのが強み。 この構築で相性の良いカードとして《矮星竜 プラネター》が採用されている。 エンドフェイズ時にチェーン1:《矮星竜 プラネター》、チェーン2:《命削りの宝札》と組むことで、《命削りの宝札》のデメリットをすり抜けて《ブラック・マジシャン》または《マジシャン・オブ・ブラック・イリュージョン》をサーチできる。 エンドフェイズにサーチという遅さも、相手ターンに特殊召喚を狙うこのデッキなら気にならない。 まだまだ強い構築パターンがありそうな【ブラック・マジシャン】。 『ザ・ダーク・イリュージョン』発売後の環境でどこまで環境上位に食い込むのか?【青眼】【ブラック・マジシャン】環境トップという 原作厨の夢は叶うのか?めっちゃ楽しみです。

次の

【遊戯王デュエルリンクス】ブラックマジシャンデッキレシピ|回し方と対策/ブラマジ

遊戯王 デュエル リンクス ブラック マジシャン デッキ

その後、自分の墓地から「ブラック・マジシャン」または「ブラック・マジシャン・ガール」1体を選んで特殊召喚できる。 墓地へ送った数だけ自分はデッキからドローする。 出典:遊戯王OCGカードデータベース デッキから 《守護神官マナ》、 《ブラック・マジシャン》、 《ブラック・マジシャン・ガール》等の墓地へ送りたい【ブラック・マジシャン】関連モンスターをコストとして墓地へ送りつつ、墓地から 《ブラック・マジシャン》、 《ブラック・マジシャン・ガール》を蘇生、または手札の自身を特殊召喚できます。 フィールドへ特殊召喚した場合、手札・フィールドの魔法・罠カードを最大2枚墓地へ送りつつ、その枚数分ドローできる効果を持ち、墓地へ行くと効果を発揮する 《マジシャンズ・コンビネーション》、 《マジシャンズ・ナビゲート》と相性がよくデザインされています。 《ブラック・マジシャン》をサーチ!《幻想の見習い魔導師》! 召喚時にデッキから『 《ブラック・マジシャン》のカード名が記された魔法・罠カード』という非常に広い範囲の魔法・罠カードをサーチできます。 この記事で紹介している殆どの魔法・罠カードをこの効果でサーチ可能。 特に強力なのは次のサーチへと繋がる 《黒の魔導陣》や、継続した 《ブラック・マジシャン》の展開に使用する 《永遠の魂》、最大4ドロー性能を備えた 《魂のしもべ》。 墓地に存在する状態で、相手ターンに魔法・罠カードを発動することで墓地からこのカードを手札に戻せる効果を持つので、返しの次のターンで再びサーチ効果へと繋げることができる、このデッキのエンジンとも言えるモンスターです。 このカードを特殊召喚する。 自分の手札・デッキ・墓地から「ブラック・マジシャン・ガール」1体を選んで特殊召喚する。 【ブラック・マジシャン】関連の魔法・罠カードをデッキトップへ置けば、 《黒の魔導陣》の発動でそのカードをそのまま手札に加えることができます。 ドローできる最大枚数は、対象となるモンスターに 《ブラック・マジシャン》、 《ブラック・マジシャン・ガール》、 《守護神官マハード》、 《守護神官マナ》が存在するため、驚異の最大4枚ドロー! 毎ターンブラック・マジシャンを蘇生!《永遠の魂》 《ブラック・マジシャン》または 《ブラック・マジシャン・ガール》のリリースを発動コストとして、毎ターン相手の発動したカード効果を無効化できる永続罠カード。 効果の処理で 《ブラック・マジシャン》と 《ブラック・マジシャン》を交互に蘇生できるため、実質ノーコストで毎ターンカード効果を無効化できる非常に強力な永続罠です。 また、フィールドから墓地へ送られた場合にフィールドのカードを対象に取らずに破壊できる効果を持つため、除去された際のケアもできます。 または 《マジシャンズ・ソウルズ》で能動的に墓地へ送りつつ、ドローしながら相手フィールドのカードを破壊することもできます。 マジシャンを2体同時展開!《マジシャンズ・ナビゲート》! 手札の 《ブラック・マジシャン》と、デッキから『レベル7以下の闇属性・魔法使い族』の合計2体のモンスターを一気に展開できる通常罠カード。 『レベル7以下の闇属性・魔法使い族』のモンスターの候補は多いですが、このデッキでは 《ブラック・マジシャン》、 《ブラック・マジシャン・ガール》を特殊召喚するのがオススメ。 《ブラック・マジシャン》を2体を特殊召喚し、ランク7のエクシーズに繋げることもできます。 また、フィールドに 《ブラック・マジシャン》が存在する場合、墓地からこのカードを除外することで、魔法・罠カードの効果を無効化できる効果を持ちます。 この効果はフリーチェーンで発動できるため、スペルスピード2以下の魔法・罠の効果を無効化できます。 自分はデッキから1枚ドローする。 そのドローしたカードが魔法・罠カードだった場合、自分フィールドにセットできる。 速攻魔法・罠カードをセットした場合、そのカードはセットしたターンでも発動できる。 「ブラック・マジシャン」「ブラック・マジシャン・ガール」を1体ずつ自分の手札・デッキ・墓地から選んで特殊召喚する。 相手フィールドのモンスター1体を選んで破壊し、その元々の攻撃力分のダメージを相手に与える。 この効果は1ターン中に、このカードの融合素材とした通常モンスターの数まで使用できる。 その発動を無効にして破壊し、このカードの攻撃力を1000アップする。 1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。 手札・デッキから魔法使い族の通常モンスター1体を特殊召喚する。 また、魔法使い族の通常モンスターの攻撃宣言時、相手フィールド上のカード1枚を選択して発動できる。 選択したカードをゲームから除外する。 「幻想の黒魔導師」のこの効果は1ターンに1度しか使用できない。 出典:遊戯王OCGカードデータベース.

次の

【遊戯王デュエルリンクス】ブラックマジシャンのデッキレシピ|回し方と対策を紹介

遊戯王 デュエル リンクス ブラック マジシャン デッキ

デッキの概要 ブラック・マジシャンで攻める からの特殊召喚を狙っていきます。 各種パーツは、からサーチしていきましょう。 黒の魔導陣で安定感UP デッキトップ3枚を捲ってサーチする効果、が出た時に発動する除外効果、どちらも強力です。 サーチ、除去性能が高くなったことでデッキの安定感が増しました。 によって特殊召喚できます。 墓地利用をするデッキが多い環境では採用圏内です。 によって特殊召喚できます。 こちらも墓地利用を行うデッキに対して強いカードになります。 このスキルは1ターンに1度しか使用できない。 パンドラ マーキングカード 初期手札にデッキ内のランダムなレベル7以上の魔法使い族・闇属性モンスターがランダムで1枚入る。 該当カードがデッキにない場合は無効になる。 自分の最初のターンの終了時まで、自分は効果モンスターを特殊召喚できない。 キーカード解説 カード 詳細 のサーチが行えます。 状況に合わせて他のカードもサーチしていきましょう。 モンスターの展開をしながら、次のターン以降相手の魔法罠を止めることができる強力なカードです。 運が絡みますがサーチを行い、その後が場に出ると相手のカードを除外することができます。 相手のターンにもを出して除外していきましょう。 コンボ解説 足りないパーツへアクセス 、は展開の要になるをサーチ可能ですが、は手札にがないと発動できません。 をサーチすることで、そのままをリリースし本体へのアクセスが可能です。 足りていないカードをサーチしていきましょう。 回し方 マジシャンズ・ナビゲートを使う の発動を狙っていきます。 、で必要なカードを集めて発動の用意をしましょう。 展開した次のターン以降、を墓地から除外することで魔法罠を無効にすることができるため、早めに発動させておきたいです。 黒の魔導陣を活かす はからもサーチすることができるため、必ず使っておきましょう。 このカードからさらに必要なパーツをサーチし、相手のターンでを使うことができれば、展開しながら相手のカードを除外することができます。 弱点と対策 マジシャンズ・ナビゲート頼り を成立させないとデッキのパワーを発揮できません。 アクセスできない事故もありますが、がカウンターされるのも厳しいです。 また、が妨害される展開も厳しいものがあります。 対策カード カード 詳細 の発動が止められてしまうだけでなく、墓地に行かないので魔罠無効の効果も使えなくなってしまいます。 を止めることができます。 を除外すれば、墓地での効果を使われなくなります。 デュエルリンクス関連リンク デッキ.

次の