酵素水 ランキング。 人気の酵素洗顔料ランキングTOP10!毛穴や角栓ケアにおすすめ!

酵素洗顔の人気おすすめランキング【毛穴や角質ケア】

酵素水 ランキング

美しい肌を保つためのスキンケアの基本は、「洗顔」ともいわれています。 毎日の洗顔で肌を清潔で健やかな状態に保つことで、さまざまな肌トラブルが起きにくくなります。 ところが年齢を重ねるにつれ、これまで通りきちんとしたケアを続けているにもかかわらず、肌のくすみやザラつき、テカリといった悩みを感じるようになってきます。 そんなときに効果的な洗顔料として選ばれているのが、酵素洗顔です。 酵素はいま、健康維持やダイエットを心がけている人たちの間で注目されていますが、酵素で洗顔すると肌にどんなメリットがあるのでしょうか。 今回は、酵素洗顔の効果や、酵素洗顔料の原料のこと、効果的な酵素洗顔料の選び方、酵素洗顔のコツ、酵素洗顔の注意点について詳しく解説します。 酵素洗顔とは? 一般的な洗顔料は、界面活性剤のチカラで肌の表面の汚れや古い角質を浮かせて落としますが、角質や角栓までは落とせません。 一方、酵素洗顔料は、酵素のチカラでさまざまな汚れを分解して落とすので、通常の洗顔料では落としにくい汚れまで落とすことができます。 毎日の洗顔やお手入れをきちんと行っているのに肌悩みが改善されない方は、週に数回の酵素洗顔が有効です。 酵素洗顔の効果 酵素洗顔料で顔を洗うと、酵素が持っている皮脂やたんぱく質などを分解するチカラによって、皮脂や古い角質、汚れなどをしっかり除去することができます。 そのため酵素洗顔なら、肌のくすみやザラつき、毛穴の黒ずみ、テカリといった悩みを解消することができるのです。 また、酵素には肌のターンオーバーを促進する効果もあるので、若々しい美肌の維持にも一役買っています。 酵素洗顔を行うと、一般的な洗顔料では落とせない汚れもスッキリ落とせるので、その後の化粧水や美容液の浸透もスムーズになり、スキンケア効果を高めることができます。 酵素洗顔は、こんな肌におすすめ 古い角質が落とし切れていないせいで肌がくすんでいる方や、紫外線を浴び過ぎた影響でメラニンが肌表面に蓄積され肌がくすんでいる方に、酵素洗顔をおすすめします。 また、ファンデーションののりが悪い、肌がゴワつく、毛穴が黒ずんでいる、肌が脂っぽい…というような自覚症状はありませんか? そういった肌悩みも、酵素洗顔することですっきりキレイになるでしょう。 酵素洗顔しない方がよい肌 酵素洗顔は洗浄する力が高いので、敏感肌の方や肌が弱っているとき、荒れているときには避けた方が良いでしょう。 余計なトラブルを引き起こしてしまう可能性があります。 また酵素洗顔は肌のくすみ解消に役立つ洗顔方法ではありますが、肌が生まれつき黒ずんでいる場合や、ひどい乾燥やバリア機能の低下が原因で起きている肌のくすみは、物理的な皮脂汚れなどが原因ではないため改善することができません。 酵素洗顔料の選び方 酵素洗顔料にはさまざまな種類があるため、その中から自分にぴったりのものを選び抜くのは簡単なことではありません。 クチコミ評価やランキングサイトを参考にして選ぶのももちろん良いですが、商品の全成分表記などを見極めて、自分に合うものを厳選する目を養うことも大切です。 そこでここからは、酵素洗顔料に配合されている酵素の種類や、市販されている酵素洗顔料のタイプについて詳しく解説します。 あなたにとって効果的な酵素洗顔料選びにぜひお役立てくださいね。 配合されている主な成分 タンパク質分解酵素 タンパク質分解酵素には、不要な角質を分解して肌から浮かせ、取り除く働きがあります。 タンパク質を分解する働きがあるほか、ダメージを受けた細胞を正常化したり、血のめぐりを改善し新陳代謝を高めたりする効果がある。 皮脂分解酵素 皮脂分解酵素とは、その名の通り、皮脂(脂肪)を分解する働きのある酵素のこと。 多くの女性が悩んでいる毛穴の黒ずみは、古い角質と皮脂が混ざり酸化することが原因なので、皮脂分解酵素とタンパク質分解酵素の両方を配合した酵素洗顔料を使うことで解消することができます。 ただし、2つの酵素を配合した酵素洗顔料を使って乾燥肌がひどくなってしまったときは、皮脂分解酵素を配合していない酵素洗顔料を選ぶことをおすすめします。 脂肪を脂肪酸とグリセリンとに分解する作用がある。 保湿成分 酵素洗顔は一般的な洗顔料では落とし切れない汚れまで落とせるチカラがある分、肌への負担も大きいもの。 酵素で汚れをスッキリ落とした肌は乾燥に弱い状態になっています。 だからこそ、洗浄成分である酵素のほかにセラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸といった保湿成分を配合したものを選ぶことをおすすめします。 きちんと保湿までできる酵素洗顔料を使うことで、くすみのないうるおい肌をめざしましょう。 もちろん、いくら保湿成分が配合されている酵素洗顔後を使ったとしても、洗顔後は必ず化粧水や乳液、美容液でたっぷりとうるおいを補ってください。 酵素洗顔のタイプは2種類 パウダータイプ 一般的な洗顔料でパウダータイプのものはあまり見かけませんが、酵素洗顔はパウダータイプの製品が多くあります。 パウダー状の洗顔料を泡立てネットなどで泡立てて使用します。 固形石けんよりも肌への刺激感やダメージが少なめで、また防腐剤を配合する必要がないので無添加を謳った製品も多く見受けられます。 パウダータイプのものは、洗面所やお風呂場の湿気により粉が固まってしまう場合もあるので、一回分ずつの個包装になっているものが便利です。 石けんタイプ 酵素洗顔に初めて挑戦するという方には石けんタイプをおすすめします。 パウダータイプよりも泡立てるのが簡単で使いやすいからです。 酵素を配合した石けんは、一般的な石けんよりも湿気に弱いため、お風呂場に置いて保管するのは避けましょう。 酵素洗顔おすすめランキング! 数ある酵素洗顔料の中でも人気の高いアイテムをおすすめ順にご紹介します。 どれも評価の高い酵素洗顔料なので、実感できること間違いなし!ですよ。 コーラルクリアパウダーウォッシュ 通常価格 3,000円 (税抜) メーカー名 シェルゥーム ブランド名 アルファピニ28 内容量 40g(朝・夜使用 約2ヶ月分) 特長 パパイン酵素・天然サンゴ配合、酵素洗顔料、合成色素・合成香料・防腐剤・鉱物油・アルコール・石油系界面活性剤不使用 酵素洗顔を毎日できたらな…と思っている方にはコレ! 敏感肌処方の酵素洗顔パウダー「コーラルクリア パウダーウォッシュ」。 植物生まれの酵素「パパイン酵素」が肌にやさしく古い角質だけを分解除去し、「天然サンゴ」のきめ細かい泡が毛穴の開き・黒ずみの原因となる余分な皮脂を吸着してくれます。 さらにしっとりとした洗い上がりのために、保湿美容成分が配合されているのもうれしいですよね。 毎日朝晩使っても刺激になりにくい酵素洗顔料なので、続けるほどにつるんと輝く綺麗肌を実感できますよ。 使った方の口コミ 少量のパウダーでもモコモコの濃密な泡がつくれて、肌に触れずに洗顔できます。 肌が敏感な方なので、ほかの酵素洗顔料はピリピリして続けられなかったけど、この酵素パウダーは大丈夫! 毎日洗っているうちに、肌が明るくなったと感じます。 商品の効果効能を示すものではありません。 WEB限定で最安値で試す方法 肌が敏感に傾きがちな方でも使いやすいよう、肌へのやさしさにもこだわった酵素洗顔パウダー「コーラルクリア パウダーウォッシュ」をおトクに試したい方は、ぜひ公式サイトをチェックしてみてください。 初回10日間トライアル 700円 (税抜) メーカー名 株式会社クレ・コーポレーション 内容量 小分け酵素洗顔パウダー10日分 特長 タンパク質分解酵素「プロテアーゼ」、美容成分・保湿成分「ヒアルロン酸・コラーゲン・コエンザイムQ10・ダイズ種子エキス」などを配合、パウダー酵素洗顔 「スノーパウダーウォッシュ」は、タンパク質分解酵素「プロテアーゼ」が配合されたパウダー酵素洗顔です。 生クリームのような濃密なモコモコ泡が肌のすみずみまで行き渡り、肌摩擦を軽減しながら、汚れを吸着。 乾燥肌・敏感肌などのデリケートな肌質も安心の洗顔を実践します。 生きた酵素が毛穴の黒ずみや皮脂汚れ、肌のくすみもすっきり洗い落とすと同時に、「ヒアルロン酸・コラーゲン・コエンザイムQ10・ダイズ種子エキス」などの贅沢美容成分・保湿成分がハリ・ツヤ・うるおいのある肌へと導きます。 エイジング世代はもちろん、年齢肌の気になり始める20代女性も「スノーパウダーウォッシュ」による酵素洗顔を始めてみてはいかがでしょうか。 約93%の方が満足した引き締め感&透明感を、あなたもぜひ体験してみてください。 使った方の口コミ 「泡で洗うってこういうこと」っていうのが良くわかりました。 ゴワゴワでくすみもあった乾燥肌が、もっちり、ふっくらの明るい肌になりました。 商品の効果効能を示すものではありません。 WEB限定で最安値で試す方法 「スノーパウダーウォッシュ」は、楽天市場の石鹸部門で1位を獲得したこともある、幅広い世代に人気のパウダー酵素洗顔です。 タンパク質分解酵素「プロテアーゼ」が配合されたモコモコ泡が、気になる毛穴の汚れやくすみの原因もやさしくケアしていきます。 公式サイトでは、通常価格1,728円の「スノーパウダーウォッシュ」の「10日間酵素洗顔実感キット」を初回限定700円(税込、送料無料)で販売中!10日で変わる肌質の変化をぜひ体感してみてはいかがでしょうか。 7 通常価格 1,314円 (税込)• メーカー名 TKS ブランド名 メコゾーム 内容量 60g(約1カ月分) 特長成分 マリンプロテインエキストラクト(海洋複合酵素)、植物エキス、コエンザイムQ10 汚れはスッキリ落としたい。 でも、肌のうるおい感はキープしたい。 そんな願いを叶えてくれるのが、酵素洗顔石けん「ブライトニングソープ」です。 肌の角質層に浸透して洗顔効果を高める「マリンプロテインエキストラクト(海洋複合酵素)」を含んだきめ細かな弾力泡が、粘着剤のようにメイクや古い角質を包み込みながらすっきりオフ! 植物エキスやコエンザイムQ10といった保湿成分が、酵素洗顔した後の肌をしっとりと保ってくれます。 約93%の方が満足した引き締め感&透明感を、あなたもぜひ体験してみてください。 5 通常価格 1,674円 (税込)• メーカー名 カネボウ化粧品 ブランド名 suisai 内容量 0. 約50年にわたって研究されてきたカネボウ化粧品の酵素活性技術から誕生した酵素洗顔料です。 2種類の酵素とアミノ酸系洗浄成分のパワーで、毛穴の黒ずみ汚れや角栓、ザラつき、古い角質などをすっきりと取り去って、透明感のあるつるすべ肌に洗い上げてくれます。 1回分ずつ個包装になっているので湿気などを気にせず保管しやすく、旅先やお泊りの際にも便利ですよ。 使った方の口コミ 肌がオイリーなので毛穴の皮脂詰まりやニキビが気になっていました。 口コミで評価の高いこの酵素洗顔を思い切って使ってみたら、ザラザラ毛穴がつるつるに! 酵素洗顔を上手に使って、ニキビができにくい肌をめざします。 商品の効果効能を示すものではありません。 WEB限定で最安値で試す方法 3年連続売上No. エステなどでフェイスケアを受けることを思えば、たった52円というお値段で、角栓除去&つるつるすべすべを実感できることは決して高くはありませんよね。 インテージSRI:2013年12月~2016年11月ビューティクリアパウダー(従来品含む)累計販売金額。 4 通常価格 1,230円 (税込)• メーカー名 コーセー ブランド名 肌極 はだきわみ 内容量 0. 洗浄成分タンパク分解酵素プロテアーゼと皮脂クリア成分が、古くなった角質や毛穴の汚れを酵素パワーでやさしく分解。 くすみや黒ずみ、ザラつきの原因をすっきり落としてくれます。 また、お米由来の保湿成分やアミノ酸系洗浄成分が配合されているので、肌のうるおいをしっかりキープしながら、ゴワつきがちな肌をやさしく洗い上げることができますよ。 5 通常価格 3,500円 (税別)• メーカー名 リサージ ブランド名 リサージ 内容量 0. そんな方には有効成分グリチルリチン酸が配合されている、「リサージ クリアフォーミュラ<ディープクリーンパウダー>」をおすすめします。 有効成分で肌をいたわりながら、ダブルの酵素パワー(プロテアーゼ-1、リパーゼ-2)で余分な皮脂や古い角質をしっかり取り除いてくれる薬用酵素洗顔パウダーです。 ザラつく部分やゴワゴワしやすい部分をていねいに洗うだけで、つるすべ実感をもたらしてくれます。 1回分ずつの個包装なので、使いやすいのも高ポイントです。 4 通常価格 1,400円 (税別)• メーカー名 pdc ブランド名 pdc 内容量 0. 皮脂が詰まった毛穴、恥ずかしい…。 そんな方におすすめしたいのが、「リフターナ クリアウォッシュパウダー」です。 パパインとリパーゼという2つの酵素のチカラで、毛穴に詰まった角栓をすっきりオフ! さらに、皮脂吸着成分である黒炭が余分な皮脂を吸着して汚れを落とし、透明感のあるつるつる肌へと導いてくれます。 個包装のパッケージも工夫されていて、お風呂場で濡れた手でもラクに開封できますよ。 8 通常価格 3,564円 (税込)• メーカー名 ESS ブランド名 パパウォッシュ 内容量 80g 特長成分 パパイン酵素、保湿成分(コメヌカ・カミツレ・ローズマリー) 特長 微香性、アルコールフリー、アレルギーテスト済み(全ての方にアレルギーが起こらないということではありません) 酵素洗顔といえば、「パパウォッシュ」を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。 この洗顔料は、一般的な洗顔料のようにモコモコに泡立てなくてもOK。 肌にのせただけで、天然パパイン酵素がメラニンを含む古い角質や毛穴汚れを分解し取り除いてくれます。 また、植物由来の保湿成分も入っているので、肌に必要なうるおいを残したまま、つるつるの肌に洗い上げることができます。 公式サイトでは時々割引キャンペーンなどを実施しているので、購入するときは公式サイトをチェックすることをおすすめします! 実際に使った方の口コミ 酵素洗顔を効果的な使い方 肌のくすみやザラつき、毛穴の黒ずみをすっきり落とせる酵素洗顔料は、とても魅力的な洗顔アイテムですが、汚れを落とすパワーが強いので、使い方を間違えると肌に良くない結果をもたらしてしまう可能性もあります。 きちんとした使用法と、肌をいたわるアフターケアを実践して、酵素洗顔料を効果的に使いこなしましょう! 正しい酵素洗顔の方法 肌をゴシゴシこすり洗いするのは厳禁です。 肌を傷つけてしまい、逆に肌のくすみを悪化させてしまいます。 やさしく丁寧に洗顔することを心がけてください。 酵素洗顔料を泡立てる際、泡立てネットを使えばモコモコの泡が簡単に作れるので、ぜひ活用を。 この時、指が肌に触れないよう気を付けてください。 酵素洗顔は朝よりも夜に行うのがおすすめです。 夜の方が皮脂分泌も多いので、ベタつく肌がキュッと引き締まり明るくなるのを実感できますよ。 酵素洗顔をするときの注意点 はじめは週1回から! 酵素洗顔は、汚れを落とすチカラが強いので、肌に与えるダメージも少なくありません。 だから、酵素洗顔を毎日のように行うのは避けた方がよいでしょう。 バリア機能が低下して、肌トラブルが起きるリスクが高まってしまいます。 角質や皮脂の溜まり具合にもよりますが、酵素洗顔を行う頻度は週に3、4回程度までなら大丈夫です。 ただし、生理前後や季節の変わり目などで肌が敏感に傾きがちなときは、酵素洗顔はしないようにしてください。 また、基本的に敏感肌の方は酵素洗顔をしない方が良いのですが、どうしても…という場合は、1カ月に2回程度までなら許容範囲です。 酵素洗顔料が肌に合わなくて赤みが出たり、刺激を感じたりする場合もあるので、初めて酵素洗顔をする場合は、1週間に1回、夜の洗顔で試しましょう。 使用前に必ずパッチテストを! 酵素洗顔は洗浄力が高いので、肌がヒリヒリしたり、かゆみを感じたり、赤くなったりすることもあります。 またパパイン酵素は、人によっては軽度のアレルギーを引き起こす場合がある成分です。 酵素洗顔料を使用する前に、パッチテストを行うことを強くおすすめします。 いきなり顔を洗って、赤みや炎症が起きたら大変ですので、目立ちにくい二の腕の内側などを洗ってみて、大丈夫そうなら顔全体に使用してください。 酵素洗顔後はしっかり保湿&UVケアを 酵素洗顔で肌に溜まった古い角質や毛穴の黒ずみ汚れなどをゴッソリ落としたあとの肌は、とてもデリケートで、外からの刺激に弱く、また水分も失われやすい状態です。 ただし、肌の刺激となってしまう収れん化粧水やアルコール分の多い化粧水は避けるようにし、また肌につけるときもコットンではなく手のひらで優しく塗布するようにしてください。 さらに、酵素洗顔後の肌は紫外線によるダメージの影響も受けやすくなっています。 せっかく肌のくすみを解消するために酵素洗顔をしたのに、紫外線を受けてシミができてしまったのでは元も子もありません。 日中はしっかり紫外線対策をして、肌を守りましょう。 まとめ 女性に人気の酵素洗顔をいろいろご紹介しましたが、使ってみたいと思えるようなアイテムは見つかりましたか? 肌のくすみやザラつき、毛穴の黒ずみ汚れが気になる方にとって、酵素洗顔はとても魅力的なアイテムですよね。 毎日でも使いたい…と思う方もいるかもしれません。 でも、酵素洗顔は洗浄力が高いので、毎日使ったり使用方法を間違ったりすると、肌トラブルを起こしてしまう可能性が…。 正しい方法で酵素洗顔を続けて、透明感のある明るい肌をめざしましょう! 他の洗顔料もチェック!•

次の

酵素洗顔の人気おすすめランキング【毛穴や角質ケア】

酵素水 ランキング

主なタンパク質分解酵素を見てみましょう。 古い角質がはがれることでターンオーバーを助けるため、皮膚肥厚が原因で起こる大人ニキビに悩む人におすすめします。 分解能力は高いですが、正常な皮膚細胞には作用せず、不要になった角質のみを分解するという特徴があります。 皮膚への負担が少ないので、刺激が強い酵素洗顔が苦手な人に最適です。 タンパク質分解能力が高いので、特にくすみやごわつきが気になる人に向いています。 プロの美容家も愛用し、100年近くの歴史を誇るコスメブランドのハリウッド。 時代や年齢を超えた美のこだわりが詰まったコスメたちは、多くの女性に愛されています。 オーキッド洗顔パウダーには、タンパク質を分解するプロテアーゼのほかに抗酸化力の高いオーキッドエキスが配合されています。 古い角質を落としながらくすみから肌を守る処方のため、「ワントーン明るくなったように感じる」との声が多いです。 泡立てネットで簡単に泡立ち、キメ細かいフワフワの泡ができあがります。 うるおいは残しつつもさっぱりと洗い上げ、洗顔後の化粧水の浸透のよさを実感できます。 【酵素の種類】プロテアーゼ 【保湿成分】オーキッドエキス、コラーゲン、セラミド この酵素洗顔クレンジングは、なんと米ぬかと小麦ふすまのみという超シンプルな処方で、コスメサイト cosmeでも高い評価を受けています。 防腐剤や香料なども無添加で作られているので、添加物をできるだけ避けたい人におすすめです。 通常の洗顔料のように泡立てて使うタイプではなく、ペースト状にしてこすらないようやさしく肌を撫でることでメイクや汚れを落とします。 米ぬかにはメラニン色素の定着を抑えるビタミンB2など美容成分がたっぷり含まれているので、シミが気になる人にも向いています。 また、顔はもちろん、首や背中など体にも使うことができます。 洗ったあとも微生物が水道管の中や水をキレイにしてくれるので、環境に優しいのも嬉しいポイントです。 【酵素の種類】米ぬか酵素 【保湿成分】ビタミンB2、セラミドなど 米ぬかに含まれる リフターナ クリアウォッシュパウダーは、パパインとリパーゼの2つの酵素にくわえて黒炭パウダーが含まれているのが特徴。 黒炭は皮脂を吸着する作用があるため、テカりやすい脂性肌の人におすすめです。 こちらは、通常の洗顔料に混ぜる方法がYouTubeで話題を集めています。 しっかりと泡立つタイプの洗顔料と混ぜることで、「すっきり感が段違い」との声も多くあります。 そして、濡れた手でも開封しやすいパッケージも好評です。 単体で使うときはもちろん、洗顔料に混ぜるやり方を試すときに、先に洗顔料が手に乗っている状態でも簡単に開封できるので快適に使えます。 【酵素の種類】リパーゼ、パパイン 【保湿成分】ダイズエキス、セラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸 日本古来から、肌のうるおいを守ってくれる美肌成分の宝庫として珍重されてきた米ぬか。 その米ぬか由来の保湿成分を贅沢に配合した肌極の酵素洗顔は、高い洗浄力がありながらつっぱらないと評価が高いです。 この酵素洗顔パウダーは、タンパク質を分解してくれる酵素であるプロテアーゼの働きで毛穴の汚れを落とし、ニキビの予防に役立ちます。 泡がへたりにくくしっかり洗えるので、TゾーンはテカりやすいのにUゾーンは乾燥しやすいという混合肌の人におすすめします。 また、爽やかなシトラスフローラルの香りは、顔を洗うのが楽しみになるようないい気分にさせてくれます。 【酵素の種類】プロテアーゼ 【保湿成分】コメ胚芽油、ハチミツ 肌本来の働きを助けていきいきとした美肌に導いてくれるオバジのコスメ。 この酵素洗顔パウダーは、市販で気軽に買えるうえに、優れた美容成分が配合されていることから人気を集めています。 パウダーにはビタミンCやヒメフウロエキスなど肌を整えてくれる成分が配合されているため、洗顔後のすべすべ感がやみつきになるという声が多いです。 また、ヒメフウロエキスはシワにアプローチする成分として近年注目されていて、エイジングケアに興味のある人にも向いています。 毛穴の黒ずみを落としてくれるのはもちろん、ビタミンC配合なのでニキビやくすみが気になる人にもおすすめです。 【酵素の種類】プロテアーゼ、リパーゼ 【保湿成分】アスコルビン酸、ヒメフウロエキス、ビタミンC 「市販の酵素洗顔と言えばカネボウのsuisai」と言っても過言ではないほど知名度の高い、suisaiのパウダー洗顔。 アミノ酸系の洗浄成分で優しく汚れを落とし、つっぱりにくいのが特徴です。 この酵素洗顔には古い角質と皮脂に効く酵素が二種類含まれており、さっぱりとした洗い上がりを実感できます。 酵素が空気に触れて働きが鈍くならない顆粒状で、新鮮な酵素の働きをそのまま肌に生かせるのも嬉しいポイントです。 泡がふわふわとした柔らかいタイプなので、濃密なもっちり泡が好きな人には通常の洗顔料に混ぜる使い方も人気です。 パウダーの泡立てが苦手な方でも簡単に泡立てることができます。 【酵素の種類】プロテアーゼ、リパーゼ 【保湿成分】オランダカラシエキス、豆乳発酵エキス.

次の

【毛穴ケア】酵素洗顔ランキングTOP10|市販&プチプラのおすすめは?

酵素水 ランキング

危ない市販の水クレンジング 「マツエクしてるから」 「肌に優しいクレンジングが良いから」 など、 水クレンジングを使いたいと思う動機は人それぞれですが・・・ 実は 水クレンジング選びには注意が必要です。 水クレンジングと聞くと「水ってなんだか 肌に優しそう」と思い込んでる人も多いようですね…。 ですが、 その印象は実態とちょっと かけ離れています。 「水と油」っていうじゃないですか。 決して交わることは無いんです。 油分であるメイクは 本来、油分(オイル)でなきゃ落とせないんです。 そこで登場するのが「 界面活性剤」。 こちら洗浄力は素晴らしいものの、お肌には素晴らしく悪いのです。 (苦笑) 水クレンジングにはこの 界面活性剤を多く配合している商品が大半です。 気をつけて選ばないとお肌にはとっても負担がかかってしまいます。 ただ、「 全ての水クレンジングが悪者」 という訳ではありません。 界面活性剤 以外の成分を活用してメイクを落としてくれるクレンジングもちゃんとあります。 こちらでは、 どんな水クレンジングを選べば良いか、 おすすめの水クレンジングについてなど詳しく解説していきたいと思います。 水クレンジングの実態 ちょっと化粧品に詳しい人なら、 「水?メイクは油なのに落ちるわけ無いじゃん、 きつい薬品でしょ。 」 と開口一番出てきたりもします。 確かに「水っぽい透明な洗浄剤」って想像すると、マニュキュアを落とす除光液とか、シンナーとかをイメージすれば、確かに肌に良くないような気もしますよね・・・。 わかりやすいのが、シートタイプの 拭き取りクレンジング。 コンビニやドラッグストアで以前から販売されていますのでイメージしやすいと思います。 こちらが正に「水クレンジング」をシートに浸したもの。 え、じゃあ お肌に悪いんじゃないの?? お出かけ用とか手軽さ重視で 「刺激が強くピリピリしみる」 「摩擦が肌に悪そう」 など、 たまに使うのは良いが毎日はちょっと・・・という印象が強いですよね。 一方で、 新商品の水クレンジングの広告を見ると 「肌に優しい」「潤うクレンジングウォーター」など、なんだか魅力的に見えますが 肌に優しいの? 肌に悪いの? どっちが正解・・・? その答えは 「商品による」 です。 あ、ふざけているわけじゃなくて… 実際にそうなのです。 先述の通りで、特にお肌にダメージの強い 合成界面活性剤をたくさん配合しているクレンジングウォーターも多いので注意が必要です。 つけまつ毛より、自然な仕上がりで、女子力アップに一役買って、近年、世の女性には欠かせないアイテムにになりました。 しかし、このマツエク! マツエク用の接着剤がオイルに弱いので、洗浄成分がオイルである クレンジングオイルは使用不可なのです。 そこで今、知名度&注目度が急上昇しているのが ウォータータイプの 水クレンジング。 「水」というくらいなので、オイル成分は基本的に入っていません。 なので、マツエクに使っても大丈夫。 ただ、 「マツエクしたから今晩からクレンジング変えようか」と「なんとなく」の雰囲気購入は非常に危険です。 洗い流すタイプの水クレンジング おすすめはコレ! 拭き取りタイプの水クレンジング おすすめはコレ! フルリクリアゲルクレンズ ビオデルマ センシビオH2O 全成分 水、ラウリン酸PEG-12、DPG、BG、PEG/PPG/ポリブチレングリコール-8/5/3グリセリン、プルラン、PEG-8、PEG-6(カプリル酸/カプリン酸)グリセリズ、ステアロイルメチルタウリンNa、クエン酸Na、クエン酸、EDTA-2Na、フェノキシエタノール、メチルパラベン 成分表示は一般的に多い順に配合量が多い順で記載されています。 ずらっと並んだこの成分 「クレンジングとしての洗浄成分はどれ?」 「他はなんのための成分?」 ちょっと調べてみました。 先頭から見ていくと 水 普通は精製水が使われています。 ラウリン酸PEG-12 界面活性剤(刺激低い) DPG、BG、グリセリン 保湿剤は、保湿・保水目的以外にも防腐効果、感触向上 PEG/PPG/ポリブチレングリコール-8/5/ 界面活性剤(刺激低い) プルラン 天然ポリマー(保湿性、増粘性) PEG-8、PEG-6(カプリル酸/カプリン酸)グリセリズ 界面活性剤(刺激低い) ステアロイルメチルタウリンNa 界面活性剤(刺激低い) クエン酸Na、クエン酸 ph調整剤、酸化防止剤 EDTA-2Na 変質防止、保存料 フェノキシエタノール、メチルパラベン 防腐剤 注)界面活性剤・・・・・界面活性剤とは油と水を混ざりやすくする物質 前半はクレンジング剤の基材(化粧品を形作るおおもとの原料)と界面活性剤と保湿剤で、後半は、変質防止と防腐剤ですね。 一般的には、洗浄成分を知りたい場合は、1、2段目を見れば良いと言います。 このクレンジング自体には油分は入っていないので、前半の4つの界面活性剤は、メイク落としのために入っていると思われます。 よって、この水クレンジングは、 界面活性剤(洗浄剤)で、メイクを落としていることがわかります。 最近では、界面活性剤(洗浄剤)はお肌用の低刺激性のものがほとんどですが、やはり、敏感肌の方で刺激を感じる方もいます。 なるべくなら避けたいものです。 適当に買ったクレンジングウォーターで、肌が痒くなっちゃった! という方は・・・ もしかしたらいろいろ成分が入っているので、不運にも何らかの配合成分が合わなかったのかもしれません。 通常、基材(ベース)としては、精製水を使用しているものが多いのですが、 その 精製水のかわりにアルカリイオン水を使って、その洗浄力を利用してメイクを落とすというクレンジングウォーターが発売されています。 アルカリイオン水• 還元力の高い還元水• 高濃度電解イオン水• 電解水• アルカリ還元水• 還元水素水 呼ばれ方はいろいろですが 全て同じアルカリ性電解水です。 アルカリ性電解水 水は電気分解すると、アルカリ性の還元水と、酸性の酸性水に分かれます。 家庭用アルカリイオン整水器をお持ちに方はよく分かるかもしれませんね。 水クレンジングを使ってみました! 使った水クレンジングは洗い流すタイプでなく、コットンでふき取るタイプのメイク落とし。 ボトルを傾けてコットンにパタパタと水クレンジングを浸します。 お肌を強くこすると負担になるので、緩い力でゆっくり撫でるように拭きとってみました。 しっかり メイクが落ちます! アイメイクはまぶたの上で2秒ぐらい軽く押さえてからスーッと動かすと すっきり取れます! コットン1枚目の表面、裏面と使い、 コットン2枚目の表面はまだメイクの色がつきましたが、裏面を使う時には全く色が付かなくなりました。 『 ちゃんとメイク落ちてます』 あの拭き取りシートを使った時のようなヒリヒリ感も全くありません。 保湿成分も入っているせいか、翌朝まで乾燥を感じることもなく、使用後も快適でした。 くすみ・毛穴ケア・毛穴引き締めにも効く?? 年齢とともに進んでいくお肌のくすみ。 年齢問わず、肌悩みの常に上位の毛穴の悩み。 この2つの肌悩みにも、アプローチしている水クレンジングがたくさんあります。 なぜ、水クレンジングがくすみや毛穴ケアにイイと言われるのでしょうか? そもそも、 くすみも毛穴の悩みも、角質の問題です。 古い角質が排出されていく、ターンオーバーが正常に働けば問題解決なのですが、加齢や体調、ホルモンの影響、ストレス等で乱れることが多いです。 毛穴の大きさは遺伝で生まれつき決まっているそうですが、詰まりや開きはケアできます。 ここで必要になってくるのが角質ケアがです。 角質ケアのポイント 保湿 肌が十分潤っていると、キメがふっくらとして毛穴もしまり、保湿でバリア機能がアップすることにより様々な刺激から守られ、くすみの予防にもつながります。 無理やり角栓を取らない 気になる毛穴の角栓ですが、毛穴シートや爪で引っ掻いて取るのはよくありません。 ピーリング 油性のクレンジングでは、毛穴汚れは落ちますが、タンパク質である古い角質は落とせません。 本格的な角質ケアはやはりピーリングが必要です。 うる落ち水クレンジングを解析! 水クレンジングといえば、プチプラで人気の うる落ち水クレンジング(ビフェスタ)がありますね。 ランキングサイトでもいつも上位常連! 300mlで 1000円前後なので確かにお安いです。 でもお安いのには それなりの理由があるのかも・・ そこで うる落ち水クレンジングの口コミを見てみると、良い口コミがある一方• ヒリヒリとした刺激を感じる• メイク落ちが悪い(ポイントメイクは専用でないとダメ)• コットンの刺激が気になる(結構たくさん必要) という声も多くありました。 実際のところ、 うる落ち水クレンジングはおすすめできる商品なのか、 「成分」「洗浄力」「刺激」 について詳しく解析してみました。 うる落ち水クレンジングの成分 うる落ち水クレンジングには ブライト・モイスト・エンリッチの3種類あります。 まずは成分ですが、この3種類とも共通してかなり多くの 界面活性剤が使われています。 主に乳化剤・洗浄剤として使われていますが、水ベースの水クレンジングはメイクとの馴染みが悪いので仕方がないものの、ちょっとすごい種類ですね。。 メイクがよく落ちる!ついう口コミもこれらの界面活性剤の配合量がなせる技。 使用する場合にはなるべくパパッと済ませるようにしましょう。 ゴシゴシ強く擦ったり、長く肌につけておくと肌の 必要な皮脂まで取ってしまいます。 また主成分の DPG。 こちらは目にしみる成分ですので、目に入らないように注意が必要です。 こちらも界面活性剤と同様、敏感肌には刺激になる成分です。 ただ、 うる落ち水クレンジングには化粧水としての効果もあり、乾燥するどころかきちんと保湿されているように感じてしまう方もいるようです…。 これが配合成分のパワフルさに反して口コミが良い由縁なのですね。 うる落ち水クレンジングには界面活性剤が多く使われていますので、肌への負担が大きく、敏感肌や肌が荒れている時などは刺激を感じやすくなりがち…。 お肌のコンディションをみて使用しましょう。 うる落ち水クレンジングのメイク落ち 洗浄力ですが、口コミからもわかるようにうる落ち水クレンジングでは ポイントメイクは落ちにくいです。 別に うる落ち水クレンジングアイメイクアップリムーバーという商品があるように、ポイントメイクは別にクレンジングする必要があるといえます。 ポイントメイクも問題なく落ちるなら別に販売しなくてもいい訳ですから。 もし うる落ち水クレンジングだけでポイントメイクまで落とそうとゴシゴシすれば、肌に刺激を与えてトラブルの原因になってしまいますので気をつけましょう。 うる落ち水クレンジングの刺激 最後に刺激についてですが、 うる落ち水クレンジングはコットンで拭き取るため、使い方によっては肌を擦って傷つけてしまう恐れがあります。 クレンジング剤をたっぷりコットンに含ませて擦らないように注意することが必要。 たっぷり使い、擦らず短い時間でメイクオフするように気をつけましょう。 結論としては・・・ うる落ち水クレンジングは界面活性剤の配合量が多いので毎日使うのはどうかと思います。 疲れてお風呂にも入りたくない• メイクを落とすのが面倒(洗顔したくない) という時には便利な商品だと思いますが、お肌のことを考えれば推奨は出来ません。 遅く帰った夜に、メイクをしたまま寝るよりはマシ。。 といったレベルでしょうか。 おすすめ水クレンジング人気ランキング第1位 フルリ クリアゲルクレンズ 洗い流すタイプ 水クレンジングのおすすめ人気ランキング1位は、美容皮膚科クリニックから生まれた 毛穴が目立たなくなるクレンジング。 美容液成分が99. 通販だけでなく日本全国450店舗以上で店頭販売している、人気の高い商品。 メイクを落としながら毛穴ケアを行い、尚かつ 無添加でという難しい条件を美容皮膚科ならではの知識と技術でクリアした、質の高いクレンジング剤です。 使うほどに毛穴の黒ずみが目立たなくなっていくと様々なランキングサイトでも評判。 マツエクOKで ダブル洗顔が推奨のクレンジングです。 編集部の口コミ 手のひらに出した瞬間とろーんとしてとても気持ちのいいテクスチャです。 それは顔に伸ばしても同様でクッション性を感じます。 明らかに肌への負担は無さそう。 すごく滑らかな肌触りなのに、すすぐとしっかりメイクが落ちていてビックリしました! すすぎはやや時間がかかる印象です。 でも洗い上がりはすっきりしています。 水素水よりも還元力が高い、還元水を使用している。 初回限定も17%OFFとそれほど安くない。 ビオデルマといえば 水クレンジングの代名詞と言ってもいいぐらい愛用者も多く人気の商品。 そのビオデルマのシリーズの中でも一番おすすめできるのがこの サンシビオH2O。 高純度の精製水を採用しているので、すっきりメイクを落としながらも肌に優しい処方。 世界で2秒に一本売れる水クレンジングで、敏感肌の人でも安心して使えます。 マツエクOKでダブル洗顔不要、5つの 無添加。 定期便となっていますが、サイクルを延長できるし、1回でも解約できるので安心です。 編集部の口コミ 少しとろみがありつつサラッとしたテクスチャです。 とにかくメイク落ちが良くって(速くって)ストレスゼロです。 肌への刺激や乾燥する感じも全くありません。 むしろ潤う感じで、クレンジング後の肌ももっちりとして良い感じです。 大容量だからコスパが良いし、毎日は使わないものの、忙しい日には結構頼っちゃってます。 よく落ちるのでポイントメイクリムーバーとしても使えます。 日本製&天然由来のブースタークレンジング。 どんな肌質にも優しいスプレータイプ、これ1本で毛穴づまり・皮脂汚れを落としてくれます。 高アルカリイオン水がベースで化学成分を一切使っていない天然由来100% だから安心。 ダブル洗顔不要で超簡単・時短、しっかり優しい。 定期コースも回数縛りは無く、90日間の返金保障付き。 本気で毛穴を変えたい方におすすめ。 ちゅららのクレンジングローションは、肌に負担をかけない洗顔を追求してリリースされた、自然派クレンジングウォーターです。 パラベンフリー、合成香料フリー、タール色素フリー、紫外線吸収剤フリー、アレルギーテスト済みで安心して使えます! コットンに適量を含ませて、ゆっくりやさしくふき取ります。 アイメイクは数秒優しくおさえてからすっとふき取るのがきれいに落とせるコツ。

次の