仕事 に 就く 英語。 英語を使う仕事一覧|英語を活かすことができる職業にはどんな種類がある?

英語を使う仕事に就くには|必要な語学力や資格・仕事内容まで解説

仕事 に 就く 英語

世間のグローバル化が進むなか、「英語を使う仕事に就きたい」「転職したら海外で働いてみたい」と考える方はたくさんいます。 しかし、どの程度の英語力が必要なのか、そもそもどんな仕事があるのかわからない方も多いのではないでしょうか。 この記事では、英語を活用する仕事の業務内容や仕事を探すポイント、現場で求められる英語力について解説します。 保有していると有利になる資格も紹介するので、キャリアアップを実現するための参考にしてください。 自己分析や心構えをしておくだけで転職はよりスムーズになり、転職後も後悔せずに働けるようになります。 「英語が得意だから英語力を活かせる仕事に就きたい」といった漠然とした考えだけでは、面接も通りにくくなってしまいます。 まずはどんな職種があるのかを調べ、自分の英語力以外のスキルも棚卸ししてみましょう。 「飲食店の経験があるから接客には自信がある」「計算が好きなので経理事務に興味がある」など、自分の英語力以外のスキルや経験を見極め、どんな仕事に就きたいのか明確にすることが重要です。 海外は祝祭日もちがうため、休日の違いから世間や家族と休みを合わせられないこともあります。 仕事を探すときは長時間の勤務や休みの取り方の違いなども考慮するようにしましょう。 日本企業では英語が堪能な人材は貴重な人材と判断されて、よい条件で仕事を見つけられることがあります。 「英語を使う仕事=海外で働く」というわけではありません。 さまざまな働き方があることを踏まえつつ転職活動をしましょう。 就きたい仕事を見つけたら、自分の英語力がその仕事で求められる水準に達しているかどうかを見極めましょう。 TOEICや英検などの資格をもっていると数値として自分の英語力をアピールできるほか、自分の実力を測るモノサシにもなります。 英語を使う仕事に就くなら、海外企業とのパイプをもっているなど海外案件に強い転職エージェントを選びましょう。 ・ジャパンは豊富な海外案件をもつ転職エージェントです。 一人ひとりに専任のコンサルタントが求人案内から入社後までサポートをします。 英語を使う仕事でキャリアアップを果たしたい方は、まずは無料面談にご応募ください。 未経験者が英語を使う仕事に就きたいと思ったら、まずは日常業務のなかで英語を使うところからスタートするとよいでしょう。 海外のお客様を迎えたり英語で電話対応をしたりなど、英語を使った業務をおこなうことで経験を積みます。 最初から英語を使う仕事を求めるのではなく、普段の仕事で英語を使うところからステップアップしていくのです。 平均年収は300万円前後で、レストランやカフェでの給仕、テーマパークや観光地での案内役など、人と接することの多い仕事です。 書類の作成には英語が必要ですが、定型化された文章が多く、中学校卒業程度の英語力があれば勤まるとされています。 平均年収は400万円前後です。 しかし、海外からの観光客を国内観光地に案内したり、日本人観光客を海外の観光地を案内したりするため、最低でも日常会話レベルの語学力は必要です。 訪れた土地の歴史や地理の説明や、宿泊や買い物のサポートを行います。 平均年収は400万~600万円程度となります。 主な仕事としては、チェックインカウンターで航空券の発行をしたり、乗客の荷物を預かる、座席や乗り継ぎの案内を行う、などとなっています。 空港には様々な国の人たちが訪れますが、中でも英語能力は必須になると言って良いでしょう。 平均年収は300万~350万円程度となります。 あわせて、宿泊客とのコミュニケーション能力も必要です。 世界中に展開している外資系のホテルなどでは、応募要件としてTOIEC600点以上など点数を求める場合もあります。 平均年収は300万~400万円程度です。 国際線では外国人の乗客と接する機会が増えるために高い英語力が必要とされます。 しかし、国内線であっても機内アナウンスを英語で行わなくてはいけないため、ビジネス会話レベルの語学力が必要となります。 平均年収は400万~550万円程度です。 英語でのメール対応や文書作成をおこなううえ、業界の専門知識が必要になるため高い語学力が求められます。 平均年収は300万~400万円程度になります。 外資系企業の秘書になると、日本語を母国語としない上司や本国、取引先企業などとやりとりするため一定の語学力が必要になります。 国際秘書検定の資格があれば、転職にもより有利に働くでしょう。 平均年収は未経験で300万円程度、外資系企業に勤めれば700万円程度になります。 国家資格である通訳案内士の資格取得が必要で、フリーランスから正社員まで働き方はさまざまです。 そのため平均年収は100万円から400万円程度と幅があります。 近年ではグローバル化にともない、海外と取り引きのある企業や外資系企業で活躍できる、国際公認会計士の需要が増えています。 決算や業績に関わる問題に対応できる高い語学力が必要です。 平均年収は500万~800万円程度です。 一般的な英語だけでなく専門分野の英語を理解する必要があるほか、他国の特許システムに関する知識も求められます。 平均年収は300万円程度です。 外国語の語学講師であれば、もちろん英語を始めとした外国語が流暢に話せなくてはいけません。 日本語講師の場合も教えるのが外国人の生徒となるため、それなりの英語力はが求められると言って良いでしょう。 とくに海外で仕事をする場合には高い英語力が必要となります。 平均年収は300万~400万円程度です。 専門用語やスラングを含んだ高い英語力が求められる仕事です。 言葉を訳すだけでなく、その国の文化や歴史などを調べる力も必要です。 平均年収は200万~400万円程度です。 通訳ガイドはひとりで多数をサポートしますが、通訳の場合は1対1から1対多数までさまざまです。 業務内容としては、海外から商品の買い付けを行ったり、市場を分析して企画調査を行うなどします。 バイヤーとMDは異なる業務ですが、場合によっては兼務している職場もあります。 ともに海外出張する機会が多いため、上級レベルの英語が必要です。 バイヤーの平均年収は250万~450万円程度、MDの平均年収は400万~500万円程度です。 実際にクライアントとなる企業の企画立案に参加するケースもあります。 外資系コンサルタントの顧客は同じく外資系企業が多くを占めているため、高い英語力が必要になってくると言って良いでしょう。 平均年収は500万~1000万円程度になります。 現在の日本では、在留外国人や外国からの旅行者が増える傾向にありますから、これからも英語力が必要とされる職場は増えていくと考えて良いでしょう。 中でもとくに気になるのが、外資系企業で働く場合です。 外資系企業というと、一般的には報酬が高い、英語力が必須、激務、敷居が高い、といったイメージをお持ちの方が多いと思います。 しかし、現実的な観点から言うと、外資系企業であってもそれほど高い英語力は必要とされないケースも多いです。 もちろん、流暢に英語が話せればそれに越したことはないのですが、必要とされる英語力は職種や部署によって変わってくると考えてください。 まず、外資系企業に就職・転職する際には、英語系の資格を持っていると有利に働きます。 TOEICの点数や英検などの資格は、履歴書や英文レジュメに書いておくと良いでしょう。 また、面接でも外国人の採用担当官と英語で話をする場合があり、英語力が高ければ高いほど就職には有利になってくると言えます。 さらに言うと、外資系企業にはバックオフィス、ミドルオフィス、フロントオフィスという3つの部門があります。 このうちのフロントオフィスは社外との交渉役に当たる仕事であるため、高い英語力が必要です。 これに対して、バックオフィスはいわゆる裏方の仕事、事務系の仕事になり、社内での仕事が主になるため、それなりの英語力であっても通用します。 ミドルオフィスはその中間の部門で、市場分析や企画立案などを行います。 英語力はビジネスレベルくらいのものが求められると考えて良いでしょう。 このように、外資系企業ではその部署ごとに求められる英語力のレベルが変わってきます。 第一線でバリバリと活躍したい、海外の上司や同僚とも頻繁に連絡を取る、外資系企業が主なクライアントである、といった場合にはネイティブ会話レベルの英語力が欠かせません。 反対に事務的な仕事や裏方の仕事に徹するのであれば、日常会話レベルの英語力であっても大丈夫です。 また、社内でのキャリアアップを考えているのであれば、ビジネス会話レベル以上の英語力が必要になってくると言って良いでしょう。 外資系企業は部署ごとの独立性が強いのが特徴ですが、マネージャーやディレクタークラスの職位になってくると、他部署との連携も欠かせなくなります。 こうした場合、例え社内の業務であっても外国人と話す機会が増えてきます。 そのため、英語のジョークを交えて会話が出来るくらいの英語力は身に付けておいたほうが良いです。 英検(実用英語技能検定) 英検の試験では筆記やリスニングのほか、面接では英語によるコミュニケーション能力が測られます。 日本国内では抜群の知名度を誇るだけに参考書や問題集なども多く、英語を学びたい方が自分の英語力を測る指標としても適しています。 職種にもよりますが、英語を使う仕事に就くためには2級以上を取得するとよいでしょう。 国連英検(国際連合公用語英語検定試験) 国連英検は外務省が後援する日本の資格です。 試験では、その時々の時事問題に関する知識も問われます。 英字新聞の読解や電話対応などの問題もあるので、英語を使う仕事を目指す人にはうってつけの試験といえます。 B級合格で日常会話は充分にこなせるレベルとみなされますし、A級なら時事問題を交えてネイティブと討論ができるほどのレベルとなります。 TOEIC TOEICの試験では日常生活やビジネスシーンでの英語力を測定し、英語によるコミュニケーション能力を判定します。 TOEICのスコアは600点を超えるあたりから履歴書に書けるという認識が一般的です。 英語を使う仕事に就くためには800点以上は持っていた方がよいでしょう。 TOEFL TOEFLは「英語を母語としない人」のための試験です。 試験は大学などで用いられる学術的な内容であり、読む能力と聞く能力に加え、話す能力と書く能力を総合的に問われます。 日常コミュニケーションでは出てこないような学術用語なども試験問題として出題され、英語圏の大学や大学院への留学を目指す方に適した試験だといえます。 転職で有利になるためには、日本で実施されているTOEFLである、TOEFL iBTでスコア100以上を目指すとよいでしょう。 また、外資系企業で活躍したい人は日本国内の試験である英検だけではなく、TOEICなど国際的な試験を受けておくと面接などでもアピールしやすくなります。 英語系の語学力を証明する資格にはその他にも日商ビジネス英語検定やCASEC、IELTSなど、様々なものがあります。 しかし、資格を取得している、高い点数を出している、といった理由だけでは即座に現場で活躍することは出来ません。 英語系の資格を取得しておくことは、面接を始めとした就職試験では大いに役に立ちます。 採用担当官は、履歴書や面接での会話から、まずその人の英語能力を判断するためです。 しかし、こうした場面で英語が話せる、理解できるということは、あくまでもスタート地点に立っているにすぎません。 実際に会社に入った後は、その業務内容に合わせた英会話能力が必要となってきます。 それぞれの職場では専門用語も飛び交いますし、それら全てが英語である、ということも少なくないです。 また、キャビンアテンダントや空港グランドスタッフ、ホテルの従業員などのように、初めて接するお客様と英語で話さなくてはいけない仕事もあります。 要するに、それぞれの職場によって必要とされる英語の種類・傾向というのは変わってくるわけです。 例えば、外資系の金融機関で働く場合には、金融系の単語が英語として把握出来ていなければなりません。 マーケティング業務やコンサルティング業務などでは、より幅広い分野の知識に基づいた英語が話せる必要があるでしょう。 一言で言えば、こうした企業で働く場合に必要になってくるのは、実践的な英語能力です。 同僚と会話が出来る、お客様と会話が出来る、といったこと以上に、その会社や業務で必要とされる英語にいかに慣れているか、慣れられるか、ということがポイントとなって来ます。 ですから、まずは裏方や低い地位からチャレンジしたいという場合には、実際に入社してから英語能力に磨きをかけることも可能です。 しかし、ディレクターやマネージャーといった、ある程度責任ある地位を目指して就職や転職を考えている場合には、専門用語なども交えて英会話が出来なくてはいけません。 その場合、必要となってくるのはむしろそれまでに築き上げてきた経験と実績になります。 とくに外資系企業では即戦力となる人材を求めているため、専門用語などは就職活動の段階で英語として覚えておくようにすると良いでしょう。 なぜなら、語学を学ぶということは、その国や地域の文化や風習を学ぶということに他ならないからです。 実践的な語学力を身に付けるというのは、それぞれの国に住んでいる人たちの心を理解することだと言い換えても良いかもしれません。 実際にはどんなシーンで語学が必要になる? では、外資系企業や英語を使用する職場では、実際にどのような場面で英語が使用されるのでしょうか。 これは、大きく分けると3種類に分類することが出来ます。 ・社内でコミュニケーションを取る ・海外にいる同僚や上司とコミュニケーションを取る ・クライアントやお客様とコミュニケーションを取る この3つです。 まず社内でコミュニケーションを取る場合ですが、これは外国人の同僚と話をしたり、英語の報告書を読み書きする、英語を用いたプレゼンテーションを行う、などの場面に分けることが出来ます。 とくに外資系企業の場合、報告書やプレゼンテーションは英語で行われる場合が多いです。 次に海外にいる同僚や上司とコミュニケーションを取る場合ですが、この際には当然英語で会話をすることが必須になってきます。 具体的には、電話で話をしたり、メールで連絡を取るなどして、相手と会話をします。 メールを書く場合には、英語に特有の言い回しや書式などが存在するため、こうしたことも覚えておかなくてはいけません。 また、とくに外資系企業では海外に出張する機会も多いです。 最後にクライアントやお客様とコミュニケーションを取る場合ですが、これはとくに接客業の場合や、営業職・マーケティング職、コンサルティング職などに就いている場合に重要になります。 こうしたシーンでは、まず相手の意を汲み取るということが欠かせません。 英語のヒアリング能力だけでなく、相手が何を伝えようとしているのか、ということを把握する能力が必要となってきます。 語学力を向上させるための効果的な方法を紹介 それでは、こうした実践的な語学力を身に付けて会社で働くためには、どのようにして語学力を向上させれば良いのでしょうか。 まず知っておかなくてはいけないのは、例えネイティブの人であってもネイティブ的な話し方をするとは限らないという点です。 とくに同僚や上司と話す場合、あまりフランクな言葉遣いをすることはありません。 英語やその他の言語にも敬語的な言い回しがある、ということを覚えておきましょう。 次に大切なのは、インプットとアウトプットのバランスを取るという点です。 これは、読むことと書くこと、聞くことと話すことのバランスを取る、という風に考えると分かりやすいでしょう。 語学力を磨いていくためには、それなりの努力と根気が必要ですが、インプットとアウトプットのバランスが崩れていると、実践的な語学力はうまく身に付きません。 最後に、やはり大切なのは外国人と実際にコミュニケーションを取るということでしょう。 これは語学スクールに通ったり、海外に留学するなどの方法があります。 独学でも語学力を学ぶことは可能ですが、実際に外国人と接することで、どのように相手の意を汲んでいったら良いのか、どんな風に自分の意志を伝えれば良いのか、ということが分かってきます。 派遣や契約社員といった雇用形態での求人も増えているため、家事や育児の合間をぬって仕事をしたり、在宅で仕事を受けたりすることもできます。 今後は旅行会社や貿易会社などに限らず、あらゆる業界の現場で英語力が必要とされるでしょう。 いまは英語力に自信がないという方は、各種検定試験にチャレンジしてみたり、英語力以外のスキルの棚卸しからはじめてみましょう。 また、転職を成功させるためには、専門家による適切なサポートを受けることも大切です。 ・ジャパンは外資系企業やグローバル企業などの求人を多数保有しており、正規雇用はもちろん、派遣や契約型の案件も多くあります。 専任のコンサルタントが一人ひとりのライフステージに合わせた転職活動をサポートします。 ご検討の際には、まずは無料面談にご応募ください。

次の

英語を使う仕事には何がある?英語が活かせる36の職種を一覧で紹介

仕事 に 就く 英語

英語を活かすと言えばまず思いつくのが、通訳や翻訳の仕事ではないでしょうか。 一般社団法人・通訳品質評議会主催の「一般通訳検定」でレベルを証明することができます。 ただし、観光ガイドが職務となる「通訳案内士(通訳ガイド)」になるためには国家資格が必要ですので、詳しくは、「観光系」の仕事一覧をご覧ください。 通訳や翻訳のお仕事は、フリーランスで仕事をしている方も多いです。 英語力を活かしてフリーランスで働きたいという方は、是非下記記事も参考になさってください。 しかし、自らの英語力を示すためにも、何かしらの英語試験のスコアを持っておくほうが良いです。 一方、外資系の企業や駐日外国公館などで日本語を教えるためには、英語力が必要です。 日本語教師は、海外での需要も高まっており、海外での授業には英語力が不可欠です。 観光庁が実施する国家資格「全国通訳案内士試験」に合格することが必須です。 必要な資格はありませんが、ホテルで使うような英会話は一通りマスターしておいたほうがベターです。 海外からのお客様を接客できる、正しいマナーを身につけていることも重要です。 「国家公務員採用一般職試験」合格後、法務省入国管理局職員採用となります。 国内のみの添乗には「国内旅程管理主任者」、海外も含めた添乗には「総合旅程管理主者」の資格取得が必須です。 いずれも、国土交通大臣に登録された機関の研修修了と添乗実務経験を要します。 航空会社によりますが、TOEIC600点以上を募集要件に設定している航空会社が多いです。 財務省の地方組織である税関主催の「通関士試験」に合格する必要があります。 世界のエリートと肩を並べて仕事をすることになるため、高レベルの英語力が必要となる英語関係の仕事です。 総合職(キャリア)は、「国家公務員採用総合職試験」、専門職(ノンキャリア)は、「外務省専門職員採用試験」に合格する必要があります。 必要な資格は特に無く、公募への応募、国連試験、外務省の派遣制度に合格して、仕事に就くことができます。 資格よりも、医療や農業など、各団体の専門分野における知識と経験が求められます。

次の

英語を使う仕事には何がある?英語が活かせる36の職種を一覧で紹介

仕事 に 就く 英語

すべての情報源• 総合的な情報源• 研究社 新英和中辞典 7• 研究社 新和英中辞典 2• Weblio Email例文集 17• Weblio英語基本例文集 2• 浜島書店 Catch a Wave 8• Eゲイト英和辞典 2• 専門的な情報源• 斎藤和英大辞典 1• 日本語WordNet 8• EDR日英対訳辞書 5• Tanaka Corpus 10• 日本法令外国語訳データベースシステム 1• Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス 10• 京大-NICT 日英中基本文データ 1• 官公庁発表資料• 金融庁 6• 財務省 1• 特許庁 15• 経済産業省 10• 厚生労働省 6• 書籍・作品• Landor『カール・マルクス Interview』 1• Robert Louis Stevenson『ジキルとハイド』 1• Electronic Frontier Foundation『DESのクラック:暗号研究と盗聴政策、チップ設計の秘密』 1• Arthur Conan Doyle『シャーロック・ホームズの冒険』 2• James Matthew Barrie『ピーターパンとウェンディ』 2• Michael Faraday『ロウソクの科学』 1.

次の