渋野 日向子 全 英 オープン 動画。 【2019年】AIG全英女子オープン 結果、ハイライト動画|GolfTrend[ゴルフトレンド]

“世界のシブコ”へ残り18ホール 奪首の渋野日向子は少年にグローブ【LPGAツアー 米国女子】|GDO ゴルフダイジェスト・オンライン

渋野 日向子 全 英 オープン 動画

18番、バーディーパットを沈めクラブを突き上げる渋野日向子=英ミルトンキーンズ・ウォバーンGC(AP) 女子ゴルフの渋野日向子(20)が4日、英ミルトンキーンズのウォバーンGC(パー72)で行われた今季メジャー最終戦、AIG全英女子オープンで優勝した。 日本勢のメジャー勝利は、1977年の全米女子プロ選手権を制した樋口久子(現日本女子プロゴルフ協会顧問)以来で42年ぶり2人目。 渋野と2人で回ったブハイ(南アフリカ)はウイニングパットが決まった瞬間、自らのことのように両手を上げて祝福した。 「20歳の若さがあふれていた。 恐れを知らないアグレッシブなパットは素晴らしかった。 (自分の)結果は残念だったが、いい戦いができた」と語った。 8バーディー、1ボギーの猛チャージで混戦を引っ張ったサラス(米国)は、18番で1メートル強のパットを外したのが痛かった。 カップに蹴られ「絶対に入ると思った。 いいストロークだったのに」と落胆。 「(渋野の)最後は素晴らしいバーディーだった。 おめでとうと言いたい」と勝者をたたえた。 (共同).

次の

【動画】渋野日向子が単独首位に浮上 樋口久子以来42年ぶりの日本人メジャー制覇を狙う! AIG全英女子オープン3日目ハイライト

渋野 日向子 全 英 オープン 動画

グリーン脇のモニターにの笑顔が映し出されると、拍手と指笛は鳴りやまなかった。 「私初出場だけど?誰に向けてられているか、わからなかったけど、一応手を挙げちゃいました。 そしたら声援が来たので、オーって」。 渋野は、照れ臭そうに振り返る。 低いトーンのアナウンスが流された。 「Hinako Shibuno,from Japan」。 グリーンに上がる直前、右手をキャップのつばに当て深く一礼した。 割れんばかりの拍手喝采が会場を一体にした。 メジャーで海外ツアー初挑戦になった渋野は、いつしか現地でそう呼ばれていた。 海外メディアからは「なんでそんなに笑っているの」と質問が飛ぶ。 「緊張はしないの」、「いつも楽しそう」、「それだけ余裕があると、ほかの選手へプレッシャーになる」。 試合中、特にメジャーの真剣勝負で、こんな選手は極めて珍しかった。 ラウンド中には、駄菓子を頬張った。 スルメを噛み、「よっちゃんイカ」を口にした。 キャディを務めた青木翔コーチとは「くだらない話ばっかりしていた。 だからリラックスできたんです」。 笑みを浮かべれば、観客からは「本当に笑っている。 スマイルシンデレラね」との声が漏れた。 象徴的なシーンは最終日、首位タイだった緊迫の16番。 同組の(南アフリカ)がラフから第2打を先に打つ前、フェアウェイにいた渋野の前に海外のテレビクルーがカメラをセットした。 すると、手にしていた駄菓子をかじり、自ら寄っていく。 カメラ目線で朗らかな笑顔でおどけてみせると、中継したCS放送のアナウンサーは「この状況で、これが出来るんです」と言うほかなかった。 ホールとホールを結ぶ動線では、送られる声援にできる限り目を見て返答した。 出身地の岡山県から来た顔なじみの応援団もいたが、区別はしない。 「途中から海外の人たちもたくさん応援してくれて、すごい嬉しかった」。 ロープ外から手が出ればハイタッチに応じ、特に子供を最優先した。 通り過ぎそうになっても、戻って手をあわせた。 「(気持ちが)切れて下を向いていても、子供だったらわかるじゃないですか。 ちょうど目線があったりする」。 2日目には、組についてきた少女にボールをあげた。 3日目の17番(パー3)を終え、18番に向かう途中では7歳のインド出身の男の子にグローブをせがまれ、サインを書き渡した。 驚異的な盛り返しで首位に浮上したばかりの場面。 「こんなことする選手、見たことない」と子供の両親は心から感謝した。 盛り上げ上手な外国人たちが、近くに寄って拍手と口笛であおった。 42年ぶりに誕生した日本人メジャー優勝者の会見では、ある海外の男性記者が質問した。 「君は今週、みんなを笑顔にさせてきた。 では、君が見て笑顔になれる人はいるの」 返答に少し悩みながら、渋野は「こっちに来てギャラリーさんと目が合ったとき、私がニコッとすると、ニコッとしてくれる。 それが嬉しくて、目を合わせてニコってしていました」と答えた。 会見を終え、その男性記者に質問の理由と意図を聞いてみた。 心優しいメジャー王者がどれほど現地で受け入れられていたのか。 彼は「おめでとう」と手を握りしめると、快く教えてくれた。 「彼女の笑顔が、みんなを笑顔にしてくれたんだ。 だから彼女はこれからも、ずっと笑い続けていないと、ダメだろ?」(イングランド・ウォーバーン/林洋平).

次の

【全英AIG女子オープン 最終日】渋野日向子のハイライト

渋野 日向子 全 英 オープン 動画

AIG全英女子オープンで優勝した渋野日向子選手。 CS放送ゴルフネットワークでの同大会中継で解説を務めたプロゴルファーの岡本綾子さんが、同局の特別番組「アフターメジャー〜2019全英女子オープンを振り返る〜(15日よる7時初回放送)」の取材のなかで、改めて渋野選手の優勝について振り返りました。 渋野の優勝は「日本人がいままで出来なかった大偉業」 国内での渋野選手は、優勝した時にテレビで少し観ていました。 結果とかは観てますけど、彼女を意識して観ていたわけではないですね。 今風の子ですよね。 「今風」というと良くも悪くも取れちゃうんでしょうけど、(キャラクターとストーリーが)漫画チックですよね。 悪い意味じゃないですよ(笑)。 周りの人達を和ませる、ファンにさせるという。 日本人は漫画が好きですから、なんの違和感もなく受け入れられるキャラクターじゃないでしょうか。 3日目を終えて首位となったところで、「もう、いける」でしょうと。 中継でも言っていたんですが、最終日のフロントナイン、仮にボギーがひとつふたつでたところで、彼女は切り替えが早いから、フロントナインが終わる時点でイーブンに戻しておけば、バックナインに入って絶対に立て直しができると思っていました。 結果的に上手く行きましたけど、予感をさせてくれる流れはありました。 (最終日3番の4パットのダブルボギーについて)4パットというのは、集中力が無いというか無気力的な流れで起きるケースとか、緊張の中で小さい筋肉の動きで微妙なタッチが出来ないケースとか色々ありますけど、彼女が過去4パットしたことがあるかは分かりませんが、すぐに立て直したとのいうのは、(よくある)3パットよりも早く切り替えられたんじゃないかなと思いますね。 2組前にいたリゼット・サラス(米)は、ショットが良すぎました。 2メートル以内にビタビタと寄っていたじゃないですか。 あそこまでっていうのは紙一重の確率ですから、18番でバーディパットを外した時は、こっちがドキッとしました。 終わった後だからなんとでも言えますけど、サラスが抜け出してストレスフリーのいいプレーをずっと続けていましたが、あの18番に関しては、ここ一番勝負どころのバーディパットを、同じルーティーンではなく時間をかけすぎたように思います。 時間を測ったわけではないので私の感覚ですけどね。 17番まで同じルーティーンで来ていたものが、なんで18番だけ時間をかけたのか。 サラスはそんなにプレーが遅いタイプではないですが、ひとつのリズムを狂わせたかなという感じがしますね。 サラスが18番を外した直後、中継ではCM中でしたけど、「渋野、あるわ」とポロッと言葉が出ちゃいました。 勝負を分けるというか、「流れが変わった」ところですね。 「勝負の分け目」というのは、意識をしたプレーのところであって、渋野自体はサラスが短いバーディパットを外したということまでは分からないでしょうし、おそらくギャラリーの歓声は聞こえては無いでしょう。 なので、彼女の18番のセカンドは「ピンそばに来い!」と願っていました。 勝負を分けたのは、12番(短いパー4)かな。 12番のワンオンホールで渋野選手がドライバーを持ったことですね。 3日目の決勝ラウンドではレイアップしましたが、首位のサラスと2ストロークビハインドでも私は「ドライバーを持って欲しい」と思っていたところ、彼女がドライバーを持っている映像を観て「よしっ」って拳を握っちゃいました(笑)。 ドライバーでミスをすれば「ほれ観たことか! なんでドライバー持つんや! レイアップでもバーディを獲れるだろう」と言われるでしょうけど、彼女がひとつの大きな勝負に出たということですし、その勢いが13番以降の体の動きを良くして、キレも良くなっていったことに繋がったと思います。 自分で手繰り寄せたわけですね。 ゲームというのは、毎週毎週じゃないし、毎試合でもないし、毎日でもない。 たまたまこの週、体が疲れている割には、時差ぼけしている割には、バウンスバックでスコアメイクがすごく上手く行ったところでしょうね。 勝つ人、優勝する人にはよくあり得ることです。 何がなんだか分からないうちに72ホール終わっちゃった、トロフィー貰っちゃった、というのも多少あると思いますけど(笑)。 彼女が勝ってくれて、嬉しいです。 誰かがやらなきゃいけなかったわけですから。 私には出来なかったですけど(笑)。 1998年に朴セリ(韓)がいきなり全米女子オープンで優勝しちゃうわけですよ。 それを観ていた韓国の若い子たちが、同じように何人もいきなりメジャーで勝ってしまうわけです。 それは、日本人がいままで出来なかったこと。 それをやった渋野は、大偉業ですよね。 渋野選手のああいうキャラクターで勝てるなら、「私も渋野選手より上手になればいいんでしょ?」という目標ラインとして目指すことができるわけですから。 彼女の立ち位置は、若い選手たちにとっても子どもたちにとっても目標ラインになりますよね。 これからは、自分じゃ浮足立っているつもりがなくても浮足立ってしまうものなので、老婆心ながら、気をつけてほしいですね。 いや・・・、本当に嬉しいですよ(笑)。 (写真:Getty Images).

次の