であることを意味していますよねぇ。 【読書会】「孤独の意味も、女であることの味わいも」/三浦瑠麗|古谷野こえり|note

歪みねぇなの元ネタ・意味

であることを意味していますよねぇ

最終更新日:2019-08-31 みなさんこんにちは!ネイティブキャンプのAdamです! さて今回のブログでは 「アイデンティティ」という言葉の概念と、その言葉自体の意味や使い方についてみなさんとシェアをしていきたいと思います。 哲学の学術用語でとても難しい言葉ですが、頑張って分かりやすく解説していきます!• 「アイデンティティ」って何? この 「アイデンティティ」という概念、普段の会話の中であまり使われることはないと思います。 もしかしたら大学の心理学や哲学の授業、または自己啓発本などで学んだ方もいるかもしれません。 しかし言葉自体は知っていたり、または意味を見たことや聞いたことはあっても 「ちゃんとした意味は分からない」「使い方が分からない」という人が多いと思います。 この 「アイデンティティ」という言は20世紀に定義された比較的新しい概念で、アメリカの心理学者および精神分析学者であるエリク・エリクソンが作り上げたとされています。 (エリクソンは差別の経験など自身の生い立ちに悩みを持っており、それが「アイデンティティ」という概念の提唱や彼の研究自体に大きな影響を与えていたと言われていています。 ) グローバル化・情報化が進む現代では、社会活動および個人の価値観において多様性(様々な種類や傾向があること)がどんどん許容され始めていますよね?そのような時代だからこそ、この 「アイデンティティ」という言葉をよく理解する必要性がある、ということをまず理解していただければと思います。 では、それを踏まえて早速その意味を確認していきましょう! 「アイデンティティ」の意味 この「アイデンティティ」という言葉ですが、カタカナで表記されている通り、もともと英単語の 【identity】から来ている言葉です。 (読み方はほぼ同じです!)つまり外来語ですね。 そこでオリジナルである英語の 【identity】という言葉の意味をオンライン辞書で調べてみました! すると・・・。 ・あるものが環境や時間の変化に影響を受けず、連続する同一のものであること ・主体性、自己同一性、自己の存在証明 おおよそこのような意味が書かれていました。 ・大人しく、少し人見知りをしてしまう。 人間関係でよく悩む。 ・社交的で人気者。 様々なコミュニティに積極的によく参加する。 新しいことを考えたり、実践するのが好き。 ・食べることが大好きで美味しいものを美味しく食べている時が人生で1番幸せを感じる ・子供の頃から医者になることが夢で一生懸命勉強してきたため、自分のことを努力家であると思っている など何でもいいのですが、要は ・自分自身を表現できるもの、 ・自分が自分に対して持っている考え方 そのものがアイデンティティということになります。 アイデンティティという言葉の使用例 実際に文章中では 「アイデンティティ」という言葉をどのように使うのか、考えながら例文を見ていきましょう! ・「このロゴマークは我が社のブランド力を高めるとても大事な アイデンティティの一つだ。 」 意味を知ってから上記の例文を見てみるとなんとなくイメージができると思います! 最後の例のように 「アイデンティティ」という言葉は、何も人間に対してのみ使われる言葉ではありません。 上記のように会社のロゴマークや企業理念、会社名そのものもアイデンティティに含まれます。 (ビジネス用語でコーポレートアイデンティティ、Corporate Identityまたは略してCIとも) 他にも「デジタルアイデンティティ」、「アイデンティティ政治」といった言葉もあります。 名前のアイデンティティ 分かりやすいアイデンティティの例の一つに 【氏名】があげられます。 何故なら 【氏名】は自分自身を認識するための役割を果たしているからです。 つまり 「自分の名前が【ABC】という名前である」と自分で認識し、他人も 「あなたの名前が【ABC】という名前である」と認識している場合、 「自分(あなた)=【ABC】」という アイデンティティが確立しています。 反対に少し前に流行したいわゆる 「キラキラネーム」を持つ人が、他人にその本名で認識されていても、本人がそのキラキラネームを自分の名前として認識することを 否定し、 名前の変更を行なった場合、 そのキラキラネームはその人のアイデンティティとしては確立していないといえます。 (ちなみに日本だけではなく海外でもキラキラネームはあるそうで、Hashtag(ハッシュタグ)やFacebook(フェイスブック)、またはMary Christmas(メリークリスマス)といった名前の人もいるそうです。 ) アイデンティティとパーソナリティの違い よく 【アイデンティティ】と比べられる言葉として 【パーソナリティ】という言葉が存在します。 パーソナリティ(personality)と聞くと大体「(ある人の)個性や性格」という意味で理解している人が多いと思います。 ではこの二つの言葉の関係性について、明確な違いはあるのでしょうか? よく言われるのはパーソナリティとは 「他人からあなたがどのように認識されているのか」を説明する際に使われる言葉だということです。 つまりあなたが自分自身で 「仕事を一生懸命取り組んでいる」と思っているとします。 しかし、 「あいつはいつも仕事をサボっているな」 「同じ失敗ばかりしてなんで学ばないんだろう」 「仕事に対してのやる気を感じないよな」 などと、例えば上司や同僚から認識されているのならば、あなたのパーソナリティは 「仕事をしないで怠けている人」という不名誉なレッテルを貼られていることになります。 アイデンティティの場合は 「自分の中で自分をどのように認識しているのか」なので、パーソナリティの定義とは方向性が異なりますね。 アイデンティティとゲシュタルト崩壊 ゲシュタルト崩壊というものはご存知でしょうか? 有名なのは 知っている漢字なのに急にその漢字に対し、 「この漢字ってこんな形だったけ?」 と違和感を覚えてしまう現象です。 多分みなさんの多くがこの現象を経験したことがあると思います。 ゲシュタルトとはドイツ語で 「形態・姿」を意味し、 「今まで当たり前だと思っていた(認識していた)ものが急に正しいものとして知覚できなくなる」 ことを 「ゲシュタルト崩壊」と呼びます。 ゲシュタルト崩壊に関する有名な都市伝説として、鏡に向かって「お前は誰だ」と言い続けると気が狂ったり、自分自身が誰だかわからなくなる、というものがあります。 (聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?) この 「ゲシュタルト崩壊」がアイデンティティの喪失(アイデンティティクライシス)を招くこともあります。 例えば「洗脳 マインドコントロール 」などは、ある目的のために「宗教」や「人」がある人に対して人為的にゲシュタルト崩壊を起こし、今まで自分が持っていた「当たり前だと思っていたもの(こと)」のアイデンティティを喪失させます。 その結果洗脳された人はひどい時には善悪の分別がつかなくなり、結果周囲の人々に迷惑をかけたり、自分自身の健康を害してしまうこともあります。 まとめ 色々書きましたが、 「結局アイデンティティとは何だろう?」 ということをもう一度考えて見ましょう。 アイデンティティとは分かりやすく言うと、人や会社などが 「他人から推し測られたものではなく、自分自身という存在に対して自分で定義できる意識を保っているもの」 でしょう。 自分が認識している個性を否定された時には、アイデンティティの崩壊が起こっていると書きましたが、現在の世の中ではこれがよく問題になっており 「自分自身が何者であるかわからない。 どうしたらいいかわからない」 と思い込み引きこもりや鬱になったりといったこともあるそうです。 このブログの冒頭で 「グローバル化の過程でこの世の中では多様性がどんどん許容されてきている」 と言いましたが、自分のアイデンティティが上手く確立できず、複雑な社会関係や人間関係の中で「自分が他人と比べて劣っている(変わっている)」と思い悩んだりします。 (皆さんも多少なりともこの様な経験があるのではないでしょうか?) 特に思春期や社会的少数者などこのような自身のアイデンティティに苦しんでいる人も少なくありません。 自分の信念や個性を確立するアイデンティティは生きていく上で非常に大切になります。 自分自身を深く見つめ直すことで今までは考えてもみなかった人生における新しい目的を見つけたり、それに向かって行動をし始める可能性だってあります。 皆さんも時間がある時に自分のアイデンティティについて考えてみてはいかがでしょうか?.

次の

「お前らは営業なんだ、売る以外に存在する意味なんかねぇんだ」営業のリアルを知れる一冊『狭小邸宅』を紹介します。

であることを意味していますよねぇ

ここで、勘違いしてはいけないのは、「来世」というのは、あくまでも、はるかかなた、はるかどこかにあるのではなく、もっといえば死んでからのちにあるのではなく、現在ただいま、ここにあるということです。 これを仏教では、「一念三千」ともいいますし、今現在「来世」はあるのです。 ですから、宗教で勘違いしている人は、だれか特別な人、仏陀にあえば、いいとか、どこか特別な場所へいって、セミナーに出ればいいとか、宗教団体に所属して修行すれば悟れるとか、そういうものではないということです。 来世とは、「今」「現在」「心の中」のことを差していうのです。 ですから、現在を向上させようとしないで、努力もしないで、来世の幸福、ユートピアばかりを願っていても、「地獄」へ堕ちるようよなもので、本末転倒といえるわけで、教祖のいいなりになって、お金を出していても、来世は、悲惨な地獄がまっているといえるでしょう。 ですから、来世という世界を追い求めるのではなく、向上心をもって、努力していれば、いいだけです。 こうした話を仏陀は常に語っていたのですが、弟子はバカですので、全く理解できないで、来世があるといえば、ある、ないといえば、ないというような単純バカであって、努力や向上心がまったくないで、人のせいにばかりするありさまであるのです。 ですから中道という仏陀の説法を知るべきで、来世とは現在ただ今であるということを意味するのです。 あります。 人間も含めて生命の本質は霊魂であり、肉体は霊魂の仮の宿言わば衣であり、肉体が死ねば、生命の本質である霊魂は衣を脱ぎ捨て、自分に相応しい霊界に帰ります。 簡単に言えば、因果応報の法則で、善行を行なってきた善人は霊界の上層である天国に帰り、悪行を行なってきた悪人は霊界の下層である地獄に堕ちるという事ですね。 天網天網恢恢疎にして漏らさずで、神も全てお見通しで、宇宙の森羅万象の全てがアカシックレコードにも記憶されており、霊界に帰った時に自分の現世での全ての行いなどを見せられるので、誤魔化す事もできないのです。 付け加えて、この世での経験や思いや行いなど以外、権力や地位や名誉や財産や家族などはあの世に持って行けず、これらに執着する人々ほど天国の門は閉ざされるという事です。 また、自殺したり急死したりして、この世に未練や恨みがある人々は霊界に帰れず、この世とあの世の狭間である幽界で幽霊として成仏するまで苦しみ漂い続けます。 それから、 いくらこの世で権力、地位、名誉、財産、良い個性・才能、科学技術などを持っていようが、これらを善用するか、悪用するかも、神に試されているのです。 これらを世のため人々の幸福のためなどに善用した人々は霊界の上層である天国に召され、悪用して人々に不幸をもたらした連中が、霊界の下層である地獄に召されるのも、宇宙の法則としても当然なのです。 生命の本質である霊魂が自ら進んでこの世に生まれてくる目的は、カルマを償うためもありますが、霊魂を磨くため、霊魂の修行のため、霊魂を進歩向上させるため、欠点を修正し長所を伸ばすため、生老病死や愛別離苦や怨憎会苦や喜怒哀楽などいろいろな経験をし、感動し、生命を謳歌するためです。 そして、生命は神の分霊で、輪廻転生を繰り返す存在で、天国の階段を一歩ずつ登り、神に近づいていく存在です。 そのためにも、日々改心し、自分を支えている神や守護神や守護霊や先祖・先人も含めた人々や自然や動植物やものなどに感謝し、世界人類の幸福や平和を祈り、良心と利他愛を発揮して善行を行う事が大切なのです。 良寛さんの詠れたものに対しては、色々な俗ぽい解釈があるようですが。 良寛さんの 「裏を見せ表を見せて散る紅葉」は生死が紙の表裏の如く分けられないものであること私 良寛 が死ぬのはそれなんだと詠れたのだと思います。 生死は分けてはならぬものてす。 否、決して分けらぬものです。 [分別妄想の色眼鏡]で見ているから、[人間的な認識]をするから真実が分からないのです。 良寛さんのように生死解脱とはまいらぬのです。 このことが分かれば来世云々は問題にならなくなります。 有ると思考しています。 死とは何でしょうか。 死んだ後私は何かを感じるのでしょうか。 その為には、私は誰なのか考えなくてはなりません。 大抵の人は、これが私ですと自分の体を指すでしょう。 では仮に、手が切り取られたらどうでしょう。 手と残りの体とでは、どちらが私でしょう。 手は私では無く、残りの方が私ですと答えるでしょう。 では首が取れたらどうでしょう。 首の方が私ですと答えるでしょう。 では脳を取り出したらどうでしょう。 脳の方が私ですと答えるでしょう。 では脳を半分に切ったらどうでしょう。 どちらが私でしょうか。 脳を切り刻んだらどうでしょうか。 どれが私でしょうか。 脳の中のどの部分が私なのでしょうか。 そもそも、体の中の物質は、3年に一回全てが入れ替わっています。 では、3年後の私は私ではなくなっているのでしょうか。 赤いとか熱いとか感じているのが私です。 では、赤い熱いと言う感じは、物質でしょうか。 赤い色は、心の外の世界には存在しません。 物質の表面に当たって反射する光の波長が存在するだけです。 では、音はどうでしょうか。 外界には、色々な波長の空気の振動があるだけです。 私たちが感じている様な音は存在しません。 この様に、心が作り出したものを取り去ると、何も残りません。 従って、赤い熱いと言った感じは、物質ではありません。 幾ら科学が発達して、全てを見ることが出来る顕微鏡が出来たとしても、脳の中を覗いたところで、熱いと言う感覚を見ることは出来ません。 触ることも出来ません。 ただ、私が感じるだけです。 物質ではないものを感じている私も物質ではありません。 私の感じている世界は、私が心の中に作り出したものです。 心の外の世界がどうなっているか、私には全く知る術がありません。 しかし、心は外界に出来る限り似せて、心の中に世界を作り出しています。 例えば部屋の中で、テレビを見ている様なものです。 テレビは、実際の現場に似せて場面を作り出しています。 しかし、決して現場そのものを見ている訳ではありません。 あくまでも、テレビが作り出した場面を見ているだけです。 部屋の中にいる限り、外の現場を直接見ることは出来ません。 テレビを見ているのが私です。 決して、テレビが私なのではありません。 テレビが壊れても、修理すればまた見える様になります。 見ている私が壊れた訳ではありません。 もし、見ている私が壊れたのであれば、幾らテレビを修理しても元通りに見える様にはなりません。 テレビを修理して、元通りに見える様になったと言うことは、私自身は何も変わってはいなかった事を証明しています。 同様に、もし病気で脳が壊れて、何も感じなくなったとしても、医学が発達して、脳を直す事が出来る様になれば、また私は前と同じ様に感じることが出来る様になるでしょう。 この事は、私は何も変わっていなかったことを証明しています。 病気をしても、年を取ってボケても、そして死んでも脳を元の状態に戻せば、元通り感じることが出来るので、私自身は何も変わってはいません。 ただ脳が信号を送らなくなったので、何も感じなくなっただけです。 テレビが壊れて直せなくなっても、新しいテレビを買えば元通りに見ることが出来ます。 脳が死んでなくなっても、新しい脳が私に信号を送る様になれば、また元の通りに感じることが出来ます。 科学が発達し、かつて脳を構成していた、物質を掻き集めて、元の通りに組み合わせて、脳を作ったら、また、私は元の通り感じるようになるでしょう。 私自身は、生じるものでも無くなるものでもありません。 穢れるものでも、清くなるものでもありません。 増えるものでも、減るものでもありません。 宇宙の初めから存在しており、宇宙の終わりまで全く変わらずに存在するものです。 死んだ後の状態は、生まれる前の状態と何一つ変わりません。 何か違いを指摘できるでしょうか。 生まれる前の状態から、人は生まれてきました。 死んだ後の状態から生まれることは、何ら不思議なことではありません。 「不生不滅不垢不浄不増不減」です。 質問者さん、この様に脳が死ぬと精神である私に刺激を送るものが無くなるので、私は何も感じません。 新しい脳がまた私に刺激を送る様になると、私はまた元のとおり感じる様になるでしょう。 死んだら、気が付くと母の胸に抱かれていることに気が付きます。 誰しもそうです。 ですから、死んだ人にもまた次の生或はその次の生で出会えると考えます。 詳細は、下記のホームページを参照下さい。

次の

意味のある食事。

であることを意味していますよねぇ

との戦い 貸し農園を見ていると、様々な鳥よけがあるねぇ・・・そしてその中でも古典的部類に入るかもしれないのが、ピカピカキラキラするもので鳥を脅かすという手法だ。 Etsuro1の子供の頃は、よく実り始めた稲穂の上に、それこその植えを縦横に張り巡らされた光るテープがあったねぇ・・・片面が銀色で、もう片面は赤だったような記憶がある・・・そしてそれが捻られて張り巡らされているので、風に揺られてグルグル動きが加わるのだ。 あるときから見られなくなったように思うので、あまりには意味不明なことだろうなぁ。 数年前までは、神奈川県の~栢山あたりので凄い鳥よけを見たな。 いわゆる案山子だが、ヘルメットかぶって持っていたな。 ありゃあ、ある年代の人たちには心響くんだろうなぁ・・・でも、いつの間にかは埋め立てられて、住宅街が出来つつあることに、最近気付いたんだなぁ・・・世の中、移ろいゆくものだから、そういうことなんだね。 我が家においては、長年、庭のブルーベリーについてと和解することが出来ず、お互い戦闘状態にあり、冬以外は緊急事態宣言下にあるわけだが、今年は相当にワガハイ側が善戦しているといえるな。 一時、畑に使わなくなったCDなんかをぶら下げているのを見たことがあったもんだが、あの程度の光の反射では、鳥も大して危険に思わなかったんだろうな。 割とすぐに順応してしまったと思う。 鳥は頭いいからね。 ということで、要するにもっと光りゃあいいんだろう!と、ぶっ壊れたハードディスク・ドライブを分解してディスクそのものを取り出し、それをたこ糸に結んでブルーベリーの枝にぶら下げてみた。 すると、が「ギャ~ェエ」とか叫んで、しかも一瞬ヨロけて飛び去ったな。 ワガハイの勝利の瞬間であったな。 それ以来、時々は飛来し、若干のつまみ食いはするのだが、どうもハードディスクに己の姿が一瞬映り込むのが不気味とみえて、食害は大いに減ったのであった。 ところでハードディスクの円盤そのものって、綺麗だねぇ・・・あれ、我が家ではコースターにしてみたこともあるんだが、なかなかいいですぞ!(もう飽きたけどね)工作の素材としても面白いですな。 Etsuro1はこれでいろいろ遊んでいますな。 Etsuro1.

次の