エクセル リンク 貼り 付け。 セルのリンク貼り付け

【Excel(エクセル)術】ハイパーリンクの設定・解除で作業効率UP

エクセル リンク 貼り 付け

エクセルのハイパーリンクでできること エクセルのハイパーリンクは主に以下の設定が可能となっております。 特に表が大きくなりすぎた場合は、特定の位置へ遷移する機能が便利です。 PC内のファイルを開く• Webページにアクセスする• メールの宛先や件名を設定して、電子メールを開く• 指定のシートやセルへ遷移する• 指定の図形へ遷移する ハイパーリンクの絶対パスと相対パスとは? ハイパーリンクについて、覚えておくと便利なキーワードがあります。 絶対パスと相対パスといい、参照先を指定する時に使います。 そうすると日本全国どこにいても、その人がどこにいるのか把握できるわけです。 メーラーを設定済みならばメーラーが自動的に開き、宛先、件名、本文が設定どおりに記載されているのが分かります。 非常に長い数式なので以下をコピーして利用すると便利です。 【】の部分を、【】も含めてセル参照に置き換えてください。 ハイパーリンクが設定できない ハイパーリンクが設定されない原因について、2つあります。 ハイパーリンクが開かない場合 ハイパーリンクが開かない原因としては、指定のパスが間違っている可能性があります。 たとえば、ファイルやフォルダを指定するハイパーリンクで過去は正しいパスだったのに、ファイルを移動してしまうとパスの参照先にファイルが存在しない状態になります。 その際は、改めて正しいパスを指定してあげてください。 おすすめの商品をご紹介.

次の

エクセルでハイパーリンクが貼れない

エクセル リンク 貼り 付け

3 リンクを貼りたいPDFファイルを選択し、OKをクリックします。 4 選んだ文字が青色になり、アンダーラインが引かれたらリンク完了です。 うまくリンクが設定できないときの原因とは 設定したはずなのにうまくリンクができていないときの原因は、大きく分けて二つあります。 A:リンクが外れている 先ほど紹介したように、リンクが正しく貼られているときは文字が青色になり下線が引かれていますが、この状態になっていない場合はリンクが上手く貼られていません。 もう一度、先ほどの手順通りにリンクを貼ってみましょう。 B:設定が変わってしまっている いつの間にかExcel自体の設定が変わっているケースもあります。 何度も手順通りにしているはずなのにハイパーリンクが有効にならない場合には、設定を確認してみましょう。 1 「ファイル」をクリックします。 2 「オプション」の中の「文章校正」をクリックします。 3 「オートコレクトのオプション」の中にある「入力オートフォーマット」の「インターネットとネットワークのアドレスをハイパーリンクに変更する」にチェックを入れて有効にすればOKです。 こちらの作業を行うことでリンクを正しく設定できるはずです。 しかし、リンク先のファイルをほかの場所に移動させてしまった場合は、正しく参照ができていない状態のため、移動させたファイルの再設定が必要になります。 オブジェクトとして埋め込む方法もある PDF自体をオブジェクトとして埋め込むこともできます。 これは、資料自体がまだ共有されていない、資料が短い、ExcelシートとPDF資料を一度に見せられるようにしておきたいときなどに有効な方法です。 1 オブジェクトを入れたいExcelファイルを開き、「挿入」ボタンを押します。 2 テキストメニューの中の「オブジェクト」ボタンを選択します。 3 「Adobe Acrobat Document」を選択し、OKをクリックします。 4 挿入したいPDFファイルを選択します。 5 これでExcelファイルにPDFが貼り付けられました。 ファイル上でサイズの調整をして完了です。 まとめ どうしたら見やすい書類が作れるのかは誰もが悩むところですよね。 PDFをハイパーリンクにしたり、オブジェクトとして埋め込むことで、より一層わかりやすい資料が作れるはずです。 今回紹介したテクニック以外にも、「どうしたらわかりやすいか」を念頭に、ベストな形を探してみてください。 (学生の窓口編集部).

次の

写真などの画像を「一発で」エクセルに一覧で貼り付ける方法

エクセル リンク 貼り 付け

たとえば、下のような[報告書]シートがあります。 [東京]シートには、完成した表があります。 この表を[報告書]シートに 図としてリンク貼り付けをします。 範囲選択してコピー [東京]シートで表を範囲選択して、コピーします。 ここでは表より一行一列広く範囲選択します。 また[表示]タブの[枠線]のチェックボックスをオフにして、にしています。 リアルタイムプレビューで確認することができます。 クリックして確定します。 参考リアルタイムプレビューとは、一覧の選択肢をポイントして、設定後の結果を確認できる機能のことです。 確定前に結果を確認できるため、繰り返し設定しなおす手間を省くことができます。 [貼り付けオプション]については、以下の記事で解説しています。

次の