埼玉 県 コロナ ウイルス 感染 者 今日。 新型コロナウイルス|埼玉県での感染者数や市はどこ?経緯や行動履歴を分かりやすくまとめました|まるっとログ

新型コロナ、埼玉県の感染者数に疑問の声!なぜ人数が増えないの?

埼玉 県 コロナ ウイルス 感染 者 今日

スポンサーリンク 新型コロナウイルスが 各地で猛威を振るっています。 大阪のライブハウスで 一気に感染が広がったように、 以下の3点を踏まえた場所が 非常に危険だとされています。 ・風通しの悪い場所 ・人が密集している場所 ・密閉された空間 埼玉県民は、 仕事で都心に向かうケースが多く、 満員電車に乗る人が非常に多いです。 満員電車はまさに、 上記の3点を全て兼ね備えた場所です。 いくらマスクをしていても、 新型コロナウイルス感染のリスクは 非常に高いです。 にも関わらず、3月3日現在、 未だに1名の感染者しか出ていません。 このような状況に対し、 「埼玉県が新型コロナ感染者数を 隠蔽している!」 という意見を持つ方が増えています。 世間の人々も、 この異常事態における 不透明さに嫌気がさし、 政府の陰謀ではないかと 敏感に察知しているのです。 そこで今回は、 埼玉県が新型コロナウイルスの 感染者数を隠蔽しているのかどうか、 もし隠蔽しているのであれば なぜ公表しないのか? という点について調べてみました。 以下もどうぞ! Contents• 川口市や戸田市、 さいたま市や和光市など、 東京に程近い地域に家を買って、 東京に通って仕事をする という生活スタイルの人が多いのです。 満員電車のように、 人々が密集する空間では、 新型コロナウイルスの 感染リスクは非常に高まります。 たった一人でも、 感染者が電車に乗っていれば、 同じ車両に乗っている人に 簡単に感染してしまいます。 ちょっとつり革に触っただけでも 非常に危険です。 こまめにうがいや手洗いをしたり、 マスクで鼻や口をしっかり覆えば、 感染のリスクは大幅に減らせますが、 それでもやはり、 感染者が1名しか出ていない事実には 疑問を持たざるを得ません。 平時よりも満員電車の本数は 少なくなっているとはいえ、 まだまだ都心に通う人の数は 非常に多いです。 当然、駅にも人が密集します。 埼玉県が新型コロナウイルスの 感染者数を隠蔽しているかどうか、 その明確な根拠はありません。 でもやはり、 密集する空間で時間を過ごす人が、 のべ何千万人もいることを考慮すると、 「県が隠蔽しているのではないか」と、 県民ならどうしても考えてしまうのでしょう。 仮に、埼玉県の感染者数が 100万人を超えたと公表されたら どうでしょう? その結果、 埼玉県民が家の中に閉じこもり、 何週間も何ヶ月も 過ごすことになったらどうでしょう? もちろん、 あらゆる企業が経営破綻で 潰れてしまいます。 一番大きなダメージを受けるのは 観光業界ですが、 個人経営の店だって大打撃を被ります。 埼玉県のみならず、 日本経済全体が衰退の一途を たどってしまうわけです。 そのような危機的状況回避するために、 県や政府は感染者数が増えないよう、 対策をしているのだと思われます。 あれだけ満員電車で都内行き来してるのに。 隠蔽してるな — Masapon. cam honuhonuyamasan 埼玉コロナ隠蔽しすぎでこわい。 周りで心配してる人ほぼいない。 実家帰りたいけど、既に感染してて家族にうつすかもなのこわい。 新幹線もこわい。 旦那の会社は相変わらず通勤で満員電車だし。 危ないことを危ないって周知してくれるだけでいいのに。 — ひるね penplusa 埼玉県コロナ感染者1人って絶対嘘だろ こんだけ人が行き交ってるのに1人なわけない。 隠蔽お疲れ様です — レイリー🎎 Rayleigh0702 満員電車で多くの人が行き来してるのに、 感染者数が少なすぎるという コメントが出ています。 仮に埼玉県が隠蔽しているとして、 いつかその隠蔽がなくなり、 感染者数が一気に増加したら どうなるでしょう? それはそれで、 またパニックになってしまうでしょう。 どちらにしても、 非常に危うい状況にあると 言わざるを得ないのです。 埼玉も検査拒否か・・・なんかコロナに感染した疑いのある患者が病院で検査を拒否される事案が多いね これってダイアモンドプリンセスみたいに感染者を隠蔽するように上からの圧力があるのだろうか?陰謀論は信じない人間だがそう勘ぐってしまう — Goto gotokun2019 感染の恐れがある人に対し、 県が検査を拒否しているようですね。 病院側も、政府からのお達しと、 検査を希望する人々の間で板挟みになり、 大変な思いをしているのだと思います。 日本国民が一致団結しなければ いけないときなのですが、 職業ごとにそれぞれ状況が違うので、 全員が足並みを揃えて前に進むのは 難しい状況です。 FF外より失礼します。 埼玉県はコロナ患者発生しています。 県でもきちんと公表しているのですが、マスコミになぜか隠蔽されてしまっています。 — チョコがんも chocoganmo 情報を操る黒幕といえば、 やっぱりマスコミです。 私たち一般人がいくら喚いても、 新型コロナウイルスの 解決策が見出されるなど、 具体的な進展がない限り、 何も状況は変わらないでしょう。 今は、 住んでいる場所や職業に関わらず、 うがいや手洗いをこまめにして、 少しでも感染を食い止めるように 過ごすことが大切です。 1人1人が感染を広めないよう、 注意して過ごしたいですね。 今の日本で重要なのは、 医療崩壊を起こさないようにすることです。 かつて、 新型インフルエンザが流行した際、 人々が医療機関を訪れて、 医療現場が混乱をきわめました。 重症でもない人がたくさん むやみに病院にやってくると、 多くのお医者さんが感染しやすくなり、 病院内で患者間の感染も広がり、 感染者数が爆発的に増えてしまいます。 そのようなパニック状態を防ぐため、 国や県は国民に対し、 むやみな行動を慎むような対策をとっている、 と考えられます。

次の

埼玉県【新型コロナウイルス感染者数】市町村別の分布図マップ【6月8日最新コロナマップ】

埼玉 県 コロナ ウイルス 感染 者 今日

栃木県における新型コロナウイルス感染症の発生状況について 栃木県における新型コロナウイルス感染症の発生状況一覧 栃木県内における新型コロナウイルス感染症の発生状況は以下のとおりです。 6月27日現在• 居住地にかかわらず、感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律に基づき、栃木県及び宇都宮市に届け出のあった患者について掲載しています。 (他県や検疫所に届け出があった患者は、他県等で公表されます。 ) 患者・御家族の人権尊重・個人情報保護に御理解と御配慮をお願いします。 退院・退所日の「退院」には、感染症法上の入院勧告解除(入院中)を含みます。 栃木県における新型コロナウイルス感染症の検査実施状況について 令和2 2020 年6月27日までに、栃木県(宇都宮市保健所実施分及び委託分を含む)が実施した新型コロナウイルス感染症の検査件数は6,954件です。 委託分は、委託医療機関が検体採取を実施した日の件数です。 (委託医療機関から報告があった件数を掲載しています。 ) 栃木県における新型コロナウイルス感染症に係る電話相談件数について 栃木県における新型コロナウイルス感染症に係る電話相談件数は以下のとおりです。 (6月25日現在)• 栃木県における新型コロナウイルス感染症の発生状況について(詳細) 県内67~69例目 令和2年6月27日新型コロナウイルス感染症の発生が3件ありました。 県内66例目 令和2年6月2日新型コロナウイルス感染症の発生が1件ありました。 県内65例目 令和2年5月25日新型コロナウイルス感染症の発生が1件ありました。 県内63~64例目 令和2年5月20日新型コロナウイルス感染症の発生が2件ありました。 県内62例目 令和2年5月19日新型コロナウイルス感染症の発生が1件ありました。 県内61例目 令和2年5月18日新型コロナウイルス感染症の発生が1件ありました。 県内59~60例目 令和2年5月15日新型コロナウイルス感染症の発生が2件ありました。 県内58例目 令和2年5月14日新型コロナウイルス感染症の発生が1件ありました。 県内57例目 令和2年5月12日新型コロナウイルス感染症の発生が1件ありました。 県内56例目 令和2年5月8日新型コロナウイルス感染症の発生が1件ありました。 県内55例目 令和2年5月7日新型コロナウイルス感染症の発生が1件ありました。 県内55例目 (4月30日に発生届取り下げのため削除) 令和2年4月28日新型コロナウイルス感染症の発生が1件ありました。 県内53~54例目 令和2年4月26日新型コロナウイルス感染症の発生が2件ありました。 県内52例目 令和2年4月22日新型コロナウイルス感染症の発生が1件ありました。 県内50~51例目 令和2年4月21日新型コロナウイルス感染症の発生が2件ありました。 県内47~49例目 令和2年4月20日新型コロナウイルス感染症の発生が3件ありました。 県内45~46例目 令和2年4月19日新型コロナウイルス感染症の発生が2件ありました。 県内43~44例目 令和2年4月17日新型コロナウイルス感染症の発生が2件ありました。 県内41~42例目 令和2年4月16日新型コロナウイルス感染症の発生が2件ありました。 県内40例目 令和2年4月15日新型コロナウイルス感染症の発生が1件ありました。 県内39例目 令和2年4月15日新型コロナウイルス感染症の発生が1件ありました。 県内38例目 令和2年4月15日新型コロナウイルス感染症の発生が1件ありました。 県内37例目 令和2年4月14日新型コロナウイルス感染症の発生が1件ありました。 県内36例目 令和2年4月13日新型コロナウイルス感染症の発生が1件ありました。 県内33~35例目 令和2年4月11日新型コロナウイルス感染症の発生が3件ありました。 県内32例目 令和2年4月10日新型コロナウイルス感染症の発生が1件ありました。 県内29~31例目 令和2年4月9日新型コロナウイルス感染症の発生が3件ありました。 県内27~28例目 令和2年4月9日新型コロナウイルス感染症の発生が2件ありました。 県内23~26例目 令和2年4月8日新型コロナウイルス感染症の発生が4件ありました。 県内21~22例目 令和2年4月8日新型コロナウイルス感染症の発生が2件ありました。 県内20例目 令和2年4月7日新型コロナウイルス感染症の発生が1件ありました。 県内18~19例目 令和2年4月7日新型コロナウイルス感染症の発生が2件ありました。 県内17例目 令和2年4月1日新型コロナウイルス感染症の発生が1件ありました。 県内15~16例目 令和2年4月1日新型コロナウイルス感染症の発生が2件ありました。 県内13~14例目 令和2年3月31日新型コロナウイルス感染症の発生が2件ありました。 県内12例目 令和2年3月29日新型コロナウイルス感染症の発生が1件ありました。 県内11例目 令和2年3月26日新型コロナウイルス感染症の発生が1件ありました。 県内7~10例目 令和2年3月25日新型コロナウイルス感染症の発生が4件ありました。 県内5~6例目 令和2年3月24日新型コロナウイルス感染症の発生が2件ありました。 県内4例目 令和2年3月20日新型コロナウイルス感染症の発生が1件ありました。 県内3例目 令和2年3月18日新型コロナウイルス感染症の発生が1件ありました。 県内2例目 令和2年3月5日新型コロナウイルス感染症の発生が1件ありました。 県内1例目 令和2年2月22日新型コロナウイルス感染症の発生が1件ありました。

次の

新型コロナウイルス 日本国内の最新感染状況マップ・感染者数(28日14時時点)

埼玉 県 コロナ ウイルス 感染 者 今日

[株式会社さとふる] 新型コロナウイルス感染症に罹患された皆さまに心よりお見舞い申し上げますとともに、1日も早い回復と、事態収束を祈念いたします。 ふるさと納税ポータルサイト「さとふる」()を運営する株式会社さとふる(本社:東京都中央区、代表取締役社長:藤井 宏明)は、4月24日に開設した「新型コロナウイルス医療対策支援寄付サイト」()にて、5月20日より栃木県、埼玉県への寄付受け付けを開始します。 本サイトでは、ふるさと納税制度を活用して掲載自治体に1,000円から1円単位で指定した金額を寄付することが可能です。 寄付者は、本サイトを通じて新型コロナウイルス感染症の治療・感染拡大防止活動に従事する医療関係者の方などを支援できます。 本支援に関し、自治体から株式会社さとふるへの支出が発生することはなく、寄付決済手数料を株式会社さとふるが負担するため、寄付者の善意をそのまま自治体へお届けします。 また、埼玉県『新型コロナウイルス感染症対策推進基金』では、医療機関の活動支援など医療提供体制の整備を目的とした事業や、検査体制の強化など感染拡大防止を目的とした事業を支援することができます。 株式会社さとふるはこれまでに、ふるさと納税を通じた全国の自治体への災害支援や、新型コロナウイルスの感染拡大による影響を受ける全国の事業者を支援する取り組みを行ってきました。 1日も早い感染拡大の収束を願うと共に、今後も新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受け、不安や課題を抱えている全国の自治体・事業者の支援を推進します。 現在、流行の早期終息を目指すために、感染拡大防止や医療提供体制の整備など、県民の命と健康を守る各種対策に全力で取り組んでおります。 また、緊急事態宣言により大きな影響が出ている経済や県民生活などに対しても、必要な対策をしっかり実施していく必要があり、感染拡大防止と社会経済活動の維持の両立を図らなければなりません。 皆様からの温かい御支援を心よりお待ちしております。 この寄附金は、『新型コロナウイルス感染症対策推進基金』を通じて、新型コロナウイルス感染症対策事業の財源として活用させていただきます。 感染の収束に向け全力で取り組んでいる方々への応援をよろしくお願い申し上げます。 今後変更となる可能性があります。 詳細は「新型コロナウイルス医療対策支援寄付サイト」をご確認ください。 自治体向けには寄付の募集や申し込み受け付け、寄付金の収納、お礼品の在庫管理や配送など、ふるさと納税の運営に必要な業務を一括代行するサービスを提供しています。 また、ふるさと納税を活用した地域活性化の取り組みを掲載する、地域情報サイト「ふるさとこづち」()を運営しています。 これらの情報は予告なしに変更される場合があります。

次の