エホバ の 証人 公式。 エホバの証人 — ものみの塔 オンライン・ライブラリー

エホバの証人のお葬式

エホバ の 証人 公式

エホバの証人の葬儀について教えてください。 妹が死亡したので葬儀の予定を立てる必要があります。 妹はエホバの証人の信者ですが、 妹の夫は信者ではありません。 エホバの証人の方法で葬式をしてほしいと 言われていたそうです。 急な質問ですが・・・ エホバの証人の葬儀は 具体的にはどのような流れになりますか? エホバの証人は聖書を使っているが他のキリスト教とは違う という話を聞いたことがあります。 香典袋の書き方はどうすればよいですか? キリスト教の書き方でよいですか? 遺影や花輪などはどのようなものを準備するのでしょうか? 宗教的な費用はどれくらいですか? 見積書のようなものは書いてくれますか?) 服装は喪服でよいのでしょうか? 信者でない人 義弟の職場の人など も呼んでよいのでしょうか? 宗教の絡むことですのでトラブルのないように 情報を頂きたいので、よろしくお願いします。 遺族が任意で決める事柄(棺桶・ドライアイス・会食・斎場との往復の交通手段など、それらの形式や方法や規模 については、遺族の判断で決めて支払を済ませます。 エホバの証人として行う葬儀については費用はありません。 故人の「会衆」 市町村ごとの地域支部 の「王国会館」 集会場 で「追悼式」 賛美歌・聖書の話・賛美歌と祈り…合計30分くらい を無料で行います。 遺族の希望があれば、「火葬」または「斎場への出発」の前にも「聖書の話」と「祈り」 合計で5~10分 を依頼できます。 「聖書の話」や「祈り」は、「長老」 エホバの証人の会衆の代表者 が無料で行います。 「王国会館」の水道光熱費などの経費は信者が自発的に決めた「非公表の金額を寄付箱に入れる寄付」から定常的に支払われているので、集会場の使用料金はありません。 すべて無料ですから、見積書や請求書はありません。 エホバの証人の信者は、集会場の経費を支払う仕組みを知っていますから、香典を持参しません。 エホバの証人は、自分たちが他のキリスト教とは違うと考えていますので、原則として「御霊前」や「ミサ料」などは受け取りません。 ただし、信者でない人が会場に来て香典を持ってきた場合でも、「葬儀の経費として受け取ってほしい」と言われる場合には、香典を預かって遺族に渡します。 私の会衆での追悼式でも「受付係」がいて、記帳や香典を受け付けます。 6年前の追悼式では「県関係者」の列の受付もありました。 信者でない人でも出席できます。 服装についても規則はありませんから、空気を読んでいないような非常識な服装でなければ問題ありません。 エホバの証人は故人に対して礼拝しないので、「遺影」を飾らないように協会から指示されています。 ただし、故人の写っている思い出の写真を掲示板に飾ることはありますし、故人の写真を含むパンフレットを作って出席者に配布することもあります これも無料です)。 協会からの指示で演壇上に「仏花」は飾らないことになっていますが、普通の花を飾るのは問題ありません。 もちろん信者はクリスチャンですので「仏花」は準備しませんが、6年前の追悼式では、「供花」が10個ぐらい持ち込まれたので、ステージと聴衆席の間に並べました。 「故人」はエホバの証人でも家族が信者とは限らないので、「故人」の家に花輪が置かれることもあります。 「花輪」に名前が書かれても反対しない信者もいます。 これは「良心の問題」 組織としては明確に禁じていないので個々の信者が自由に決めてよい事柄 ですから「長老」や他の信者から叱られるということもありません。 余談ですが、6年前の追悼式のことで、私の会衆では、「集会場に仏花が持ち込まれたこと」や「個人の家に信者の名前の入った花輪が並べてあったこと」や「香典の受付があったこと」について、気分を害した信者がいて「協会に手紙を書いて報告する」などと言っていましたが、結局回答はなかったそうです 手紙を書いたという女性信者本人に詳しく聞いてみたところ、匿名で手紙を書いたようです。 匿名の手紙に回答が来るはずはありませんね。 今では、その女性の信者も「良心の問題」を理解できるようになったようで、集会や伝道にも明るく参加しています。 一応、筋書きがあり、聖書からの話があります。 話などに必要な、聖書と歌の本は当日用意されるはずです。 その他に復活の希望の書かれた冊子を受けとる事になるかも知れませんが、これは拒否してくださっても結構です。 「お花代」とかく事もよいのかもしれません。 が、何も書かない(名前だけ書くことは、誰からか特定するのに必要なので裏などに書いておいて下さいね)事もありだとおもいます。 当日、受付が有るようなら、そこで渡せますし、親族なら、チャンスのあるとき(後日でも)直接ご主人に渡すのも良いのかもしれません。 当然亡くなられた方の体もそこにはありません。 火葬場後行うかもしれません。 出席者によっては崇拝対象になり得るし、眠っているような意識の無い状態(魂は信じていないですが、死んでいる事は認識しています)のように考え、死者の復活を信じているので、仲間の信者はなき悲しむ様なことはほとんど無いでしょう。 でも人間は最初は死なないように造られたので(死に対する悲しみは、元々はない)感情が高まって泣かれる方のも全くいないわけではありません。 なので、他の宗教の雰囲気とは違うと感じると思います。 ステージに大きめの花瓶をおき、花を飾るくらいの事はすると思いますが、しない方もおられるでしょう。 至って簡素なものです。 後は、日本の法律に従って亡くなった方を棺桶に寝かせて火葬し、何処かに納骨(ご主人が未信者なので、墓をどこかに用意するかも?)や散骨等をするので、最低限の費用がそれなりにかかります。 そして、眠っているのと同じで、復活の希望を持っているので、49日や墓参りは、信者はしません。 ですので、法律で決められている最低限の事を行う費用は(火葬、棺桶の使用、法律にのっとって搬送は霊柩車を使用、散骨か家族のお墓があるならそこに葬るもしくは新たに共同墓地を用意する費用等、位でしょうか? )、ご家族が支払い、執り行うので、葬儀社とご相談となります。 それ以外に会場の使用料(王国会館なら、寄付なのでご主人の気持ちで決めるのと、あくまでも寄付なので領収証等はない。 しない方もおられるかも?)が、かかると思います。 それと追悼式以外、エホバの証人は行いません。 (エホバの証人のは、法律にのっとって行う部分は家族だけで行いますが、骨を2人でつまんで云々等、他の宗教関係の意味のあることは行わない。 今回はご主人さんが未信者なので、これらの部分は、ご主人様がどう行うか、決定することとなります) つまり、エホバの証人の方法をで全部行うなら、追悼式場と多少の花、火葬、運搬、埋葬以外、費用はかかりません。 信者は控えめで慎ましい服を着ます。 ご主人さんと長老が相談すると思います。 大抵1棟の王国会館の場合、信者込みで最大130人位しか入れないと思いますので。 中には2ホールの、3ホールの王国会館もありますし、地域によっては小さい王国会館もあります。 駐車場の問題もありますので。 他の方も書かれていますが禁煙であること、数珠等の宗教関係の者は持ち込まない事を知っておいていただければと思います。 エホバの証人は他のキリスト教と違うのは、例えば神について、一般的なキリスト教は三位一体を信じていますが、エホバの証人は神は1人エホバ神、キリストは神の一人子で救世主、聖霊は神の力と考えています。 聖書には神は一人、エホバのみ崇拝する様に書かれています。 イエスには敬意を捧げます。 聖霊は神の活動する力です。 JWではありませんが、妹さんのご主人が葬儀責任者 喪主 として取り行うのであれば、妹さんのご主人が良いと思われる方法で行えば何の問題は生じないと思います。 聖書には、ヤコブやヨセフは、エジプト式の葬式で、ミイラ加工され、大々的な葬列が行われています。 JWの教義では、死者は何の意識もない これは聖書的 のですから、生前の希望が叶ったか叶わなかったはしるよしも無いのですから、喪主の自由で良いのです。 また、法律的にも、死体遺棄ではなく、埋葬許可の下に適正に埋葬出来れば、宗教儀式は全く関係ありませんし、本物の神は一切、儀礼的な拘りを聖書に指示していませんので、難しく考えず、妹さんの死を悼んで下さい。 妹さんが安らかな眠りに就かれますように……。

次の

エホバの証人 — ものみの塔 オンライン・ライブラリー

エホバ の 証人 公式

証人たちは、暴力に訴えてしまうことを憂慮して、戦いを学ばない。 戦いには、兵役はもとより日本武道の柔道や剣道、運動会の騎馬戦までも含まれる。 戦いを学ばない理由は聖書の聖句に準拠したものであるが、それにくわえて、戦い方を覚えたものは問題解決の手段として暴力に訴えるからという理由も挙げている。 そのため、中学以降の体育の授業には、柔道や剣道を休む証人の子供たちの姿が見られる。 なんと女々しい姿ではなかろうか… 戦いを学ばないことを巡り、1990年に神戸高専剣道実技拒否事件が起こった。 必須科目である剣道の履修を拒否したエホバの証人の子供たちに対し、学校側は留年処分、そして退学処分を言い渡した。 それを違法として証人側が学校を提訴し、1996年に最高裁は学校側の処分取り消しを決定した。 退学処分を受けた証人の子供は、21歳で第二学年に復学した。 証人たちは、大学以降の高等教育を推奨していない。 エホバの証人が言うに、大学教育は自分自身のために行なうものである。 どんなに自分自身のために努力したとしても、所詮、それは金儲けのための手段に過ぎない。 また、大学教育は世間一般のために行なうものである。 どんなに世間一般の政府が尽力しても、所詮、神の王国以外は本当の平和をもたらすことなどできない。 ならば進学などはせず、新聞配達のようなパートでもして、伝道活動に注力するべきである、と証人たちは子供たちに圧力をかける。 証人の子供たちは、神のために自らの夢も犠牲にしなければならない… 高等教育は、『ものみの塔』1992年11月1月号で正式に解禁されている。 だが、エホバの証人の公式ホームページ上では、高等教育を推奨しない旨、いまだに掲載されている。 証人たちは、子供のしつけとして、虐待を推奨している。 エホバの証人は、外部に対しては暴力反対を掲げていながら、内部に対しては虐待賛成の姿勢を示している。 その代表例が、ムチによる子供たちのしつけである。 エホバの証人の集会は二時間続く。 集会中はずっと静かにしていなければならない。 それは証人の子供たちも同様である。 もし我慢できなければ、親からムチによるしつけがほどこされる。 ムチの体験者が言うに、しつけは「虐待」に近いものだったと。 証人の親たちは聖書の教えに則って「愛」のムチを加えているというが、この情景を子供たちの目線から想像してみてほしい。 自分の親が「エホバ」の名を狂い叫びながら、自分にムチをふるってくるのだ。 子供たちの目には、自分たちの親の背後に「サタン」の影が見えていたにちがいない。 証人の子供たちは、「虐待」を「愛」と思い込まなければならない過程を通して、自らの感情を操作していく… この信条がじょうじて発生したのが、1993年11月の広島・エホバの証人「せっかん死」事件である。 四歳の次男が夕食を食べ散らかしたため、二十七歳の父親が、子供のおしりや顔をムチ代わりのビニールホースで打ち、裸にして縁側に締め出しては水を浴びせかけ、挙句に一晩中放置して、凍死させた。 懲役四年の実刑判決を受けた。 ムチによる虐待を受けて育った証人の子供たちが思春期を迎えると、新たなる虐待の標的にさせられる。 幼少期のものを肉体的虐待と名づけるならば、思春期のものは性的虐待と称することができるだろう。 男の子にとっては、AV禁止とオナニー禁止という性欲の抑制である。 だが、女の子の中には、協会の長老による性的虐待を実際に受けているケースもある。 エホバの証人の女児性的虐待に関しては別に論ずる機会を設けるため、ここでは俯瞰して述べるにとどめておく。 レイプは、成人女性でさえ「魂の殺人」と銘打たれるくらいにトラウマを残す経験である。 ましてや、思春期を迎えたばかりの多感な女の子にとって、どれほどのトラウマが残る経験であるか、想像しても想像し尽くせない。 それも、不意に一回だけ襲われるだけならともかく、何回も、何年にもわたって犯される。 相手の行為に対して反抗できるならまだしも、長老は神の代わりゆえに反抗することさえも禁止されるのだ。 女の子たちの目には、中年男性の長老の中に「サタン」の存在を感じていたにちがいない。 証人の子供たちは、神のために自らの性をも捧げなければならない… 6. 証人たちは、生殖以外を目的とした性欲関連行動の一切合切を禁止している。 エホバの証人は、性に関して厳しい規制を敷いている。 AVやオナニーが禁止されているのは先に述べたとおりだが、デートに関しても証人特有の定義がつけられている。 デートは、結婚を前提とした男女でなければ行なってはならない。 かりに男女が部屋の中で二人っきりになっただけでも、周りの証人たちから嫌疑をかけられてしまう。 神の名のもとにこのような規律が敷かれているため、証人の子供たちは自分の中に芽生えた異性に対する好意から目を背ける癖が自然とできあがっているのだ。 また、エホバの証人は、結婚した後でも性欲を抑制し続けなければならない。 結婚してやっとセックスが解禁されたとしても、結婚で解禁されたのは生殖を目的とする純粋なインターコースのみであり、快楽目的のオーラルセックスが解禁されたわけではない。 ましてや、ハンドプレイなどは論外である。 以上、エホバの証人には、好意の抑圧と性欲の抑制が常についてまわっている。 それもすべて、神への奉仕のためなのだ… 7. エホバの証人は、輸血を拒否する。 エホバの証人のことをよく知らない人でも、エホバの証人は輸血を拒否する人たちだと聞いたことはあると思う。 証人たちは、実際に輸血を拒否するのだ。 だが、この見解には賛否両論あり、一概にどちらが正しいと言えるものではない。 輸血を受けて肝炎をうつされてしまったケースがある一方で、輸血を拒否して亡くなってしまったケースもある。 それが、1985年大ちゃん事件である。 大ちゃんの父親はエホバの証人の信仰上の理由で輸血を拒否。 事故発生から約5時間後、大ちゃんは出血多量による急性腎不全(出血性ショック死)で死亡した。 享年10歳。 証人たちは、世間一般の事柄から距離をおいている。 エホバの証人の信条の根底には、この世はすべてサタンによって支配されているという考え方がある。 金儲けはサタンの誘惑の手段だからといって正社員を卑しみ、娯楽(映画、音楽、書籍)もサタンの誘惑の道具だからといって避けようとする。 さらには、エホバの証人以外の人たちは、サタンに惑わされている人たちだからといって交わらないようにし、外部からの情報もサタンの教えだからと称して遮断している。 そのため、証人たちの頭のなかには、協会から教えられた考え方しかなく、そのため世間一般の常識とか出来事とかはまったく解かっていない。 日蓮正宗法華講員 元・創価学会三世 昭和60年、東京都葛飾区にて学会三世として生まれるも、幼少の頃から、池田大作の写真から発せられる おどろおどろしさ に違和感を覚え、平成9年の中学校入学より学会活動を拒否。 学会に籍だけをおく未活動会員だったが、親友からの学会勧誘がきっかけとなって、平成19年9月から創価学会を客観的に調べ始める。 その過程において、創価学会が元は日蓮正宗の信徒団体であったが平成3年に破門されていたという事実が判明し、学会から正式に脱会することを決意。 平成20年11月、日蓮正宗への再入信が叶い、令和元年の今日に至るまで、法華講員として信心修行に励む毎日を送ってきている。 投稿ナビゲーション.

次の

エホバの証人 王国会館 危険な場所?

エホバ の 証人 公式

目次はこちら• エホバの証人とは エホバの証人はキリスト教系の新興宗教です。 アメリカ発の新宗教として、全世界に857万人の信者を抱え、日本には21万人もの信者がいるとも言われています。 エホバの証人の特徴は、独自に解釈した聖書(新世界訳聖書)と聖書へのあまりにも忠実な信仰や宗教生活が挙げられます。 そのため、時として現代の常識と乖離してしまう事も多く、 社会との軋轢を生みやすい宗教だとも言われています。 その典型的な例が、輸血の拒否です。 例え生命の危機に陥ったとしても神の教えに背いてはならないと輸血を拒否する事で有名です。 一般的にエホバの証人たちは、医療に関する継続的委任状(医療に関する免責証書)という法律文書に記入し、財布の中などに入れるなどして常に持ち歩き、万が一の時にでも信仰を汚されないよう輸血に対する自身の立ち位置を主張しています。 一方で、二世信者の信仰離れは顕著で、輸血を必要とする病気や手術をきっかけに脱会するケースが多発しています。 エホバの証人の輸血拒否事件をわかりやすく エホバの証人の輸血拒否事件をわかりやすく解説します。 この輸血拒否事件は、輸血拒否をきっかけに医療現場の自己決定権に関わる是非が問われた判例として法学的にも有名となっています。 わかりやすくすく概要を説明すると、宗教上の理由から輸血拒否をしていた患者に対し、無断で輸血を行なった医師に対し損害賠償請求した事件です。 医師の言い分は、医療が患者の治療、救命を第一の目的としていること、人の生命が崇高なものであること、医師に救命義務があることを理由に「輸血拒否する事自体が無効だ」と主張し最高裁まで争いました。 輸血拒否事件の論点は、説明義務違反と自己決定権違反に絞られ、 「医師は事前に輸血の可能性を認識していたにも関わらず、患者への説明を怠った。 その結果、輸血をともなう可能性のあった本件手術を受けるか否かについて意思決定をする権利を奪った。 この点で、人格権を侵害したと見做し、医師は責任を負うべき」と最高裁の判決が出ています。 エホバの証人に向けた輸血ガイドライン 輸血拒否と一口に言っても大きく2種類あります。 1つは、いかなる状況に陥ったとしても(たとえ生命の危機に陥るとしても)輸血を拒否する立場(絶対的無輸血)です。 もう1つは、生命の危機や重篤な障害に至る危機がない限りにおいて輸血を拒否する立場(相対的無輸血)です。 エホバの証人は前者の輸血拒否で、 命より戒律(神の法)を重視します。 他にも代替治療として、予め採血しておいた自身の血液を輸血に使う自己輸血などを行うなど個人の判断に委ねられている領域もあります。 15歳未満は親が輸血拒否をしても生命の危険があれば輸血を行う方針に同意する医療機関は多く、エホバの証人も例外ではありません。 詳しい輸血ガイドラインは、学会や医連、病院ごとで輸血ガイドラインの同意の有無を確認してみるのも手。 エホバの証人たちを受け入れる病院 輸血拒否を行うと患者だけでなく医師にも負担がかかります。 そのため、多くの病院では上記で紹介したようなガイドラインに合意し、エホバの証人たちの受け入れを拒否する病院も少なくありません。 エホバの証人たちからすると受け入れ病院は限られ、無輸血治療を行なっている病院を選ぶしかありません。 無輸血治療の施設が準備されている病院はマイナーで、住まいの近くにない場合には紹介状を出してもらうなど自分で病院を探す必要があります。 受け入れ病院を探す手順は下記の4つです。 無輸血治療の代替方法を医師と話す• 無輸血治療の要請は法的書類など書面にする• 無輸血治療が難しそうなら他の医療機関や医師を探す• 手術が必要なら治療法探しを先延ばしにしない エホバの証人が輸血拒否する本当の理由 エホバの証人が輸血を拒否するには理由があります。 実際にエホバの証人以外にもユダヤ教やイスラム教では飲血や血から作られた食物を食べる事を禁止しています。 当時、血液を含む食材の加工技術が確立せず現実的な健康を配慮し、宗教的な意味合い(血に関する神の法)を加えて聖書で禁止されたとも言われています。 エホバの教えは独自に解釈した聖書に忠実な信仰が特徴で、輸血さえ禁止となり信者は輸血拒否をするのが一般的になりました。 仮に命の危機があっても破ってはいけない血の掟としてエホバの証人に定着した訳(輸血拒否をする宗教的な意味合い)を簡単に説明すると、聖書「血は絶対に食べてはいけない」と繰り返し語られていますが、エホバの証人では直接食べようが輸血によって体に入れば同じ原理だと解釈しているからです。 血をなぜ食べてはいけないのかについては、「 命は血に宿り、血は命そのもので神聖なものだから」という解釈が通説です。 エホバの証人が輸血したら エホバの証人が輸血したらどうなるのでしょうか。 輸血が禁じられる理由は前途の通りで、血は命を表わし神への敬意そのものです。 もし仮に、輸血をしたら 神への敬意が失われてしまいます。 一度でも輸血したら体内から取り除く事は不可能で、二度とその罪は消えないとも言われています。 エホバの証人で禁止されるのは輸血だけでない(エホバのルール) エホバの証人で禁止されるのは輸血だけではありません。 代表的なルールとして有名なのは、偶像崇拝や競争が禁止されています。 偶像崇拝と言えば、人形など宗教的な意味合いばかりが注目されますが、強欲を偶像崇拝として捉えたりします。 良い意味で言えば、競争も禁止されるため 清楚な宗教生活が想像できるのかもしれません。 宗教的なルールが結果として良い方向に向かう場合もあります。 エホバの証人の子供たち(二世信者) 現在では子供たち二世信者の信仰離れが続いています。 子供たちは、偶像崇拝が禁止されているため、学校では国歌、校歌を歌えません。 競争も禁止されるため、運動会の参加もNGです。 誕生日を祝うことや異教の行事への参加も禁止されるため、クリスマスや初詣、ひな祭りや七夕など季節行事もかなり制限されてしまいます。 家でも競争に関するテレビやアニメ(例えばドラゴンボールやワンピースなど)は視聴できません。 加えて、エホバの証人では婚前交渉が禁止されているため恋愛ドラマさえも制限され、 子供たちは独特な生活を送らなければいけないのです。 まとめ.

次の