また明日も君とこうやって笑わせて。 Orangestar『アスノヨゾラ哨戒班』歌詞の意味・考察と解釈

アスノヨゾラ哨戒班 96猫 歌詞情報

また明日も君とこうやって笑わせて

「て」の部分を強調した歌詞がこちらです。 (引用:) 気分次第です僕は 敵( てき)を選んで戦う少年 叶えたい未来も無く て 夢に描かれるのを待っ てた そのくせ未来が怖く て 明日を嫌っ て過去に願っ て もう如何どうしようも無くなっ て叫ぶんだ 明日よ明日よもう来ないでよっ て そんな僕を置い て 月は沈み陽は昇る けどその夜は違ったんだ 君は僕の手( て)を 空へ舞う 世界の彼方 闇を照( て)らす魁星 「君と僕もさ、また明日へ向かっ ていこう」 夢で終わっ てしまうのならば 昨日を変えさせ て なん て言わないから また明日も君とこうやっ て 笑わせ て あれから世界は変わったっ て 本気で思ったっ て 期待したっ て変えようとしたっ て 未来は残酷で それでもいつだっ て君と見 ていた 世界は本当に綺麗だった 忘れ てないさ 思い出せるように仕舞っ てるの 君がい てもいなく ても翔べるなん て妄想 独りじゃ歩くことさえ僕はしないまま藍色の風に吐いた幻想 壊し てくれっ て願っ て踠いたっ て 願ったんなら叶え てしまえやっ て Eh... 君は言っ て また明日の夜に 逢いに行こうと思うが どうかな君はいないかな それでもいつまでも僕ら一つだから またね Sky Arrow 笑っ てよう 未来を少しでも君といたいから叫ぼう 今日の日をいつか思い出せ 未来の僕ら わたしはこの動画を初めて観たとき、「めっちゃ速くなっててワロタww」と笑うよりもまず、 「この曲、こんなに"て"が溢れていたのか…」と衝撃を受けました。 何百回と聴いていたはずなのに、というよりむしろ聞き慣れ過ぎたゆえに、この動画のような素朴な視点でこの曲を眺めることが出来なかったのです。 文法的には、この曲の「て」は大きく 2つに分けることが出来ます。 A:文節末の「て」 「〜して」「〜って」「なんて」など、文節末に来る「て」です。 例)叶えたい未来もなく て 夢に描かれるのを待っ てた B:その他の「て」 名詞や動詞の活用語尾以外に含まれる「て」です。 パターンBは上の例に挙げた3つで全てです。 つまり、ほとんど文節末の「て」が占めているのです。 文節末に多く「て」が現れるということは、その度にリズムが整えられるということです。 「壊し てくれっ て願っ て踠いたっ て」という部分は特にこの「て」による整調効果が顕著でしょう。 この曲がヒットした理由に「て」で生み出されるリズム感もあるってことかぁ 動画に書き込まれたこのコメントを見て、「なるほど!」と思いました。 実際この曲の大ヒットにこの要素がどれだけ影響しているかは分かりませんが、自分の中では驚くほど腑に落ちました。 前からこの曲には"言語化しにくい魅力"があると思っていました。 「歌詞の世界観が良い」という次元のことではありません。 もっと単純に「聞いていて耳に馴染む」とか、「音に対しての言葉の乗っかり具合がハンパじゃない」というものです。 こうした非常に曖昧な魅力が、" て"というひらがな一文字でグッと明瞭になった気がしました。 この記事では『アスノヨゾラ哨戒班』だけを取り上げましたが、「"て"が多い」という特徴は、 Orangestarのほかの楽曲にもある程度当てはまるのではないかと思っています。 この主張を正当化するには、Orangestar楽曲について検証するだけでなく、他のボカロ曲や一般の商業音楽との比較も試みなければなりません。 また、仮にこの主張が妥当だったとして、このような特徴が生まれる理由について更に深く掘り下げて考えることもできます。 Orangestarは意図的に「て」を散りばめることで整調効果を狙っているのか、それとも 何か別の要因から結果的にそうなってしまうのか。 後者だとすれば、その一端を担う考察をわたしはこのvocanoteで語っています。 このnoteでは、例えば 夢で終わってしまうのならば 昨日を変えさせてなんて言わないから また明日も君とこうやって 笑わせて のような、「〜〜なん て(ない)」という、 今言ったことをすぐに相対的・批判的に捉える構造が多く見られる原因として、 ただ筆者は、このように自分が「これだ」と正しいと思って訴えた言葉を、すぐに自分自身で客観視・否定していく行為は、思春期の若者が普遍的に持つアイデンティティ(自我)の確立の問題に関係しているのではないか、と考える。 と書いています。 この文章を書いたのは1年以上前のことであり、自分でもこの考えが妥当であるとは素直に認められませんが、今でも「"て"が多い問題」を部分的に解決する糸口のひとつとしては悪くないと思っています。 ここまで、「『て』と言ったら加速してしまうアスノヨゾラ哨戒班」という1つのネタ動画からやや強引に考察を広げてきました。 今回このような記事を書いたのは、Orangestar専攻として何か小難しい理論を声高に唱えるためではありません。 自分のささやかな出会いから、 ふとしたキッカケから聞き慣れていた曲の新たな一面を発見することが出来るのだと、皆さんに伝えたかった。 それだけです。 最後に、本日8月19日の午後8時37分をもって『アスノヨゾラ哨戒班』がニコニコ動画投稿4周年を迎えたこと、そして今は海の向こうにいるOrangestarさんが明日8月20日に誕生日を迎えることを祝って、筆を置きたいと思います。

次の

アスノヨゾラ哨戒班 96猫 歌詞情報

また明日も君とこうやって笑わせて

カテゴリ• また明日の夜に 逢いに行こうと思うが どうかな君はいないかな それでもいつまでも僕ら一つだから またね Sky Arrow 笑ってよう 未来を少しでも君といたいから叫ぼう 今日の日をいつか思い出せ 未来の僕ら 世界を壊すことを願うと思いきや、君との再会を願います。 そして、君を求め探し続ける。 哨戒し続ける。 「Sky Arrow」 とは直訳すると 「そら」と「矢」 おそらく「流れ星」を指しているのでしょう!ハイセンスすぎる、、、 「流れ星」といえば願い事ですよね?? そこで少年はまたしても願う、 君に笑ってほしい と そして、一刻も早く君を見つけ出し、長く君といたい。 そんな願いや決意、そしてその日見た流れ星を何度でも思い返そうと 未来を生きる無数の自分たち 僕ら に今日を忘れるな!と叫び願ったわけです。 そして、明日を生きることを決意したのです。 要約 未来や明日を嫌っていた少年が君との出会いで明日を夢見るようになる。 しかし、君と離れ、未来に意味を見出せなくなる。 そんな世界は壊してしまおう。 本心では君との再会を願う。 「願ったんなら叶えてしまえ」君の言った言葉を思い返し、君との再会を願う。 明日を生きることを決意しend 最後に いかかでしたが、君との出会いが少年を変える。 素晴らしすぎるストーリーです。 特に、「願ったんなら叶えてしまえ」 頭に残るキャッチーすぎる歌詞です。 最後は少年が病まずに無事気持ちハッピーエンド 少年が世界を壊すことを願ったifストーリーなんかも聞きたいかも、、、 orangestarさんの紹介• 蜜柑星P。 2013年4月、「」にてボカロデビュー。 使用ボカロはIA、初音ミク、ONE。 投稿直後から反響が大きかった13作目の「」にて、初の殿堂入りを達成。 続く14作目の「」がスマッシュヒット。 後に自身初の伝説入りを達成する。 2015年4月22日、1stアルバム『』にてメジャーデビュー。 2017年1月18日、2ndメジャーアルバム『』を発売。 2017年4月1日、自身初のライブをもって、活動休止宣言。 同年8月31日、初音ミク10周年記念アルバム『Re:Start』収録曲「」を投稿。 しかし今度こそ活動休止らしい。 殿堂入りをした曲は以下の通り。 私自身が感じた事とはまた違った視点での考察で大変面白かったです。 誠に僭越かつ勝手ながら私の考察も読んで頂きたいなと思い書かせていただきます。 私はこの作品に「戦闘機とパイロット」並びに「特攻隊」というイメージがすごく強く関連していました。 それは「哨戒」という言葉からですが、この哨戒という言葉は戦時中においては照らすという行為でも有りました。 海原を夜に敵戦艦がいないか飛行機に乗りながら照らしていたためです。 つまり、「アスノヨゾラ哨戒班」は明日に希望があるという意味にも捉えられると思いました。 しかし、曲の出だしから1番の終わりにかけては主人公が明日に希望を持てないでいるところから始まり、「君」に出会って希望を持てるようになったという表現だと思います。 2番からの「あれから世界は変わったって」は「君」が特攻により死んだことを意味してると思いました。 ここからまた主人公は絶望を感じるようになります。 しかし思い出す「君」との記憶や作中一の名言で勇気付けられ立ち直ります。 「また明日の夜に逢いに行こう」は主人公も明日には特攻で死ぬことを意味してると思いました。 さて、この動画のPVは天空から海原へと少女が落ち続けている動画ですが、実は背景に注目すると見方が変わります。 ラスサビの「またね」の部分で背景の上下が入れ替わります。 つまり海原から天空へと。 これは「またね」の部分で特攻により死んだことや天国にいる「君」に近づくなどの意味があると思いました。 最後の「今日の日を思い出せ未来の僕ら」は終戦後に生まれた世代に戦争の悲劇さを伝えていって欲しいという願いでもあるかなと思いました。 長々と書かせて頂きましたが、1つの視点としてはなかなか筋が通ってる解釈だと自負しています笑 これを読んでまた新しい解釈を書いて頂けたら幸いです。

次の

【Orangestar/アスノヨゾラ哨戒班】の歌詞の意味を徹底解釈

また明日も君とこうやって笑わせて

カテゴリ• また明日の夜に 逢いに行こうと思うが どうかな君はいないかな それでもいつまでも僕ら一つだから またね Sky Arrow 笑ってよう 未来を少しでも君といたいから叫ぼう 今日の日をいつか思い出せ 未来の僕ら 世界を壊すことを願うと思いきや、君との再会を願います。 そして、君を求め探し続ける。 哨戒し続ける。 「Sky Arrow」 とは直訳すると 「そら」と「矢」 おそらく「流れ星」を指しているのでしょう!ハイセンスすぎる、、、 「流れ星」といえば願い事ですよね?? そこで少年はまたしても願う、 君に笑ってほしい と そして、一刻も早く君を見つけ出し、長く君といたい。 そんな願いや決意、そしてその日見た流れ星を何度でも思い返そうと 未来を生きる無数の自分たち 僕ら に今日を忘れるな!と叫び願ったわけです。 そして、明日を生きることを決意したのです。 要約 未来や明日を嫌っていた少年が君との出会いで明日を夢見るようになる。 しかし、君と離れ、未来に意味を見出せなくなる。 そんな世界は壊してしまおう。 本心では君との再会を願う。 「願ったんなら叶えてしまえ」君の言った言葉を思い返し、君との再会を願う。 明日を生きることを決意しend 最後に いかかでしたが、君との出会いが少年を変える。 素晴らしすぎるストーリーです。 特に、「願ったんなら叶えてしまえ」 頭に残るキャッチーすぎる歌詞です。 最後は少年が病まずに無事気持ちハッピーエンド 少年が世界を壊すことを願ったifストーリーなんかも聞きたいかも、、、 orangestarさんの紹介• 蜜柑星P。 2013年4月、「」にてボカロデビュー。 使用ボカロはIA、初音ミク、ONE。 投稿直後から反響が大きかった13作目の「」にて、初の殿堂入りを達成。 続く14作目の「」がスマッシュヒット。 後に自身初の伝説入りを達成する。 2015年4月22日、1stアルバム『』にてメジャーデビュー。 2017年1月18日、2ndメジャーアルバム『』を発売。 2017年4月1日、自身初のライブをもって、活動休止宣言。 同年8月31日、初音ミク10周年記念アルバム『Re:Start』収録曲「」を投稿。 しかし今度こそ活動休止らしい。 殿堂入りをした曲は以下の通り。 私自身が感じた事とはまた違った視点での考察で大変面白かったです。 誠に僭越かつ勝手ながら私の考察も読んで頂きたいなと思い書かせていただきます。 私はこの作品に「戦闘機とパイロット」並びに「特攻隊」というイメージがすごく強く関連していました。 それは「哨戒」という言葉からですが、この哨戒という言葉は戦時中においては照らすという行為でも有りました。 海原を夜に敵戦艦がいないか飛行機に乗りながら照らしていたためです。 つまり、「アスノヨゾラ哨戒班」は明日に希望があるという意味にも捉えられると思いました。 しかし、曲の出だしから1番の終わりにかけては主人公が明日に希望を持てないでいるところから始まり、「君」に出会って希望を持てるようになったという表現だと思います。 2番からの「あれから世界は変わったって」は「君」が特攻により死んだことを意味してると思いました。 ここからまた主人公は絶望を感じるようになります。 しかし思い出す「君」との記憶や作中一の名言で勇気付けられ立ち直ります。 「また明日の夜に逢いに行こう」は主人公も明日には特攻で死ぬことを意味してると思いました。 さて、この動画のPVは天空から海原へと少女が落ち続けている動画ですが、実は背景に注目すると見方が変わります。 ラスサビの「またね」の部分で背景の上下が入れ替わります。 つまり海原から天空へと。 これは「またね」の部分で特攻により死んだことや天国にいる「君」に近づくなどの意味があると思いました。 最後の「今日の日を思い出せ未来の僕ら」は終戦後に生まれた世代に戦争の悲劇さを伝えていって欲しいという願いでもあるかなと思いました。 長々と書かせて頂きましたが、1つの視点としてはなかなか筋が通ってる解釈だと自負しています笑 これを読んでまた新しい解釈を書いて頂けたら幸いです。

次の