成蹊大学 職員 年収。 【倍率100倍を超える人気職業の大学職員】年収・難易度・仕事内容・魅力からオススメ度を考えてみる

私立大学教員の年収を知る|給料.com

成蹊大学 職員 年収

国立大学の初任給と昇給は の給料は国立大学と私立大学でも大きく異なりますし、私立大学の場合は大学ごとに差があるため、一概に「年収はいくら」「月給はいくら」と言うことはできません。 国立大学の給料の一例を見てみましょう。 東京大学の初任給を例にあげると、大学の学部卒の場合は月給202,335円、修士修了の場合は月給218,315円、博士終了の場合は月給235,940円となっています。 (平成25年12月1日現在)この金額をベースに、年に1回昇給していくことになります。 さらに、扶養者がいる場合の「扶養手当」や家賃のサポートをしてくれる「住居手当」、「通勤手当」などがつき、年に2回の賞与があります。 大手民間企業に比べて抜群に収入が高いというわけではありませんが、生涯にわたって安定した収入を得られることが期待できます。 私立大学の初任給と昇給は 次に私立大学の給料の一例を見てみましょう。 早稲田大学の初任給を例にあげると、大学の学部卒の場合は月給223,420円、修士修了の場合は248,140円となっています。 国立大学よりも少し高く感じますが、実際はこの金額に住居手当が含まれています。 これ以外にも、「扶養手当」や「通勤手当」がつき、年に二回の賞与があります。 私立大学の場合は年齢とともに給料があがることも多く、首都圏の人気大学では、年収が600万以上になることも珍しくありません。 こうした待遇の良さが、人気職業となるひとつの理由にもなっているようです。 また、大学によっては職員用の宿舎を用意していて、格安料金で入居できることもあります。 私立大学の場合は特に大学ごとに待遇が大きく異なるので、条件をよく比べてみることも大切です。

次の

私立大学職員の給料年収や高年収を稼ぐ方法・私立大学ランキングや本音口コミ年収を徹底解説

成蹊大学 職員 年収

大学職員の年収を詳しく解説 大学職員に興味がある方のための役立つ情報を紹介 大学職員の年収は、約600万円~700万円でした! 大学職員の年収の平均は、国立大学の職員の場合と私立大学の職員の婆でまったく違います。 クチコミでの平均は、 600万円以上700万円未満ということです。 国立大学の職員の場合は556万円でした(厚生労働省発表資料による)。 私立大学の場合は、平成17年の実績で、 約734万円だったそうです。 私立の場合、大学によって違いますが40代1,000万円を越える水準のところが少なくありません。 国立大学職員の場合平均で30から35万円、私立大学職員の場合 45~50万円が平均になっています。 私立の場合、1,000万円を越える年収が期待できますが、国立大学の場合は、50代でも800万円程度が平均です。 私立大学の職員の好待遇は顕著で、残業はほとんどなく、事務職ですので内勤、手当や福利厚生も手厚く、給与が高いということで人気の職業でもあります。 非常に狭き門であると言われています。 事実、商社や銀行など上場企業のなかでも狭き門の一流どころの内定を受けた人も、給与が高い私学を狙う場合が多いそうです。 そのような有名私学では、10人程度の採用枠に対して2,000人が応募してくるケースも珍しくないそうです。 大学職員年収ランキング 国立大学の場合は大学職員の年収ランキングは以下の通りです。 第1位 埼玉大学 651. 0万円 第2位 東京芸術大学 645. 5万円 第3位 東京医科歯科大学 639. 3万円 第4位 電気通信大学 630,7万円 第5位 東京大学 630. 6万円 第6位 名古屋工業大学 630. 4万円 第7位 東京学芸大学 628. 6万円 第8位 東京外国語大学 627. 4万円 第9位 神戸大学 627. 3万円 第10位 お茶の水女子大学 627. 1万円 私立大学のほうは、全大学のランキングをまとめたデータはありません。 有名私学の職員の年収ランキングの情報は以下の通りです。 650万円が平均として43年間仕事をした計算をしてみると 2億7950万円でした。 私学の場合は年収の平均から推測すると、3億円から4億円の間であると思われます。 大学職員の年収をUPするための方法 大学職員は、年功序列の給与体系ですので、仕事が出来るかどうかという点で年収UPにつながることはありません。 ただし、課長級、部長級は、文部科学省からの出向もあります。 部長級には、文部科学省キャリアの天下り先でもあります。 そうなると、国立大学法人に長く勤めても課長や部長になるのは非常に難しいのかもしれません。 私立大学の事情も国立大学と同様ですが、民間企業としては、キャリアパスが見えてこないのも事実です。 基本的には、大学間異動によってキャリアアップを狙うことが、年収の大幅アップにつながるかもしれません。 他業界への異動を考えるよりは、狭き門の大学職員という職で一生を終えるほうが、いいかもしれません。 仕事は、教授会などの会議の設定や運営、イベントの企画や運営を行います。 また、大学のインフラの整備なども扱っています。 具体的には、学内LANやPCの管理を行う情報システム関連の仕事は、総務に属している場合が多いようです。 総務部総合職での採用は、出世コースといわれていて、事務局長の出身部署ナンバーワンだそうです。 一般企業の経理部にあたるものです。 学生の履修登録や成績証明書などの発行、就職相談などを担当しています。 ほかにも、人事、施設管理、研究支援などの職種があり、大学の運営を支えています。 関連コンテンツ 大学職員になるには? 国立大学の職員の場合、人事院が管轄する国家公務員試験による採用でした。 平成16年に国立大学が国立大学法人になってからは、国立大学法人等職員統一採用試験という試験によって選考されます。 ほかに非常勤職員や研究職は、大学独自でも採用を行っているそうです。 試験は、国立大学協会が行っており、 北海道、東北、関東甲信越、東海・北陸、近畿、中国・四国、九州の7ブロックで開催されています。 一次試験は、教養試験でこの合格者は一次試験合格者名簿に登録されます。 第二次試験は大学ごとに募集し、個別に行われます。 二次試験の内容は面接が主となっているようですね。 技術系の募集については専門分野の試験があります。 私立大学の職員募集は、それぞれの大学が個別に実施していますが、一次試験については、国立大学法人等統一採用試験の内容に準じて行われるようです。 数人という非常に少ない枠ですので、書類審査が一般的に行われます。 採用10人の場合、書類の段階で100人程度まで絞り込むという話もあります。 面接はあまり影響がなく、基本的に成績順に採用されます。 人を見る採用ではなく、成績を視る採用ですので、一次試験突破に重点をおいて勉強するしかありません。 国家公務員試験の受験勉強と同様なものであると考えると良いでしょう。 国立大学の職員の場合は、国立大学法人等 職員採用試験のウェブサイトが、北海道、東北、関東甲信越、東海・北陸、近畿、中国・四国、九州の各ブロックにあります。 説明会や試験の情報がありますので、要チェックです。 私立大学職員の採用については、各大学のウェブサイトに情報があります。 定期的にチェックする必要があります。 また、転職サイトや就職サイトにも情報があります。 大学職員は、新卒で採用されなくても、国立大学の場合は30歳まで統一採用試験を受験することが可能です。 私立大学の場合も同程度まで募集しています。 社会人を経験してからの転職を歓迎する、私立大学もあります。 大学職員の年収の本音 大学職員の口コミ年収 45歳 私立大学職員 総務系 年収900万円代 土曜日が隔週で出勤になっているが、残業はほとんどないので、労働時間は比較的少なくて済んでいるのがメリットです。 趣味に費やす時間が多く取れます。 仕事人生ではなくプライベート重視の生き方をしたい人には最適かと思います。 50代 地方私立大学 財務 年収750円 学生が減少しているので、この先は心配かもしれませんね。 合併や廃校というのが地方のFラン校では現実に起きるかも知れません。 仕事は無理のない量で調整できますし、ベテランになると実務は若い人間に任せて、のんびりと定年を待つという人もいます。

次の

【倍率100倍を超える人気職業の大学職員】年収・難易度・仕事内容・魅力からオススメ度を考えてみる

成蹊大学 職員 年収

以下は、パーソルキャリア(旧・インテリジェンス)が運営する転職情報サイトDODA(デューダ)系列の転職情報サイト「キャリアコンパス」が発表した出身大学別平均年収ランキングです。 注意点として、以下の出身大学別平均年収ランキングには単科大学を含んでいない総合大学(複数の学部から構成される大学)のみに限定して集計したランキングということです。 具体的には、単一の学部から構成される大学、つまり、 理工系大学(東京工業大学や名古屋工業大学、京都工芸繊維大学など)、語学系大学(東京外国語大学)、商学系大学(一橋大学、小樽商科大学)、薬学系大学(星薬科大学、東京薬科大学)、医療系大学(東京医科歯科大学、日本獣医生命科学大学)といった大学は検討対象外 となっています。 それでは、 就職に強い理工系単科大学や薬剤師となり平均年収が安定している薬学系単科大学を含めた場合どのようなランキングとなるのでしょうか? 以下は、 日本国内全大学に関する出身大学別平均年収ランキングです。 【1位】 星薬科大学( 727 万円) 【2位】 京都薬科大学( 634 万円) 【3位】 東京大学( 632 万円) 【4位】 一橋大学( 628 万円) 【5位】 東京工業大学( 616 万円) 【6位】 岐阜薬科大学( 615 万円) 【7位】 東京薬科大学( 600 万円) 【8位】 京都大学( 597 万円) 【8位】 慶應義塾大学( 590万円) 【10位】 明治薬科大学( 589 万円) 【11位】 電気通信大学( 583 万円) 【12位】 首都大学東京( 571 万円) 【13位】 北海道大学( 561 万円) 【14位】 東北大学( 556 万円) 【15位】 防衛大学( 552 万円) 【16位】 豊橋技術科学大学( 549 万円) 【16位】 早稲田大学( 549 万円) 【18位】 東京理科大学( 548 万円) 【19位】 九州大学( 546 万円) 【20位】 大阪大学( 545 万円) 【21位】 名古屋工業大学( 544 万円) 【22位】 名古屋大学( 540 万円) 【23位】 横浜国立大学( 536 万円) 【24位】 東京農工大学( 531 万円) 【25位】 神戸大学( 530 万円) 【26位】 山梨大学( 527 万円) 【27位】 筑波大学( 526 万円) 【28位】 芝浦工業大学( 524 万円) 【29位】 大阪府立大学( 522 万円) 【30位】 室蘭工業大学( 519 万円) 【31位】 奈良先端科学技術大学院大学( 513 万円) 【32位】 京都工芸繊維大学( 511 万円) 【33位】 徳島大学( 505 万円) 【33位】 東京都市大学( 505 万円) 【35位】 北陸先端科学技術大学院大学( 503 万円) 【36位】 横浜市立大学( 502 万円) 【36位】 大阪市立大学( 502 万円) 【36位】 九州工業大学( 502 万円) 【39位】 信州大学( 501 万円) 【40位】 広島大学( 499 万円) 【41位】 中央大学( 498 万円) 【41位】 千葉大学( 498 万円) 【43位】 東京電機大学( 495 万円) 【44位】 三重大学( 493 万円) 【44位】 上智大学( 493 万円) 【44位】 群馬大学( 493 万円) 【47位】 福井大学( 492 万円) 【48位】 岩手大学( 491 万円) 【48位】 同志社大学( 491 万円) 【50位】 金沢大学( 490 万円) 【51位】 小樽商科大学( 489 万円) 【51位】 青山学院大学( 489 万円) 【53位】 東京外国語大学( 488 万円) 【54位】 長岡技術科学大学( 487 万円) 【55位】 明治大学( 485 万円) 【56位】 静岡大学( 466万円) 【57位】 産業能率大学( 482 万円) 【58位】 熊本大学( 480 万円) 【58位】 成蹊大学( 480 万円) 【60位】 岡山大学( 479 万円) 【61位】 北里大学( 478 万円) 【62位】 東京医科歯科大学( 476 万円) 【63位】 国際基督教大学( 472 万円) 【64位】 山口大学( 471 万円) 【64位】 法政大学( 471 万円) 【66位】 大阪工業大学( 470 万円) 【67位】 長崎大学( 469 万円) 【68位】 工学院大学( 467 万円) 【69位】 茨城大学( 466 万円) 【70位】 東邦大学( 465 万円) 【70位】 学習院大学( 465 万円) 【72位】 兵庫県立大学( 464 万円) 【73位】 日本獣医生命科学大学( 463 万円) 【73位】 立教大学( 463 万円) 【75位】 埼玉大学( 461 万円) 【76位】 宇都宮大学( 460 万円) 【76位】 新潟大学( 460 万円) 【78位】 佐賀大学( 459 万円) 【79位】 独立行政法人水産大学校( 457 万円) 【79位】 大阪電気通信大学( 457 万円) 【81位】 東京海洋大学( 456 万円) 【81位】 鈴鹿医療科学大学( 456 万円) 【81位】 東海大学( 456 万円) 【84位】 大分大学( 455 万円) 【85位】 秋田大学( 454 万円) 【86位】 お茶の水女子大学( 453 万円) 【86位】 関西大学( 453 万円) 【88位】 和歌山大学( 452 万円) 【88位】 弘前大学( 452 万円) 【90位】 第一工業大学( 450 万円) 【90位】 関西学院大学( 450 万円) 【92位】 北見工業大学( 449 万円) 【92位】 徳島文理大学( 449 万円) 【92位】 東北工業大学( 449 万円) 【92位】 福井工業大学( 449 万円) 【96位】 富山大学( 448 万円) 【97位】 山形大学( 447 万円) 【98位】 順天堂大学( 446 万円) 【99位】 立命館大学( 445 万円) 【100位】 神奈川工科大学( 444 万円) 【100位】 千葉工業大学( 444 万円) 【100位】 高千穂大学( 444 万円) 【100位】 北海道科学大学( 444 万円) 目立つのは薬科大学の強さ。 トップ2は薬科大学がランクイン。 トップ10をみても、5校が薬科大学です。 東京大学は3位でした。 東京工業大学や一橋大学といった名門単科大学も上位にランクインしています。 電気通信大学が、東北大学や早稲田大学を抑えて11位にランクイン。 そのほかにも、名古屋工業大学や京都工芸繊維大学、東京農工大学など、情報系・理工系の学部に強みを持つ大学が軒並みランクアップしています。 ICTの発達によるイノベーションが様々な分野で起こるにつれて、 情報系・理工系の知識を身に付けた人材の需要が高まっているのかもしれません。 大学卒業後に、高い年収を獲得し、お金持ちにになれる可能性が高い学部はどこの学部なのでしょうか? 以下は、ビジネスマンの中堅ともいえる30代における出身学部別の平均年収ランキングです。 【1位】 医・歯・薬学部( 506万円) 【2位】 理・工学部( 495万円) 【3位】 経済・経営・商学部( 480万円) 【4位】 法・政治学部( 476万円) 【5位】 情報学部( 471万円) 【6位】 農・獣医・畜産学部( 423万円) 【7位】 教育学部( 416万円) 【8位】 スポーツ・健康科学部( 407万円) 【8位】 国際系学部( 402万円) 【10位】 社会学部( 394万円) 【11位】 文・人文学部( 389万円) 【12位】 芸術学部( 383万円) 【13位】 環境学部( 382万円) 【14位】 外国語学部( 376万円) 【15位】 看護・保健・福祉学部( 353万円) 【16位】 観光系学部( 340万円) 【17位】 家政・生活科学系学部( 322万円) 【18位】 心理系学部( 290万円) 第 1位は、医・歯・薬学系学部 となりました。 平均年収ランキングでメディカル業界が一位となっている背景と同様に、医師をはじめとして、薬剤師や臨床開発など医療系専門職への就職率が高いことが影響 していると考えられます。 第2位の理・工学部は、年齢とともに年収が上がっていく傾向が強いメーカーへの就職率が高いことが高年収の理由と言えるでしょう。 第3位の経済・経営・商学部についても、実学系の学部のため金融機関やコンサルティングファーム、メーカーなど年収が高い企業への就職が多いことが高年収の理由と言えます。 反対に、観光系学部や家政・生活科学系学部、心理系学部など、一般的な企業でそのまま流用できない学問(非実学系)の学部出身者の平均年収が低い傾向にあることが読み取れます。 一番年収が高い医・歯・薬学系学部出身者の平均年収が509万円であることに対し、一番年収が低い心理系学部出身者の平均年収が290万円となっており、その差額は216万円にも達しています。 技術系や医療系の職種に就く人が多い専門性の高い学部の方が平均年収が高い ことが分かりました。 html 次に、独立行政法人 労働政策研究・研修機構が調査を行った「大学・大学院卒、高卒、中卒といった学歴区分別といった大括りの平均年収と生涯賃金の格差」を掲載します。 mhlw. jil. jp 追記として、短大卒に高専卒が含まれており、大卒に大学院卒が含まれているデータとなっています。 全体として、 学歴問わず女性よりも男性の方が平均年収、生涯賃金共に高い傾向 にあることが読み取れます。 特に、男性については、「中学校卒業者」と「大学・大学院卒業者」の間では、なんと 8,050万円もの生涯賃金の格差 が生じています。 「学歴は関係ない、学歴社会は終わった、これからは実力がものをいう時代」などと言われますが、現在の日本においてはまだまだ学歴格差が根強く残っているようです。 1 一橋大学(54. 5%、486人) 2 東京工業大学(53. 7%、832人) 3 国際教養大学(45. 8%、65人) 4 豊田工業大学(44. 6%、29人) 5 慶應義塾大学(41. 6%、2,779人) 6 大阪大学(32. 9%、1,405人) 7 名古屋工業大学(32. 0%、303人) 8 京都大学(31. 8%、1,244人) 9 上智大学(31. 6%、777人) 10 東京理科大学(30. 5%、877人) 11 早稲田大学(30. 3%、3,347人) 12 電気通信大学(30. 3%、283人) 13 名古屋大学(29. 6%、730人 14 神戸大学(27. 8%、816人) 15 九州工業大学(27. 1%、293人) 16 聖心女子大学(27. 0%) 17 東京大学(26. 5%、1,489人) 18 同志社大学(25. 5%、1,466人) 19 東京農工大学(25. 3%、258人) 20 東北大学(25. 1%、828人) 21 国際基督教大学(24. 6%) 22 東京外国語大学(24. 6%) 23 京都工芸繊維大学(24. 5%) 24 立教大学(24. 3%) 25 津田塾大学(24. 1%) 26 学習院大学(23. 7%、409人) 27 九州大学(23. 4%、870人) 28 東京女子大学(23. 4%) 29 長岡技術科学大学(23. 3%、99人) 30 青山学院大学(23. 2%) 31 お茶の水女子大学(23. 0%、123人) 32 豊橋技術科学大学(22. 3%、103人) 33 横浜国立大学(22. 3%、231人) 34 芝浦工業大学(21. 6%、372人) 35 大阪府立大学(20. 9%、306人) 36 小樽商科大学(20. 8%) 37 大阪市立大学(20. 5%、207人) 38 関西学院大学(20. 5%、1,058人) 39 北海道大学(20. 4%、663人) 40 明治大学(19. 9%、1,471人) 41 筑波大学(19. 8%、570人) 42 日本女子大学(19. 5%) 43 立命館大学(19. 4%、1,378人) 44 中央大学(18. 7%、1,071人) 45 首都大学東京(18. 6%、345人) 46 成蹊大学(18. 6%) 47 筑波技術大学(17. 9%、12人) 48 白百合女子大学(17. 6%) 49 清泉女子大学(16. 3%) 50 法政大学(16. 2%) 51 関西大学(15. 6%) 52 千葉大学(15. 3%、429人) 53 奈良女子大学(14. 3%) 54 東京都市大学(14. 2%) 55 横浜市立大学(13. 9%、123人) 56 滋賀大学(13. 7%) 57 東洋英和女学院大学(13. 6%) 58 成城大学(13. 0%) 59 神戸女学院大学(12. 7%) 60 広島大学(12. 5%、326人) 61 金沢大学(12. 4%、233人) 62 神戸市外国語大学(12. 3%) 63 西南学院大学(12. 2%) 64 明治学院大学(11. 8%) 65 昭和女子大学(11. 3%) 66 甲南大学(11. 3%) 67 東京薬科大学(11. 0%、58人) 68 静岡大学(10. 6%) 69 名古屋市立大学(10. 4%、68人) 70 熊本大学(10. 4%、200人) 71 大阪薬科大学(10. 3%、28人) 72 はこだて未来大学(9. 9%) 73 長崎大学(9. 7%、140人) 74 創価大学(9. 6%、163人) 75 東京電機大学(9. 5%、173人) 76 和歌山大学(9. 5%) 77 宮崎公立大学(9. 4%) 78 京都女子大学(9. 4%) 79 大妻女子大学(9. 3%) 80 宇都宮大学(9. 2% 81 鹿児島大学(9. 2%) 82 岡山大学(9. 1%、252人) 83 秋田県立大学(8. 7%、33人) 84 東京海洋大学(8. 6%、43人) 85 京都産業大学(8. 2%) 86 静岡文化芸術大学(8. 1%) 87 岩手大学(8. 0%) 88 高知工科大学(7. 8%、33人) 89 金城学院大学(7. 8%) 90 東北学院大学(7. 8%) 91 日本大学(7. 7%、1,060人) 92 新潟大学(7. 7%、189人) 93 工学院大学(7. 7%、96人) 94 山口大学(7. 6%、137人) 95 山形大学(7. 5%) 96 福井大学(7. 4%、70人) 97 獨協大学(7. 4%) 98 青森中央学院大学(7. 3%、9人) 99 西南女学院大学(7. 3%) 100 下関市立大学(7. 3%) 101 京都薬科大学(7. 2%、25人) 102 筑紫女学院大学(7. 2%) 103 広島市立大学(7. 0%) 104 神戸外語大学(7. 0%) 105 大阪工業大学(6. 9%) 106 金沢工業大学(6. 7%、93人) 107 会津大学(6. 7%) 108 静岡県立大学(6. 6%) 109 椙山女学院大学(6. 6%) 110 佐賀大学(6. 4%、92人) 111 福岡大学(6. 4%) 112 甲南女子大学(6. 4%) 113 跡見学園女子大学(6. 4%) 114 福島大学(6. 1%) 115 星薬科大学(6. 0%、14人) 116 東海大学(5. 9%、340人) 117 鳥取大学(5. 9%、69人) 118 香川大学(5. 9%) 119 名古屋外語大学(5. 9%) 120 秋田大学(5. 9%) 121 武蔵大学(5. 9%) 122 神戸薬科大学(5. 8%、15人) 123 大分大学(5. 8%) 124 愛知淑徳大学(5. 8%) 125 東洋大学(5. 8%) 126 近畿大学(5. 7%、373人) 127 産業医科大学(5. 6%、10人) 128 國學院大學(5. 6%) 129 千葉工業大学(5. 5%、92人) 130 明治薬科大学(5. 4%、18人) 131 武庫川大学(5. 4%) 132 龍谷大学(5. 4%) 133 東京聖栄大学(5. 長年に渡り、業績に貢献してきたビジネスマンでも企業から簡単に切り捨てられる時代であり、30代、40代、50代と高齢になるほど転職市場価値は下がる一方です。 本ヒューマンデザイン総合研究所では、 を作成しました。 結論から伝えると、リーマンショックや東日本大震災、コロナショックといった大恐慌でも、業績が悪化しにくい企業のリスト。 言い換えれば、です。 「あなた自身の幸せ」や「あなたの大切な家族の幸せ」を守れる人はあなたしかいないのです。 企業リストの詳細情報は、上記画像からご確認下さい。

次の