スカイ ガレオン リセマラ。 おすすめカード一覧

【蒼天のスカイガレオン】リセマラ当たりランキング!おすすめカードと狙い方【そてガレ】

スカイ ガレオン リセマラ

蒼天のスカイガレオンのリセマラについて リセマラは可能?したほうが良い? 『蒼天のスカイガレオン』では、リセマラが可能です。 そてガレのチュートリアルを進めると、スターターデッキを選択できます。 スターターデッキ選択後、引き直しガチャが引けますが、確率は低いですが最高レアリティであるURも当たります。 引き直しガチャでは必ず高レアのカードを当ててから、引き直しを終了するようにしましょう。 スターターデッキのおすすめは? スターターデッキは4種類の中から、自分の好きなデッキを選ぶことができます。 強さはほぼ均衡しているので、自分の戦い方に合ったスターターデッキを選択しましょう。 各デッキの特徴• ゼウスデッキ:攻撃補助のバランスの取れたデッキ• アテナデッキ:味方前列を強化しつつ敵を殲滅するアグレッシブなデッキ• ポセイドンデッキ:回復しつつ敵をじわじわ攻撃する持久力に長けたデッキ• プレミアム召喚は14回、スタンダード召喚は100回、プリン召喚(複数)引くことができるので、好きなカードを狙ってリセマラを行いましょう。 1日目:スタンダードチケット1,000枚(100連分)• 2日目:プリンチケット1,000枚(100連分)• 3日目:プレミアムチケット10枚(1回分)• 4日目:スタンダードチケット100枚(10連分)• 5日目:プリンチケット100枚(10連分)• 6日目:プレミアムチケット10枚(1回分)• レアリティ プレミアム スタンダード UR 3% 0. 005% SR 25% 1. 045% R 72% 3. 95% UC 25% 20% C 72% 75% リセマラの終了ライン・狙いガチャ 『蒼天のスカイガレオン』のリセマラ終了ラインとしては、最高レアリティであるURカード複数枚です。 (スタンダード召喚はURの排出確率が非常に低い為、SRが大当たりと言えます) カードのレアリティはLE、UR、SR、R、UC、Cの6種類ありますが、ガチャではURまでしか排出されないので注意しましょう。 また、スカイガレオンはデッキ編成枚数とコストの制限があり、高レアリティのカードが多いとデッキが重くなってしまいます。 どのようなデッキを組むか決めている場合は、そのデッキに合ったURカードを狙いましょう。 特にどのようなデッキにするか決めていない方や、何を狙ったら良いかわからない方は、下記のURカードを1枚以上当てるのがおすすめです。 公式がおすすめしているポジション(前列、中列、後列)に印をつけたので、リセマラする際の参考にしてください。

次の

【蒼天のスカイガレオン】美麗カードの戦略的バトル!プレイしてみた感想と評価

スカイ ガレオン リセマラ

天翔により初ターンAG48から放たれる妨害は強力かつ凶悪で、その後の敵のバフは全てデバフ効果となります。 対戦でも探索でも使える汎用性の高さから、リセマラのゴールにしても問題ないかと思います。 妨害効果を最大限発揮するため、必殺技を緑の疾風にし、2ターン目、3ターンも反転を維持できると、かなり余裕が出てきますので、バフ効果により上がった他カードでたこなぐりにできます。 もしくは、前列で使用すると、妨害効果の範囲が前列のみと狭まる代わりに2ターン持続するようになります。 現状、アタッカーは前列に配置されることが多いのでかなり有効です。 前列運用をすると、7コストをアタッカーとして使用できるので、構築の柔軟性が向上します。 まとめ まだカードプール少なく、ATを上げて殴るデッキが多いこと、反転対策がされてないこと、が大きいか。 対策というほど仰々しいものではないが「勝てない」という声が目立つ中、かなりの勝率は保てています。 7コストを妨害に割くだけの価値はあるかと。 残りの23コスト枠で殴り倒せ! 2019. そのせいかATを上げて殴るデッキも減ってきており、最初期より有効性は落ちてきている気がしています。 ただし依然としてATバフ・AGバフ系に強いので、うまく使っていきたいですね。

次の

おすすめカード一覧

スカイ ガレオン リセマラ

Contents• スキル・ステータスはLv. 1 初期状態 の情報です。 リセマラの参考にしていただければ幸いです。 プレミアムガチャ14回で最高レアURカードが出る確率は以下の通りです。 URカードが1枚以上:34. URカードが2枚以上:6. コスト9と運用には重いですが、シヴァやカネ、カンナカムイ、オーディンはおすすめです。 また、コスト7でもニケなども良いかと思います。 こちらでリセマラランキングや狙い方や確率をまとめているので、合わせてご確認ください!.

次の