アットノン 成分。 一般用医薬品 : アットノンt

一般用医薬品 : アットノンt

アットノン 成分

手術痕ケア! 早く目立たなくしたい。 普段見えない所だけど、ケロイドになってしまったら、かゆくなったりや服が擦れた時不快そう。 手術後 縫合の方式 私の場合はのため、へそ下15cm前後の開腹手術で子宮全摘出。 腹腔鏡手術では無い。 お腹の方は溶ける糸での縫合でした。 後で調べるとどうやら「真皮埋没縫合」っぽい。 わざと盛り上げて縫う事で、最終的には傷あとの幅が細くなる。 という方法らしい。 術後4日以降はそのままシャワーでした。 抜鈎 ばっこう-医療用ホチキス するような方式や 抜糸 ばっし-手術といえばと昔からイメージしてたのはコレ する方式の他に、テープとか医療用接着剤方式もあるのね。 膣断端は溶ける糸だとは思ってたけど、お腹の方も溶ける糸だとは思って無かった。 入院中にやっと抜糸しないと知ったぐらい。 そこに疑問を持ってなかったので、手術前にその辺を確認してなかった。 参考: 美容整形では抜糸する手法の方が跡が残りにくいとかなんとか 参考: 開腹手術の場合は、自分自身で選んでないし結局どの方式が一番綺麗になりやすいのかよく分からないけど「真皮埋没縫合」も調べた感じでは最終的には跡が残りにくい方式っぽい。 手術後、糸が溶けるのに要する期間 糸の太さと体質で違うらしいが、検索した感じでは1ヶ月~半年。 私の場合さわってみるとまだちょっと固い感じがして、1ヶ月で溶けた雰囲気は無い。 気がつくとくっきり表に見える横糸が一つ。 表皮にかなり近い場所に固まりっぽいのも一つ。 表皮にあまりにも近い or 表皮まで出てきてしまっているのでこれは他の箇所よりも溶けるのに時間がかかりそう。 ほとんど痛くなくて良かった。 傷跡の炎症が続いた場合 炎症が長引くと肥厚性瘢痕やケロイドになってしまう事があるようだ。 厳密にいえば肥厚性瘢痕とケロイドは違う物らしいけど、肥厚性瘢痕がひどくなったのがケロイドぐらいの認識でいる。 自分がケロイド体質じゃないといいのだけど・・・ あとは、いろいろ読むとたしかに、何らかの方法でひっぱられないように、掻いたり刺激を与えない方が良さそうだ。 自分ではどれが効いたか効いてないか比較して無いというか、出来ない。 もし部分によって変えたとしても、お腹なら下と上の方でシワの寄り方も肌の伸び方も違うから、本当にソレが効いたのか区別できない。 効果は有るのか無いのか分からないが、それでもいろいろやってみた。 キズ跡がとても盛り上がるなどかなり悪化してしまったのなら、治療も視野に主治医や皮膚科に相談した方が良いのでは。 系の抗炎症クリームは、処方されていないので私は使用していません。 術後すぐのケアとしては、傷に直角に何枚も貼る必要がある。 1.次の人は使用しないこと 1 出血性血液疾患(、血小板減少症、紫斑病等)の人 2 わずかな出血でも重大な結果をきたすことが予想される人 血液凝固抑制作用を有し出血を助長するおそれがある• 2.次の部位には使用しないこと 目や目の周囲、粘膜(例えば、口腔、鼻腔、膣等) より その他の使用上の注意等もメーカーのWebで見てみて下さい アットノンEXジェルを使ってみた 時系列でいえばアトファインを使った方が先なのだけど、まずアットノンシリーズについて 手術とは関係の無い場所にやけど跡がありアットノンクリーム EXが付く前の旧商品 が家にありました。 それを退院後1ヶ月ぐらいの時に思い出し、アトファインと併用して使ってみる事に。 たっぷり塗った後にアトファインを貼ってお風呂に入るとアトファインが剥がれちゃう事があるので注意 元々あったアットノンクリームはちょっと古かったので、手術痕はもちろん、筋肉痛・関節痛も効果欄にあるので肩や腰にも塗り使い切り。 アットノンEXジェルの購入 いざ新しいのを買おうとすると、ジェル・クリーム・コンシーラーなどがあるから迷います さらっとした使い心地で、どの部分にも使いやすいジェルタイプです。 白くならず、肌の表面にベタつきが起こらないので、塗ってすぐに洋服が着られます。 というのを参考にジェルにしてみました。 この辺は違いを読んでお好みで また同様にQ&A内に以下のように書かれているのですが、 目安としては手術跡がミミズバレのように赤くなり固く盛り上がった光沢のある症状がみとめられたらご使用いただけます いつから使えそうかちょっと迷って、術後5週ぐらいから使ってみました。 アットノンはドラッグストアの他に等でも購入できます > アットノンEXジェルの使い心地• 即効性は無いので効いたか効いてないかわかりません!• EXが付く前のアットノンクリームは金属チューブだったけど、絞りやすいやわらかいチューブに• 若干ツンとした臭いがするが、乾いた後はほとんど臭わない アトファインを使ってみた 入院前にいろいろグッズを揃える時に、この商品を買った人は~リストに出てきたのを見て思わず買ってしまいました。 ちょっと高いけど他の入院グッズと一緒にドサクサに紛れて。 後からケロイドとか肥厚性瘢痕の可能性を考えたぐらい、この点については最初はあまり何も考えてなかった。 最初は1箱お試しに。 良さそうだったので次はお買い得な2箱セットで。 軽く曲げられた状態で入ってるけど台紙をならせば問題なく体に貼れます。 2018年春頃チェックしていた時にはLまでしか無かったけど、いつのまにかLLもラインナップに増えてた Sサイズなら1箱12枚入だけど、MとLサイズは1箱6枚入り。 LLサイズは1箱4枚入り。 Lで164mm LLで214mm 中心がへこんでるから4mmは引いて収まるか考える Y! ちょっと高いけど、手軽に1枚貼ればいい・お風呂もOKで1週間貼りっぱなしの手軽さに慣れてしまったので、今更マイクロポアテープには移れないです。 中央のはくり紙をはがし という説明の通りに貼ってるけど、縦切開の傷跡のちょうどいい場所に合わせて貼るのが少し面倒。 位置合わせをしてから中央・上下の順に貼っても「収まってるけどもう5mm上だったかな」みたいにずれてしまうことも。 伸ばして 引っ張って 貼ってしまう事を防止する為に、端から貼らせない説明になっているんだろうけど。 腹部に座って貼る・引っ張って貼る・ 他のテープ保護方式のようにキズ跡を 寄せて貼ると、かぶれ剥がれの原因になることがあるようなのでちゃんと守ってます。 あとは公式ホームページのQ&Aを見る事は前提として のホームページ>• 本当に剥がれない?• 腹部なら立って貼る・毛は短くする・貼る前や貼った後にクリームやローションを塗らない等の注意を守っている時は、はがれてないです• 端が0. プールに行った後も剥がれなかった 7日目の剥がす日に行ってプール後は貼り続けてない• テープを半分などに切るとはがれやすくなることも、とあるが、それも大丈夫だった• かゆくならない?• 私は大丈夫。 むしろ貼ってない方が 綿や綿混のパンツでも 傷痕部分がムズムズする• とても通気性がいいのでムレる事はないです• いつから使った? 術後10日目。 手術直後に病院で貼られたステリストリップがはがれ始めた縦切開の下半分から。 全体に貼り始めたのは術後3週から。 体質や縫合の方式によって開始タイミングは違うかも• 剥がす時痛くない? ホームページには「肌に優しい粘着剤」って書いてあったけど、外側から中心に向かってゆっくりはがしても、さすがに術後1ヶ月ぐらいまでは痛かった• かぶれない? 体質によると思うのですが、私は大丈夫でした。 剥がした直後はちょっと赤くなるけど、すぐ収まるのでかぶれたというほどでは無いかなー• 効果ある? 即効性があるものでは無いから分からない。 上述した通りが擦れてもムズ痒くならないというのは実感。 説明通りに立った状態で貼る• お風呂ではゴシゴシせず、泡で軽くなでるように洗う• アットノンEXジェルを1日数回塗って過ごす• せっかく縦横両方の伸展を抑える製品なのに・・・ 食前に貼って食後に少し太くなっても 、その程度の伸びはさすがに引きつれ感はありません。 安いから体にも潤沢に使う。 でも、もう一度すぐ剥がれるとショックながので、貼った後のアトファインの周辺には塗ってない。 > 座るとこんなにシワになるので、立って貼るという指示も納得。 剥がれやすい・かぶれる・かゆくなるという人は体質で合わないならしょうがないけど、 クリームやジェルを塗ってから貼ってるとか、貼った上や周辺にクリーム塗るとか、毛を短くしてないとか座って貼ってるとか、引っ張って貼ってるとか、逆に他のケアテープ類のようにキズ跡に向かって寄せて貼るとか説明を守ってないケースもあるのではないかと思う。 軟膏やクリームを塗った部分はアトファインがはがれやすくなりますので、軟膏やクリームは必要最小限の面積にとどめ、余計に塗った場所は拭き取ってからアトファインをお貼りください。 また、アトファインの上から軟膏やクリームを塗った場合も同様にはがれやすくなります。 Q&Aより アットノンジェルは乾いた後はサラサラになるので油断してたっぷり塗ってからアトファインを貼ったら翌日入浴時に剥がれてしまいました。 いくら1日あたりならそれほど高くないもん。 と強がっていても一晩で剥がれてしまうのはさすがに 的に 痛くてショックだった。 恥骨付近の毛のトリミング・・・ ある程度毛が伸びた状態で、ちゃんとトリミングせずに上にアトファインを貼ると、姿勢を変えた時に引き攣れというか、引っ張られて不快感が 私は大丈夫ですが剥がれやすくもなってしまうようです 製品の説明でも下記のようにあります 乾いた状態で貼ってください。 テープを貼る部分の毛は、短く切っておいてください。 その際は、「傷あと」を傷つけないようご注意ください。 私はミュゼに通っていた時に買ってしまっていたフェリエのミュゼモデルが便利で、テープを貼る部分だけフェリエで処理しています。 丸い刃先で肌を傷つけにくい=ツルツルに剃るというより脱毛前提の自己処理用なので使いやすい 似たのだとこれかなぁ アットノンEXジェルとアトファインを交互に使ってみて・・・ くどいけど、効果の方はわからないので何とも。 併用していて感じたのが、鏡で傷口が見えてしまった時の心のト。 アトファインの上からでも、うっすらキズは透けるしトイレとかでゴツゴツしてるなぁなんてついつい触っちゃうし、貼り直す時にはしみじみキズの色をみたり写真撮ったりしてるんだけど、ふいに洗面所の鏡に映った自分をみて、うわぁ~大きくて赤いキズがはっきりみえるわぁと軽くショックを。 ショックというか自分のキズに引いたというか。 ずっと毎日見てたのなら もうすでに慣れてるんだろうけど。 アットノンジェルは、肌の伸展や肌着等の刺激からは守られない• アトファインは肌の伸展や肌着等の刺激からは守られるけど、1週間貼りっぱなしなので、ボディーローションも塗ることはできない 塗ったらはがれそう• ジェルやクリーム等をアトファイン初日にちょっぴり塗っても通気性がとても良いから、お風呂入ったら塗ったものもすぐに流れそう。 という事で保湿ケアができない• マイクロポアテープを貼るのなら、こまめにアットノン等のジェルやクリームも塗り直せるかもしれないが、アトファインの手軽さに慣れてしまっているから15cm分も横向きに 傷あとに直角に 丹念に貼るのは面倒で、試すに至ってない• 本当はアットノンを一日数回塗り直すたびにアトファインを貼り直すぐらい、せめて毎晩塗り・貼り直すぐらいの併用をしたいけど、アトファインは安くは無いから、そこまでの贅沢はできない という訳で、アトファイン6日~7日とその切り替え日に一日だけアットノンジェルを使うという併用を続けています それにしてもアトファインをメインにするのと、ヘパリン類似物質をメインにするのだと、どっちの方が早く綺麗になるんだろうか Y! ronchan3.

次の

傷跡のセルフケアに最適なアットノン!効果・使い方・口コミを紹介

アットノン 成分

ヘパリン類似物質 アラントイン グリチルリチン酸ニカリウム こちらの3種類になります。 アットノンのベースとなるのは「ヘパリン類似物質」です。 ヘパリン類似物質は角質の水分保持する作用や血流を良くする作用。 「アラントイン」は肉芽形成促進作用や壊死組織除去作用があり「グリチルリチン酸」は炎症を抑える効果があります。 これらの成分の効果が皮膚のターンオーバーに影響を与えて傷跡や黒ずみを改善する働きがあります。 ではジェルとクリームの選び方の違いですが、まずクリームタイプは油分が比較的多く含まれているため保湿効果も優れており、さらに塗った後の持続性はジェルよりも高くなります。 一方のジェルはクリームよりも塗ったあとのべたつきなどが少なく伸びも良いタイプになります。 ただしコンシーラータイプにこだわらないのであればアットノンコンシーラーはかなり割高になりますので、ただのヘパリン類似物質を配合している塗り薬を選ぶようにしましょう。 アットノンEXと同じ効果で値段が安い薬 アットノンEXと同じ効果を発揮し、おまけに値段もアットノンEXよりも安いものがあります。 それは Saiki サイキ です。 saiki(サイキ)にはクリーム、ローション、乳液タイプがあり、配合されている成分はアットノンEXよりも多いです。 そして何より注目すべきは 「値段」と「顔への使用を考えた作り」の2点です。 まず値段ですがsaiki(さいき)クリームタイプは 30gで1700円と、アットノンEXの 15g1300円と比べても安い事が分かります。 そしてsaiki(さいき)はアルコールフリーや弱酸であったりと、素肌の事を考えた作りの薬になっているんです。 ですからアットノンEXよりも値段や肌への影響を考えるとsaiki(さいき)はよりおすすめの薬となります。 さらに詳しくはこちらも参考にしてみてください。 アットノンEXが効かない時 アットノンEXの代わりにクロキュアを使う しかしそんなアットノンEXでもなかなか傷跡が良くならずに困っている人も多いかと思います。 そんな時に試すべき薬が クロキュアになります。 クロキュアはアットノンEXと同じ小林製薬から発売されている薬になりますが、この2つはかなり似ている作りになっています。 と言うのも炎症を抑える成分は同じ「グリチルリチン酸」を配合し、皮膚の修復を助ける「トコフェロール酢酸」を配合しています。 ではアットノンとクロキュアは何が違うのかと言いますと、これはベースとなる成分に 「尿素」を配合している点になります。 クロキュアはアットノンEXに配合されている「ヘパリン類似物質」の代わりに「尿素」を配合しているんです。 ただし顔にはこちらの尿素はあまり適していませんので、顔に使用する場合はアットノンEXを使用するようにしてください。 クロキュアに関してはさらに詳しくはこちらでも紹介しています。 アットノンはニキビには効かない アットノンは傷跡に効くとされている薬であるためニキビにも効くと思われるかもしれませんが、 ニキビを治す直接的な効果はありませんので注意してください。 もちろんアットノンの成分であるヘパリン類似物質には皮膚を正常にする働きがあるため、ニキビ後の肌に効果がゼロではありません。 ニキビ跡には多少なりの効果があるかもしれません。 ただしニキビ治療にはニキビの菌をやっつける成分が必要になりますのでニキビ治療にアットノンは直接的な効果はありません。 もし使用するとしても、あくまでアットノンを使う場合はニキビが治った後の見た目が気になる時に試してみる程度にしましょう。 傷跡を一刻も早く隠したい場合 「薬が効くまで時間がない」「一刻も早く傷を目立たなくさせたい」という人もいるかと思いますが皮膚のターンオーバーには1か月近くかかる事もあることから、薬を使用してもそれなりに時間がかかってしまいます。 そんな時におすすめしたいのはこちらの 貼って隠すタイプになります。 こちらは直接患部に貼る事で物理的に傷跡を目立たなくさせるものになりますから、もし時間が待てない人などはぜひ試してみてはいかがでしょうか。 アットノンの選び方と値段のまとめ アットノンEXクリーム :傷ややけど跡に一番おすすめ 【価格】1300円(15g) アットノンEX透明ジェル :クリームが嫌な人はジェルタイプ 【価格】1300円(15g) アットノンコンシーラー :選ぶ必要なし 【価格】1300円(10g).

次の

アットノンとケシミンの違い?顔のシミやニキビ跡にもに効果的なのは??

アットノン 成分

アットノンってどんな商品? アットノンは、小林製薬が開発・販売している傷跡を消すためのクリームです。 テレビCMも流れているので、名前をご存知の方も多いのではないでしょうか。 アットノンは第二類医薬品に分類される市販薬です。 そのため、主に薬局やドラッグストアで販売されています(ネット通販でも購入可)。 薬といっても、傷薬(傷を治す薬)ではなく、傷跡改善薬(傷跡を消す薬)です。 たとえば下記の場合などに傷跡を消したり、目立たなくしたりすることができます。 切り傷や擦り傷がある• 料理などで出来たやけどの跡がある• 虫に刺されたあとの掻き跡がある• 猫に引っ掛かれた跡がある• 抜糸後の手術痕がある• ひび割れ、あかぎれ、しもやけがある• ひじ、かかとがガサガサしている(角化症)• 打身やねんざ後のはれがある etc. 古い傷跡でも、1年~2年以内の傷跡であれば効果を発揮します。 また、子どもの一生キズ対策にもおすすめできます。 もし子どもに一生キズになりそうな傷跡があるなら、アットノンを塗ることで改善できる可能性があります。 アットノンには開発秘話があります。 小林製薬によると、小林製薬の女性社員が「 自転車に乗って転んだときにできた傷が、傷跡として残ってしまい気にしていた」ことが、アットノンを開発するキッカケになったようです。 そこで、「傷跡を治せる薬があったらいいな」と考えて、アイディアを出し、2007年6月にテーマ化されたことで、アットノンの開発が始まりました。 そのような背景で開発されたアットノンは、2010年4月に承認取得し、2010年5月から中国・四国地方でテスト販売を開始、そして2011年3月から全国販売されました。 「アットノン」は透明ジェルタイプとして販売され、幅広い支持を得ました。 また、ジェルタイプのサラッとした使用感だけでなく、クリームタイプのしっとりとした使用感を求める声もあったため、2013年3月に「アットノンクリーム」が発売されました。 2016年4月には、「アットノン コンシーラータイプ」と「アットノンローション」も発売されています。 つまり、アットノンシリーズは下記の4タイプがあるということです。 アットノン• アットノンクリーム• アットノン コンシーラータイプ• アットノンローション どのタイプも、成分と効能は同じです。 なにが違うのかというと、添加物、使用感、使用用途、単品容量や価格などが違います。 医薬品添加物とは、日本薬学会によって「 製剤に含まれる有効成分以外の物質」と定義されています。 また、「 品質の安定化を図る、有用性を高めるなどの目的で、ほとんどすべての医薬品に添加されている」と説明されています。 タイプ別の特徴 ここで、アットノンのタイプ別の特徴をまとめます。 透明ジェルタイプ• さらっとした使用感• 単品容量15g• クリームタイプ• しっとりとした使用感。 肌に優しい• 単品容量15g• 肌色クリームタイプ• 肌に密着する肌色クリームで、傷跡を隠しながら消すことができる• 単品容量10g• ローションタイプ• 広範囲にもサッと塗ることができて伸びが良い• 単品容量25g• 1,600円(税込 1,728円) このようなタイプ別の特徴があります。 また、先述した通り、どのタイプのアットノンも成分と効能に違いはありません。 アットノンの成分は「 ヘパリン類似物質」と呼ばれるものです。 この有効成分には「 水分保持作用」「 抗炎症作用」「 血行促進作用」があります。 傷跡のある部分は、毛、汗腺、皮脂腺などが欠如しており、乾燥しやすく外部刺激を受けやすい状態になっています。 そのため「 水分保持作用」によってその箇所の保湿性・柔軟性を取り戻します。 また、傷跡のある部分は真皮の中で慢性的に炎症が起きています。 その炎症を「 抗炎症作用」によって鎮め、皮膚の有する正常化機能を回復します。 そして、「 血行促進作用」によって皮下組織の血行を良くし、皮膚の新陳代謝を促進します。 これらの作用によって、傷跡を改善することができます。 効能 アットノンの効能は下記の通りです。 傷、火傷のあとの皮膚のしこり・つっぱり(顔面を除く)、ひじ・ひざ・かかと・くるぶしの角化症、手指の荒れ、手足のひび、あかぎれ、乾皮症、小児の乾燥性皮膚、しもやけ(ただれを除く)、打身・ねんざ後のはれ、筋肉痛・関節痛 「傷、火傷のあとの皮膚のしこり・つっぱり」というのは、切り傷、擦り傷、掻き傷、やけどなどの傷跡のことです。 傷跡とは、医学的に説明すると、傷口を修復するときに皮膚組織が異常に増殖することで出来るしこり(もりあがり)・つっぱり(赤み)のことを指します。 アットノンの使い方は? アットノンの使い方や使用上の注意について説明します。 アットノンの使い方は、どのタイプも共通しています。 1日に1回~数回、適量を患部にすりこむか、アットノンをガーゼなどにのばして患部に貼ることで使用します。 使用上の注意 どのタイプでも、アットノンは下記の場合において使用してはいけません。 出血性血液疾患(血友病、血小板減少症、紫斑病など)の人• 目や目の周囲、粘膜(口腔、鼻腔、膣など)への使用• 傷が治りきっていない、傷が治っている途中、かさぶたの状態での使用 (かさぶたが完全に取れたあとに使用する) また、下記の場合においては、使用前に医師、薬剤師、登録販売者によく相談しましょう。 医師の治療を受けている人• 薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人• 湿潤やただれのひどい人• 使用後に皮膚に発疹、発赤、かゆみ、はれの症状があらわれた場合 アットノンに年齢制限はありません。 ただ、子供の肌は大人より敏感なため、小林製薬は「 目安として生後6ヶ月後くらいから、よく様子を見ながらの使用」をおすすめしています。 また 、肌の弱い子どもには、優しいクリームタイプがおすすめです。 アットノンは妊娠中・授乳中でも使用できます。 ただ、かかりつけの医師に相談してから使用するとより安心です。 アットノンの口コミ アットノンの口コミをご紹介します。 すると、翌日には薄くなっていました!実感が早くて驚きです。 特に、ここ最近のニキビであれば、効果が分かりやすいと思います。 オススメです。 引用元: アットノン、けっこ昔に買って使わないまましまっていました それが出てきたのでこんなのあったなーと思って、新しいのを購入し使い始めました。 現在使い始めて1ヶ月経ちませんが効果あります! 3ヶ月ほど前、珍しくほっぺたにできもののようなニキビができたのですが なかなか治らない上に結構大きくなっちゃって絶対跡になる? !と凹んでました。 案の定直径4ミリくらいのシミのような色素沈着が出来てしまいました。 顔となると4ミリは大きいですよね。 コンシーラーで隠していましたが ふと思い出してアットノンを使い始めて2. 3週間? もう消えてきてます! おそらく根気強くきちんと続けていく事は大切です。 コスパに関しても、ビタミンCや高いパック、化粧水に比べたらとても良いと思います! 容量は小さいけど、ドバドバつかうものでもないし一ヶ月は全然持ちます。 ここまで効果が出るということは荒れてしまう人も居るかもしれません。 私は敏感肌な方ですが荒れたりしませんでした。 でも肌が弱いかもと思う方はまずは目立ちにくい箇所から試した方がいいかも。 引用元: アットノンの商品説明や効能では、ニキビ跡に効くかどうかは明言されていないのですが、口コミの中にはニキビ跡に効いたという評価も少なくありません。 ニキビ跡で悩んでいる方も試してみる価値はあるでしょう。 まだ、消えてはいませんが、上にコンシーラーを塗るとほとんど分からない程度までになりました。 2本目も頑張ってすり込みたいと思います!! 引用元: アットノンは手術痕にも効果があると公式に説明されています。 ただ、20年前の手術痕が薄くなってきたというのは、本当なら驚きです。 アットノンは1年~2年前の傷跡なら改善可能とされています。 それ以上経った古傷については、小林製薬は「効果を実感できなかったり、効果があったとしても日にちがかかる可能性がある」と説明していきます。 見方を変えれば、20年前の傷跡でも日にちをかければ効く可能性もあるということですね。 ほんとに傷跡が治るのかなーと半分興味本位で使ってみることにしました。 塗った瞬間スーッとして気持ちいいです。 アルコールっぽい匂いはキツいけど途中で慣れました。 傷跡の箇所は、一年程前にお猫様にひっかかれて割と深めについた二の腕にある2本の横線。 もう一つの傷跡が、7年程前にずっこけてアスファルトでやっちまった肘にある小さめのケロイド系の傷跡。 毎日ではないもののせっせと塗っていった結果、数ヶ月して二の腕の2本線が1本線になりました! まだ傷跡になっているもう1本の線も大分目立たなくなってきています。 しかし肘に出来た傷跡は、残念ながら変化なし。 古傷には効かないみたいですね。 それとも皮膚の厚さとか硬さとか、傷跡の種類が関係しているのかな? 画期的な商品ですし、これからもっと改良されて、より良い商品になることを期待します。 引用元: 数か月の使用したところ、一年前の二の腕のお猫様による掻き傷は改善しましたが、七年前のひじにある擦り傷は改善しなかったという口コミです。 やはり古傷が改善しないケースもあります。 発売当初の透明ジェルタイプを1本、クリームタイプが発売されたと聞き2本目を購入しました。 以前のジェルタイプはアルコール臭?が少しきつくて、いかにも薬!な印象でした。 同じチューブタイプでしたが、少なくなると結構力がいる容器に入っていて扱いにくい商品でした。 そんな消費者の声をすぐに反映してくれたのか、容器も使いやすくなりしかもクリームタイプ! 嫌なアルコールの香りもなくなり、とても気に入りました。 2年程前に駅の階段から落下し、すねが恐ろしく大きな切り傷になってしまい。。 治るのも時間がかかったので、完治まで数ヶ月かかり傷跡になりました。 その際に発売されていたジェルタイプを根気よく塗り、自然治癒力もありだいぶ薄くなりました。 以前は友人に会うたびに「脚どうしたの!? 」と聞かれていたのですが、今は突っ込まれない程度に。 10センチくらいのすねの切り傷でしたが、一番深くえぐれて?しまっていた部分の2センチくらいだけ跡が残っています。 他は角度によれば皮膚のつっぱり感が分かる程度です。 引用元: 10cmくらいの傷跡がほぼ改善したという口コミです。 また、通常のジェルタイプより、クリームタイプをおすすめされていますね。 ただ、すぐ効くのと効かないものがありますね。 5~6年前からある小さくて茶色いしこりがあるようなシミには3~4カ月使い続けてしこりが無くなり、色も分からないくらい薄くなりました。 数年前から消えなかったひっ掻きキズからできたシミにも効果あり。 半年ほどで消えました。 イボがあった跡のシミにはほとんど効果はなし。 紫外線ではなく、体の内面から出ているであろうシミにも効果なし。 現在3本目のリピートで毎日朝晩すり込むようにつけているのですが、たぶん真皮にまで達しているようなシミやあざには効果が表れにくいのではないかと感じてます。 でも使い続けることによって効果が出てくることを祈って、リピし続けようと思います。 引用元: 以上のような口コミがあります。 市販の薬でセルフケアも大事ですが、効果が実感できない場合は、専門のクリニックに相談してみるのも良いと思います。 中央クリニックでは、無料カウンセリングを行っています。 親身に相談に乗ってくれるドクターが揃っていますので、ご興味のある方は一度相談してみてはいかがでしょうか。 傷跡修正の無料カウンセリングを行なっている まとめ.

次の