容量 iphone。 iPhoneの空き容量(ストレージ)を増やす方法は3つしか無い

歴代iPhoneのバッテリー容量を比較

容量 iphone

容量選びに迷うなら、あとから後悔しないように最大容量を購入してしまうのも手だが、iPhone 11の64GBと256GB、iPhone 11 Proの64GBと512GBでは数万円の価格差があるので、自分の使い方に合わせてできるだけ慎重に選んだ方がいいだろう。 では、それぞれの容量で、使用時にどれくらいの差が出るのかを具体的に確認していこう。 64GBと512GB、実際どれくらいの差がある? 実際のところ64GBと512GBでは、保存できる容量にどれくらい差があるのだろうか? まずは、音楽の場合で考えてみよう。 再生時間を1曲あたり4分ほどとした場合、圧縮の形式などにもよるが、データ容量はおよそ8~12MB。 平均10MBとして、仮にiPhoneの全容量を費やした場合、64GBなら6,400曲、512GBなら5万1,200曲を保存できる計算だ。 上記は全容量を費やした場合の数字なので、あくまでも目安として考えてほしい。 ほかにアプリなどを保存すると考えると、当然、音楽や写真、動画に費やせるのはもっと少なくなる。 今使っているiPhoneの使用容量をチェックしよう 新しいiPhoneの容量を検討するうえで具体的な参考となるのは、なんといっても 現在使用しているiPhoneのストレージ使用状況の確認だろう。 自分がどんな使い方をしているのか、それで足りているのか、不自由しているのかを確認すれば、おのずと必要な容量も予測できる。 確認する方法は簡単。 すると、ストレージの使用中データ容量、使用可能な空き容量が表示され、各アプリのデータ容量が上位順に一覧で確認できる。 64GBと大容量モデル、それぞれの容量がおすすめの人は? これまでの内容を踏まえ、256GBや512GBの大容量モデルと、64GBの小容量モデル、それぞれにおすすめのタイプを考えてみよう。 まずは256GBや512GBの大容量モデルだが、向いているのは以下のような人になる。 ・写真や動画をたくさん撮影する人 ・大量の音楽や映画をiPhoneにストックし、外出先で楽しみたい人 ・さまざまなアプリを使いわけるビジネスマンやスマホヘビーユーザー とくに、飛行機や新幹線などの移動が多く、 ネットが利用できない時間でもスマホを活用したいという人には大容量モデルがおすすめだ。 最近は飛行機の中でもWi-Fiが利用できるが、あらかじめ動画や仕事の資料をダウンロードしておけば、よりスムーズだ。 同じ理由で、頻繁に海外に行くという人にも、現地でのデータ通信を抑える意味で大容量モデルをおすすめしたい。 一方、小容量モデルの64GBでも問題ないのは以下のような人になる。 ・クラウドストレージを活用している ・ストリーミングメインで音楽や映画を保存しない ・余計なアプリは入れない、定期的に削除している iCloudやDropbox、Googleフォトなどのクラウドストレージに写真やファイルをバックアップしつつ、動画はストリーミングで楽しむなど、総じて ネット環境を使いこなしている人なら64GBでも問題はないだろう。 ネットにつながらない環境では多少の不自由があるかもしれないが、先に挙げた外付けストレージを併用するという手もある。 自分の使用スタイルに合わせて、容量を考えよう どうにも悩ましいiPhoneのストレージ容量の選び方。 人それぞれの使い方にもかかわってくるだけに、なるべく慎重に検討したいところだ。 本記事を参考に、ぜひ自分にあった容量のiPhoneを購入して、快適な使い心地を存分に体感してほしい。 もっと知りたい もっと知りたい.

次の

iPhone SE(第2世代)のストレージ(容量/ギガ)は64GBで足りる?128GB・256GBが必要なのは動画を長時間撮る人だけです

容量 iphone

左/iPhone 8 中央/iPhone X 右/iPhone 8 Plus 当然ながら高額なのは256Gモデル。 しかし、256Gは大容量のため、iPhoneの使い方次第で料金以上の価値を感じられるだろう。 いまいちピンとこないかもしれないが、詳しくは後述したい。 iPhoneの容量選びが重要な理由 そもそもiPhoneの容量選びはどうして重要なのか。 理由のひとつは、 iPhoneではAndroidのようにSDカードを外部ストレージとして使えないことだ。 写真や音楽、動画といったファイルをオフラインで手元に置きたければ、iPhoneに内蔵されたストレージに保存するしか方法はない。 選択したストレージ容量によって今後の使い方も左右されるため、しっかりと先を見据えた容量選びが大切なのだ。 容量の上限に達してしまうと、撮り溜めた写真やお気に入りのアプリを渋々削除したり、クラウドネットワーク上にファイルを移動したりなど空き容量不足と格闘する羽目になる。 それを避けるためにも、 あらかじめ自分の不自由しない容量を選択したい。 iPhoneの大容量モデルがおすすめの人は? では、64Gと256Gはそれぞれどんな人におすすめなのだろう。 まずは256Gから見ていきたい。 大容量モデルに向いているのは、当然ながら以下のような人になる。 「写真を1,000枚保存しているけど、これって多いの?」と首を傾げてしまう人もいるはずだ。 そこでここでは、メジャーなアプリで使用するデータ量を算出してみた。 あくまでも「計算上」だが、おおまかな目安となるだろう。 しかし、iPhone 8とiPhone Xでは、 高画質且つ軽量な「HEIF(ヒーフ)」という新形式を採用している。 5MBといったところだ。 仮に1枚の写真を平均1. 25MB、iPhoneの全容量を費やすとした場合、 64Gだと51,200枚、256Gだと20万4,800枚の写真を撮りためられる計算になる。 だが、実は注意しておきたいのは、時にゲーム以上のサイズになる 「LINE」や「Instagram」といったSNS、「Gmail」などのメールアプリだ。 過去のやりとりが 「書類とデータ」として保存されるため、使うほどにじわじわと容量を増やしていく。 ちなみに編集部スタッフでLINEの使用データ量を調べてみたところ、どちらも2年ほどの使用で、ほとんどLINEを使わないスタッフは約600MB、ヘビーユーザーは約3Gとかなりの差があった。 ただし、 LINEの場合はキャッシュをクリアすることで、過去ログの読み込みは遅くなるが、ストレージを軽くすることができるので、一度試してみるといいだろう。 操作方法は、LINEの[設定]>[トーク]>[データの削除]>[キャッシュデータ][写真データ]など任意のデータを選択>[選択したデータを削除]の手順で行う。 64GBを選択しても問題ない人は? では逆に、大容量モデルのiPhoneでなくとも問題ないのはどんな人だろう。 以下の4つのタイプの人は、64Gの購入を検討してもいいだろう。 ファイルはオンラインで管理されるため、iPhone本体のストレージを圧迫せずに済む。 ただし、ファイルを閲覧するたびにデータ通信も発生するので、Wi-Fi環境の整備などを併せて行うべきだろう。 データはPCに保存されるため、仮に iPhone本体から削除しても必要に応じて復元できる。 こうして iPhoneのストレージ内を必要最小限に抑えてしまえば、大容量モデルにこだわる必要はない。

次の

iPhoneの容量の選び方|使い方ごとのおすすめ容量を全力で考えてみた

容量 iphone

iPhoneのラインナップをチェック まずはiPhoneのラインナップをチェックしましょう。 iPhone 8以降に販売されたiPhoneを簡単に特徴を踏まえて紹介していきます。 iPhone SE(第2世代) iPhone SE 2020年4月24日発売予定のiPhone SEは、iPhone 8のコンパクトなサイズでiPhone 11の最新チップ「A13 Bionic」を搭載した、「大きなiPhoneはいらない」という方におすすめのiPhoneです。 「Touch ID」の指紋認証は花粉症などで常時マスクをつけないといけない時にも安心です。 そのほか、シングルカメラながら12MPのメインカメラで、ポートレート撮影にも対応。 IP67等級の防水・防塵性能、FeliCaを搭載しているためApple Payも利用できます。 iPhoneの機種別容量のラインナップ 機種ごとに外観が全く同じであるiPhoneですが、実は見た目が同じであっても、 中身のストレージ容量が異なります。 それぞれの機種には、2〜3種類のストレージ容量が用意されています。 iPhoneを選ぶ時は機種を選んだ後、容量を選ぶ必要があります。 後ほど詳しく解説しますが、 Android端末のようにSDカードを外部ストレージとして挿入することがiPhoneシリーズの場合できないので、写真・動画・アプリといった様々なファイルは、クラウドサービスを活用しない限りは全てiPhone本体に保存しなければなりません。 よって、iPhoneを購入する前には、 購入したい機種のストレージ容量をどれにするか、よく検討することをオススメします。 まずは、iPhoneの機種ごとに異なるストレージ容量のラインナップをおさえておきましょう。 このように、iPhoneを選ぶ時は機能やデザインから機種を選定した後に、それぞれストレージの容量を選択しなければなりません。 では、実際にiPhoneの容量をどのように選べばよいのか解説していきます。 容量が大きくなるほど高くなります。 Apple 公式サイトで取り扱われているSIMフリーiPhoneの機種別価格一覧(税抜)をまとめました。 iPhoneは、外部SDカードに対応していないので、 一度購入した後は容量を増やすことができません。 容量がいっぱいになってしまうと、写真や動画の保存はもちろん、アプリのインストールもできなくなります。 かといって、端末の価格は容量が大きいほど高額になるため、使ってみたら半分以上容量が余っている、なんてことだと勿体無いですよね。 現状どのくらいの容量のスマホを使っているか、今後どんな使い方をしたいのか確認しながら、自分に合った最適な容量を把握して購入しましょう。 迷っているなら価格差と容量のバランスを考え、64GB〜256GBのiPhoneは128GB、128GB〜512GBのiPhoneは256GBといった 真ん中の容量を選んでおくのがおすすめです。 iPhoneの購入ならキャリア公式オンラインショップがおすすめ? iPhoneの購入を検討中なら、キャリア公式のオンラインショップをチェックしておきましょう。 特典が充実しており、お得にiPhoneの購入ができるので、おすすめです。 ・24時間いつでも時間に購入できる ・端末代金の頭金不要 ・オンラインショップ限定のキャンペーンがある ・各種ポイントの利用ができる また、オンラインショップ限定のキャンペーンを活用するのもおすすめ。 例えばドコモなら、対象手続きによってdポイントの進呈や端末購入代金の割引キャンペーンを実施中。 さらに契約事務手数料・送料無料で店舗より負担少なく手に入ります! オンラインショップ限定のキャンペーンを実施している場合があるので、購入の際は一度チェックしてみてください。 とはいっても、どの種類のファイルがどのくらい本体に保存されいるか、なかなか把握するのが難しいですよね。 iPhoneの容量を選ぶには、 自分がどのような使い方をしているのか確認するのが重要なポイントとなります。 iPhone(iOS端末)のストレージ使用状況を確認する方法 iPhone(iOS端末)で使用しているストレージ容量の状況は以下の方法で確認できます。 まず、「設定」を開きます。 設定アプリを起動 続いて、「一般」をタップ。 「一般」を選択 中段にある「ストレージとiCloudの使用状況」を選択します。 「ストレージとiCloudの使用状況」を選択 すると、一番上には使用中のストレージ容量と空き容量が示され、その下には各アプリで使用しているデータ容量が一覧で表示されます。 ストレージの内訳 見方ですが、例えば、「写真とカメラ」であれば保存されている写真やデータを含めたデータ容量、ミュージックには音楽ファイルのデータ容量、ビデオには保存されている動画容量が表示されます。 その他、アプリ一覧にはアプリの使用容量が表示されます。 一覧表示では、 使用している容量順に上位表示されます。 つまり、一覧表示が上に来れば来るほど、本体容量を多く使用していることになります。 この項目で、 ストレージの使用状況を把握すると、iPhoneの容量選びの際に非常に役立つ判断基準となります。 Android端末のストレージ使用状況を確認する方法 続いて、Android端末でのストレージ使用状況の確認方法です。 まず、「設定」を開きます。 設定アプリを起動 続いて、ストレージとUSBを選択します。 (機種によっては違う名前の場合があります) ストレージとUSBを選択 本体内部のストレージ使用状況が表示されます。 ストレージの内訳 Android端末でもこのようにストレージ使用状況を把握できるので、AndroidからiPhoneに乗り換える際には、しっかりおさえておきましょう。 かなり大きな違いですね。 128GB以上の大容量モデルは以下のような人に向いています。 写真や動画をたくさん撮る人 単刀直入にいうと、 写真や動画をたくさん撮影する人は、大容量モデルが絶対的にオススメです。 SNSアプリの普及により、撮影した写真・動画をTwitter・Facebook・Instagram等のSNSアプリにアップロードし友人と共有して楽しむために、より多くの枚数を撮影してしまうなんて人も多いと思います。 SNSアプリにあげるために多く写真を撮る人も多いのでは また、iPhoneのカメラ性能は、今や手の平サイズのスマートフォンとは思えないほど進化しています。 とにかくキレイで高画質です。 しかし、写真やビデオの画質がキレイになるのと反対に生じる問題が 「データ容量の肥大化」です。 キレイに取れる写真や動画にはそれだけの情報が詰まっている状況なので、当然ファイルサイズが大きくなってしまいます。 iPhone 11 Proで撮影した写真を例に挙げると、写真1枚で2. 5MB、1分ほどのフルHD動画で500MBの容量を消費します。 25GBにもなりますね。 このような理由から、 写真や動画をたくさん撮影する場合、128GB以上の大容量モデルを利用することをおすすめします。 64GBモデルでは、撮影した写真や動画がどんどんたまり、すぐに容量が満杯になるリスクがあります。 万が一、本体容量がいっぱいになってしまった場合は、複数枚連写している写真を削除したり、iPhone本体に保存されているデータをiCloudやDropboxなどクラウドストレージに移行することで、本体の容量を削減するという回避方法が有効です。 音楽や動画をよく使用する人 写真や動画と同じで、 音楽や動画もファイル容量が大きいです。 特に動画は音楽ファイルに比べても著しく大きいものが多くなります。 Apple Musicなどデータ通信を利用してストリーミング配信で聴く音楽サービスには、端末上に音楽ファイルを保存してオフラインで再生する機能があります。 オフライン再生をするにあたり、端末上にダウンロードされた音楽ファイルが蓄積していくと、ストリーミングの音楽配信サービスであっても、本体容量を圧迫します。 同じく、NetflixやHuluといった映画・ドラマなどの動画配信サービスもそうですね。 オフラインで再生するために端末へ保存すると、再生画質にもよりますが、1本で500MB〜1GB程度消費します。 オフラインでダウンロード保存できる動画配信サービスも多くなりました iTunesに音楽ファイルや動画ファイルをたくさん入れ込んでいて、すべてiPhoneに同期したいという人も大きい容量を選んだ方が良いです。 端末の空き容量が不足してしまった場合、同期するファイルを一部制限しなければならず、また同期する内容を選択する手間も出るので、面倒です。 音楽や動画もたくさん楽しみたいという人は、128GB・256GBの大容量iPhoneを選ぶのが無難です。 ストレージ容量に余裕がある方が、空き容量を都度気にする必要がないので、手間がかかりません。 アプリをたくさん使う人 iPhoneの機能が便利なのはもちろんですが、さらに便利にしてくれるのが数々の アプリです。 WEBを閲覧する時のSafariやChromeといったブラウザアプリをはじめ、Twitter・LINE・InstagramなどのSNSアプリ、メディアコンテンツ有料サービスの専用アプリ、ゲームアプリなど、無料から有料のものまで、さまざまなアプリがあります。 個々のアプリは便利なものばかり。 ついつい、気軽にダウンロードしてインストールしていると、iPhone端末内のアプリ数が膨大に膨らんでしまいがちです。 特に、ゲームアプリではグラフィックを多く使用しているなどの理由から、アプリ自体のデータ容量が大きいものが多いです。 よって、 アプリをたくさん使いたい人は大容量iPhoneを選ぶことをオススメします。 アプリのメリットは、簡単にインストールできるのと同じように、 簡単に削除(アンインストール)できることです。 時々、端末内のアプリ一覧をチェックして不必要なアプリを削除すると、iPhoneの容量削減に効果的です。 iPhone端末内に、必要なアプリをたくさんインストールして容量が足りない場合や、都度アプリを削除するのが面倒に感じるようであれば、大容量のiPhoneを選ぶ方が最適といえます。 iPhoneの64GBモデルがおすすめな人とは? 128GB・256GBという大容量モデルが必要な人について解説しましたが、これから解説するような人の場合は、 大容量モデルではない64GBモデルであっても十分活用できます。 写真・動画といった大容量データを、iCloudフォトライブラリ・Googleフォト・Dropboxなどのクラウドに保存する場合、元ファイルは本体に保存されずに、クラウド上のストレージに保存されるので、保体容量を圧迫しません。 また、音楽や動画をダウンロードして本体に保存するオフライン再生機能を利用せず、単にデータ通信をしながらストリーミング配信で楽しむという場合でも、特に本体容量を大きく使用することはありません。 さらに、便利なツールアプリやゲームアプリ等もほどんと使用せずに、必要最低限のアプリのみ残せるという場合であれば、アプリでiPhone本体の容量を占有してしまうことも少なくなります。 これらの内容をまとめて、大容量モデルが必要ではなく、64GBモデルを活用できるパターンとして、 ・クラウド上のストレージサービスに写真や動画等を保存する人 ・音楽や動画をあまり利用しない人 ・アプリを極端に多く利用しない人 ・適度に本体容量の確認が行える人 ・iPhone本体のバックアップをこまめに行える人 このようなタイプの使い方をしているようであれば、 64GBでもiPhoneライフを快適に過ごすことができます。 まとめ:最適なストレージ容量の選び方は? iPhoneの容量を決める上でのポイントについて解説しました。 重要な部分をまとめると以下の内容になります。 ・iPhoneを購入時には容量(64GB・128GB・256GB・512GB)を選ぶ必要がある ・購入後に容量を増やすことは不可 ・写真や動画を多く撮る人なら大容量モデルがオススメ ・音楽や動画を頻繁に利用する人も大容量モデルがオススメ ・アプリをたくさん使いたい人も大容量モデルがオススメ ・上記オススメに当てはまらない場合は64GBモデルでもOK ・64GBモデルを使うならこまめなバックアップや不要ファイル・アプリの管理が必要 ・自分の端末容量の使い方を把握して、最適な容量を選択することが重要 容量によって、値段は異なります。 ただし、最初から 価格だけをみて容量選択に入ってしまうことはあまりオススメできません。 例えば、安い64GBモデルを購入した後、自身の使い方に合っていなく、常に容量不足に陥るようだと、せっかく便利な端末を購入したにも関わらず本末転倒な結果となります。 まずは、 自分の端末容量の使い方をよく把握して、 使い方に見合った容量モデルを選択すると ストレスフリーで快適にiPhoneを使いこなせますよ!.

次の