麻 婆 豆腐 の 作り方。 本格的な麻婆豆腐 作り方・レシピ

給食の麻婆豆腐の作り方やレシピがこちら!豆腐の大量使用時の注意点!

麻 婆 豆腐 の 作り方

スパイシーでジューシー、本格的な麻婆豆腐の作り方をご紹介いたします。 大事なのは、豆腐を下茹ですること。 豆腐がより柔らかく、崩れにくく、水分が出にくくなるという効果があります。 辛味が苦手な方は、四川豆板醤・ラー油・四川辣椒粉の代わりにオイスターソースを使うと甘口になります。 1 鍋を熱したら油をひき、豚ひき肉を入れて良く火を通す。 パリパリとなるよう長めに炒めると、肉の臭みが消え、香りが良く出る。 2 一度火から離し、にんにく、四川豆板醤、甜面醤、四川辣椒粉、ラー油を入れたら再度火かけ、全てが一体となるようによく炒める。 そこへ鶏がらスープを入れる。 3 別の鍋に湯を沸かし、沸いたら塩をひとつまみ入れ、水切りしたばかりの豆腐を入れて、茹でる。 4 お湯が再沸騰してくると、豆腐がプルプル震えるように浮いてくるので、この状態のまま豆腐を網ですくい、タレの入っている鍋に入れる。 5 少し煮たら、紹興酒、塩、しょうゆ、こしょう、豆鼓で味を調える。 (塩加減は醤油で調整)• 6 長ねぎ、葉にんにく(サンミャオ)を入れて少し煮たら、水溶き片栗粉を少しずつ加え、とろみをつける。 7 お玉の丸い部分で豆腐を押すように、鍋を揺らしながら混ぜる。 焦がさないこと。 8 最後強火にし、仕上げのラー油を入れて混ぜる。 皿に盛り、仕上げに四川花椒粉をちらせば完成。 gnavi. パリパリとなるよう長めに炒めると、肉の臭みが消え、香りが良く出る。 STEP2:一度火から離し、にんにく、四川豆板醤、甜面醤、四川辣椒粉、ラー油を入れたら再度火かけ、全てが一体となるようによく炒める。 そこへ鶏がらスープを入れる。 STEP3:別の鍋に湯を沸かし、沸いたら塩をひとつまみ入れ、水切りしたばかりの豆腐を入れて、茹でる。 STEP4:お湯が再沸騰してくると、豆腐がプルプル震えるように浮いてくるので、この状態のまま豆腐を網ですくい、タレの入っている鍋に入れる。 STEP5:少し煮たら、紹興酒、塩、しょうゆ、こしょう、豆鼓で味を調える。 (塩加減は醤油で調整)STEP6:長ねぎ、葉にんにく(サンミャオ)を入れて少し煮たら、水溶き片栗粉を少しずつ加え、とろみをつける。 STEP7:お玉の丸い部分で豆腐を押すように、鍋を揺らしながら混ぜる。 焦がさないこと。 STEP8:最後強火にし、仕上げのラー油を入れて混ぜる。 皿に盛り、仕上げに四川花椒粉をちらせば完成。 大事なのは、豆腐を下茹ですること。 豆腐がより柔らかく、崩れにくく、水分が出にくくなるという効果があります。 辛味が苦手な方は、四川豆板醤・ラー油・四川辣椒粉の代わりにオイスターソースを使うと甘口になります。 gnavi. gnavi. gnavi.

次の

陳麻婆豆腐(マーボー豆腐) 陳 建一シェフのレシピ

麻 婆 豆腐 の 作り方

しかし、どうしても夏場の大量調理で、 麻婆豆腐が作りたいというのであれば、 現在は 冷凍でカットされてる豆腐も ありますので、そちらの使用を検討すると 良いかもしれません。 夏場のおすすめは冷凍豆腐 冷凍の豆腐って、美味しくなさそう・・・ と思ったかもしれませんが、意外にふつうなので、 ぜひ夏場の豆腐の大量使用で悩まされている、 栄養士の先生方、一度、お試しください。 冷凍豆腐を使うときに気を付けるべきことは、 開封作業や検品です。 開封時のビニール混入、 冷凍豆腐に異物がついてないかを しっかり確認しましょう。 学校給食は安全第一だということを 忘れないようにしましょう。 ・必要に応じて、水を取り換える。 ・常温放置は避け、冷蔵室(庫)で保存する。 施設に冷蔵室(庫)が不足している場合は、 納入時間を調整します。 麻婆豆腐の歴史や由来について 清の時代 1616~1911年 四川に住んでる陳さんの奥さんが 家庭にあった、ありあわせの食材で、 来客向けに作られたものが、 始まりだと言われています。 陳さんの奥さんの顔には、 ボツボツとした痘痕 あばた があり、 その 痘痕 あばた のことを 中国の四川の言葉で『麻』といい、 奥さんのことを『婆』と呼ばれていたので、 麻婆【まーぼー】と名前がつきました。 麻婆豆腐にはホワジャオがおすすめ! 花椒 ホワジャオ を入れるだけで、 ピリッと痺れる、 本格的な麻婆豆腐になります。 給食では使用する機会がない ホワジャオですが、 刺激を求めているかたは、 ご家庭の麻婆作りのときにお試し下さい。 詳しくはこちらの記事をご覧下さい。 煮崩れしにくくならはます。 豆腐にすが入らないように、 火加減は注意すること。 味も薄まるので注意して下さい。 片栗粉の水分はレシピの水分量から使用します。 混ぜるときは、豆腐を崩さないように、 大きくやさしく混ぜましょう。 【麻婆豆腐 1人分の分量 g 】 木綿豆腐・・・・120 豚挽き肉・・・・・30 ねぎ・・・・・・・20 にんじん・・・・・10 しょうが・・・・・・1 にんにく・・・・・0. 5 炒め油・・・・・・・1 ケチャップ・・・・・2 しょうゆ・・・・・・4 砂糖・・・・・・・・1 味噌・・・・・・・・2 赤味噌・・・・・・・3 テンメンジャン・・・1 トウバンジャン・・0. 5 ごま油・・・・・・0. 3 でんぷん・・・・・1. 【麻婆・関連記事】.

次の

【レシピあり】「麻辣豆腐(マーラーどうふ)」は麻婆豆腐と一文字違いで何が違うの? 実際に現地で食べていたのはコレだった / 沢井メグのリアル中華:第7回

麻 婆 豆腐 の 作り方

スパイシーでジューシー、本格的な麻婆豆腐の作り方をご紹介いたします。 大事なのは、豆腐を下茹ですること。 豆腐がより柔らかく、崩れにくく、水分が出にくくなるという効果があります。 辛味が苦手な方は、四川豆板醤・ラー油・四川辣椒粉の代わりにオイスターソースを使うと甘口になります。 1 鍋を熱したら油をひき、豚ひき肉を入れて良く火を通す。 パリパリとなるよう長めに炒めると、肉の臭みが消え、香りが良く出る。 2 一度火から離し、にんにく、四川豆板醤、甜面醤、四川辣椒粉、ラー油を入れたら再度火かけ、全てが一体となるようによく炒める。 そこへ鶏がらスープを入れる。 3 別の鍋に湯を沸かし、沸いたら塩をひとつまみ入れ、水切りしたばかりの豆腐を入れて、茹でる。 4 お湯が再沸騰してくると、豆腐がプルプル震えるように浮いてくるので、この状態のまま豆腐を網ですくい、タレの入っている鍋に入れる。 5 少し煮たら、紹興酒、塩、しょうゆ、こしょう、豆鼓で味を調える。 (塩加減は醤油で調整)• 6 長ねぎ、葉にんにく(サンミャオ)を入れて少し煮たら、水溶き片栗粉を少しずつ加え、とろみをつける。 7 お玉の丸い部分で豆腐を押すように、鍋を揺らしながら混ぜる。 焦がさないこと。 8 最後強火にし、仕上げのラー油を入れて混ぜる。 皿に盛り、仕上げに四川花椒粉をちらせば完成。 gnavi. パリパリとなるよう長めに炒めると、肉の臭みが消え、香りが良く出る。 STEP2:一度火から離し、にんにく、四川豆板醤、甜面醤、四川辣椒粉、ラー油を入れたら再度火かけ、全てが一体となるようによく炒める。 そこへ鶏がらスープを入れる。 STEP3:別の鍋に湯を沸かし、沸いたら塩をひとつまみ入れ、水切りしたばかりの豆腐を入れて、茹でる。 STEP4:お湯が再沸騰してくると、豆腐がプルプル震えるように浮いてくるので、この状態のまま豆腐を網ですくい、タレの入っている鍋に入れる。 STEP5:少し煮たら、紹興酒、塩、しょうゆ、こしょう、豆鼓で味を調える。 (塩加減は醤油で調整)STEP6:長ねぎ、葉にんにく(サンミャオ)を入れて少し煮たら、水溶き片栗粉を少しずつ加え、とろみをつける。 STEP7:お玉の丸い部分で豆腐を押すように、鍋を揺らしながら混ぜる。 焦がさないこと。 STEP8:最後強火にし、仕上げのラー油を入れて混ぜる。 皿に盛り、仕上げに四川花椒粉をちらせば完成。 大事なのは、豆腐を下茹ですること。 豆腐がより柔らかく、崩れにくく、水分が出にくくなるという効果があります。 辛味が苦手な方は、四川豆板醤・ラー油・四川辣椒粉の代わりにオイスターソースを使うと甘口になります。 gnavi. gnavi. gnavi.

次の