豆腐 ハンバーグ レシピ 鶏 ひき肉。 豆腐ハンバーグのレシピ【14選】人気1位は殿堂入り!つくれぽ100

【レシピ/作り置き◎】材料4つで簡単★豆腐ハンバーグ

豆腐 ハンバーグ レシピ 鶏 ひき肉

もくじ• 鶏ひき肉と豆腐のチーズソースハンバーグの材料(2~3人分)• 鶏ひき肉 150g• 塩コショウ 適量• ピザ用チーズ 100g• 無調整豆乳 200ml• 米粉 大さじ1• 油 適量(こめ油を使用しています)• そうなの?わたしはチーズソースの方が好きだけどな!男子と女子の違いかな? 笑 のぞみん まとめ 鶏ひき肉と豆腐のヘルシーなハンバーグに、濃厚なチーズソースをかけました。 豆乳と米粉を使っているので、濃厚だけどあっさり感も感じられます。 お皿から溢れそうなくらいの量になってしまいましたが、たっぷりつけて完食です! 我が家の男性陣は 「和風ハンバーグ」の方が好きだったようですが、わたしは断然 「チーズソース」派でした🧀 チーズ好きは女性に多いイメージですよね! みなさんはどちらがお好みですか? このブログは、カラダがよろこぶレシピを紹介しているサイトです。 「食べたものでカラダは作られる。 毎日の食事から健康になって欲しい。 」との想いでこのサイトを作りました。 たくさんの人に届きますように。

次の

【簡単】鶏ひき肉レシピ人気料理15選おすすめ!【つくね・そぼろなど】

豆腐 ハンバーグ レシピ 鶏 ひき肉

豆腐ハンバーグは、ボーリュームがあってしかもヘルシーなので、特に女性に人気のあるメニューです。 豆腐はどんな食材とも相性が良いので、その日の気分で、使う肉の種類や野菜を変えて作るという楽しみもあります。 豆腐は味にクセがないので、タレに変化を持たせるだけで、さっぱり味にしたり、こってり濃厚な味にしたりもできます。 この記事では、豆腐ハンバーグの基礎知識に加え、ひき肉でつくる豆腐ハンバーグ、肉なし豆腐ハンバーグ、れんこん入り豆腐ハンバーグ、ひじき入り豆腐ハンバーグにカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 豆腐ハンバーグの栄養素について 豆腐ハンバーグは、ヘルシーで栄養豊富なメニューと言えます。 なぜなら豆腐ハンバーグで使う豆腐、低カロリーでしかも、健康維持に必要な栄養素が含まれているからなのです。 例えば豆腐に含まれる大豆サポニンには、体内で満腹中枢を刺激し、満腹感をもたらす作用があります。 油脂を溶かす作用もあり、中性脂肪やコレステロールを除去してくれます。 また豆腐にはタンパク質が多く含まれていますが、低カロリーなので、肉などのタンパク質の食品と置き換えるだけでかなり摂取カロリーを減らすことができるのです。 中でも豆腐ハンバーグは、肉の代わりに豆腐を使う分けですから、カロリーを大幅に減らすことができ、しかも必要なたんぱく質を摂取できるということです。 豆腐ハンバーグは美容と健康のどちらにも効果があるメニューということができますね。 豆腐ハンバーグの調理法について 豆腐ハンバーグは、焼き崩れしやすいイメージがあるかもしれませんが、コツさえつかめば、ふわふわで美味しい豆腐ハンバーグが作れますよ。 コツの一つ目は、良い豆腐を選ぶ!木綿豆腐は特におすすめと言えます。 コツの二つ目は、豆腐の水切りとつなぎを使うことです。 重しをのせて1時間ほどかけてゆっくり水切りするか、時間がなければレンジで1-3分ほど加熱することもできます。 水切りに加え、つなぎを使って水分を吸わせるようにします。 パン粉や麩などをつなぎにすると良いでしょう。 コツの三つ目は、成形と焼き方です。 タネを混ぜ合わせる時に、豆腐をしっかり潰して混ぜます。 すり鉢などを使ってなめらかになるまで潰すと、崩れにくくなります。 また鉄のフライパンは避けて、テフロン加工などものを使うと焼き目もきれいにつき美味しく出来上がりますよ。 調味料をすべて合わせておきます。 ボウルに豆腐・ひき肉・混ぜ合わせておいた調味料を入れて、粘りが出るまでよく混ぜます。 形を整えて、真ん中にくぼみをつけます。 フライパンに油を熱して、ハンバーグを並べて焼き、中まで火が通ったら完成。 お弁当用に作るときは、豆腐の水切りをしておくと美味しく作れますよ。 えのきは3㎝幅に切り、木綿豆腐は適当なサイズに切ります。 えのき・豆腐・鶏ひき肉に卵・パン粉・塩胡椒を入れて混ぜ合わせます。 手のひらサイズの形にし、サラダ油をひいたフライパンで焼きます。 両面に焼き色がついたら、調味料を加えてとろみがつくまで焼いたら完成。 大根おろしと醤油をかけても美味しいですよ。

次の

ヘルシーでおいしい!人気の豆腐ハンバーグレシピ・作り方20選

豆腐 ハンバーグ レシピ 鶏 ひき肉

豆腐ハンバーグは、ボーリュームがあってしかもヘルシーなので、特に女性に人気のあるメニューです。 豆腐はどんな食材とも相性が良いので、その日の気分で、使う肉の種類や野菜を変えて作るという楽しみもあります。 豆腐は味にクセがないので、タレに変化を持たせるだけで、さっぱり味にしたり、こってり濃厚な味にしたりもできます。 この記事では、豆腐ハンバーグの基礎知識に加え、ひき肉でつくる豆腐ハンバーグ、肉なし豆腐ハンバーグ、れんこん入り豆腐ハンバーグ、ひじき入り豆腐ハンバーグにカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 豆腐ハンバーグの栄養素について 豆腐ハンバーグは、ヘルシーで栄養豊富なメニューと言えます。 なぜなら豆腐ハンバーグで使う豆腐、低カロリーでしかも、健康維持に必要な栄養素が含まれているからなのです。 例えば豆腐に含まれる大豆サポニンには、体内で満腹中枢を刺激し、満腹感をもたらす作用があります。 油脂を溶かす作用もあり、中性脂肪やコレステロールを除去してくれます。 また豆腐にはタンパク質が多く含まれていますが、低カロリーなので、肉などのタンパク質の食品と置き換えるだけでかなり摂取カロリーを減らすことができるのです。 中でも豆腐ハンバーグは、肉の代わりに豆腐を使う分けですから、カロリーを大幅に減らすことができ、しかも必要なたんぱく質を摂取できるということです。 豆腐ハンバーグは美容と健康のどちらにも効果があるメニューということができますね。 豆腐ハンバーグの調理法について 豆腐ハンバーグは、焼き崩れしやすいイメージがあるかもしれませんが、コツさえつかめば、ふわふわで美味しい豆腐ハンバーグが作れますよ。 コツの一つ目は、良い豆腐を選ぶ!木綿豆腐は特におすすめと言えます。 コツの二つ目は、豆腐の水切りとつなぎを使うことです。 重しをのせて1時間ほどかけてゆっくり水切りするか、時間がなければレンジで1-3分ほど加熱することもできます。 水切りに加え、つなぎを使って水分を吸わせるようにします。 パン粉や麩などをつなぎにすると良いでしょう。 コツの三つ目は、成形と焼き方です。 タネを混ぜ合わせる時に、豆腐をしっかり潰して混ぜます。 すり鉢などを使ってなめらかになるまで潰すと、崩れにくくなります。 また鉄のフライパンは避けて、テフロン加工などものを使うと焼き目もきれいにつき美味しく出来上がりますよ。 調味料をすべて合わせておきます。 ボウルに豆腐・ひき肉・混ぜ合わせておいた調味料を入れて、粘りが出るまでよく混ぜます。 形を整えて、真ん中にくぼみをつけます。 フライパンに油を熱して、ハンバーグを並べて焼き、中まで火が通ったら完成。 お弁当用に作るときは、豆腐の水切りをしておくと美味しく作れますよ。 えのきは3㎝幅に切り、木綿豆腐は適当なサイズに切ります。 えのき・豆腐・鶏ひき肉に卵・パン粉・塩胡椒を入れて混ぜ合わせます。 手のひらサイズの形にし、サラダ油をひいたフライパンで焼きます。 両面に焼き色がついたら、調味料を加えてとろみがつくまで焼いたら完成。 大根おろしと醤油をかけても美味しいですよ。

次の