赤ちゃん 性別 ジンクス。 妊娠中の性別判断テストジンクスの的中率は83%!(つわり・つむじ・中国式・脈・重曹など)17週で性別判明で答え合わせ|ママでもオタク宣言

赤ちゃんの性別が知りたい人は今すぐ足をチェックして!|たまひよ

赤ちゃん 性別 ジンクス

赤ちゃんの性別は産み分けは可能? 妊活中の人の場合、 男の子の赤ちゃん欲しい・女の子の赤ちゃんが欲しいなど、様々な意見があるのではないでしょうか? 元気に産まれてきてくれればどっちでも良いのですが、少しでも可能性が高まる知識があるに越した事はないでしょう。 100パーセント産み分けるという事は基本的には無理なのですが、今回、その都市伝説の嘘・本当について検証していきたいと思います。 これは、排卵日の前と当日では、膣内の酸性濃度が変わる事が一番の理由とされており、排卵日当日は、膣内は酸性からアルカリ性に変化するからのです。 性別が決まる基準は、卵子が、X精子とY精子のどちらの種類と受精するかによって決まり、 【卵子+X精子=女の子】、【卵子+Y精子=男の子】となります。 しかし、X精子は酸性に強くアルカリ性に弱いのですが、Y精子はアルカリ性に強く酸性に弱い為、性行為のタイミングは性別を左右する理由の1つとされているのですね。 これは、女性が気持ち良い性行為を行うと、子宮頚管からアルカリ性の液体が分泌され、 子宮内が弱酸性からアルカリ性に変化するからなのです。 先程の、排卵日当日の膣内が、酸性からアルカリ性に変化するという内容と、非常によく似たような事が言えるのではないかと思います。 要するに、2種類の精子のうち、どちらの精子が卵子にたどり着きやすいかという確率が、男女を左右するというものなのですね。 遺伝による部分も大きいかもしれませんが、食生活によっても匂いは変わりますので、 日頃食べるものによっても、体はアルカリ性・酸性に変化していくものなのです。 人によって食べ物の好き嫌いがあるかと思いますが、魚や野菜中心の生活だとアルカリ性に、肉食が中心だと酸性になると言われておりますので、1つの参考にしてみて下さい。 深ければ深い程、 酸性である膣内をなるべく避けて精子を届ける事ができる為、男の子の産み分けには子宮に近い、より深い部分での射精が大切なのです。 また、正常位でのフィニッシュだと男の子が生まれやすいとも言われており、重力の関係もあり、射精後に腰を浮かせるとより可能性が高まるとも言えるでしょう。 しかし女の子の産み分けにはより浅い部分での射精が大切であり、騎乗位でのフィニッシュだと、より女の子が生まれやすくなると言われているのです。 男の子の産み分けにはY精子が必要なのですが、数が多ければ多い程、その分生き残る可能性が高くなりますので、単純に数を増やす事は確率を上げる事に繋がるのです。 もちろんその分X精子の数も増えてしまうのですが、 Y精子はX精子の2倍の量がありますので、精子の量が増えるとY精子の確率が上がり、精子の量が減るとX精子の確率が高くなるのです。 こういった可能性を増減させるという原理があるからこそ、禁欲をし、精子の濃さをコントロールするのが性別を産み分ける為の秘訣と言えるでしょう。 赤ちゃんの性別を左右するまとめ 赤ちゃんの性別の判断基準は、 受精した精子 Y精子 or X精子 が、どちらに卵子と結び付くかによって決定されます。 男の子と女の子の違いは、 Y染色体を持つ精子が卵子と結合すると男の子、X染色体を持つ精子が卵子と結合すると女の子となるのです。 だからこそ、基礎体温を測り、排卵日検査薬を購入し、まずは排卵日を把握する事が何よりも大切と言えるでしょう。 そして、その他にも努力次第で可能性を上げる事は可能である為、1つでも多くの項目を試してみてはいかがでしょうか? ややこしいかもしれませんが、上記内容は理論的に説明する事ができますので、全てを実行出来れば、きっと確率は上がるのではないかと思います。 絶対はありませんが、 50パーセントの確率が、80パーセントくらいにまで上昇する事はあると言われておりますので、気になる人は一度実践してみて下さい。 【男の子の赤ちゃんが欲しい場合】 ・子作りの前は肉食を心がける ・排卵日当日に性行為を行う ・性行為の体位は正常位 ・なるべく深い挿入位置でフィニッシュする ・濃厚な性行為をする 【女の子の赤ちゃんが欲しい場合】 ・子作りの前は魚や野菜食を心がける ・排卵日の二日前くらいに性行為を行う ・性行為の体位は騎乗位 ・なるべく浅い挿入位置でフィニッシュする ・あっさりとした性行為をする 今挙げました内容は、赤ちゃんの性別に大きく左右される内容となりますので、嘘ではなく本当の要素と言えるでしょう。 しかし、中には間違った知識まで本当だと思ってしまっている人もいるかと思いますので、次に性別に関係ない嘘の要素を見ていきたいと思います。 しかし、科学的な根拠は全くなく、お腹の形は、その女性の骨盤の形によって決まる為、全く嘘の迷信なのです。 たとえ男の子だとしても女の子だとしても、赤ちゃんはどちらも人間の形をしておりますので、出っ張り型のお腹と、卵型のお腹は、全くの無関係だったのですね。 人によって、吐き気が激しい人や、その場から動けなくなってしまう人もいれば、少しお腹に違和感があるくらいの人もいるのではないかと思います。 しかし、その人の 仕事の環境などで変化したり、ホルモンバランスによっても左右されるものですので、その時の状況によるというのが答えなのです。 だからこそ、つわりの重さで赤ちゃんの性別を判断することなく、少しでも辛くないようになるべく安静に過ごしましょう。 人はそのような噂や定説を信じると、自然とそれが正しいと思うようになり、そういった姿にしか見えなくなるなんている事もありますので、要注意です。 風邪薬を飲むと、たとえ効果がなかったとしても飲んだ安心感で体調が良くなるのと同様、 それは洗脳されているだけの可能性が高い為、きちんとした知識を身に付けるようにしましょう。 しかしこちらも、 男の子は活発で激しく動くというイメージがあり、女の子はおしとやかで静かなイメージがあるという事がきっかけで言われ始めたようなのです。 だからこそ、男の子でも静かな子だっていますし、女の子でも活発な子だっておりますので、あくまでもその赤ちゃん次第ではないでしょうか? 確かに男の子の方が活発な人の割合は高いイメージはありますが、科学的根拠はありませんんし、産まれてくる前は特に関係ないというのが答えなのです。 男の子は濃い味付けが好きという事や、女の子は甘いもの好きな人が多いという事がきっかけで、おそらくそのようなジンクスが生まれたのではないかと思います。 だからこそ、迷信を信じて偏った食生活を送ることなく、生まれてくる赤ちゃんの為にも、バランスの良い食事を心がけていきたいものであります。 いかがでしたでしょうか? こちらの内容は定番ですが、実際には科学的根拠がなく、あくまでもその人自身に左右されるものですので、占いや、気休め程度に考えるのが良いのではないでしょうか? 性別を左右させる大事な要素だと勘違いしている人もおりますが、こちらの内容はあくまでもただの噂にしかすぎませんので、注意点として覚えておいて下さい。 しかし、的中率は50パーセントな訳ですので、これを当たったと言うのは、信憑性に欠けてしまう事でしょう。 実際に色々な体験談やエピソードがあるかと思いますが、マタニティ占いや、都市伝説などには左右されず、 きちんとした根拠のある迷信・ジンクスだけを信じるようにしましょう。 確率を上げる方法は様々ありますが、あくまでも言い伝えや、占いレベルでしかないものもありますので、そういった迷信を鵜呑みにしないよう、正しい知識を身に付ける事が大切なのです。 初産の人の場合は特に、赤ちゃんの性別が決まる仕組みがよく分からないかもしれませんが、今回を機に、 どうやって性別が決まるのかをきちんと把握しましょう。 そして、パートナーの方ときちんと話し合いを行い、理想の妊活ができるように一度話し合ってみても良いかもしれませんね。 赤ちゃんの性別の産み分けのまとめ 年齢が若い人だとしても、高齢出産の人だとしても、その原理は変わりありませんが、細胞レベルの話なので、性別をコントロールする事は案外難しいのです。 しかし、産み分ける確実な方法はないのですが、性別を産み分けたいと思っている人は、 可能性を少しでも上げる為にも、子作りの際に試してみる価値はあるでしょう。 妊娠検査薬で陽性反応が出たら、産婦人科に行けば今の時代分かる確率は高いと言えますので、気になるようでしたら直接性別を聞いてみてはいかがでしょうか? 性別の分かる時期はいつかと言いますと、 早くて妊娠12週目~と言われており、 通常は妊娠16週~25週、遅くても妊娠30週目くらいには分かるとされております。 性別の判断基準は、男性器が付いているかついていないかですので、女の子と言われて男の子になるケースはありますが、男の子と言われて女の子になるケースはかなりレアでしょう。 その為、検診の際に医者の言っている事が間違っている事もあると思いますが、最近は技術も発達しておりますので、3Dエコーや4Dエコーの超音波写真だとより精度も上がるでしょう。 そして、 東京にある水天宮や、鎌倉にある大巧寺 おんめさま を中心に、全国には関東・関西問わず、多数の安産祈願の神社がありますので、戌の日には安産祈願を参拝しに行きましょう。 また、胎児が安定期に入るまではなるべく安静にし、流産してしまわないよう、出産するまではなるべく安静に過ごすようにして下さい。 最新の医学でも、性別を100パーセント産み分けをすることはできない為、違う目線から見ると、とても神秘的な出来事ではないかと思います。 子は授かりものですので、希望通りにいかないからといって、失敗・成功という事はありませんので、どちらの性別だったとしても、嬉しい事に変わりはないでしょう。 だからこそ、性別の希望や本音はあるかもしれませんが、理想と現実は違うという事もありますし、 どっちに確定したとしても可愛いに変わりはないのです。 しかし、100パーセント希望の性別が産まれる事は不可能ですが、少しでも確率が上がる対策として、妊活中の人は是非参考にしてみて下さい。 念願が叶い、元気な赤ちゃんが生まれてくる事を祈ってます。

次の

妊娠中に胸が張る症状で赤ちゃんの性別がわかるって本当?

赤ちゃん 性別 ジンクス

赤ちゃんの性別にまつわるジンクス1つ目は、お腹の出方がどうかということです。 これは昔からよく聞くジンクスです。 妊娠中、お腹が突き出た形をしていたら男の子、お腹が横に広がっていたら女の子と言われています。 お腹が突き出るか、お腹が横に広がるかは、骨盤の広さによって決まってきます。 骨盤が広いと、赤ちゃんが奥の方に収まるため、あまりお腹が前に突き出してきません。 逆に、骨盤が狭いと、奥の方に収まらなくて、お腹が突き出てくると言われています。 これで男の子か女の子かを確証できるわけではありませんが、実際に性別が当たっていたという人もいます。 妊婦さんの幸せ効果で、ご利益があるということなのか、妊娠したい女性は触らせてもらうことが多いです。 妊娠に関するジンクス2つ目は、「トイレ掃除をすると美人な子が産まれる」ということです。 トイレ掃除をすることで美人な子が産まれるのかは定かではありませんが、妊娠中にトイレ掃除をして動くことで、陣痛が起きやすくなり、赤ちゃんがスルッと産まれてきてくれる可能性はあります。 妊娠に関するジンクス3つ目は、妊娠中にお葬式に出てはいけないということです。 これは昔から言い伝えられていることです。 妊娠中にお葬式に出たら、お腹の中にいる赤ちゃんを一緒に連れて行ってしまうとのことです。 どうしても妊娠中にお葬式に出る必要があれば、お腹の中に鏡を入れて行くと、大丈夫だという話もあります。 以下の記事には、妊娠できるおまじない、妊娠ジンクスで子宝に恵まれる方法が載っています。 参考にしてみてください。 陣痛のジンクス1つ目は、「オロナミンCを飲む・焼肉を食べる」ということです。 これは誰もが聞いたことのあるジンクスではないでしょうか。 科学的根拠があるわけではありませんが、この方法を取ったことで、翌日に出産したという話もあります。 なかなか陣痛が来ないと悩んでいる女性は、簡単にできることなので、試してみる価値はあります。 陣痛のジンクス2つ目は、「階段の昇り降り・スクワットをする」ということです。 これらは、上下運動になるので、赤ちゃんが骨盤にはまる手助けになり、いい動きと言えます。 骨盤にはまれば、自然と出産に繋がっていきます。 陣痛のジンクス3つ目は、「雑巾がけ」です。 雑巾がけは、四つん這いになってする動きなので、この四つん這いになるという姿勢が、陣痛を起こすのに効果的だということです。 陣痛が来ないと焦りが見えてきます。 どんなジンクスにも頼りたくなることでしょう。 ジンクスにあやかりたい女性は、試してみてください。 出産に関するジンクス 出産に関するジンクス1つ目は、「満月・新月に出産が多い」ということです。 月の満ち欠けが関係しているようですが、実際に満月や新月に出産になる人は多いです。 今日は満月だから、そろそろかもしれないと期待を胸に待ってみるのもいいです。 出産に関するジンクス2つ目は、「ラズベリーリーフティーを飲む」ということです。 ラズベリーリーフティーには、子宮を収縮させる作用があるので、安産になると言われています。 妊娠中はなかなかカフェインも取ることができません。 ラズベリーリーフティーを飲んで、心をゆったり休めるのもいいことです。 出産に関するジンクス3つ目は、おっぱいマッサージをすることです。 おっぱいマッサージをすると、ラズベリーリーフティーと同じく、子宮を収縮させる作用があるので、陣痛を促し、出産することができるのです。 ただし、おっぱいマッサージは正産期に入ってからにしましょう。 早産になってしまう危険性があります。 赤ちゃんの性別をチェックして妊娠期間を楽しみましょう!.

次の

妊娠、女の子の気がする!赤ちゃんの性別はいつわかる?

赤ちゃん 性別 ジンクス

男の子か女の子か、妊娠すると気になるのが赤ちゃんの性別ですよね。 自分はどちらでもよいと思っていても、周りが性別を気にしている場合もありますよね。 妊娠中に胸が張る症状によって、赤ちゃんの性別がどちらかわかるという噂があるらしいのですが、皆さんは耳にしたことはありますか?この噂が本当なのかを今回は追求してみたいと思います。 赤ちゃんの性別がわかるジンクス 以下のような妊娠中の赤ちゃんの性別がわかるジンクスを皆さんも一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?• お母さんのお腹が前に突き出して大きくなると男の子、身体全体が丸くなると女の子• お母さんの顔つきがきつくなると男の子、顔つきが優しくなると女の子• 妊娠中、塩辛いものを食べたくなると男の子、甘いものを食べたくなると女の子• 妊娠中、男の子だと体毛が濃くなる、女の子だと体毛が薄くなる 私自身は子どもが三人とも男の子なので、女の子のときとの比較ができないのですが、確かに、お腹は前に突き出していましたし、体毛も濃くなり、からあげ、フライドポテト、漬物などの妊婦の身体にはよくないであろう塩辛いものが無性に食べたくなる時期がありました。 三人の子どもの妊娠中、毎回、お腹の出方、体毛が濃くなる、塩辛いものが食べたくなるという傾向は同じでしたので、赤ちゃんが男の子というジンクスはあながち外れてはないのかもしれません。 他にも赤ちゃんの性別のジンクスはいろいろと言われていますが、どれもあくまでもジンクスであり、科学的な根拠はありません。 しかし、最近では、赤ちゃんの性別が、妊娠中の胸の張りでわかるということが言われています。 妊娠中の胸の張りと赤ちゃんの性別との関係 赤ちゃんの性別がわかるジンクスのひとつとして、「 妊娠中にお母さんの胸の張りが強くなり、胸が大きくなると女の子」ということを聞いたことがある方もいるかもしれません。 イギリスの科学ジャーナリストの記事では、「 妊娠中のお母さんの胸は、赤ちゃんが女の子の方が大きくなる」とあります。 胸の大きさの平均値も示してあり、赤ちゃんが 女の子であればお母さんの胸の大きさは平均8. 0センチ、 男の子であれば平均6. 3センチ大きくなるそうです。 その理由としては、男の子は男性ホルモンのひとつであるテストステロンをより多くつくり出すので、お母さんからのエネルギーをたくさん必要とします。 男の子の赤ちゃんがお母さんからエネルギーをたくさんもらう期間は、お母さんの胸の成長が抑えられるので、お母さんの胸の成長を妨げる期間がない女の子の赤ちゃんの方が胸が大きくなるということです。 赤ちゃんの外性器ができる過程 妊娠8週では男の子も女の子も外性器は同じですが、精巣が発育している男の子は 男性ホルモンのテストステロンによって外性器が男性化します。 卵巣が発育している女の子はテストステロンが働くことはなく、女の子の外性器となります。 男の子、女の子の外性器は妊娠12週までにできます。 実際に、胸の張りは赤ちゃんの性別で違いがある? 実際に男の子、女の子のどちらの妊娠も経験している人の「女の子のときは胸が張ったけれども、男の子では胸が張らなかった。 」、「女の子のときの方が、胸が大きくなった。 」という経験談も見られました。 私は男の子の妊娠しか経験していませんが妊娠中に胸が張り、胸も大きくなりました。 男の子でも「6. 3センチ胸が大きくなる」とあるので、男の子を妊娠した場合でも胸が張り、胸が大きくなることは間違いなさそうですね。 ただ、女の子を妊娠していたら、さらに胸が張って、胸も大きくなっていたかもしれません。 赤ちゃんの性別がわかる時期 「 女の子だと胸が大きくなる」というのは男の子と比べてのことですから、初めての妊娠で「胸が張って大きくなったから女の子」と判断してしまうのは難しいといえるでしょう。 二人目以降の妊娠であれば、前回妊娠した時との比較ができるので参考になるかもしれません。 妊娠中に胸が張って大きくなるのは女性ホルモンの変動によるものですので、個人差があり、中には平均値より小さい、または大きいなど、平均値通りに大きくならない方もいます。 ですから、 胸の張り、胸の大きさで赤ちゃんの性別がわかるとはなかなか言い切れないといえるでしょう。 赤ちゃんの性別を知りたいときには、医師に尋ねるとエコーで外性器の形を確認して教えてくれますよね。 赤ちゃんの外性器は妊娠12週までにできますので、条件が良ければ、早くて妊娠12〜13週頃に判別できることもあるそうです。 ただ、エコーで確認した時の赤ちゃんの体勢にもよるので、外性器が隠れてしまって見えないこともあります。 だいたいは妊娠16週〜22週頃にわかることが多いようですが、産まれるまでわからないこともあり、産まれてみたら違う性別だったという例もあるようです。 男の子の場合は外性器が確認しやすいので早めにわかることが多いようですね。

次の