鬼滅の刃188話。 【鬼滅の刃】最新話「第188話」ネタバレと感想【悲痛な恋情】

【鬼滅の刃】188話ネタバレ確定感想&考察、甘露寺さん大怪我…![→189話]

鬼滅の刃188話

以下のカットでは、いかにも柔らかそうな彼女の体が、無惨の攻撃によってえぐり取られてしまっている…痛そう…。 他の漫画だったら不思議な薬や魔法のパワーで、何事もなかったかのように怪我が完治する可能性もある。 しかしこの作品は鬼滅の刃。 もし生きながらえたとしても、甘露寺さんには強い後遺症が残るだろうね…。 鬼滅の刃188話より引用 もし生きながらえたとしても、甘露寺さんには強い後遺症が残るだろうね…。 またこれに追撃するようにヤバかったのは以下のシーン。 ここではこれだけのダメージを受けてなお、まだ戦おうとしている彼女の様子。 もともと健気な雰囲気のキャラではあったけど、これは健気を通り越して狂気。 ある意味でのトランス状態に入っているように思えたかな。 鬼滅の刃188話より引用 健気を通り越して狂気を感じるレベル! 上記では狂気という単語を用いたけど、これは必ずしも悪いものではない。 狂気というのはあらゆる感情の上位互換にあるもので、常人の平均値を大きく上振れたときに用いられる言葉だ。 たとえば作品は違うけど、ヒロアカのデクの自己犠牲の精神もまた狂気の一種だといえると思う。 さて、少し脱線したけど後半では伊黒さんサイドに触れていこう! 【スポンサーリンク】 井黒さんは自分を嫌っているようだね。 後半では井黒さんについて触れていこう。 何か影があるキャラだとは思っていたけど、彼は鬼によって財を成した家の子だったようだ。 そして鬼に殺される直前に脱走し、当時の炎柱に助けられた経緯を持つらしい。 しかし今になってなお、彼はまだ自分の人生を呪い続けているみたいだった。 彼がネチネチしているのもまた、こういう背景があるのかもしれないね! 鬼滅の刃188話より引用 井黒さんは自分を嫌っている様子…! そして今回のエピソードのラストを締めくくったのが以下のカット。 そう、井黒さんは人生をかけて自分の汚れと向き合っている。 それが浄化されるまではずっとネチネチし続けるし、きっとその日は死ぬまで訪れない。 少なくとも当人はそう信じている。 で、それでいてなお、清らかになりたいと願っているんだ。 これら一連の流れは感動で、最低でも3回は読み返したかな〜!面白かった!! 鬼滅の刃188話より引用 これら一連の流れは感動! 伊黒さんにとっての清らかさの象徴が甘露寺蜜璃。 満面の笑みで笑いかけてくれる彼女の姿は、伊黒さんにたくさんの癒やしを与えてきたことだろう…! さて、注目すべきは以降の展開。 伊黒と甘露寺の2人が結ばれるとするならば、それは現世なのか来世なのか。 黄泉の国へ渡る三途の川で手を繋いでいる姿は容易に想像できるものの、逆に現実で2人が生き延びて幸せに暮す展開はイメージしにくい。 でも、バトワンはだからこそゆえに、後者のルートに派生してほしいと強く願ってたりするかな!!.

次の

鬼滅の刃186話のネタバレ&あらすじ!縁壱の人間らしさが見えた! | 8ラボ(はちらぼ)

鬼滅の刃188話

鬼滅の刃188話ネタバレとあらすじと感想!|伊黒の過去が壮絶だった どうもこんにちは! 漫画の里管理人のニャンです! 今回の記事では、週刊少年ジャンプで連載中の超人気漫画【鬼滅の刃】の188話について見ていきます。 2019年にアニメで放送されて、現在では海外でも数多くのファンがいて世界的にも有名になりましたね。 特にアニメの19話がかなり激熱でしたね! そしてなんと、アニメが放送されるまで漫画は平均で20万部だったそうですが、現在では平均100万部に一気に飛躍しました! やはりアニメで放送されると一気に伸びますね! もちろん伸びたわけとしては、内容がとても深いからですね! そして、2020年には映画で列車編が上映されますね! ものすごく楽しみです! 煉獄さん死なないで…….. とまあ、長話しても良くないですから早速本題から見ていきましょう! 目次• 鬼滅の刃188話のあらすじ 現在は鬼舞辻討伐編で柱の鬼狩りたちが奮闘していますね。 そして、187話では炭治郎が鬼舞辻の毒にやられてヒノカミ神楽、始まりの呼吸の生みの親であり、炭治郎の先祖である 継国緑壱の歴史について描かれていましたね。 そのことでヒノカミ神楽に13個目の呼吸があることがわかりました。 そして、今回の188話では、蛇柱の伊黒小芭内の過去について描かれています。 一体どんな過去なのでしょうか。 早速見ていきましょう。 鬼滅の刃188話のネタバレ(内容) 冒頭は牢獄のような描写から始まりました。 そして鬼舞辻の猛攻に耐えることしかできなく、手を出せない柱の鬼狩りたち。 ここで甘露寺は作戦を考えながら鬼舞辻の攻撃をよけていました。 その時足が勝手に引っ張られてしまい、鬼舞辻の攻撃が当たってしましました。 攻撃を避けたはずなのに攻撃が当たってしまうなんて一体どういうことでしょうか。 このことに関しては全くわかりませんね。 伊黒が甘露寺の救助に入り、ほかの鬼殺隊に手当をするように頼みますが、何も出来ていないと思い、まだ戦えるという甘露寺。 そこで、伊黒は「十分やった」と言い残し、再び戦線へ行きます。 鬼がもしこの世にいなかったら出会うことが出来たのかと思う伊黒ですが、無理だと豪語します。 その理由は、人を殺して私腹を肥やす汚い血族の人間だからだそうです。 強奪した金で屋敷を建て、飯を食い、やる必要もないのに贅沢をする恥を恥とも思わない見栄っ張りの一族だったそうです。 そして、その家系は女ばかり生まれる家系で、370年ぶりに男として生まれてきた伊黒はずっと座敷牢に入れられていました。 そして、換気もできないため、充満する脂のにおいに吐き気を催したそうです。 引きずられて連れられた先には下半身が蛇の様な鬼のもとへ連れていかれました。 夜中に伊黒を見に来ていたのはこいつだとすぐに分かったそうです。 そして、この一族は、この鬼が人を殺して奪った金品で生計を立てていました。 その代わりに、生まれてきた赤ん坊を代償にいけにえにしていたそうです。 伊黒は珍しく男として生まれてきて変な目をしていたため、この鬼に気に入られ、食べられるところが多くなるまで生かされていました。 そして、その鬼は自分の口と同じようにするということで、伊黒の口を裂かれました。 伊黒はこの家から逃げるために、盗んだ簪で木の格子を削り続けました。 逃げれば家族は殺されるとはわかって逃げたそうですが、でも伊黒は逃げました。 そして、鬼殺隊に入り、やり場のない思いはすべて鬼に向けていました。 ここまでが鬼滅の刃188の内容です。 鬼滅の刃188話の感想 累編が終わった後の屋敷で炭治郎にものすごくあたりが強くてあまり好きではなかったのですが、伊黒さんにも壮絶な過去があったんですね。 やはり、柱のそれぞれにもそのような過去があるのでしょうか。 時透くんやしのぶさんは死んでしまいましたが、ほかは誰も死なずに鬼舞辻を倒してそれぞれハッピーエンドでおわってほしいですね。 理由としてはeBookJapanは350円ほどで一巻みれる。 U-NEXTならば無料トライアルで一巻無料で読めて、映画やアニメなども見れるからです。 ということですね。 すこしでも気になった方はどうぞ!.

次の

「鬼滅の刃」188話の伊黒小芭内が純愛過ぎて語りたいっ!~ネタバレ~【北海道でもジャンプは売ってます】

鬼滅の刃188話

鬼滅の刃188話の内容が切ない!伊黒さんの甘露寺への想い それでは鬼滅の刃188話が確定しましたので、お届けします。 今回は伊黒さんの甘露寺への思いが切なすぎる展開に。。 いつ読んでも、柱が胸に秘めている想いは泣けてきます。。 鬼滅の刃188話の切ない内容1:戦線離脱する甘露寺 場面は現代に戻り、無惨と柱の戦い。 無惨の攻撃は、また速度が上がり、いくら柱とはいえど王翦s流のがいっぱい。 甘露寺に関しては、すでに無惨の攻撃を見ることはできずに勘で避けている。 もうこのままではどうにもできないと思ったのか、甘露寺は捨身で突っ込み間合いを詰めて羽交い締めにしようと画策する。 しかしその時、何かの力に引っ張られ、 避けたはずの無惨の攻撃を受けてしまう甘露寺。 そこに、すぐさま伊黒が援護に向かう。 柱の中で最強と目されている、岩柱の悲鳴嶼でさえ、何が起こったのかわからない。 伊黒は、甘露寺を無惨の攻撃が及ばないところまで連れていき、他の隊士に甘露寺を任せて愈史郎を探すように指示。 しかし甘露寺は、それでもまだやれると起き上がろうとする。 そんな甘露寺に対して「もういい、十分やった」とねぎらう伊黒。 「伊黒さん、死なないで!もう誰にも死んで欲しくない!」と叫ぶ甘露寺の声を背にして、無惨を倒しに向かう伊黒。 鬼滅の刃188話の切ない内容2:伊黒の過去 叫ぶ甘露寺の声を背にして、伊黒は回想する。 「もし君と何気ない日常で出会うことができていたら、どんなに良かっただろう」と。 しかし伊黒は、まず一度死んで汚い血が流れる肉体を取り替えなければ、甘露寺の側にいることすら憚られる、と。 伊黒は、私腹を肥やす一族の生まれだった。 なぜか女ばかり生まれる家で、伊黒が生まれた時、男が生まれたのは370年ぶりだった。 伊黒は生まれた時から、ずっと座敷牢に入っていた。 周りはとにかく不気味なほど親切で、毎日毎日食い物を持ってきた。 そして12歳になった時、座敷牢から引きずり出された。 伊黒の目の前にいたのは、下半身が蛇のような女の鬼。 伊黒の一族は、この鬼が奪う金品で生計を立てていたのだった。 そして、その代わりに自分たちが産んだ赤ちゃんを鬼に差し出していた。 伊黒は珍しい男だったため、大きくしてからその鬼は伊黒を食べようとしていた。 伊黒はもう少し生かされることになったが、その時に口の形を自分と揃えると言って切り裂いたのだった。 鬼滅の刃188話の切ない内容3:伊黒の甘露寺への想い 鬼を前にした伊黒は、逃げることだけ考えた。 そして盗んだかんざしで木の格子を削り、ある日逃げることができた。 しかし途中で鬼に追いつかれるも、当時の炎柱に救われたのだった。 炎柱は生き残った従兄弟と伊黒を引き渡した。 しかしその従姉妹が伊黒に対して「お前が逃げたせいで50人死んだ!生贄のくせに、大人しく食われりゃ良かったのに!」と罵詈雑言を与えた。 正統税のかけらもない言葉だったが、それでも伊黒の心を嫌というほどえぐった。 恥の多い一族の末裔として生まれた伊黒は、自分をクズだと言う。 そんなやり場のない想いは全て鬼に向けた。 しかし、いつまでも恨みがましい50人の手が伊黒の心を掴んでいた。 「無惨を倒して死にたい。 そして鬼のいない平和な世界でもう一度人間に生まれ変われたら、今度は必ず君に好きだと伝える」 と、甘露寺の笑顔がそこにはあった。 ーーー次回189話に続く 鬼滅の刃188話が切ない!伊黒さんは生き残り戦線から脱落? 本当に切ない話でした。。 何を考えているのかわからないところもある伊黒でしたが、そんな想いを胸に秘めていたなんて。。 しかも、伊黒自身は何も悪くない。 だけど幼少期のトラウマって、ここまで人を変えてしまうものなんですね。 伊黒の想いが、少しでも甘露寺に伝わることを願います。。 そして、これだけ切ない想いが描かれてしまったということは、蛇柱である伊黒は無惨に殺されてしまうのでしょうか? や無惨を相手に、かなりの柱が倒れていっています。 果たして伊黒は生き残ることができるのでしょうか? 鬼滅の刃の主要メンバーで誰が生き残れる? ここまで柱がバタバタと倒れてしまっていると、今は誰が死んでもおかしくない状況になっています。 では、誰が生き残れるのでしょうか? 私の予想としては、「おとぼけキャラ」が意外と生き残ると思っています。 この3人。 甘露寺• 伊之助 なんかこの3人は、なんだかんだ生き残るのでは!?と勝手に想像しています。

次の