ソフトバンク キャッシュレス。 ソフトバンクでキャッシュレス・消費者還元をフル活用!

キャッシュレス・消費者還元事業 ソフトバンクカードで最大5%還元

ソフトバンク キャッシュレス

11月22日に開催されたPayPayの会見 「100億円の原資を用意し、購入いただいた金額の20%を還元するキャンペーンを12月4日から始めます」 PayPay代表取締役社長執行役員CEOの中山一郎氏は、18年11月22日の記者会見で高らかにこう宣言した。 ユーザーがPayPay加盟の小売店でPayPayを使って決済すれば、原則、店が認めるものなら何を買っても、購入金額の20%相当がPayPayの残高として付与される。 還元される額の上限は毎月5万円なので、月25万円までの買い物に適用される計算だ。 さらに、40回に1回の確率で、購入金額の全額がPayPayの残高となって戻る仕組みも導入した。 しかも、Yahoo! プレミアム会員なら20回に1回、ソフトバンクまたはワイモバイルの契約者なら10回に1回と確率は跳ね上がる。 こちらも還元される額の上限は1回当たり10万円だが、運が良ければ10万円の買い物をして、まるまる還元される可能性もある。 また12月3日までは、銀行口座かYahoo! JAPANカードから5000円以上をチャージしてPayPayの残高を増やせば、PayPay残高として使える1000円相当の「PayPayライト」が1回だけ加算されるキャンペーンも実施している。 20%還元キャンペーンが始まる12月4日以前でも、ユーザーはPayPayを導入すると得することができるわけだ。 「まずは多くのユーザーにPayPayを使ってもらうことを目指す」と中山氏は強調する。 日経クロストレンドは以前の特集「QRコード決済 大乱戦の行方」でと報じたが、PayPayは一気の逆転を狙う。 数千人規模の営業部隊で加盟店開拓 数千人規模の営業部隊を全国20拠点に配置して、かつてソフトバンクがADSLサービス参入時に一気にシェアを獲得したノウハウなどを駆使して、加盟するリアル小売店の開拓に力を注ぐPayPayはもちろん、楽天ペイやLINE Payなど他のサービス提供事業者も、加盟店の開拓を積極的に進めている。

次の

キャッシュレス・消費者還元事業|決済代行のSBペイメントサービス

ソフトバンク キャッシュレス

仮に有効期限切れで失効してしまった場合はどうなるの? 残高失効の場合の対応は、電子マネーの発行元により対応はさまざま。 柔軟に返金をしてくれる場合もあれば、返金不可となるケースもあるようです。 実際に、電子マネーの有効期限の存在を知らずに失効させてしまい、国民生活センターへ相談をしている人がいるようです。 久しぶりにまた演劇チケットを購入しようと、以前使えなかった電子マネーを使おうとしたら、有効期限切れで電子マネーが使えませんでした。 電子マネーには有効期限があるのでしょうか。 購入する際は、有効期限や利用条件などをよく確認しましょう。 引用: といったトラブル報告が、国民生活センターにも報告されているようです。 自己責任とはいえ、電子マネーを利用する場合には、注意しておかないといけないね。 一例として、下記に利用者が多い電子マネーが設けている有効期限を記載しております。 ご自身が利用しているもの、利用を検討しているものに有効期限がないかを確認しておきましょう!.

次の

PayPay(ペイペイ)残高の付与タイミングや有効期限とは? チャージや送金、出金もできる?

ソフトバンク キャッシュレス

「マイナポイント」の申し込みがいよいよスタート! 「キャッシュレス決済」で最大5000円分のポイントをゲットしよう 2020年7月1日、いよいよ「マイナポイント」の申し込みがスタートした。 「マイナポイント」は、6月30日に惜しまれながら終了した「キャッシュレス・ポイント還元事業」と同じように国が主導する一大ポイント事業で、 対象期間中、事前に登録したキャッシュレス決済で支払うと、利用額の25%分、最大5000円分のポイントが還元されるという、非常にお得なキャンペーンとなっている。 「キャッシュレス・ポイント還元事業」が始まった2019年10月以降、キャッシュレス決済を使える場所は急速に増え続けており、利便性は今後ますます高まっていくことは間違いない。 「キャッシュレス・ポイント還元事業」をきっかけにQRコード決済やクレジットカードを日常で使うようになった人もいると思うが、まだ使っていないという人は、この「マイナポイント」を機にチャレンジしてみてはどうだろうか。 そこでザイ・オンラインでは、「キャッシュレス決済」の基本的な知識の解説や、主なサービスの比較などを行っていくので、ぜひ参考にして欲しい。 「キャッシュレス決済」の種類は多いが、 大きく「スマホ決済」と「カード決済」の2タイプに分類できる 最初に「キャッシュレス決済」を簡単に分類してみよう。 「QRコード決済」というのは、ここ1年で急速に普及した「PayPay」や「LINE Pay」「d払い」「楽天ペイ」など、スマホに表示させたQRコードやバーコードを店側に読み込んでもらったり、逆に店側のQRコードを自分のスマホで読み込んだりして支払いを行うサービスだ。 一方「非接触決済」は、QRコードなどを表示される必要はなく、店側の端末にスマホをタッチさせるだけで支払いができる。 「カード決済」は文字通りカードを利用した決済方法で、主に「クレジットカード」「デビットカード」「プリペイドカード」にわけられる。 簡単に説明すると、「クレジットカード」は支払いのしばらく後になって口座から引き落とされる「後払いタイプ」、「デビットカード」は支払時に引き落とされる「即時払いタイプ」、「プリペイド」は事前にチャージしておく「先払いタイプ」という違いがある。 なお、「国際ブランド」というのはVisaやMaster、JCBなどのことで、「国際ブランド付き」であればそれぞれの加盟店で使うことができる。 ちなみに、「カード決済」にもタッチするだけで決済できる「非接触型」があるが、そこまで重要ではないので特に分けて分類はしていない。 この分類方法に従えば、例えば「Suica」や「nanaco」なら、モバイル型は「非接触決済」、カード型は「プリペイドカード(国際ブランドなし)」に分類される。 それぞれを、さらに解説していこう。 【クレジットカード】 他の決済サービスと組み合わせることで、 「ポイントの2重取り」が可能になることも! 「キャッシュレス決済」を利用するなら、外せないのが「クレジットカード」だろう。 「クレジットカード」は、直接支払いに利用できるのはもちろん、「QRコード決済」や「プリペイドカード」などの他の決済手段と組み合わせることで「ポイント2重取り」ができることも多い。 今回の「キャッシュレス・ポイント還元事業」によるポイント還元以外にも、クレジットカードを利用することで得をすることは多いので、ぜひ1枚は持っておこう。 「QRコード決済」は、2018年末にPayPayが実施して大きな話題となった「100億円キャンペーン」のように、現在、 各社が競うようにお得なキャンペーンを打ち出している。 さらに、クレジットカード決済のタイプなら、 QRコード決済とクレジットカードで「ポイント2重取り」も可能だ。 これらのサービスやキャンペーンを上手に使えば、 普段の買い物や食事で、数%から数十%ものポイント還元やキャッシュバックを受けることも難しくないのだ。 主要な「QRコード決済」のポイント還元率や利用可能なコンビニ、主なキャンペーンなどを以下にまとめたので、参考にして欲しい。 ヤフーカードでチャージすると ポイント二重取りが可能。 2020年4月1日からPayPayボーナスの付与率が変わり、 通常0. 5%、前月の100円以上の決済回数が50回以上なら1%(+0. 5%)、前月の決済金額が10万円以上なら1%(+0. 5%)、両方を達成すると1. 5%(+1%)になった。 対象となるのは「PayPay残高払い」、ヤフーカード、「PayPayあと払い(一括のみ)」で、ヤフーカード以外のクレジットカードによる決済はポイント付与対象外なので注意。 期間中の当選本数は、決済金額の10倍(1000%)分が5200本、全額(100%)分が5万6000本、5%分が1000万本の予定。 対象となるのは「PayPay残高払い」、ヤフーカード、「PayPayあと払い(一括のみ)」で、ヤフーカード以外のクレジットカードによる決済はポイント付与対象外なので注意。 5~3% (「Visa LINE Payクレジットカード」を登録した「チャージ&ペイ」利用時のみ。 ただしポイント2重取りは不可 セブンイレブン ファミマ ローソン ミニストップ 「Line Pay」のおすすめポイント 【Line Payのおすすめポイント】 LINEの普及率の高さもあり、コード決済の中でももっとも利用者が多いサービスのひとつ。 2020年5月1日よりポイント制度を大々的に改定。 「Visa LINE Payクレジットカード」を使ったクレカ払いができてポイントも貯まるようになったが、それ以外の支払い方法はポイント対象外になってしまった。 従来の銀行口座などからチャージをして支払う「残高払い」だと、一切ポイントが貯まらないので注意が必要だ。 「Visa LINE Payクレジットカード」自体は、「初年度のポイント還元率3%」をうたって話題になったが、このクレカをつくる予定のない人にとってLINE Payのお得度は大幅に減ってしまった。 また、過去6カ月間のポイント獲得数によって決まる「ランク」に応じて、 「ローソンで100円OFF」「スシローで5%OFF」などのお得なクーポンが毎月最大10枚もらえる。 「楽天ペイ」アプリで 楽天ポイントカードのバーコードも表示できるので便利。 楽天スーパーポイントを貯めている人であれば登録しておいて損はない決済アプリだろう。 決済方法には、プリペイド式の「チャージ払い(楽天キャッシュ)」と後払いの「クレジットカード払い」「ポイント払い」の3種類。 チャージは、楽天カードか楽天銀行、ラクマの売上金からしかできないので注意。 クレジットカード払いは、VisaかMastercardであれば楽天カード以外も登録可能。 ただしクレジットカード払いで付与されるのは、カード会社からのポイントだけで、楽天ペイからのポイント付与はない。 最もポイント還元率が高いのは、楽天カードから楽天キャッシュにチャージして「チャージ払い」で決済する方法で、常時1. 5%のポイントが付与される。 5%分。 その他の「チャージ払い」と「ポイント払い」は1%付与。 「クレジットカード払いはクレカによってことなるが、楽天カードの場合は1%付与。 5〜7. 5% (店舗での利用時。 通常分+2~5%。 実店舗での支払いだけではなく、ネット決済に強いのも特長。 例えば、「アーバンリサーチ」「SHIPS」「アイルミネ」などの 多くのファッション系ネット通販のほか、メルカリの支払いにも利用できる。 またドコモ回線利用者であれば、アマゾンでも利用可能(電話料金合算払いのみ)。 上手にキャンペーンを利用すれば、 アマゾンでもっともお得に買い物をする方法のひとつとなるだろう。 上限は3万ポイント/期間。 これまでは「au WALLET ポイント」という独自ポイントが貯まっていたが、2020年5月から共通ポイントの 「Pontaポイント」と統合されることが決まり、より使いやすくなった。 三太郎の日(毎月3日、13日、23日)には、ポイント還元率がアップするなどのお得なキャンペーンをやることも。 クレジットカードでチャージすれば ポイント二重取りも可能だ。 さらに、キャンペーン期間中の三太郎の日(毎月3日、13日、23日)なら、 ポイント還元率は7%(200円ごとに14ポイント)に大幅アップ! 上限は3000ポイント/月。 メルカリの売上金を出金する場合、1万円以下だと手数料がかかってしまうが、メルペイなら少額の売上金でも無駄な手数料をかけずに使うことができるので、メルカリのライトユーザーには特におすすめだ。 期間限定のキャンペーン時を除くと、ポイント付与やキャッシュバックは設定されていない。 「iD」で決済できるので、「iD」が使えるお店ならすべてメルペイも利用できる可能。 メルカリの売上金を使いたい人以外、メリットの少ない決済サービスと言えるだろう。 また、2020年1月29日に、Origamiの全株式を取得して経営統合することを発表。 今後の動向に注目したい。 チャージ方法は「ファミマTカード(クレジットカード)」か店頭チャージのみ。 キャンペーン時を除き、アプリ独自のポイント還元などは設定されていないが、 貯まるポイントを「dポイント」「楽天ポイント」「Tポイント」から自由に選べるのがメリット。 アプリでは、 ファミリーマートで利用できるクーポンが配信されるなど、お得なサービスも利用可能。 ファミリーマートを頻繁に利用する人向けの決済サービスと言えるだろう。 今後、7Payに代わる新たな独自決済サービスをリリースするかどうかについては、「チャレンジはしていきたいが、具体的なことは決まっていない」とのこと。 最新情報は各サービスの公式サイトをご確認ください。 「マイナポイント」を利用できるのは、上限4000万人までの早い者勝ち! 「マイナンバーカード」の取得には時間がかかるので早めに申し込もう 消費増税にあわせて実施が始まった「キャッシュレス・ポイント還元事業」は惜しまれながらも終了してしまったが、入れ替わるように2020年7月1日からスタートしたのが「マイナポイント」の申し込みだ。 「マイナポイント」は、「マイナンバーカード」と「キャッシュレス決済」の普及を目的として総務省主導のもとに行われる国を挙げてのキャンペーンだ。 支払額の25%分、1人当たり最大5000円分のポイント還元が受けられるのもお得だが、対象者の年齢制限がないのもポイントで、自身ではクレジットカードなどを持てない未成年者でも利用することができる。 例えば、 夫婦に子供2人の4人家族であれば、全員で最大2万円分ものポイントをゲットできる。 「マイナポイント」に申し込むにあたっての注意点としては、 「マイナポイント」に申し込むには「マイナンバーカード」が必要なことだが、持っていない場合は申請してから発行されるまで、1〜2カ月かかってしまうこと。 また、「マイナポイント」の対象者の上限は4000万人と決まっており、登録が遅くなると、枠が埋まってしまって利用できない可能性があることも覚えておこう。 「マイナポイント」は非常にお得なキャンペーンなので、活用しないのはもったいない話だ。 実際にポイント還元の対象となる期間は2020年9月1日からなので時間的にはまだ余裕はあるが、「マイナンバーカード」の申請も含めてなるべく早めに手続きを始めておいたほうがいいだろう。 [2020年7月8日]「マイナポイント事業」とはどんなもの?「マイナポイント事業」の概要や利用までの流れ、注意点などをファイナンシャルプラ……• [2020年7月6日][2020年7月14日更新]「マイナポイント」に申し込んで、1人5000円のポイントをもらうために必要な手続き方法を、順を追って……• [2020年7月5日]「Visa LINE Payクレジットカード」の年会費や還元率、メリット・デメリットを詳しく解説! 2021年4月30日までの期間限定で……• [2020年7月1日]スマホ決済「PayPay」の利用で獲得した「PayPayボーナス」を運用できる新サービス「ボーナス運用」を詳しく解説! 流行の「……• [2020年6月28日]「PayPay」の残高の違いを詳しく解説!「PayPayマネー」「PayPayマネーライト」「PayPayボーナス」「PayPayボーナスライト」……• [2020年6月24日]キャッシュレス決済「PayPay(ペイペイ)」のメリット、特徴、お得なキャンペーンの活用法などをわかりやすく解説! 新型コ……• [2020年6月10日]「楽天ペイ」でも「Suica」の発行&チャージができるようになって、利便性が格段にアップ! しかも「楽天ペイ」から「楽天カ……• [2020年6月7日]星野リゾートにお得に宿泊できる裏ワザを伝授!「キャッシュレス・ポイント還元事業」の期間中に「星野リゾート宿泊ギフト券……• [2020年6月3日]電気代やガス代などの公共料金は「PayPay請求書払い」「LINE Pay請求書支払い」「楽天銀行コンビニ支払サービス(アプリで払……• [2020年5月31日]未成年の子供に持たせるのにおすすめのキャッシュレス決済手段(電子マネー)は「かぞくのおさいふ」! 三井住友カードが発…… ZAiオンライン アクセスランキング• ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2019. 16)• ザイ・オンライン編集部(2020. ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2019. 頼藤 太希(2020. 10)• ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2019. 16)• ザイ・オンライン編集部(2020. ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2019. 16)• ラカンリチェルカ(村瀬 智一)(2020. 17)• ザイ・オンライン編集部(2019. 15).

次の