ベンツ sl amg。 メルセデス・ベンツSL63 AMG(FR/7AT)【海外試乗記】 完璧ゴージャス

メルセデス・ベンツSL63 AMG(FR/7AT)【試乗記】 オープンAMGのたしなみ方

ベンツ sl amg

こうしたタイミングで数えれば第6世代に当たる現行「SL」が初披露されたのは、年頭のデトロイト・モーターショーの舞台だった。 一方で、車両重量は最大で140kgもの大幅減量に成功。 これにはもちろん、「メルセデスの量販モデルで初めて」と紹介される、オールアルミ構造によるボディーの採用が大きく寄与をしている。 使用部位によってチルド鋳造や真空ダイカストなどさまざまな製法を使い分け、押し出しやテーラードブランクなど加工法にも多様なトライを行った結果、ボディーシェル単体でも、およそ110kgの軽量化を実現したという。 飛び切りラグジュアリーで高価な2シーターのオープンという、メルセデス・ラインナップの中にあっても特にイメージリーダー的要素が強いそんなSLというモデル。 その中でも、さらなる頂に立つ存在が、ご存知AMGバージョンだ。 新型SLに用意されたAMGバージョンは、「SL 63 AMG」と「SL 65 AMG」という2タイプ。 車名上はさしたる違いはなさそう(?)に思えても、前者が8気筒で後者は12気筒と、搭載エンジンが大違い。 共にターボチャージングが図られた結果による最高出力には、「63」が537PSで「65」が630PSと、およそ100PSもの大差がある。 最大トルクは、「63」が800Nmであるのに対して「65」では1000Nmと、こちらは12気筒モデルのみが「4桁の大台」に乗せて格の違いを見せ付ける。 こうして、ことスペック上では「65こそが最強版」という事になる新型SLのAMGバージョン。 が、そこはそもそもレーシング・フィールドで数々の栄光を残した歴史を振り返っても、「8気筒エンジンこそが本流」というのがこのブランド。 あくまでもAMGの代表モデルはSL 63 AMGであるということだ。 そんなこのモデルのテストドライブの舞台は、南仏は地中海に面した小さな港町であるサン・トロペ周辺に設定されていた。 「弟分の『SLK』にちょっと似過ぎているかな……」という見た目の印象をそこに感じつつも、ドライバーズ・シートへと乗り込むと、いかにも贅を尽くした各部の仕上げは何ともゴージャスかつ上質で、そこではSLKとはやはり別世界の、いかにもフラッグシップ・モデルらしいラグジュアリーな雰囲気がいっぱいだ。 T字型をモチーフとした左右対称形のダッシュボードに、クラスター内にさらに独立したバイザーを備えた2眼式メーターをレイアウト。 そこには力強い書体で数字と目盛りが刻まれ、少々クラシカルながらもシンプルで機能性に富んだイメージが漂う。 「ところで、『バリオルーフ』を操作するスイッチが見当たらないな……」と気付いて周囲を探してみると、ATレバー脇のコンソールの小さな独立リッドの中に、それが収まっているのを発見。 ちなみに、そこにはシート後方から音もなく立ち上がり、オープン走行時の後方からの不快な風の巻き込みを防ぐ、電動式の「ドラフトストップ」の操作スイッチも内蔵される。 それゆえ、こうしてスイッチひとつでその収納が可能というのは、快適性と安全性を巧みに両立できるという点で想像以上に有り難いものだ。 スイッチひとつで全てが完結する全自動方式ではあるものの、残念ながら走行中は低速時でも動作をしない。 オープン走行中に急な雨に降られたような場合でも、まずは安全な路肩を探して一旦停車の必要がある。 いくつかのライバル車では実現済みの走行中の動作がNGなのは、機構上の問題というよりは「動作途中でリアのナンバープレートが外部から確認できなくなる瞬間がある」という点に理由があるようだ。 エンジンは専用制御により、標準仕様に対して最高出力が27PS、最大トルクが100Nm上乗せされ、リアアクスルにLSDを内蔵した専用チューニングが施されるサスペンションには、リアのみが標準仕様よりも1インチ大径化された前後異径のシューズを履く。 さらに、やはり専用デザインのステアリング・ホイールやカーボンファイバー製のエンジンカバー、同じくトランクリッド・スポイラーリップなどのドレスアップ・アイテムも採用。 ルーフオープン状態で準備されたそんなSL 63 AMGの、いかにもゴージャスなデザインのドライバーズシートへと乗り込んで、早速V8ユニットへと火を入れる。 と、そこでは周囲に放たれる排気サウンドが、予想よりも少々控えめであることに気が付いた。 しかしそのボリュームは、同エンジンを搭載するE 63 AMGのそれよりも、明確に小さいというのも事実だ。 実はAMGにとって、SL 63 AMGというモデルのキャラクターは「E 63 AMGよりもスポーティ度が下」であるという。 とは言え、そんなSL 63 AMGのスピード性能自体は、やはりとんでもない高みにある。 アクセルペダルの踏み込み量がごく浅い間は、そんな本来の能力はぶ厚いオブラートの下に隠したまま、8気筒エンジンならではのスムーズさのみを前面に打ち出して、ごく静々と、滑らかな加速感を味わわせてくれるに過ぎない。 けれども、少しでも深くアクセルペダルを踏み込むと、そんな状況は一変! そこでは、まさに「シートバックに背中が貼り付けられるような加速力」が、惜しげもなく披露される。 さらに、その他のポジションでは決して姿を現すことのなかったシフトショックを許容しながら、最速加速を演じようとする。 1秒という値。 これは、トラクション能力で勝る4WDのスーパースポーツ・モデルを除外すると、実質上は史上最速レベルのデータと言ってよいものだ。 その立役者のひとつと推測できるのが、トルクコンバーターの代わりに湿式多板クラッチを用いた7速ATである「AMGスピードシフトMCT」の搭載。 日常のスタートシーンでは文句ナシのスムーズさを提供してくれるうえで、スポーティな走りのシーンではタイトな繋がり感を実現。 ただし、シフトパドルを操作してから実際に変速動作が行われるまでには、わずかなタイムラグを感じさせられるというのはAMG車(というよりもメルセデス全車)に共通するウイークポイント。 なるほどこれでは、トランスミッション本体の応答性をいくら高めても、ドライバーが感じるラグは解消をされない理屈。 が、一方で「技術者がその現象を確認しているということはいずれ対策が行われるはず」と、ここは早期のリファインを期待したいところでもある。 それは、500PSを大幅に超えるパワーをしっかりと御するポテンシャルを確保したうえで、「基本的には路面の変化やルーフの開閉を問わないあらゆるシーンでの快適性確保を念頭に置いた仕上がり」という印象が基本になる。 が、だからといってこのモデルのフットワークは、日常シーンでそれらに頼っているというわけでは決してない。 オープン・ボディーでありながら、路面凹凸を乗り越えてもルームミラーが身震いのひとつもしない点には、例のフルアルミ・ボディーが比類なき高剛性を達成していることが象徴されているし、そうした骨格の堅牢さこそが、このモデルの基本的に信頼感に富んだ走りのテイストの、全ての源となっていることもまた確かであるはずだ。 ところで、カリカリに尖ったスポーツ性よりも、まずは比類なきラグジュアリーさを演じるこのモデルのドライブ・フィールで、最後までひとつ気になったのはそのステアリングの感触だった。 厳しいと言えば厳しい見方かも知れないが、そこはメルセデス・ラインナップ中のフラッグシッグシップ・モデルであるSLの、さらにAMGバージョンであるからこそ見過ごしたくないとも思える部分。

次の

次期メルセデス・ベンツSLは消滅?AMG GTに統合され2021年に発売とのウワサ

ベンツ sl amg

現行よりスポーティーになる可能性 今回報じられる「方向性の変化」について、具体的には「AMG GTと統合」。 AMG GTの次期モデルは2022年に登場と報じられ、これと同時に開発を行い、まずは2021年に「SL」が登場する、ということになりそうです。 なお販売はAMGからのみと言われるものの、名称はどうなるのか今のところ不明。 こうなると次期SLは現行よりもスポーティーな性格を強めることになりそうですが、これは「AMG GTのオープンモデル」というわけではなく、あくまでもSLとしての性格も維持しエアサスペンション(オプション)や後部座席を持つをされ、となると次期AMG GTのオープンモデルは「別」に存在することになりそう。 AMGの「専売モデル」は現在「GT」だけで、しかし近日中に「GTの4ドアバージョン(GT4:仮)」が加わる計画でもあり、さらに「SL」もここに入ることにもなりますね。 なお発表されたばかりの「CLS」にも早速AMGモデル「CLS53」が追加されているものの、こちらはV6エンジン+ハイブリッド。 (CLS AMGの)V8エンジン搭載モデルはAMG GTの4ドアバージョンと重複するために発売されないとも報じられていますが、これらはもともと同時に開発されていたようで(スパイフォトではよく一緒に走っている姿が目撃されている)、CLSとAMG GT4とはすでに多くの部分を共有しているのかもしれません。 AMGは現在メルセデス・ベンツの新型車開発に深く関わっている mercedes-benz メルセデス・ベンツとAMGとの共同開発というと新型Gクラスも同様で、サスペンションやドライブトレーンはAMGの開発やチューニングによる、ということが公開されています。 ただし新型Gクラスの「G65(V12モデル)」はAMGブランドからではなくマイバッハブランドから登場するとも報じられ、今後はこういった「開発はメルセデス・ベンツとAMGが共同して行い、販売するブランドをモデルやグレードによって分ける」という方向性が拡大されることになりそうですね。 話をSLに戻すと、AMG GTの登場に加え、Sクラス・カブリオレが登場したことも人気低迷のひとつの理由かも。 SLはスポーツ性ではAMG GTに劣り、ラグジュアリー性ではSクラス・カブリオレに譲ることになりますが、要はSLのスポーツ性を具現化したのがAMG GTで、高級さを突き詰めたのがSクラス・カブリオレだと考えることも可能。 そうなると「じゃあ今のメルセデス・ベンツにとってSLって?」という話にもなり、「AMG GTと統合」というのは当然の流れなのかもしれません。

次の

SL/メルセデス・ベンツ|スペック

ベンツ sl amg

こうしたタイミングで数えれば第6世代に当たる現行「SL」が初披露されたのは、年頭のデトロイト・モーターショーの舞台だった。 一方で、車両重量は最大で140kgもの大幅減量に成功。 これにはもちろん、「メルセデスの量販モデルで初めて」と紹介される、オールアルミ構造によるボディーの採用が大きく寄与をしている。 使用部位によってチルド鋳造や真空ダイカストなどさまざまな製法を使い分け、押し出しやテーラードブランクなど加工法にも多様なトライを行った結果、ボディーシェル単体でも、およそ110kgの軽量化を実現したという。 飛び切りラグジュアリーで高価な2シーターのオープンという、メルセデス・ラインナップの中にあっても特にイメージリーダー的要素が強いそんなSLというモデル。 その中でも、さらなる頂に立つ存在が、ご存知AMGバージョンだ。 新型SLに用意されたAMGバージョンは、「SL 63 AMG」と「SL 65 AMG」という2タイプ。 車名上はさしたる違いはなさそう(?)に思えても、前者が8気筒で後者は12気筒と、搭載エンジンが大違い。 共にターボチャージングが図られた結果による最高出力には、「63」が537PSで「65」が630PSと、およそ100PSもの大差がある。 最大トルクは、「63」が800Nmであるのに対して「65」では1000Nmと、こちらは12気筒モデルのみが「4桁の大台」に乗せて格の違いを見せ付ける。 こうして、ことスペック上では「65こそが最強版」という事になる新型SLのAMGバージョン。 が、そこはそもそもレーシング・フィールドで数々の栄光を残した歴史を振り返っても、「8気筒エンジンこそが本流」というのがこのブランド。 あくまでもAMGの代表モデルはSL 63 AMGであるということだ。 そんなこのモデルのテストドライブの舞台は、南仏は地中海に面した小さな港町であるサン・トロペ周辺に設定されていた。 「弟分の『SLK』にちょっと似過ぎているかな……」という見た目の印象をそこに感じつつも、ドライバーズ・シートへと乗り込むと、いかにも贅を尽くした各部の仕上げは何ともゴージャスかつ上質で、そこではSLKとはやはり別世界の、いかにもフラッグシップ・モデルらしいラグジュアリーな雰囲気がいっぱいだ。 T字型をモチーフとした左右対称形のダッシュボードに、クラスター内にさらに独立したバイザーを備えた2眼式メーターをレイアウト。 そこには力強い書体で数字と目盛りが刻まれ、少々クラシカルながらもシンプルで機能性に富んだイメージが漂う。 「ところで、『バリオルーフ』を操作するスイッチが見当たらないな……」と気付いて周囲を探してみると、ATレバー脇のコンソールの小さな独立リッドの中に、それが収まっているのを発見。 ちなみに、そこにはシート後方から音もなく立ち上がり、オープン走行時の後方からの不快な風の巻き込みを防ぐ、電動式の「ドラフトストップ」の操作スイッチも内蔵される。 それゆえ、こうしてスイッチひとつでその収納が可能というのは、快適性と安全性を巧みに両立できるという点で想像以上に有り難いものだ。 スイッチひとつで全てが完結する全自動方式ではあるものの、残念ながら走行中は低速時でも動作をしない。 オープン走行中に急な雨に降られたような場合でも、まずは安全な路肩を探して一旦停車の必要がある。 いくつかのライバル車では実現済みの走行中の動作がNGなのは、機構上の問題というよりは「動作途中でリアのナンバープレートが外部から確認できなくなる瞬間がある」という点に理由があるようだ。 エンジンは専用制御により、標準仕様に対して最高出力が27PS、最大トルクが100Nm上乗せされ、リアアクスルにLSDを内蔵した専用チューニングが施されるサスペンションには、リアのみが標準仕様よりも1インチ大径化された前後異径のシューズを履く。 さらに、やはり専用デザインのステアリング・ホイールやカーボンファイバー製のエンジンカバー、同じくトランクリッド・スポイラーリップなどのドレスアップ・アイテムも採用。 ルーフオープン状態で準備されたそんなSL 63 AMGの、いかにもゴージャスなデザインのドライバーズシートへと乗り込んで、早速V8ユニットへと火を入れる。 と、そこでは周囲に放たれる排気サウンドが、予想よりも少々控えめであることに気が付いた。 しかしそのボリュームは、同エンジンを搭載するE 63 AMGのそれよりも、明確に小さいというのも事実だ。 実はAMGにとって、SL 63 AMGというモデルのキャラクターは「E 63 AMGよりもスポーティ度が下」であるという。 とは言え、そんなSL 63 AMGのスピード性能自体は、やはりとんでもない高みにある。 アクセルペダルの踏み込み量がごく浅い間は、そんな本来の能力はぶ厚いオブラートの下に隠したまま、8気筒エンジンならではのスムーズさのみを前面に打ち出して、ごく静々と、滑らかな加速感を味わわせてくれるに過ぎない。 けれども、少しでも深くアクセルペダルを踏み込むと、そんな状況は一変! そこでは、まさに「シートバックに背中が貼り付けられるような加速力」が、惜しげもなく披露される。 さらに、その他のポジションでは決して姿を現すことのなかったシフトショックを許容しながら、最速加速を演じようとする。 1秒という値。 これは、トラクション能力で勝る4WDのスーパースポーツ・モデルを除外すると、実質上は史上最速レベルのデータと言ってよいものだ。 その立役者のひとつと推測できるのが、トルクコンバーターの代わりに湿式多板クラッチを用いた7速ATである「AMGスピードシフトMCT」の搭載。 日常のスタートシーンでは文句ナシのスムーズさを提供してくれるうえで、スポーティな走りのシーンではタイトな繋がり感を実現。 ただし、シフトパドルを操作してから実際に変速動作が行われるまでには、わずかなタイムラグを感じさせられるというのはAMG車(というよりもメルセデス全車)に共通するウイークポイント。 なるほどこれでは、トランスミッション本体の応答性をいくら高めても、ドライバーが感じるラグは解消をされない理屈。 が、一方で「技術者がその現象を確認しているということはいずれ対策が行われるはず」と、ここは早期のリファインを期待したいところでもある。 それは、500PSを大幅に超えるパワーをしっかりと御するポテンシャルを確保したうえで、「基本的には路面の変化やルーフの開閉を問わないあらゆるシーンでの快適性確保を念頭に置いた仕上がり」という印象が基本になる。 が、だからといってこのモデルのフットワークは、日常シーンでそれらに頼っているというわけでは決してない。 オープン・ボディーでありながら、路面凹凸を乗り越えてもルームミラーが身震いのひとつもしない点には、例のフルアルミ・ボディーが比類なき高剛性を達成していることが象徴されているし、そうした骨格の堅牢さこそが、このモデルの基本的に信頼感に富んだ走りのテイストの、全ての源となっていることもまた確かであるはずだ。 ところで、カリカリに尖ったスポーツ性よりも、まずは比類なきラグジュアリーさを演じるこのモデルのドライブ・フィールで、最後までひとつ気になったのはそのステアリングの感触だった。 厳しいと言えば厳しい見方かも知れないが、そこはメルセデス・ラインナップ中のフラッグシッグシップ・モデルであるSLの、さらにAMGバージョンであるからこそ見過ごしたくないとも思える部分。

次の