いとま 類語。 「枚挙にいとまがない」とは?意味・読み方・類語・英語【使い方や例文】

暇/遑(いとま)の意味

いとま 類語

スポンサーリンク 枚挙にいとまがないの語源 「枚挙にいとまがない」の語源は どこからきているのでしょうか? まず、「枚挙」とは、 「 一つ一つ数え上げること」を言います。 そして、 「いとま」は漢字で「暇」と書きます。 「暇」は、 「 ひま」とも読むことができる漢字です。 念のため、 「暇(いとま)」の意味も調べてみると、 以下のようにあります。 また、そのあいさつ。 またそのために出仕しない期間。 つまり、「いとまがない」とは、 「 ひまがない(時間がなくて忙しい)」 ということですね。 よって、「枚挙にいとまがない」を直訳すると、 「 一つ一つ数え上げるひまがない」という意味になります。 一つ一つ数えられないということは、 言い換えると、「たくさんある」ということです。 例えば、 目の前に1000個のりんごが あるようなイメージですね。 このように、 「枚挙にいとまがない」を使う時は、 「物がたくさんありすぎる状態」をイメージすると分かりやすいです。 「 物がたくさんありすぎる状態なため、一つ一つ数えるひまはない」 よって、 「 いちいち数えきれない」という意味になるのです。 「掃いて捨てても物が余っている」ことから。 どの類語も「物の数が多い」という意味が共通していますね。 「あふれんばかりの物がある」「いちいち数えきれないほど多い」 こういったイメージの言葉が「類語」と考えてください。 枚挙にいとまがないの英語訳 続いて、英語訳です。 「枚挙にいとまがない」は、 英語だと次の2つの言い方をします。 「 so many(とても多くの)」 「 a lot of (たくさんの)」」 どちらも「数が非常に多い」という意味で 使うことができます。 英語では「枚挙にいとまがない」は、 シンプルな形で表現するのが良いでしょう。 例文だと、それぞれ以下のようになります。 There have been so many customs like in Japan. (日本では、そのような習慣は挙げたらきりがない。 ) He is having a lot of trouble in this week. (彼は今週、数多くのトラブルにあっている。 ) 使い方・例文 では、最後に「枚挙にいとまがない」の使い方を 実際の例文で確認しておきましょう。 Amazonのこれまでの成功事例は、 枚挙にいとまがない。 彼の長所については、 枚挙にいとまがないほど多いよ。 あの夫婦がしているケンカは、 枚挙にいとまがないね。 日本が抱えている政治的問題は、 枚挙にいとまがない。 彼女が仕事でやらかしたミスは、 枚挙にいとまがないほど多い。 イチローから影響を受けた野球選手は、 枚挙にいとまがないだろうね。 浮気が原因で離婚した夫婦は、 枚挙にいとまがないと思うよ。 まとめ 以上、今回の内容をまとめると、 「 枚挙にいとまがない」= たくさんありすぎて、いちいち数えきれない。 「 語源」=「 一つ一つ数え上げるひまがないこと」から。 「 類語」=「 列挙しきれないほど・十指(じっし)に余るほど・掃いて捨てるほど」など。 「 英語」=「so many」「a lot of 」 ということでした。 「枚挙にいとまがない」は、 普段の生活でも使いやすい言葉です。 と同時に、有名な慣用句でもあります。 この機会にぜひ覚えて頂ければと思います。

次の

「おいとまする」の意味と使い方は?類語や敬語の例文をご紹介!

いとま 類語

「おいとまします」という言葉を知っていますか。 例えば、自分が考えていた以上に長居をしてしまって、そろそろ帰ろうかという場面で「それではおいとまします」というように、使います。 この「おいとまします」とはどういった意味でどのように使う言葉なのでしょうか。 ここでは、「おいとまします」の意味と使い方についてみていきます。 「おいとまする」の意味 「おいとまする」の「いとま」とは「暇」と書き、この「暇(いとま)」とはほかに「枚挙に暇がない」といった表現に使われます。 「枚挙に暇がない」という言葉は「一つ一つ数えている暇がないほどに多い」という意味で「いとま」は「ひま」と同じような意味で使われています。 よって、「おいとまします」は、「おひまをいただきます」「おひまを頂戴します」といった意味でした。 そして、これが「時間をもらう」から「休ませてもらう」となって、「帰ります」という意味に転じていきました。 「おひまを頂戴します」という言葉が簡略化され「おいとまします」と変化していったと考えられます。 「おいとまする」の使い方 「おいとまする」は方言ではなく、「帰る」「後にする」といった意味の丁寧語です。 そのため、この「おいとまする」にあたる方言は、各地にあります。 例えば、「いぬ」ですが、これは「帰る」という意味で京都など全国的に古くから使われている言葉になります。 それから、九州では「かえっど」、山梨や福島などでは「けぇる」、静岡では「きゃーる」、沖縄では「けーゆん」、熊本で「もどる」、鳥取で「いぬる」などです。 ただし、どれも口語体で敬語表現ではありませんので、丁寧に「帰ります」と言いたい場合には「おいとまします」と言った方が上品な印象になるでしょう。 「おいとまします」を使用していた時期 「おいとまします」という表現は現代でも使われる表現ですが、この表現はいつ頃からつかわれているのでしょうか。 まず「おいとまします」ですが、これは「暇(いとま)」という言葉を暇とか休暇といった使い方をしていたことから始まり、例えば「暇乞い」(休暇を与えてもらうようお願いすること)のように使っていました。 この「おいとまします」という表現は、あまり若い人は使いません。 50~60代くらいから上の世代で特に女性が多く使います。 それはこの表現が、一般的に使う「失礼します」よりも上品な表現であるからです。 「おいとまする」の「いとま」とは「暇」と書き、時間やひまなどを意味することはわかりました。 この「暇(いとま)」という言葉は、奈良時代の万葉集にも出てくる古くからある言葉です。 もともとは、物事と物事の間にできる空白を意味し、それが時間や暇などに変化し、転じて「休み」という意味になったという説があります。 古語 「おいとまします」の「いとま」とは上述しましたように古語で使われていた言葉ですが、同じように古語には「いとなし」という言葉があります。 これは「いと」という言葉が「いとま」を表現し、時間とか休みという意味としてつかわれています。 「いとなし」とは時間がない、暇がない、忙しいという意味です。 「いとま」の他の意味 「おいとまします」の「いとま」が時間や暇、休暇などを意味することはわかりましたが、「いとま」には他にも意味することがあります。 それは、仕事を辞職したりすることや離婚して縁を切ることです。 これらの言葉も、「休み」という意味から派生したものだといわれています。 日本語表現は直接的な表現よりも遠回しに言うという文化があったため、こういった表現であらわされる言葉が多かったということです。 「暇(いとま)」は使い方を間違えないように 「おいとまする」を使った例文を以下にご紹介します。 1.お邪魔いたしました。 いろいろとごちそうになって有難うございました。 これでおいとまします。 2.もう、こんな時間になった。 おいとまします。 3.おいとましようと立ち上がったが、どうしても残ってほしいと懇願され残ることとなった。 「おいとまする」を英語でいうとどうなるか 「おいとまする」は「帰ります」「後にします」という意味ですが、英語で表現すると以下のようになります。 ・もう、おいとまします。 I think I should be going now. 」 また「おいとまします」の「いとま」とは「暇」や「時間」のことを意味し、英語で表現すると以下になります。 素晴らしい時間を共有できたことは良いですが、自分から「帰る」という意思を示さないといつまでも帰れない場合もあります。 また、相手も「なかなか帰るって言いださないな」と考えている可能性があります。 そういった場合は、飲み物がなくなって相手が「おかわりは?」など聞いてきたときに「もうそろそろ、おいとましますので」と言いましょう。 角を立てずにスムーズに帰ることができます。 また、相手が電話に出たとき、お手洗いに立ったときなども良いタイミングです。 2.片付け おいとまする際に気を付けるのが片付けです。 相手からいただいたお茶菓子などきちんと片付けすることで、相手への感謝の気持ちを伝えることができます。 といっても、どこまでやればいいかですが、例えばキッチンに入っても良い関係であれば食器を運んだり、またそこまでの関係でなければテーブルの端にまとめておくなどでも良いでしょう。 本当に綺麗に片付けるとまでいかなくても、そういった素振りを見せることで相手への気持ちを表すということです。 3.玄関 「おいとまします」と言って、一とおり片付けをし、玄関に向かいます。 そこではスリッパを脱いで靴をはくでしょう。 このときスリッパは玄関の方を向いたままでもOKです。 そのまま自分の靴を履きましょう。 その後、スリッパをそろえて端におきます。 玄関では再度お辞儀をする程度で結構です。 また家を出ても見送ってもらっている場合には途中で一度会釈をするとより良いでしょう。 現代では「暇(いとま)」だけではほとんど使わない 現代では「暇(いとま)」という言葉だけで「時間」「暇(ひま)」といった意味で使うことはほとんどありません。 この「暇(いとま)」という表現では「枚挙に暇がない」「暇乞い」といった言葉としては使いますし、「おいとまします」といった「帰ります」の意味では使います。 しかし、例えば仕事の上で締切日が迫っていて急げという場合に、「もういとまがない。 みんな急げ。 」などと言うでしょうか。 おそらく「いとま?時代劇の見すぎじゃない?」と首をかしげられるでしょう。 この言葉は、「時間」とか「暇」といった意味はありますが、それに代替して日常的に使う言葉ではないということを覚えておきましょう。 「おいとまします」の意味と使い方をおぼえましょう いかがでしたか。 「おいとまします」が「後にする」「帰る」という意味であること、また丁寧な表現であることがわかりました。 「いとま」は「暇乞い」や「枚挙に暇がない」などの表現で使いますが、そのときは「休暇」や「休息」「暇(ひま)」といった意味で使われています。 「おいとまします」は現在では「お暇をいただきます」という意味ではほとんど使われず、「帰ります」の意味でしか使われないようになっています。 ただし、この表現自体が年配の女性がよく使うだけで、帰る場合には「失礼します」と言う人の方が一般的ですので、自分から使うときには上品な言い方をしたい、年配の人に対して言う場合に使ってみてはいかがでしょうか。 そのようなときのためにも「おいとまします」の意味や使い方を覚えておきましょう。

次の

「おいとまする」の意味と使い方は?類語や敬語の例文をご紹介!

いとま 類語

「枚挙にいとまがない」の意味とは? 「枚挙にいとまがない」の読み方• 「枚挙にいとまがない」の英語 解釈• 「枚挙にいとまがない」の語源• 「枚挙にいとまがない」の言葉の使い方• 「枚挙にいとまがない」を使った例文や短文 解釈• 「枚挙にいとまがない」の類語や類義表現 「枚挙にいとまがない」の意味とは? 「枚挙にいとまがない」の意味は 「数が多過ぎて数えられない」 「数が多すぎてきりがない」ということです。 ものごとを引き合いを出して述べる時に、幾つか例を挙げてみたけれども数が多くていちいち説明しているときりがない状態の時に使います。 日常会話だけではなく会議の場やプレゼンでも使える言葉で、ユーモアのセンスを感じさせて尚且つ的確に状況を伝える言葉です。 「いとまがない」 「いとま」とは、先に紹介しましたが 「遑」 「暇」の両方の漢字が使われます。 但し、 「遑」は常用漢字ではないので、敢えて漢字にする時には 「暇」が使われます。 「いとま」の語源は 「いと」は非常に意味が多く、 「やることのない様子」 「ひま」の他にも 「一時的に休むこと」 「離婚・離縁」 「別れて去ること」などがあります。 よく人の家を訪問して帰り際に 「そろそろおいとまします」というのはここから由来しています。 また、お店の使用人が雇い主に対して休暇を願い出ることを 「いとま乞い」と言うのも同じです。 「ま」は 「間」を意味していて、 「いとま」で 「開いている時間」という意味です。 上記の言葉が組み合わさり 「枚挙にいとまがない」は、 「一つずつ数えることにかかりっきりになり手の空く時間がない」から転じて 「数が多すぎてきりがない」という意味で使われる様になりました。

次の