お弁当作り置きレシピ。 お弁当女子はフォロー必須。“作り置きおかずレシピ”の参考にするべきインスタアカウント3つ

お弁当のおかずの簡単「作り置き」レシピ24選!楽チン便利な常備菜もご紹介!

お弁当作り置きレシピ

しっとりとしたゆで鶏は、鶏皮だけ水からゆでて、コクとうまみを抽出するのがコツ。 1枚はうまみが溶け込んだスープとともにそのまま、もう1枚はさいて使おう。 直径約18cmの鍋にAと皮を入れ、酒も加えて火にかける。 その間に鶏むね肉に塩をまぶし、沸騰した湯に鶏肉全体をひたし、鶏肉を裏返す。 再び沸騰したら火を止め、ふたをしてゆで汁がさめるまで置いておく。 残りの1枚は食べやすいサイズにさき、6等分して1回分ずつラップに包む。 美肌成分を含むビタミンB1たっぷりの豚肉で、特にお弁当に使い勝手がいいのは薄切り肉。 「ゆでてさましたもの」、「野菜を巻いたバージョン」、表情の違う2パターンを準備して。 さめたら保存容器に入れる。 残りの豚肉は一枚ずつ広げ、塩、こしょうで下味をつけ、等分にしたカラーピーマンとさやいんげんを巻く。 フライパンに油を入れて熱し、巻き終わりを下にして並べ、焼き色がついたら転がしながらよく焼く。 さめたら保存容器に入れる。 どちらも冷蔵で3日保存可。 汎用性が高いひき肉は、「ミニハンバーグ」と「そぼろ状」にアレンジしたものに。 どちらもつなぎが入っているからふっくらした食感が特徴。 さらに卵、パン粉、牛乳、玉ねぎのみじん切りも加え混ぜる。 250g分を取りおき、残りを冷蔵庫で1時間休ませる。 Aを加えて混ぜ、保存容器に入れてさます。 ハンバーグはラップに包んで冷蔵で3日、冷凍で2週間。 そぼろは保存容器に入れれば冷蔵で4日、冷凍で2週間保存可。 塩、こしょうで味を調える。 玉ねぎは薄切り、ハムは細切りにする。 フライパンにオリーブ油を入れて中火で熱し、色よく焼く。 耐熱皿にのせ、ぬらしたキッチンペーパーをかけ、ラップをして電子レンジで4〜5分加熱する。 かぼちゃの種をさす。 さめたら枝豆を混ぜ、ひと口大に丸める。 保存容器に入れ、グレープフルーツの身、刻んだドライあんずを混ぜる。

次の

お弁当の前日に作り置きできるレシピ12選!前日に作っても大丈夫?

お弁当作り置きレシピ

お弁当を前日に作り置きするポイントの1つに、 持ち運びの時には保冷バックを使用したり、電子レンジを使って加熱をしたりしましょう。 冷蔵庫から前日に作ったお弁当を取り出し持ち運びの際には保冷バックの中に保冷剤を一緒に入れて お弁当を10度以下に保つことで菌の増殖を抑えることができます。 保冷剤は上下に挟むように入れましょう。 前日に作ったお弁当を冷蔵庫から取り出し、持ち運ぶ前に、 電子レンジで1度加熱することでお弁当に火を通すことになり、菌の増殖を抑えることができます。 75度以上になることで菌を死滅させることができるので、1分以上加熱することをおすすめします。 また、加熱後はお弁当を冷ましてから蓋をして持ち運ぶようにしましょう。 牛乳60mlカップ• 合いびき肉500g• ナツメグ少々• 塩コショウ少々• にんにくのみじん切り2片分• トマト缶1缶• 油大さじ1• 白ワイン100ml• 塩小さじ1• 牛乳とパン粉を、混ぜ合わせます。 玉ねぎをみじん切りにしましょう。 合いびき肉に1と2を加え、ナツメグ、塩コショウを加え、良くこねて冷蔵庫で30分から1時間寝かせます。 寝かせた物を冷蔵庫からとりだし、直径4cm程に丸く形成します。 クッキングシートを敷いた天板に並べ、200度のオーブンで15分程焼きましょう。 フライパンに油をひき、にんにくを入れ熱し、香りが出て来たらトマト缶を入れます。 中火で5~6分程煮ましょう。 焼きあがったミートボールをフライパンに入れて水っぽさがなくなるまで煮詰めたら完成です。 玉ねぎ1個• A酒大さじ2• Aみりん大さじ2• Aしょう油大さじ2• A砂糖大さじ2• A片栗粉小さじ1• 合いびき肉400g• 塩コショウ少々• すりおろししょうが小さじ1• パン粉• 卵1個• 玉ねぎをみじん切りにして、600Wの電子レンジで約2分かけて粗熱をとります。 Aの調味料を混ぜ合わせます。 合いびき肉に塩コショウをして、すりおろししょうがを加え、牛乳に浸したパン粉と卵、1を加えてよく混ぜて粘り気が出るぐらいまで混ぜましょう。 混ぜたら8等分に分けて、丸めていきます。 その後、俵型にして空気を抜き、真ん中にくぼみを作ります。 フライパンを熱し、ハンバーグの種を置き焼きます。 焦げ目がついたら裏返しましょう。 両面に焦げ目がついたら蓋をして、弱火で5分蒸し焼きにします。 余分な油をキッチンペーパーで拭き取り2を流し入れます。 照りが出るまで炒めたら出来上がりです。 粗熱を取ってから容器に入れて冷蔵庫で保存するようにしましょう。 乾燥ひじき3g• 油揚げ1枚• 油大さじ1• だし1カップ• Aしょう油大さじ2• Aみりん大さじ1• 砂糖大さじ2• ひじきを水で洗いぬるま湯で30分つけて戻します。 にんじんを短冊切りにします。 鍋にお湯を沸かし、油揚げを入れて1分程湯がき、油抜きをします。 こんにゃくも2~3分湯がきアクを取ります。 油揚げを細かく切り、こんにゃくも人参や、油揚げと同じぐらいに切ります。 鍋に油を入れて、具材全てを入れてしっかり炒めます。 だし汁を加えてから、砂糖を入れます。 2~3分煮詰めてから、 Aの調味料を加えてさらに煮たら完成です。

次の

簡単! お弁当の作り置きおかずレシピ特集

お弁当作り置きレシピ

Aを合わせておく。 Aとレモンを加えてさっと混ぜ、さめるまでおいてマリネする。 枝豆は塩ゆでにし、さやから取り出す。 【2】(1)を深めのバットに並べておく。 【3】 鍋に<A>を入れて強火にかける。 砂糖が溶けて煮立ったら火を止め、(2)に回しかける。 【4】粗熱が取れたらジッパーつき密閉袋に移し、冷蔵庫に入れて一晩漬ける。 煮立ったら塩(ひとつまみ)を加え、弱火でゆでる。 途中でそら豆も加えて5分ほどゆでて引き上げ、粗熱が取れたら薄皮をむく。 じゃがいもが軟らかくなったらざるに上げる。 【2】からになった鍋に(1)を戻し、強火にかけて水気を飛ばす。 【3】 熱いうちにすり鉢かボウルに移してしっかりすりつぶす。 粗熱が取れたらAを加えて味を調え、残りのタイムを散らす。 縦半分に切ったら1 ㎝幅に切り、保存容器に並べる。 【2】しょうが、にんにく、長ねぎ、ザーサイはみじん切りにする。 しめじは根元を切り落としてほぐす。 エリンギは長さを半分にして薄切りにする。 しいたけは石づきを切り落として薄切りにする。 【3】フライパンにごま油、しょうが、にんにくを入れて中火にかけ、香りが立つまで炒める。 長ねぎ、ザーサイ、きのこ類も加えて炒め、しんなりしたら<A>を加えて火を止める。 【4】(3)を(1)にかけ、みじん切りにした小ねぎ、粉さんしょう、ラー油をかける。 さやいんげん、スナップえんどうはすじを取る。 【2】鍋にかぼちゃを入れ、かぶるくらいの水を注いで強火にかける。 煮立ったら塩(少々)を加えて弱火でゆでる。 途中で(1)の豆類も加え、さやいんげんは3分、スナップえんどうは1分ゆでて取り出す。 【3】さやいんげんは1㎝幅に、スナップえんどうは半分に切る。 かぼちゃが軟らかくなったらざるに上げる。 【4】ボウルに(3)、Aを入れて和える。 お好みでチリパウダー(分量外)を振る。 煮立ったらアクを取り除き、弱火で12分ほどゆでる。 レンズ豆のしんがなくなったらざるに上げて水気をきる。 【2】野菜類は粗みじん切りにする。 3ボウルに(1)、(2)、<Aを>入れて和え、冷蔵庫で1時間以上冷やす。 ひき肉に火が通ったら、全体を混ぜる。 ハムのグリーンリーフ巻き 肉だけで作ったハンバーグは硬くなりがちだけど、豆腐を加えることでおいしさと軟らかさをキープ。 ビニール袋に豚ひき肉、塩、こしょうを入れ、粘りが出るまでこねる。 さらに豆腐、パン粉、みじん切りにした長ねぎ、卵を混ぜ、6等分にして平たく丸める。 ミニフライパンに油を入れ熱し、両面に色よく焼き色をつけ、Aを上から順に加え、弱火でふたをして約5~8分、汁にとろみがつくまで煮込む。 じゃがいもは皮をむき適当な大きさに切ってゆで、半分はしっかりつぶし、残りは粗いままにする。 熱いうちにAを混ぜる。 じゃがいもをゆでている間にフライパンでたらこを焼き、ほぐす。 これとマヨネーズを1. に混ぜる。 ラップで茶巾型にしぼり、切ったレモンの皮を飾る。 きゅうり、にんじん、パプリカは食べやすい大きさに切り、ボウルに入れる。 Aを小鍋で沸かしてから1. に加え、粒マスタードも加える。 粗熱が取れたら、ビニール袋に入れる。 冷蔵庫に入れ半日以上漬ける。 きのこは石づきを取って適当な大きさに切る。 フライパンにオリーブ油(大さじ2)をひき、にんにく、赤唐辛子、きのこを入れ、あまりかきまぜずに色よく焼き色をつけ、パセリも加える。 清潔な器に入れ、塩、残りのオリーブ油を混ぜる。 さやいんげんのピリ辛マヨ和え 【『大葉ときくらげの鶏つくね弁当』の詰め方ポイント】 ご飯(適量)を詰めたら黒ごま(適量)を振る。 おかずとの間に大葉(2枚)をはさんで。 きくらげを水でもどしてみじん切りにして混ぜ、2~3等分にする。 Bを入れてつくねにたれがからんだら、目玉焼きをのせる。 水気を絞り、しば漬けと和える。 Aを混ぜて甘酢を作る。 豚肉は塩、こしょうで下味をつけて丸め、かたくり粉をまぶす。 フライパンで多めの油で転がしながら揚げ焼きにしてしっかり火を通し、甘酢に漬ける。 鶏ひき肉にAを混ぜて、冷蔵庫で30分ねかせる。 れんこんは2mm厚さに8枚分切り、かたくり粉をまぶし、2枚で4等分にした1. をはさむ。 フライパンに油を入れ熱し、2. を色よく焼き、火を通す。 合わせたBを加え、からめる。 卵は溶きほぐし、紅しょうが、ほぐしたホタテ、ホタテ缶の汁、しょうゆ、砂糖を混ぜ、卵焼きを焼く。 巻きすを使って形を整え、表面にギザギザの形がついたら、適当な大きさに切る。 ブロッコリーは熱湯でゆでて冷水にとり、水気をしっかりふく。 ボウルにAを混ぜ、1. と刻んだアーモンドを和える。 袋の表示どおりにペンネをゆでながら、同じ鍋でざるに入れたさやいんげんも1~2分ゆでる。 さやいんげんは冷水にとって水気をふき、3cm長さに切る。 ベーコンは細切りにし、フライパンにオリーブ油を入れて炒める。 ペンネは水けをきって熱いうちにボウルに入れ、Aとベーコンを炒めた油ごと混ぜ、マヨネーズ(大さじ1)を混ぜる。 さめたら残りのマヨネーズを混ぜる。 タコラタトゥイユ 電子レンジでも作れるメニューだけど、蒸し煮にすることで日もちUP。 タコと野菜は1cm角に切る。 フライパンにオリーブ油を入れ熱し、玉ねぎをさっと炒め、残りの野菜とタコも入れてさっと炒める。 Aを上から順番に加え、ふたをして弱火で7~8分蒸し煮にする。 最後に塩、こしょうで調味する。 ドライフルーツのはちみつクリームチーズ和え 茶色っぽくなりがちなマグロは大葉を巻いておめかし。 食感が楽しいそぼろはご飯に混ぜて召し上がれ。 マグロをAに1時間以上漬ける。 かたくり粉をまぶし、油をひいたフライパンに入れ、両面を色よく焼く。 なすは7mm角に切り、しょうが、大葉、ミックスナッツはみじん切りにする。 フライパンに油を入れ、鶏ひき肉、しょうが、ミックスナッツ、さらになすを加え炒める。 Aを加えて味つけをし、さめたら大葉を混ぜる。 食べやすい大きさに切ったブロッコリーと、3cm長さに切ったさやいんげんを熱湯でゆでる。 冷水にとったら水気をしっかりふき、合わせたAで和える。 その隣で乱切りにしたなす、カラーピーマンを炒め、塩、こしょうで味を調えて取り出す。 同じフライパンにオリーブ油(小さじ2 )を入れてAを炒め、ナッツとセロリも加えたら、Bで味つけをする。 【2】ジャーにBを入れて混ぜる。 お弁当女子の簡単作り置きおかず【モアハピ部 No. 576 *Ayane*さん】 仕事の日のランチは、専らお弁当を持参してお弁当節約生活を送っています。 アスパラをさっと茹でる。 ミディトマトを4等分、アスパラを3cmほどの長さに切る。 豚こま肉に片栗粉をまぶす。 フライパンにサラダ油をひき、豚こま肉を炒める。 肉に火が通ったら、アスパラ、トマト半分を加え、炒める。 全体に火が通ったら、しょうゆ、砂糖、みりん、料理酒を加え、さらによく炒める。 最後に残りのトマトを加え、さっと炒めて完成! 【お弁当女子の簡単作り置きおかず】厚揚げの卵とじ.

次の