イナゴ の 大群。 農作物を食べ尽くすバッタの被害は、温暖化で今後ますます加速する

中国「イナゴ襲来」大飢饉ピンチ 新型コロナとのWショック

イナゴ の 大群

アフリカ東部では、数えきれないバッタの大群が農地を駆け抜け、ここ数十年で最悪の被害が広がっている。 いまアフリカ東部を襲っているのは、聖書の時代以来といってもいいレヴェルの大厄災だ。 数えきれないバッタが大都市ほどの大きさの群れをなして移動しており、その通り道の農作物を食べ尽くしている。 エチオピアでは過去25年で最悪のバッタの大発生になっている。 ケニアでは過去70年で最悪だ。 この地方では雨が異常に多かったことから植物が繁茂し、それがバッタによる大破壊を加速させている。 植物の繁茂がバッタの急速な大繁殖を支えたのだ。 問題はこれからもっと深刻になる。 バッタの数は6月には50倍になると予測されているのだ。 蝗害(こうがい)によって、農地の農作物も貯蔵してある農作物も食い尽くされ、アフリカ東部の農民たちは食糧不足に直面している。 バッタはイナゴやトノサマバッタなどの仲間で、群生することで知られている。 この群生が被害を及ぼすのだ。 約7,000種いるバッタの仲間のうち、約20種が移動に適した体である「群生相」へと変異する。 群れをなす過程で、1匹1匹の個体も変化するのだ。 バッタは普段は単体での活動に最適化された孤独相(これはバッタ学者が作った言葉だ)だが、大きな群れをなすにつれて体の色が変わり、筋肉が大きくなりながら移動し、農作物を食い尽くす。 「ジキル博士がハイド氏に変わるスイッチがあるようなものです」と、アリゾナ州立大学グローバル・ローカスト・イニシアチヴのディレクターであるアリアン・シーズは言う。 大雨のあとに大増殖 アフリカ東部に被害をもたらしているバッタの種類は。 サバクトビバッタである。 イナゴやバッタの仲間の多くが孤独相のままなのに対し、サバクトビバッタが群生相に変わるのはなぜなのか。 その理由は、この種のバッタの故郷の乾燥した気候と関係がありそうだ。 サバクトビバッタは、湿気のある土壌にのみ卵を産みつける。 卵を乾燥から守るためだ。 砂漠に大雨が降ると、もともと日和見主義者であるサバクトビバッタたちは、狂ったように繁殖し、土壌は卵だらけになる。 その数は1平方メートルに1,000個とも考えられている。 卵がかえると、食べられる植物は豊富にある。 その一帯がまたすっかり乾燥するまでは、の話だ。 数が増え始めると、サバクトビバッタは群生相に変化し、食べ物を求めて移動を始める。 「そのまま同じ場所にとどまっていたら、個体数が増えすぎて食べ物がなくなってしまうかもしれません」と、シーズは言う。 だからこそ、もっと資源に恵まれた場所を求めて移動する。 群れをなして移動することで、1匹でいるより捕食者に食べられてしまう可能性が減る。 つまり、数による安全を確保しているのだ。 そかし、バッタの移動開始は周辺国の農民たちにとっては、破滅の前兆になる。 体の内側も外側も変化 新しい社会生活に適応するため、バッタの体は内側も外側も変化する。 体色は目立たない褐色から、はっきりした黄色と黒に変わる。 捕食者に対して、「有毒である」というサインを送るためかもしれない。 バッタは孤独相のときには有毒の植物を食べないが、群生相になると、この地方の植物に含まれる有毒のアルカロイドの一種ヒヨスチアミンのにおいにひきつけられる。 この種の植物を食べて毒性を受け継ぎ、体の色を黄色と黒に変えることで、サバクトビバッタはもっと目立つようにしているのだ。 しかし、それも何百万というサバクトビバッタが突進しているときには、たいして意味はない。 隠れようとしているものなど1匹もいないからだ。 1匹だけでいるときには、特に何もない砂漠で目立つ姿をしているのは賢い戦略ではないだろう。 だから目立たない色をしているのだ。 群れが炭水化物を食べ尽くす 食べ物といえば、1日に1匹のバッタは90マイル(約144キロ)以上も移動し、自分の体重と同じ重さの植物を消費する。 群生相になったバッタは筋肉の量を増やすのだから、バッタたちは壮大な旅をするためにタンパク質を増やす必要があるだろうと考えるかもしれない。 アリゾナ州立大学グローバル・ローカスト・イニシアチヴの研究コーディネーターであるリック・オヴァースンは、人間にたとえて次のように説明する。 「あなたの友人がヴィーガンになることにしたと言ったら、心配されるのはタンパク質不足ですよね」 だが、その点でバッタの体は人間とは違うようだ。 シーズとオヴァースンによれば、少なくとも南米のバッタの場合は(彼らはまだアフリカでは現地調査を行っていない)、特に群生相に変身する過程では炭水化物を大量に摂取する。 群れをなしたバッタたちは、人間の食物である穀物を食べたがるからだ。 この現象は特に、土壌が劣化した農地をもつ農民たちにとっては恐ろしいことだ。 過放牧された土地には炭水化物が豊富な草が生えることが多い。 このような草は、疲弊した土壌から窒素が失われるにつれ、タンパク質を吸い取られていく。 そうなると確実に、バッタの群れがこのような農地に住み着くことになる。 「聖書やコーランの時代に人間たちは、どこからともなく現れ、空を真っ暗にして飛びまわるバッタの群れに対して、なすすべもない犠牲者でした」と、オヴァースンは言う。 「しかし、栄養と結びつけて考えることによって、新しい事実がわかってきました。 わたしたち人間はバッタの害の複雑な力学に対して、もっと積極的にできることがあるかもしれません」 大雨によりバッタが6カ月で400倍に激増 バッタの生態のもうひとつの重要な要素である水も、現在のアフリカの深刻なバッタの害に関係している。 2018年5月と10月の2度のサイクロン(温帯性低気圧)によって、バッタたちが待ち焦がれていた大雨がもたらされ、アラビア半島南部のほとんど同じ場所で地滑りが起きた。 5月の嵐だけでも、砂漠に6カ月も植物が繁茂できるだけの水をもたらしたのだ。 6カ月もあれば、バッタは2世代にわたって急速に数を増やすことができる。 「なにしろ1世代ごとに約20倍という飛躍的な増え方をしたのです」と、国連食糧農業機関(FAO)の上級蝗害予測官であるキース・クレスマンは言う。 「1世代が3カ月ですから、6カ月後には400倍に増えているんです」。 そして10月のサイクロンによって、さらに何カ月もバッタが繁殖した。 このようなバッタの急激な増加は、人の住む地域から遠く離れたオマーンの砂漠地帯で起きた。 とはいえ、迫りくる脅威を目の当たりにする人間は、そこにはいなかった。 オマーン南部から北へ、南へと急拡大 クレスマンの働くFAOでは蝗害の予測のために、人間による観察と衛星データを組み合わせた広範なネットワークの形成を支援している。 このネットワークは、アフリカ西部からインドに及ぶ最前線の20数カ国の担当者に国による蝗害監視プログラムを提供している。 この担当者たちはトラックで原野をパトロールし、バッタの害の兆候がないかを見張っている。 全員が連絡網に参加し、リアルタイムでモニターして、ローマのFAO本部にいるクレスマンと調整しているのだ。 しかし、このネットワークでもバッタの大発生を見つけられない場合もある。 「地球上で最も人のいない場所のひとつだったので、何が起きているか誰も気づけなかったのです」と、クレスマンは言う。 「そこには何もないんです。 道路もインフラも、Facebookも何もです。 そこにはただ、摩天楼ほども高い砂丘が続いています」 2018年の終わりになって初めてオマーン南部でバッタの群れが目撃され、クレスマンが警報を発することができた。 直後の19年1月、その地方は乾燥し始めた。 それから何が起きたか想像がつくだろう。 バッタの大群が食べ物を求めて、あちこちを征服しようとする軍隊のように北のイランへ、南のイエメンへと広がっていった。 「このようにして何週間も過ぎ、この地域からバッタの大群がどんどん広まっていきました。 そうなって初めて、その地域でそもそもどんな深刻なことが始まっていたのか、やっと理解できるようになったのです」と、クレスマンは言う。 まるで山火事のような存在 戦争で荒廃したイエメンでは、数時間でバッタを殺せる一般的な殺虫剤をまく訓練を受けた人員を派遣する余裕はない(農民や一般市民が殺虫剤をまくのはあまりに危険だ)。 その後、イエメンを大雨という悲劇が襲った。 侵入してきたバッタたちにとっては、さらなる繁殖のチャンスだ。 去年の初夏、バッタの群れは海峡を飛び越えてソマリアに着地し、さらにエチオピアとケニアへと行進を続けた。 事情が違っていたら、クレスマンたちはもっと早期にこの脅威を発見し、しずめることができていたかもしれない。 バッタの大群がどの方向に進むか、1カ月は早く予測できたかもしれないし、そうすれば、これらの国々はバッタの害に備えられた可能性もある。 中央の拠点から殺虫剤を流通させたり、空からの作業のために航空機を用意したり、バッタ退治の専門家を配置したりすることもできたかもしれないのだ。 「バッタの害は山火事のようなものです」と、クレスマンは言う。 「まだ小さなキャンプファイヤーであるうちに発見できれば、すぐに消火できます。 それで一件落着です」 しかし、初期のうちに察知して消滅させられなければ、バッタの群れはどんどん大きくなる。 そして完全に食べるものがなくなるときまで、終わることはないのだ。 菌類による新たな駆除法は実現するか 仮に殺虫剤の散布作戦が始まると、その地域に住んでいる人々は殺虫剤が弱まるまで、24時間は避難していなければならない。 それにもし殺虫剤を正確に散布できなければ、その地域のほかの昆虫が巻き添えになる。 だが、新しい生物学的な駆除法に望みがありそうだと、クレスマンは言う。 バッタ類を殺す「メタリジウム・アクリドム」と呼ばれる菌類だ。 この菌類はバッタやイナゴの仲間だけを退治するので、バッタの害に集中して対処できる。 バッタの脅威は、これからますますひどくなる可能性がある。 地球の温暖化はバッタ類にとって好都合だからだ。 バッタが大群になるには多くの植物が必要だが、そのためには雨が必要になる。 ここ数年はサイクロンが活発だったことは、今後の気候変動を予言しているのかもしれない。 海洋の温度が上がれば、より多くのサイクロンが生まれる。 サイクロンが増えたり、サイクロンが繰り返し発生したりして、バッタの大群が移動しながら産卵できる湿った土壌が用意されれば、バッタはどんどん増えてしまう。 温暖化で利益を享受するバッタたち 気候の別の面について考えてみると、バッタは熱や乾燥に対して高度に適応できている。 グローバル・ローカスト・イニシアチヴの実験によると、現在のオーストラリアのような干ばつの被害にも、バッタたちは水なしで1カ月は耐えられるという。 つまり、ほかの生物種が地球の急速な温暖化に適応できず苦労している状況において、バッタたちには二重の利点がある。 熱に耐えられる生理機能をもっているし、ほかの昆虫が絶滅すれば競争が楽になるからだ。 「多くの地域で予想されているように、地球変動で乾燥が進んで温度が上がれば、バッタのなかには生息範囲を広げるものが出てくるだろうということは、簡単に想像できます」と、グローバル・ローカスト・イニシアチヴのオヴァースンは言う。 「サバクバッタに関していえば、とてつもなく広い地域を監視しなければならなくなるということです」 これが世界の終わりのときだとすれば、地球はわたしたちに生やさしい終わり方を与えてはくれないのだろう。

次の

中国「イナゴ襲来」大飢饉ピンチ 新型コロナとのWショック (2020年2月20日)

イナゴ の 大群

好きなところに飛べます• バッタとイナゴの違いは? 結論から言うと分類的にはイナゴはバッタの仲間に含まれます。 つまり 『バッタ>イナゴ』ということですね。 さらにバッタの仲間はイナゴ科とバッタ科で分けられたりいています。 簡単にいうとそこら辺に生えている植物を『雑草』というのと同じですね。 イナゴはその中の一部ということになります! また、分類以外でも 日本では私達が食べているお米の稲を食べてしまう害虫となるバッタ類を『イナゴ』と呼ぶそうです。 個人的には稲を食べてしまうものが『イナゴ』と考えるのがわかりやすいと思います! イナゴは食べてバッタは食べないけど味が違うの? Sponsored Link イナゴは稲を食べる害虫駆除を兼ねて大量に獲ることができたため、食用にする風習が出来たと言われています! そのため、日本ではトノサマバッタもイナゴとして扱われることがあります。 なので一概に 『バッタは食べない』というわけではなさそうです。 バッタとイナゴどちらにも共通することですが、 食べるか食べないかは種類によります! そして、日本で古くから佃煮にして食べられているイナゴは主に『コバネイナゴ』です。 それ以外にも食べられている種類もありますが、 食べる上で重要視されているのはやはり『美味しさ』と『大きさ』のようです。 特に美味しさは重要でいくら捕まえやすいバッタや大きいバッタでも不味いものは食べないという印象を受けます。 よく見かけるショウリョウバッタなどは苦味があることから食べられるけど食用には向いていないそうです! バッタとイナゴに見分け方 今までお話してきたように イナゴとバッタを大きく分けると『稲を食べてしまうか食べないか』です。 そのため見分け方の話になってくるとそれぞれの種類についてになってしまいます。 今回は特に食べられているコバネイナゴとトノサマバッタの見分け方を簡単に解説します。 コバネイナゴ 目の後ろに真っ直ぐ伸びる太い線があるのが特徴的です。 また、名前の通り翅が短く、おしりより先に翅が伸びていません。 トノサマバッタ 比較的大きく、目の後ろには不明瞭な線が入っており、翅には縞模様が入っています。 飛翔能力が高いこともあり翅も大きく、後ろ足がオレンジ色している姿が特徴的です。 その他にもイナゴやバッタの種類は多くありますが、 コバネイナゴは翅が短いので簡単に見分けることができます。 また、 トノサマバッタも大きくて足の色が特徴的なのですぐにわかります。 中々自分で獲って食べる機会はないと思いますが、意外と見分けられるようになると楽しいものです。

次の

よく映画などで、イナゴの大群とか聞くのですが、実際にイナゴの大群ってある...

イナゴ の 大群

・ケニアを飛びまわるイナゴ(サバクトビバッタ)。 イナゴの大群は中国の手前に。 10万羽のアヒル部隊は無念の撤退 新型コロナウイルスの感染拡大は、次第に無制御の様相を呈するようになっていまして、懸念されていた「多くの国や地域で指数関数的な増加を示すのではないか」ということが現実化してきています。 指数関数的というのは、以下のようなイメージで考えて下さるとわかりやすいのかもしれません。 イタリアでの感染確認数拡大の推移です。 ・ 韓国も同じようなグラフを描いていましたし、フランスも次第に同じ状況となってきています。 最新のによると、アメリカの感染確認者数も 300人を超えたそうですので、アメリカでも同じような増え方となってしまうのかもしれません。 世界全体の感染者数については、こちらの記事「」で書きましたように、最も感染者数が多い中国での実際の感染確認数がまったくわからないですので、実際の数値はわからなくなっています。 ただ、「中国以外の感染確認者数」に関しましては、本日 3月7日に 2万人を超えていました。 イタリアは、4600人超、ドイツも 600人超、フランスも 400人を超えていて、これらの国々でもイタリアのような数字を描き始められますと「混乱はこれから」といった感じになってしまうのでしょうか。 なお、以下の記事でふれましたが、イナゴ(サバクトビバッタ)の被害が、その後、さらに激しくなっていてまして、中国と国境を接するパキスタンのイナゴ被害は「過去最悪級に広がっている」といます。 イナゴに対しては、以下の記事で、中国政府が、パキスタンのイナゴ被害を食い止めるために「 10万羽のアヒル部隊を派遣する方向」で検討していることにふれました。 パキスタン国境へ移動する中国のアヒル師団 ・ ところが、その後、中国当局は、 「パキスタンにアヒル部隊を派遣しない」 と方向を変えたことがいました。 その理由というのが、中国のアヒルはパキスタンの気候に合わないだろうということと、アヒルというのは、ものすごくたくさんの水を消費するらしいのですが、パキスタンは基本的に水不足気味の国家でして、「その水を用意できない」可能性があるためだそうです。 戦意高揚していたアヒル兵士たちですが、今回は無念の撤退となるようです。 そして、そのような間にも、 イナゴの大群は、パキスタン各地から「中国に侵入する可能性」が出てきています。 イナゴの繁殖が本格化するのはこれからですが、どういうことになるでしょうかね。 もはや、東アフリカからパキスタンなどの多くの国や地域で農作物の大半が食い尽くされているところもあるようで、それが中国に拡大すると、厄介ではありそうです。 皮肉なのは、水不足でアヒル部隊がパキスタンから撤収したと伝えられていますけれど、 パキスタンでイナゴが大発生した理由は、そもそも、「ふだんはないような大雨と洪水がパキスタンで繰り返されたから」なのです。 アフリカや中東でイナゴが大発生している理由も同じです。 砂漠のアフリカの国々で、昨年から今年はどこでも大雨と大洪水が続いていまして、それにより土地が一時的に肥沃になり、イナゴの繁殖条件が整ったことによるものでした。 本来なら砂漠のサウジアラビアなどでは、そうイナゴの大繁殖などは起きないものですが、今はもうかつてと気候が違っておりまして、以下のようなイナゴの大群が中東の砂漠を繰り返して襲っています。 今後も中東やアフリカで、通常とは違う雨の状態や洪水がさらに繰り返されれば、夏に向けて、イナゴの大発生がさらに拡大する可能性もあり得ます。 そして、この、 「異様な大雨と洪水」 というのが、今年 2020年の特徴のひとつでもあります。 もちろん、この 10年くらいは世界中で洪水が増加し続けてはいますが、今年の大雨や洪水の特徴は、「 ふつうなら大雨や洪水があまりない場所を襲う」ということが繰り返されていることです。 それだけに被害も大きくなりやすい側面があるようです。 イナゴ被害は、ほぼ確実に食料供給に影響を与えますが、大雨や洪水の発生がイナゴの大発生と関係している部分は強く、今後の世界の気象は気になります。 仮に、地域的な食糧危機が起きたとしても、世界が全体として平静な時であるならば、援助も協力も得られやすいと思いますが、この新型コロナウイルスの混乱の中、主要国の食料供給だって今後どうなるのかよくわからない部分もあるのです。 何だか、 ・かつてない病気 ・イナゴ ・大洪水 というのが複合して襲ってきているあたりは「」なども思い出します。 そういえば、トルコで 1月の終わりに M6. 7の地震があったのですが、 震源に近い場所から「赤い川が流れ出す」なんてこともありました。 こんなような「雨」の事象が、2020年に入ってからずっと続いています。 北半球の大雨と洪水が本格化するのは、通常、春以降ですので、今後このような状況がさらに激化する可能性もあります。 世界各地の2020年3月7日までの10日間ほどの間の黙示録的な豪雨と洪水 ブラジル 記録的な豪雨による土砂崩れで50人以上が犠牲に 3月3-4日にかけて、ブラジルのサンパウロとリオデジャネイロを激しい豪雨が襲い、土砂崩れなどのために、少なくとも 23人が犠牲となり、30人以上が行方不明となりました。 死者数はさらに増加すると予想されていると報じられています。 リオデジャネイロの雨量は、3月3日と 4日の 2日間の雨量が 3月全体の平均総雨量を超えたとされています。 ・ マラウイ 数日続いた豪雨で大洪水が発生 アフリカ南東部のマラウイでは、2月後半の数日間大雨が降り続き、首都リロングウェを含む中央地域で広範な洪水が発生しました。 通常は洪水が発生するような地域ではないですので、インフラを含めた被害の復旧が大変そうです。 ・ 英国 2月の総雨量が1862年以来の158年間で最大に 英国では、2020年2月の雨量が 1862年に記録がとられて以来、最も 1ヶ月の雨量が多いと発表されました。 英国気象庁は、今後も英国では同様の雨の多い状態が予測されるとしています。 ・ インドネシア 大洪水により数十万人が影響を受ける インドネシアのジャカルタ地方で洪水が悪化し続けています。 2月後半以来、9人が犠牲となり、4万5861人が避難しました。 同地では広大な土地が水没し、数十万人の住民が苦しんでいるといます。 ・ コンゴ共和国 2019年後半から雨が降り止まず国家緊急事態に コンゴ共和国の政府当局は、3月4日、2019年以来の洪水に苦しむ人々の数が 21万3000人に達したと発表。 同時に、国連の人道問題調整事務所は、コンゴへの支援を要請しています。 ・ コロンビア 豪雨により20名以上が死亡 南米コロンビア北部では、2月の後半に断続的に大雨が降り、各地で洪水、土砂崩れなどが発生し、少なくとも 22名が死亡したといます。 ・鉄砲水から奇跡的に救出された8ヵ月の赤ちゃん。 中米ホンジュラス 記録的な豪雨による洪水で1万7000人が影響 2月の終わりから、中米のホンジュラスを立て続けに豪雨と強風が襲っており、ホンジュラス緊急事態常設委員会によると、17000人以上が影響を受けたといます。 ・ オーストラリア・メルボルンで1日で1ヶ月分の雨量。 1日雨量が観測史上最大に オーストラリアに、熱帯サイクロン「エステル」から変わった低気圧によってもたらされた悪天候により、3月5日、メルボルンでは 1日で 1ヶ月分の雨が降り、1929年以来、90年ぶりに記録を更新しました。 ・ このあたりまでとさせていただこうと思います。 ブログではあまりふれにくいことなどを含めて、毎週金曜日に配信させていたただいています。 お試し月は無料で、その期間中におやめになることもできますので、お試し下されば幸いです。 されるか以下のバナーからご登録できます。

次の