コピー 機 おすすめ。 【楽天市場】コピー機 > おすすめ商品:中古コピー・パソコンのイーコピー

プリンターのおすすめ人気ランキング9選【2020年最新版】

コピー 機 おすすめ

使い勝手に優れた、エプソンのエントリーモデルです。 エプソン独自のMSDT マルチサイズドットテクノロジー が、 プリントデータに応じてインクの大・中・小を打ち分け、高速かつ高画質なプリントを実現しました。 また、コピーやスキャン機能にも優れおり、IDカードコピー機能では、免許証や保険証の両面を1枚の用紙に並べて印刷することができます。 また写真のフチなしコピーも可能で、写真を焼き増ししたい時にもぴったり。 値段もお手頃で購入しやすいのは嬉しいですね。 この1台で、 名刺〜A3まで様々なサイズの用紙にプリントすることができますよ。 モノクロ出力が多いビジネスシーンでも役立ちそうですね。 「FINE」と呼ばれる高密度プリントヘッド技術が、人肌も忠実に印刷する高画質を実現します。 印刷画質にこだわりたい時は、ぜひこの製品を選んでみてください。 印刷方式 インクジェット タイプ 単機能 カートリッジ 分割型 インクの種類 5色ハイブリッド Wi-Fi対応 有 用紙サイズ 名刺〜A3ノビ 給紙方式 背面給紙 付加機能 スマホ対応など ボタンの少ないスタイリッシュなデザインで、どんなインテリアにも馴染むプリンターです。 3型のタッチパネルは操作がしやすいだけでなく、液晶パネル周辺がシボ光沢仕上げで、指紋が目立ちません。 印刷スピードが速いのもこの製品の特徴です。 L判であれば1枚13秒で印刷することができます。 また、傷やホコリがつきにくいフラットな天面は、カメラや用紙の置き場所としても活用できますよ。 2段構造の給紙トレイにはそれぞれ最大250枚の用紙をセット可能で、紙交換の手間が省けます。 さらには宅配便送り状をプリントする機能も搭載しているので、自宅だけでなく、オフィスでも役立つでしょう。 家庭で使用するにはやや場所を取りますが、オフィスレベルの機能を備えたプリンターをお探しの人にぴったりです。 印刷方式 インクジェット タイプ 複合機 プリント・コピー・スキャン・ファックス カートリッジ 分割型 インクの種類 4色 Wi-Fi対応 有 用紙サイズ 最大A3 給紙方式 - 付加機能 宅配便送り状プリントなど シンプルさにこだわりたい人におすすめなのが、キャノンのPIXUS TS3130S。 低価格でありながらWi-fiに対応しているので、スマホやスマートスピーカーと連携することができます。 置き場所を選ばないコンパクトデザインに加え、ブラック・ホワイトのインテリアに馴染みやすいカラーを展開しています。 手軽さや部屋との調和にこだわりたい場合は、ぜひこのプリンターをチェックしてみてくださいね。 印刷方式 インクジェット タイプ 複合機 プリント・コピー・スキャン カートリッジ 一体型 インクの種類 4色ハイブリッドインク Wi-Fi対応 有 用紙サイズ L判〜A4 給紙方式 背面給紙 付加機能 スマホ対応・自動電源ONなど プリンターメーカーとしてさまざまな製品を手がける、ブラザーの2019年モデル。 前面のフタ部分を開けるだけでサッとインクを取り替えることができるため、上部カバーを開けたり、キャリッジがインクの交換位置にまで移動するのを待つ手間がありません。 前面の給紙トレイは2段構造で、2種類の用紙を同時にセットすることができます。 また、専用の無料アプリを使ってスマホやタブレットと直接通信したり、各種クラウドと連携することで使い方の幅を広げることができますよ。 印刷方式 インクジェット タイプ 複合機 プリント・コピー・スキャン カートリッジ 分割型 インクの種類 4色 Wi-Fi対応 有 用紙サイズ L判〜A4 給紙方式 前面・背面給紙 付加機能 自動両面プリント・スマホ対応 キャノンが販売するPIXUSの最新シリーズ。 自動紙幅検知により印刷画面でサイズを指定するという作業がなくなりました。 さらに、自動で両面プリントすることができるので、表と裏をひっくり返す手間が省け、用紙の節約にも繋がりますね。 スマホ写真補正機能では写真を自動補正してくれるので、 スマホで気軽にとった写真でもキレイにプリントすることができます。 とにかく機能性の高さにこだわってプリンターを選びたい人におすすめしたい製品です。 印刷方式 インクジェット タイプ 複合機 プリント・コピー・スキャン カートリッジ 分割型 インクの種類 6色ハイブリッドインク Wi-Fi対応 有 用紙サイズ 名刺〜A4 給紙方式 背面・前面給紙 付加機能 自動両面プリント・スマホ対応他 6色ハイブリッドインクが、安定した発色と豊かな表現力を実現しました。 細かな文字も滲みにくくはっきりと印刷できるため、名刺のプリントにも向いていますよ。 背面給紙トレイと前面給紙カセットの2箇所に用紙をセットできるので、 置き場所や用途に合わせて給紙口を選べるのは嬉しいですね。 タッチパネルには4. 3型のワイドタイプを採用し、操作のしやすさにも優れています。 さらに、スマホとの連携も可能で、SNSの写真をプリントしたりなど幅広い楽しみ方ができるのもこの製品のポイントです。 印刷方式 インクジェット タイプ 複合機 プリント・コピー・スキャン カートリッジ 分割型 インクの種類 6色ハイブリッドインク Wi-Fi対応 有 用紙サイズ 名刺〜A4 給紙方式 背面・前面給紙 付加機能 自動両面プリント・スマホ対応他 エプソン販売 商品名 PIXUS TS8230 PIXUS TS8330 A4インクジェット複合機 DCP-J582N PIXUS TS3130S カラリオプリンター EW-052A PRIVIO インクジェット複合機 カラリオプリンター EP-882AW PIXUS iX6830 カラリオプリンター EW-452A 特徴 6色ハイブリッドインクで高品質印刷を実現!オールマイテ... PIXUSの最新モデル!より高速な通信を実現 楽にインクを取り替えたいならブラザー!2段構造の給紙ト... 低価格でありながら基本的な機能をバランス良く搭載! 美しい色合いで写真をプリントしたい時にはこれ!自然な色... A3サイズの印刷が可能!ビジネス用にも役立つ スタイリッシュなデザイン!印刷スピードの速さも高評価 これ1台で名刺サイズ〜A3ノビまで!印刷画質にこだわり...

次の

複合機コピー機メーカー比較ランキング【12社を徹底分析】

コピー 機 おすすめ

いろいろな呼び方がある。 コピー機、プリンター、複合機。 何が違うの? コピー機が欲しくて情報を集めようとすると「プリンター」「複合機」という言葉も一緒にでてきます。 自分が欲しいのはどれなのか。 違いを知ってから情報を集めましょう。 すべてに共通するのが「印刷をする」ことです。 実際、印刷をしたいから購入を考えているはずです。 コピーとは「複写」という意味があり、スキャナーに原稿を置いて印刷をします。 置いた原稿をもとに、複写する機器をコピー機と呼びます。 プリンターとは、パソコンにつないで使います。 一般家庭ではこちらのプリンターを持っている方が多いでしょう。 パソコンで作成した文書や資料のデータを転送し、印刷物として紙に移す機器がプリンターです。 では最後に複合機です。 コピー機とプリンター、両方の機能を合わせた機器で、その他にFAXもついています。 さまざまな場面で活躍できるのでオフィスでの使用が多いです。 ご家庭で使う程度なら、コピー機かプリンターでよいでしょう。 コピー機は複写しかできないので、パソコンで年賀状を作る、ネットの情報を印刷する、文書作成をするならプリンターを選んだ方が使い勝手がよいです。 また会社で使うなら、プリンターでは少し物足りない気がします。 いろいろな機能がついている複合機の方が、業務拡大をしたときでもすぐに対応ができます。 家庭用のおすすめコピー機。 選び方はここ! コンビニにはプリントサービスがあり、利用したことがある方も多いでしょう。 とくにデジカメの写真をプリントするときお手軽にすぐできるため便利です。 しかし印刷物が多い、印刷する機会が頻繁にある方だと、毎回コンビニまで行くのは大変です。 パソコンを持っているなら1台くらいプリンターがあっても困らないのではないでしょうか? ここでは家庭で使用するプリンターの選び方について説明していきます。 家庭用プリンターには2種類あるのでそれぞれの特徴を確認してください。 インクカートリッジでかかる維持費が1年もすると、本体価格が上回ることもあります。 また長期間使用していないと内部のインクが固まり、印刷がきれいにできなかったり、たくさん使うと故障しやすくなることが起こるので、メンテンナンスが必要になります。 本体は安いがメンテナンス費用を考えると、毎年買い替えるという方もいるほどです。 また価格も型落ちを選ぶと安く手に入ることがあります。 また故障しにくい分、メンテナンス費用はインクジェットよりかかりません。 印刷速度が早いので、たくさん印刷をする方には便利ですが、電力がちょっとかかります。 どっちがいい? インクジェットプリンターもレーザープリンターもどちらも機能はよいので、あとは使用目的で選ぶことです。 印刷物で写真が多いならインクジェット、文書や年賀状や招待状などのハガキを出す機会が多いならレーザーがよいでしょう。 あとは、価格とサイズです。 安くコンパクトに設置したいならインクジェットですが、高くてもメンテナンス費用を抑えたいならレーザーを選ぶとよいでしょう。 また印刷物が写真のみであればフォトプリンターという写真印刷に特化した機種もあります。 オフィス用のおすすめコピー機。 どれがいい? 次にご紹介するのはオフィス用です。 家庭とオフィスではコピー機を使う頻度が違います。 そのため注目ポイントも変わります。 家庭用では、きれいさと維持費が気になるところでしたたが、オフィスでは仕事の効率を気にする必要があります。 そもそもオフィスではコピー機よりも複合機を使用することが多いでしょう。 従業員すべてのパソコンとつなぎ、どこからでもデータを送信し印刷ができないと仕事として困ります。 また、よその会社から重要な連絡事項がFAXで送られてくることもあるため、多機能な複合機が活躍します。 では、オフィス用の複合機を選ぶときのポイントを見てみましょう。 オフィス用では会議の資料など何十枚、何百枚と必要となるため、印刷速度が求められます。 FAX も使用すると、一日にどれだけの枚数が印刷されるか、おおよそで考えてみましょう。 メーカーや機種によって速度が違い、1分間で印刷される枚数に倍近く差が出ます。 早ければ早い方がよい気がしますが、早い機種ほど価格も高額になります。 そのため、自分のオフィスではどれほどの速度が必要かよく考えなければいけません。 一ヶ月に500枚以下の印刷物なら毎分18枚くらいで問題ないでしょう。 一ヶ月3000枚以上印刷するようなオフィスであれば毎分50枚くらいの速度は欲しいです。 このように印刷枚数を把握することで、必要なスペックも絞ることができます。 複合機の購入を考えているなら、どこの会社から買うとよいか迷います。 会社ごとにサービス内容は違いますか、最も重視しなければいけないのが、「保守体制があるか」です。 複合機は精密な機械です。 そのため、故障もしやすくトラブルになりがちです。 こういったときに修理が必要ですが、故障のたびにお金を払って修理業者を呼んでいると、年間いくらになるかわかりません。 もしかすると、中古で もう1台変えるほどになっていることもあります。 このようなとき保守契約という保険料を払っていれば、修理や点検がサービス内容に含まれているため無料で気軽に受けられます。 オフィスならリースもあり?リースのよいところ 複合機は高額なため、オフィスではレンタルやリースで導入することも多いです。 レンタルとリースについて簡単にまとめます。 しかし設置するのに初期費用がかかったり、毎月のレンタル料がリースより高くなりがちです。 また、レンタルできる機種は選べなく、型落ちしていることが多いです。 また毎月のリース支払い費用がレンタルより安いです。 しかし長期契約なことが多く、すべて払い終わらないと途中解約ができません。 機種は好きなものを選ぶことができ、最新機種も可能です。 傷もない新しい機種を使うことができます。 契約期間が、長期か短期かでまず選択できますが、しばらく借りることが決まっているのなら、初期費用も毎月の料金も安いリースのほうがお得です。 また機種が選べられることも魅力です。 せっかく借りるのに、自分が求める機能がない機種が来ても扱いに困るだけです。 それよりも最新機種で、オフィスに必要な機能が揃った機種を借りたほうがよいはずです。 まとめ おすすめコピー機についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?家庭用とオフィス用では見るポイントが違います。 家庭用なら、何に使うのか使用目的で選ぶとよいですが、オフィス用になると、仕事の効率と保証が気になります。 またオフィス用の複合機は高額なため、リース契約もおすすめです。 今回の記事を参考に、ご自分がどのような機種がよいのかよく考えて導入してください。

次の

複合機(コピー機)主要おすすめ7メーカーの特徴比較【お役立ち情報】

コピー 機 おすすめ

大容量のインクタンクを搭載し、ボトルから直接インクを補充する「エコタンク方式」のプリンター。 印刷コストが低いので、インク代を気にせずプリントしたい方におすすめです。 「EP-M552T」は、エコタンク方式のなかでもリーズナブルな価格を実現。 今欲しい機能がぎゅっと凝縮されており、手軽にプリントを楽しみたい方にピッタリのモデルです。 インクボトルは標準の使い切りサイズに加えて、印刷頻度が高い方向けに増量ボトルを用意。 編集部調べでは、使い切りサイズ1本あたりの市場価格は600円(税抜)、増量サイズは2,000円(税抜)となっており、手頃な価格でインクを購入できるのも魅力です。 スマホとの親和性が高く、QRコードをスマホのカメラで読み込むだけで、プリンターとの接続が可能。 4色染料インク搭載で、写真プリントを色鮮やかに仕上げます。 天面には、手差し式のシートフィードスキャナーを搭載。 用紙を挿すだけでコピーやスキャンを簡単に行えます。 パソコンだけでなく、スマホからでも手軽にプリントしたい方におすすめのモデルです。 「ダイレクト接続」に対応しているのが特徴。 Wi-Fiのない場所でもスマホとプリンターを接続して、プリントやスキャナー機能が利用できます。 一度設定しておけばよいので準備も簡単です。 また、「PictBridge」規格に対応しているのもポイント。 同規格に対応したデジタルカメラなら、ワイヤレスでダイレクトに印刷することも可能です。 わざわざパソコンを介してプリントする煩わしさもありません。 ただし、Wi-Fi環境が必要なのでその点は留意しておきましょう。 スマートスピーカーにも対応しており、音声でプリントや電源オン・オフの指示ができて便利。 自宅でスマートに印刷したい方もぜひチェックしてみてください。 高い光沢性と発色性を持つ8色染料インクを搭載したモデルです。 作品レベルの写真印刷を可能にする、プロの現場にもおすすめのプリンター。 L判からA3ノビまで幅広い用紙サイズに対応しています。 カラーだけでなく、モノクロプリントの表現力が高いのも本モデルの特徴です。 黒色系インクにブラック・グレー・ライトグレーの3色を採用。 粒子感を抑えたなめらかな階調表現が魅力です。 有線LANに対応しているため、オフィスに設置した複数のパソコンから共有できます。 プリント速度が早いのもポイント。 A3ノビのモノクロで約2分55秒、カラーなら約1分30秒で印刷することが可能です。 スピードを求められるビジネスシーンでも活躍します。 スキャナーやコピー機能も搭載したA4カラー複合機です。 ホームユースに便利なおすすめのモデル。 免許証や保険証などの両面を、用紙の片面にまとめてコピーできる「IDカードコピー」機能を搭載しています。 突然、証明書のコピー提出が必要になった場合に便利です。 また、写真のフチなしコピーにも対応。 迫力あるお気に入りの写真を、そのままコピーすることが可能です。 自宅にいながら焼き増し感覚でコピーができるので重宝します。 エプソンが独自に開発した「つよインク」を採用しているのもポイント。 優れた耐光性と耐オゾン性を有しているため、アルバムで保存すれば300年も綺麗な状態が続きます。 大切な記憶を、子供や孫の世代まで残しておきたい方にもおすすめのプリンターです。 大容量インク対応のインクジェットプリンターです。 ブラックで標準インクカートリッジの約16本分、カラーでは約10本分のインク量を搭載できるのが特徴。 月300枚くらいをプリントするような使い方であれば、1年以上インク交換をせずに使用できます。 面倒なインク交換の手間を減らしたい個人の方はもちろん、業務の手を止めたくないSOHOにもおすすめのモデルです。 インク残量はグラフに加え、印刷可能なおおよその残枚数でも表示。 交換タイミングがより正確に把握できるので重宝します。 また、サブタンクを内蔵しているのもポイントです。 万が一、カートリッジが空になってしまっても約200枚の印刷が可能なため、慌てる必要はありません。 マルチクライアントネットワークに対応したカラーレーザープリンターです。 WindowsやMacなど複数のOSが混在するオフィスにおすすめのモデル。 Adobe純正の「PostScript 3」に対応しているため、異なるOS環境で作成された画像やドキュメントでも、意図した通りの色合いや体裁で出力することが可能です。 シビアなカラーマネージメントが求められるような、クリエイティブな現場にも適しています。 万が一、カラートナーを切らしてしまっても安心。 ブラックトナーを使用しモノクロ印刷で対処することが可能です。 USBポートを搭載しており、USBメモリ内の写真や書類をダイレクトにプリントできるので重宝します。

次の