フレッツ 光 ルーター レンタル。 フレッツ光の無線ルーターはレンタル・購入、どちらがお得!?

フレッツ光のルーターは交換可能?レンタル・購入ルーターの基本

フレッツ 光 ルーター レンタル

固定回線を引く際によく耳にするものといえば、ルーターとNTT等でレンタルできるモデムですが、みなさんはこの両方の違いをご存知でしょうか? 「当たり前じゃん!」と思う方ももちろんいらっしゃることでしょう。 ただその中でも勘違いをして認識している方も少なからずいると思います。 ルーターという括りの中にモデムがあると思っていませんか? もしくはルーターとモデムは一緒に接続するし同じだろと思っていませんか? これらは両方間違いです!! 以下ではルーターとモデムの違いについてわかりやすく解説しておりますので、知らない方はこそっと読んで、さも知っていたかのように振る舞いましょう(笑) それではルーターとNTT等でレンタルできるモデムについてご説明していきます。 この記事の目次• 「モデムとは?」 まずはこれですね。 モデムがないとネットは繋がりませんし、ルーターも繋げません。 モデムの役割は信号を変換することです。 どういうことかというと、言語の通訳をしているようなものです。 データの信号は2種類あり、アナログ信号とデジタル信号に分類されます。 アナログ信号はアナログ回線から送られてくる信号で、デジタル信号はパソコンなどの機器から送られてくる信号です。 両方のデータを行き来させるためには、各々の信号に変換して送る必要があります。 そこで登場するのがモデムというわけです。 アナログ信号とデジタル信号の間にモデムが入ることによって異なる信号でも、情報の行き来が可能になるのです。 日本人とロシア人が日本語とロシア語で会話するためには間に通訳さんを挟む必要がありますよね?それと同じで、モデムは通訳さんだと思ってください。 ちなみに今の話はアナログ回線(ADSL等)の話で、光回線(光ファイバー)の場合はまた違ってきます。 光回線はモデムを使わないのです。 代わりにモデムと似たような役割を果たしてくれる、(回線終端装置)という機械を使用します。 やっていることはモデムと同じで、さっきのアナログとデジタルの信号が光信号と電気信号の通訳を行います。 基本的にNTTや通信会社からモデムを借りることが出来ますのでそこは安心してください。 モデムにしろ、ONUにしろ通訳がいないとネットに繋げないということですね。 「ルーターとは?」 ここまでで、モデムってすげーやって思うかもしれませんが、モデムだけだと、1つの機器しか接続することが出来ません。 そんなモデムの弱点を補ってくれるやつが、まさしくルーターなのです。 ルーターは複数の端子がさせるように穴が何個かあいています。 そこのLANケーブルをさして繋ぎたい機器に繋げばあら不思議! 2台でも3台でもルーターさえあれば繋ぐことが出来ます! モデムとルーターの組み合わせは最強ですね(笑) ところが調子に乗って繋ぎすぎて、配線が絡まってよく分からなくなってしまい汚くなってしまう場合もあります。 そんな配線の絡まりを解消してくれるのが、無線LANルーターです。 その名の通り、無い線なので線が無いルーターです。 特殊な電波を飛ばして機器と接続するので、お部屋はすっきりしてごちゃごちゃした配線もなくていいことづくめですね! さらに現在は技術が進歩したため、ルーターとモデムが1つになったもの(ホームゲートウェイ)があるのです! これには無線LANカードというものを指す場所があり、それを指すだけで無線LANが使用できるようになるのです。 もちろんNTT等でレンタルすることができます。 ご自宅の環境にあったモデム、ONU等をレンタルできるので安心ですね。 はい、ここまででルーターとモデムの違いはご理解いただけたかと思います。 それでは最後にもう一歩踏み込んだところの説明に移りましょう。 「ルーターはNTTでレンタルするべきではない!?」 NTTでフレッツ光を契約するとモデムをレンタルすることは先程ご説明したので、大丈夫だと思います。 ホームゲートウェイの場合は無線LANカードをレンタルしてしまえば、すぐに使うことができます。 さて、ここで問題が生じてくるわけです。 無線LANカードをNTTでレンタルして使うのと、家電量販店で購入するのはどちらが安いでしょうか? 実は多くの方が勘違いしていらっしゃいますが、家電量販店で購入するほうが安いのです! NTTでレンタルすると毎月最低でも300円かかってきます。 また、固定回線は基本的に2年契約なので月に換算すると24ヶ月です。 しかし、家電量販店だとだいたい4000円前後で買えてしまうのです!一回買ってしまえば2年契約だろうとなんだろうと壊れるまで使い放題です(笑) 面倒くさいと思って今までレンタルしていた方は、思わぬ落とし穴にはまっていたかもしれませんね・・・。 おすすめのルーターは? ここで気になるのが、おすすめのルーターですよね!ルーターはメーカーも様々ですし種類も様々あります。 さらに規格も年々進化しており、通信規格も2. 4GHz対応やら5GHz対応やら何がなんだかわからん!という方のために以下ではおすすめのルーターを3種類ご紹介していきたいいと思います。 家が広い人はWXR-2533DHPがおすすめ ルーターは最大速度もそうですが、家の広さで選ぶのが基本です。 その中でも「WXR-2533DHP」は高額ですが、広い範囲をカバーするパワーを持っているので、3階建て以上に住んでいたり4LDK以上の部屋にお住まいの場合でもおすすめできます。

次の

フレッツ光でWi

フレッツ 光 ルーター レンタル

光回線の通信機器設置形態は家庭により多少異なりますが、wifiルーターはほとんどの家庭で使用されているのではないでしょうか。 フレッツ光ではルーターをレンタル提供していますが、契約内容や利用状況によっては購入した方が安上がりになりますので、その理由を解説します。 フレッツ光ルーターのレンタルとは? ひかり電話利用者には無料貸し出し 光回線を利用するには、光終端装置 ONU とブロードバンドルーター、または両方の機能を備えたONU一体型ルーターが必要です。 ONUには光信号を電気信号に変換する役割があり、ルーターにはISPとの接続や、LAN内の端末へのIPアドレスの割り当てなどの役割があります。 さらに、光回線で音声通話やFAXの送受信もするには、VoIPゲートウェイという機能も必要ですが、ONU機能とルーター機能に加え、VoIP機能も統合された機器がホームゲートウェイです。 フレッツ光を契約し、ひかり電話を申し込むと、NTTからホームゲートウェイ本体機器が無料で貸し出されます。 ホームゲートウェイはレンタル可能 NTTのホームゲートウェイは、ひかり電話のオプション契約をしなくても、レンタルで利用することが可能です。 レンタルの場合はONUを設置したうえで繋ぐことになり、ブロードバンドルーターとして使用します。 なお、レンタル料金が必要となり月額450円の標準プランと月額250円の低価格プランのどちらかを選ぶことになりますが、低価格プランは2年以上の契約が条件で、途中解約の違約金は2,000円です。 無線LANカード等のメリットも NTT東・西日本のホームゲートウェイは、Wi-Fi機能を利用する際に専用の無線LANカードを差し込んで使う仕様になっています。 無線LANカードのレンタル料は、ひかり電話の契約に関係なく月額100円です。 無線LANカードの仕様は、IEEE802. ac対応でアンテナが3本ですので、子機端末も同じスペックであれば技術規格上の最大通信速度は1. 3Gbps。 また、NECプラットフォームズの無線LAN自動設定機能「らくらく無線スタート」が搭載されています。 レンタルと購入、どっちがいい? 市販のwifiルーターの方が安い NTT東・西日本でレンタル提供しているホームゲートウェイの性能は、市販のブロードバンドルーターであれば10,000円程度の製品と同等です。 ホームゲートウェイ本体機器の低価格プランが月額250円・無線LANカードのレンタル料が月額100円でしたので、1カ月で税込378円、1年間で4,536円のレンタル料です。 回線を2年以上継続して利用するのであれば、市販のwifiルーターを購入した方がよいでしょう。 レンタルだと故障時に無償交換も 市販品は保証期間内であれば無償交換や無償修理が可能でも、保証期間を過ぎていれば有償になることが一般的です。 また、ブロードバンドルーターが故障した際は、ほぼ新しい機器を購入することになるでしょう。 一方、レンタルだと無償交換が可能ですので、あまり故障することのないルーターが運悪く故障してしまったり、調子が悪くなったりしたときは、レンタルのほうが都合よく感じるかもしれません。 無線LANカード不要なら返却を 現在のインターネット環境でwifiを利用しないことはあまりないはずですが、レンタルしている無線LANカードが不要であれば、解約して返却することも可能です。 方法は簡単で、管轄のNTT東・西日本に電話をすれば即解約することができます。 無線LANカードを解約して返却したい旨を伝えてください。 数日で、返送キット送付案内と一緒に返却袋とゆうパック着払いの送り状が届きます。 無線LANカードであればエアパックなどの緩衝材で梱包し、ホームゲートウェイ本体機器であれば契約時に送られてきた時のダンボールに入れるとよいでしょう。 他の事業者でも同様の手順で返却できるはずです。 ルーター設置に関する注意点 NTT西日本が設置だと追加料金も フレッツ光のレンタルルーターのwifi通信は、差し込み式の無線LANカードを使用していますが、ホームゲートウェイ本体機器とのセットで利用することが前提です。 また、NTT東・西日本のホームゲートウェイであっても、レンタル時期によってはIEEE802. 11acに対応していないIEEE802. IEEE802. ONUとホームゲートウェイが別々の設置形態であり、自分でホームゲートウェイを交換する場合は無料です。 繋がらない時は確認や再起動をしよう フレッツ光で設置している通信機器は、ONU一体型ホームゲートウェイか、単体型ホームゲートウェイとONUを別々に設置しているかのどちらかです。 どちらの機器も正面に小さなランプが多数あり、一体型であれば上部がルーターのランプで、下部がONUのランプです。 トラブル時には、ランプ状態を確認して原因を切り分けていくことが可能ですので、繋がらないときは取扱説明書やウェブサイトの情報をもとに確認してください。 また、通信機器は調子が悪くなっているときに電源の入れ直しによる再起動をすると、リセットされて回復することがありますので覚えておきましょう。 パスワード不明なら初期化する手も ルーターの設定を確認したり、変更したりするときには、ルーターにログインして作業をしますが、その時にパスワードの入力を求められます。 ルーターのパスワードは初回のセットアップ時に設定しますが、ログイン情報は忘れないように保管しておきましょう。 もしパスワードが不明であれば、機器を初期化してからパスワードの再設定をしてください。 ただし、その場合は復元機能などを利用して、再度インターネット接続設定をする必要があります。 初期化とは工場出荷状態に戻すことで、ルーターには通常リセットスイッチが備わっています。 まとめ 光ファイバーケーブルを屋内に引き込んだ後、最初に繋がっているのが回線終端装置のONUですが、その先は契約者が比較的に自由に変更して利用することができます。 ひかり電話を利用するのであれば、ホームゲートウェイの無料レンタルを利用すればよいですが、それ以外の方は自分で購入した方が節約できる可能性があるでしょう。

次の

ホームゲートウェイ(レンタル)|フレッツ光公式|NTT西日本

フレッツ 光 ルーター レンタル

フレッツ光で利用するルーターは購入・レンタルのどちらも選択出来る場合があります。 購入には通信費の節約、レンタルには選ぶ必要がないと言うメリットがありますが、オススメは購入になります。 ただ必ずしも購入の選択が出来るわけではなく、契約内容によっては、この選択をしない方が良い場合も。 ルーターが必要な人 購入?レンタル?選び方 まず気を付けたいのは、ひかり電話を利用する場合。 専用ルーターが必要となり、これはレンタルとなります。 つまり、ひかり電話を利用する時点で購入の選択肢がなくなる訳です。 この「ひかり電話を利用するかどうか」と「NTT東日本か西日本のエリアの違い」により、考え方が変わってきます。 このレンタルを選択しない手もあるのですが、 レンタルありだと、2年単位契約(中途解約金あり)だが月額料金に割引が適用され安くなる レンタルなしだと、2年単位契約なしだが、月額料金が高い という事になります。 これは、月額料金で言えば、 戸建てタイプで800円、マンションタイプで100円 高くなります。 フレッツ 光ネクスト ファミリー・ギガラインタイプ 通常料金 フレッツ 光ネクスト マンション・ギガラインタイプ 通常料金 16契約以上 プラン2 8契約以上 プラン1 4契約以上 ミニ レンタルあり 4,600円 2,950円 3,350円 3,950円 レンタルなし 5,400円 3,050円 3,450円 4,050円 こう見ると、戸建てタイプだとレンタル、マンションタイプなら購入した方が良さそうです。 ひかり電話を利用する場合 ひかり電話には専用のルーターが必要となり、一般的にはレンタルになります。 この時、Wi-Fi機能は別料金となります。 月額料金は回線の種別や契約内容によって違いますが、無料~750円の間。 一般的な契約だと、Wi-Fi機能ある・なしで月額300円も違いますが、この機能があればスマホやゲーム機など複数台のWi-Fi機器を接続出来るので、付ける方をおすすめします。 月額350円(ルーターのレンタル代が250円+Wi-Fi機能が100円)でWi-Fiルーターが利用可能。 市販のWi-Fiルーターが5,000円もあれば購入できることを考えると、レンタルする必要はない気がします。 利用する期間にもよるので、2年以上利用するのであれば購入を考えましょう。 ひかり電話を利用する場合 ひかり電話には専用のルーターが必要となり、一般的にはレンタルになります。 Wi-Fi機能は別料金となりますが、この機能があればスマホやゲーム機など複数台のWi-Fi機器を接続出来るので、付ける方をおすすめします。 ひかり電話を利用する事でルーターのレンタル代がかからず、Wi-Fi機能が100円加算されるだけ。 負担も少ないので、レンタルで良いでしょう。 Wi-Fi機能を付けないで市販のWi-Fiルーターを 少しでも通信費を節約したいなら、Wi-Fi機能を付けないで市販のWi-Fiルーターを追加する手もあります。 これはひかり電話を利用する方に有効であり、確かにWi-Fi機能だけでも何年もレンタルしていれば、いずれは購入した方がコスパ的には安くなります。 この時、ひかり電話専用ルーターとWi-Fiルーターと二つのルーターとなるのですが、これがあまりお勧めできません。 これには、ポートの開放や固定IPアドレスの割り当てなど専門的な設定が必要となり、導入するには少しハードルが上がるからです。 要は、ひかり電話専用ルーターはそのままに、購入したルーターはWi-Fi機能のみを利用する様に設定する訳ですが、設定がうまくいかなければ、通信障害が発生し、使えないアプリや不具合が生じます。 これを「二重ルーター」というのですが、設定に自信がある方はお試しください。 「二重ルーター」や「ポート開放」などでググれば設定方法がでてきます。

次の