信長 コンチェルト キャスト。 信長協奏曲(映画版) ロケ地ガイド

信長協奏曲で浅井長政演じる高橋一生がイケメンで名演技!大河と被る?

信長 コンチェルト キャスト

もうすぐ、死ぬんだ。 また訳の分からぬことを。 俺…未来から来たんだ。 タイムスリップっていうんだけど、すごく遠い時代から。 サブローは「スマホ」を取り出して帰蝶に説明したが、「くだらん戯れ言など聞きとうない!」と言ってその場を去った。 やがて織田家の家臣たちは各地へ散らばり、敵国への牽制を始める。 本願寺の敵兵の数は光秀軍より圧倒的に多く、天王寺砦に到着した光秀は不利な状況だった。 しかし、光秀は新たな砦を築いて本願寺の動きを封じ込め、戦を「膠着状態」に持ち込む作戦に出る。 光秀は気づかれないように安土城へ戻るため、あえて戦を膠着状態に持ち込んだのだ。 光秀は計画通り城に戻ろうとするが、 その動きを察知した松永が本願寺に 密告。 本願寺に攻め込んだ敵兵の数は 1万8000。 その話を聞いたサブローは深く悩むが、安土城に残るわずか3000の軍勢を率いて光秀の救出に向かう。 サブローは不利な状況でも先陣を切って戦うが、鉄砲兵に足を撃たれて窮地に陥る。 しかし、間一髪のところで家臣たちが駆けつけ、サブローは見事「勝利」を収める。 帰蝶のもとに帰ったサブローは勝利を報告し、「俺、死なないから」と言って祝言の約束をした。 挙げよっか、結婚式。 もう…絶対死ぬなんて思わない。 生きることを諦めない。 俺は運命と闘うよ。 だから…俺と結婚してほしいんだ。 二人でシワシワのじーさんとばーさんになろ。 帰蝶、俺と一緒に生きてください。 イヤじゃ。 わらわは、シワシワのばーさんになどなりとうない。 シワシワになるのはおぬしだけでよい。 シワシワになるまで生きねば、承知せぬからな。 約束する。 ならば…一緒に生きてやっても構わぬぞ。 一方、サブローに心を動かされた光秀は秀吉との「計画」をあきらめるが、『密告』に気づいた秀吉は松永を訪ね、松永を斬って爆弾に火をつけた。 その後、サブローは 帰蝶との祝言を 「本能寺」で挙げることになり、準備のためいち早く京都に向かった。 帰蝶は家臣の佐々成政から「スマホ」の情報を入手し、成政は 「カッパが同じ物を持っている」と言った。 帰蝶は急いで大阪へ向かうが、秀吉は家臣に帰蝶を見張らせて光秀を脅した。 秀吉がおぬしの命を狙うておる。 サブロー、わしはおぬしのことを妬んだのだ。 織田信長として、家臣や、民や、そして帰蝶に愛されているおぬしを。 わしは「太陽」に憧れた。 皆を照らす、まばゆい太陽に…。 わしは、おぬしになりたかった。 だが、わしはその器ではなかったのだ。 わしのすべきことは太陽になることではなく、 きっと、おぬしに信長の名を託すことだったのだ。 それがこのわしの天命だ。 おぬしは逃げろ。 そして生きて、信長としての天命を果たすのだ。 それを成し遂げるまでは、決して死んではならんぞ。 行け!信長! サブローは本能寺から脱出するが、直後に秀吉が光秀のもとにやってくる。 光秀は「殺してはならぬ!あの男は日ノ本にとって必要な男だ」と秀吉に懇願するが、 秀吉は 「そんなことはどうでもよい」と言い放った。 わしはただ、貴様が命懸けで守ろうとしたものを奪えばそれでよい。 あの日、貴様がわしのすべてを奪ったように。 わしの復讐は、これより始まる。 秀吉は光秀を打ち取ると、 同じ顔をしているサブローを 『逆賊』・「光秀」として討ち取るように命令した。 帰蝶は光秀軍に保護されていたが、そこに秀吉の軍勢が押し寄せてくる。 帰蝶は秀吉軍に捕まりそうになるが、間一髪でサブローが救出。 2人は近くの寺に逃げ込むが、織田家の家臣や人々はサブローが「光秀」だと信じ込んでいた。 皆が秀吉の話を信じ切っており、サブローはその場で身を隠すことしかできなかった。 サブローが「歴史はなんにも変わんない」と嘆いていると、帰蝶は「どこか静かなところで2人で暮らさぬか?」と提案してくる。 しかし、サブローは秀吉のもとに向かうことを決意し、追いかけてきた帰蝶に別れを告げた。 これを見ているということは、おぬしは生きているということだな。 もしそうならば、とてもうれしく思うぞ。 おぬしがいなくなってから、こちらではいろいろなことがあった。 よいことも、悲しいこともたくさんな。 おぬしがおった頃から時代は流れ、様々なことが変わってしまった。 でもな、うつけ。 変わらなかったこともあるぞ。 それは…おぬしが遺した想いだ。 おぬしがいなくなってから、皆が必死に戦った。 そして秀吉が天下を治め、家康殿が後を継ぎ、戦のない世は訪れた。 平和を願うおぬしの想いは、確かに未来へとつながったのだ。 あの時、おぬしは言っておったな。 歴史は変わらぬと。 でも、おぬしの想いは歴史をつくったぞ。 おぬしの願いは、確かに皆に届いた。 だから今があるのだ。 わらわにも… たとえ時代は離れても、この指輪があればわらわとおぬしはつながっておる。 そうであろう? ありがとうな。 わらわと、皆と… 同じ時代を共に生きてくれて、出会ってくれて、ありがとう。 では、達者でな、うつけ。 サブローは何度も映像を見返して泣いた。 その後、サブローがタイムスリップした木の下に戻ると、 「殿!」と呼ぶ家臣たちの声が聞こえた。 スポンサーリンク.

次の

信長協奏曲

信長 コンチェルト キャスト

小栗旬さん主演の映画「信長協奏曲」がフジテレビで10月16日に放送されるので、キャスト一覧・相関図とあらすじ、最後の結末までネタバレと感想を紹介します。 キャスト一覧にはカッパがいて、実の最後の結末につなぐちょっとしたキーマンにもなってるんですね。 映画「信長協奏曲」の石井あゆみさんの漫画を原作として作品で、最初にフジテレビで2014秋にドラマ化され、結末はドラマ最終回ではなく映画で披露した作品。 織田信長が、実は現代からタイムスリップした高校生だったらという奇想天外なストーリー。 笑いあり涙あり、興収45億円を超えの大ヒット映画です。 キャスト一覧・相関図とあらすじ、最後の結末までネタバレと感想を紹介するので、映画「信長協奏曲」を見れなかったひとや、テレビで見るほど興味はないけど内容は知っておきたい人は参考になればと思います。 自分そっくりな織田信長と出会い、頼まれて織田信長として生きていく。 敵とは戦を好まず仲良くする。 明智家の養子になり明智光秀としてサブローを支える。 秀吉の正体に気づき共謀して暗躍する。 服装からカッパに間違われた。 はじめは逃げ腰だったサブローであったが、戦の惨状を目の当たりにするにつけ、織田信長として生きる覚悟を決め、戦のない世をつくろうと思い始める。 歴史音痴のサブローは、史実を知らないまま、桶狭間、上洛、金ヶ崎、浅井朝倉との戦い……と歴史通りのことを成して、ついに安土城を完成させた。 これで天下統一も間近と思った矢先、ふと手にした歴史の教科書で自分(=織田信長)がもうすぐ死ぬ運命にあることを知る。 彼を恨んで 暗殺の機をうかがう秀吉(山田孝之)や、彼に 嫉妬する本物の信長・明智光秀(小栗旬)も虎視眈々と彼の寝首をかこうと狙っていた。 光秀は、自ら信長の座を手放したにも関わらず、 恒興(向井理)をはじめとする家臣の信頼や 妻・帰蝶(柴咲コウ)の愛を勝ち得ているサブローに憎しみを抱くようになっていたのだ。 死が迫りくる中、信長は運命にあらがい、生き抜こうと決意。 その思いの表れとして、 帰蝶との結婚式を企画する。 その場所は京都・本能寺。 それを知った秀吉は、光秀に本能寺で信長を討つことを提案するのだった…。 刻一刻と戦況は激しくなっていく。 fujitv. フジテレビで2014秋にドラマ化され、結末はドラマ最終回ではなく映画化された作品。 その村には幼い頃の秀吉が住む村だった。 しかし出来上がった肖像画は髭が生えていたり全然似てない。 そんなことで騒いで平和な安土城。 サブロー信長と家臣たちは安土城完成を一緒に祝い、サブロー信長が世界の広さを地球儀で教える。 みんな笑顔だが秀吉と光秀 本物の信長 だけは笑ってない。 サブロー信長は松永弾正久秀から、日本史の教科書を見せられ、もうすぐ死ぬことを知らされびっくり。 サブロー信長は信じないが、今までやってきたことは全て歴史通りだった。 でもあと少しで平和な世の中を作れるのに死ぬわけにはいかない。 光秀 本物の信長 は沢彦和尚から、そろそろサブロー信長を殺して自分が信長に戻るべきだと説得される。 雑賀と毛利も動いて安土城は東西から挟み撃ちにあうだろう。 しかし織田家が負けたら平和のこない世の中は遠ざかってしまう。 家臣たちはこぞって石山本願寺討伐を申し出るが、秀吉の提案で光秀 本物の信長 に決まる。 上杉謙信を相手にするのは、柴田勝家と前田利家。 西からくる毛利は秀吉が相手をすることに。 秀吉は光秀 本物の信長 と密会し、この戦に乗じてサブロー信長を暗殺する計画を立てる。 光秀 本物の信長 は出陣したフリをして安土城に戻り、サブロー信長を殺すのだ。 天王寺砦。 石山本願寺討伐にきた光秀 本物の信長 と松永弾正久秀。 敵は15000人で圧倒的不利だが、は敵を三方から囲んで北と東に砦を作り、敵の不意をつくため戦を膠着状態にする作戦をとる。 その頃、サブロー信長は帰蝶に、もうすぐ死ぬから美川に行けと言い、500年先の未来からタイムスリップしてきたから信長が死ぬことを知ってると告げる。 スマホとかの道具も見せる。 しかし帰蝶は信じない。 その頃、光秀 本物の信長 がサブローを殺そうと出発した直後、石山本願寺が天王寺砦を攻めてきてピンチに。 信長に天下を渡すつもりのない松永弾正久秀が、敵に情報を流していたのだ。 サブロー信長は3000人の兵を連れ、光秀 本物の信長 を助けに天王寺砦へ向かい上杉軍と決戦。 サブローが先陣を切って戦ってることを知った光秀 本物の信長 も加勢に入る。 サブロー信長は左足を撃たれた。 倒れてるところを殺されそうになるが、家臣たちに助けられる。 戦は信長の勝利で終わり、光秀 本物の信長 は「なぜ助けにきた?」と怒るが、信長家臣たちは手柄のためだと笑い飛ばす。 もう死ぬなんて言わず、生きることをあきらめないから「俺と一緒に生きてください」と。 秀吉は松永弾正久秀が敵に情報を流したとすぐ察知した。 光秀 本物の信長 はサブローの暗殺をやめようと話す。 また、光秀 本物の信長 は初陣のとき、敵の大将が逃げ込んだ村を、手柄をあげるため意味もなく火をつけたと告白。 「意味もなく火をつけた」と知って恨みがさらに増す秀吉。 秀吉が松永弾正久秀の城を包囲した。 秀吉は自分の正体を知った松永弾正久秀を切り、爆弾で吹っ飛ばした。 その夜、光秀 本物の信長 が会いにきて「おぬしは太陽のような男だ。 わしは月だ」と褒める。 サブロー信長は、月がないと地球はまわらない、太陽も月もどっちも必要だと話す。 帰蝶は、サブロー信長と同じスマホを、大阪のカッパが持ってると知る。 カッパもタイムスリップしてきたらしい。 断れば帰蝶を殺す。 光秀 本物の信長 が殺さなかったら秀吉がサブロー信長を殺す。 妹たちも殺す。 秀吉は、光秀 本物の信長 が初陣で自分の村を焼き払ったことを暴露した。 カップ曰く名前はウィリアム・アダムスで未来からタイムスリップしてきたという。 カッパは日本史好きで、信長が明智光秀に本能寺で殺されることも知っていた。 その頃本能寺ではサブロー信長が結婚式の準備中。 光秀 本物の信長 は兵たちの前で頭巾をとり、自分が本物で本能寺にいるのはニセモノだと兵たちに暴露して従わせる。 一方、光秀 本物の信長 が裏切ったと知った織田家の家臣たちも「敵は本能寺にあり!」と本能寺へ向かう。 秀吉は「逆族・光秀を殺せ」と便乗する。 こちらは数百の兵しかおらず、火矢が放たれて本能寺が燃える。 光秀 本物の信長 はサブロー信長と対峙し、秀吉がサブローの命を狙っていて、サブローを殺すよう脅されてここに来たと伝える。 光秀 本物の信長 は、自分から「信長」を変わってくれと頼んでおきながら、家臣や民から愛されてるサブローに嫉妬したと告白。 父に認められず弟にバカにされ家臣と嫁に見放され、サブローのような太陽になりたいと願ったがその器ではなかった。 光秀 本物の信長 はサブローに、信長の天命を果たせと言って逃がした。 燃え盛る本能寺に。 光秀 本物の信長 のもとへ秀吉が現れる。 光秀 本物の信長 は自分を殺して終わりにくてほしいと頼むが、秀吉はサブローをニセモノとして殺し、帰蝶も妹も全員殺して自分が天下をとると怒る。 家族を殺された恨みだ。 「わしの復讐…これより始まる」そう言うと秀吉は光秀 本物の信長 を殺した。 さらに光秀が帰蝶の命を狙ってるから、帰蝶を捜すよう命じる。 帰蝶は1人逃げ出げてるところをサブローに助けられ、寺に逃げ込む。 そこに兵たちが現れ、秀吉がサブローを光秀に見立てて殺し天下をとろうともくろんでいると伝える。 織田の兵たちも多くが秀吉のいうことを信じてる状態で、秀吉は光秀討伐に動く。 しかし織田家4人の軍団長たちは、光秀を殺してはならない、捕らえるのだと急ぐ。 サブローは「歴史は変わらない」と悟る。 光秀として秀吉に捕まり殺されるのだと。 サブローは兵たちと一緒に秀吉討伐に向かう。 奮闘するが兵力で圧倒され、サブローは捕まる。 サブローは秀吉にどうして光秀 本物の信長 を尋ね、家族を殺されたからだと答える。 サブローは復讐はやめよう、平和な時代はいつかかならず来ると訴えるが、秀吉は聞き入ず、刀を振り下ろした。 次の瞬間、サブローは現代にタイムスリップしていた。 死なずに済んだ! 通りかかったトラクターのおじちゃんから「何やってんだそんな恰好で」と突っ込まれる。 郵便で手紙と届いていて開封すると、カッパからだった。 首を切られる瞬間にサブローが消えたので、帰蝶は未来に帰ったと知り、カッパが未来に帰った時にサブローに渡すよう、動画の入ったSDカードを託していた。 動画には帰蝶のメッセージ動画が入っていた。 帰蝶によると、サブローがいなくなってから色々あり時代は変わったが、サブローが残した想いだけは変わらなかったという。 秀吉が天下をおさめ家康が跡を継ぎ、平和な世の中が訪れた。 サブローの想いが時代を作ったと。 帰蝶は池田恒興が届けてくれた指輪をつけていた。 サブローは、信長と出会った木の下にたつ。 家臣たちの声が聞こえた気がした。 映画の結末もいい意味で裏切られたという感想。 奇想天外な世界観に俳優たちのキャラもあっていて、特に小栗旬さんはやっぱり演技がうまい。 カッパが登場したり単純な面白さもあって、子供が見ると歴史を楽しく思えそうです。 脚本が上手だと「そうきたか!」「そんな解釈もアリかな」といい意味で裏切る展開や結末があったりして、ストーリーに引き込まれますが、映画「信長協奏曲」にはそれが足りなくて薄っぺらい感想も。 いろいろと説明不足な点を感じて消化不良だった、最後の結末に納得いかなかったという感想をもった人もいます。 小栗旬さんはじめすごい俳優・女優が終結した豪華キャスト陣ですが、映画の内容に見合ってないという厳しい感想も。 たしかに最後の結末は、あんまり意外性もなく終わった感じでした。

次の

信長協奏曲

信長 コンチェルト キャスト

小栗旬を主演に迎え、人気コミックを連続ドラマ・映画として映像化する、フジテレビの開局55周年記念プロジェクト「信長協奏曲」。 小栗さんを始め、柴咲コウ、山田孝之、向井理ら豪華俳優陣が出演する10月の月9枠で放送さるドラマ版に、藤木直人、濱田岳、夏帆、早乙女太一、新井浩文、柳楽優弥ら総勢11名が新たに出演することがこのほど明らかとなった。 物語は、勉強が苦手で歴史についても無知という、どこにでもいそうな高校生・サブロー(小栗旬)が、突然、戦国時代(1549年)にタイムスリップしてしまい、そこで出会った自分の顔とそっくりな本物の織田信長(小栗旬)に、「病弱な自分に代わって、織田信長として生きてほしい」と頼まれ、天下統一を目指すというもの。 今回発表されたのは、信長を取り巻く重要な役どころばかり。 織田家のライバル・斎藤家に仕えていたものの、サブローの人柄にひかれ、彼の元で働くこととなる天才軍師・竹中半兵衛に藤木直人。 政略結婚をした本物の信長とは折り合いが悪く、織田家内で孤立している帰蝶の良き理解者で、帰蝶の身の回りの世話をする待女・ゆきには夏帆。 山田孝之演じる伝次郎と行動を共にする今川義元の間者(スパイ)・段蔵に早乙女太一。 幼いころに人質として織田家に預けられ、サブローの良き遊び相手となり、彼のことを慕ってやまない、後の徳川家康に濱田岳。 柴咲演じる帰蝶の兄で、斎藤道三の息子・斎藤義龍に新井浩文。 ケンカっ早いところが玉に傷ながら、織田家家臣の中で中心的な役割を担う柴田勝家に高嶋政宏。 信長の実の弟で、自身の目標である織田家当主の座を奪うために邪魔な存在となる信長に対して、激しい敵対心を燃やす織田信行に柳楽優弥。 信長に忠実な家臣で、森蘭丸の父親・森可成に森下能幸。 森可成と同じく信長に忠実な家臣で数々の戦で活躍を果たした丹羽長秀に阪田マサノブ。 元はただの悪ガキに過ぎなかったものの、織田家を支える有力武将のひとりとなった佐々成政に阿部進之介。 一つのドラマで主役級の俳優たちがずらりと並んだ本作。 しかも、現在のテレビドラマ界を牽引(けんいん)している役者さんから、映画を中心に活躍している役者さん、そして舞台俳優さんに至るまで、あらゆるジャンルの一線級の皆さんが集まって下さっています。 この素晴らしいキャストの皆さんが、戦国時代を舞台に、濃厚な人間ドラマを描き出します。 超豪華キャストによる、超豪華戦国絵巻にご期待ください」と意気込みを寄せている。 ドラマ「信長協奏曲」は10月13日 月・祝 よりスタート/毎週月曜21時~フジテレビにて放送。 《text:cinemacafe. net》.

次の