お手数をおかけします。 「お手数ですが」と「お手数おかけしますが」の違いとは?分かりやすく解釈

「お手数をおかけしました」の意味とビジネスでの使い方!類語、英語も紹介

お手数をおかけします

ですが、「手間をおかけして…」という表現を聞いたことがあるという人も多いのではないでしょうか。 「手間」に似た言葉として「手数」があります。 手数とは、ある仕事をするための労力そのもののことで、特にその作業が困難だった場合や、面倒であった場合に使用します。 手数は「とる」ではなく「かける」を用いて、「手数をかける」と表現します。 手数の場合は、自分が自分のために行った場合には使用せず、誰かのために作業する時に使用し、特に自分のために誰かが作業してくれた時に使うケースがほとんどです。 「手間をおかけして…」という表現は、「手間を取らせる」と「手数をかける」が混同してしまっている誤用です。 正しくは手間の場合は「お手間を取らせて申し訳ございません」、手数の場合は「手数をおかけして申し訳ございません」と表現します。 丁寧ですが少しくどい印象を与えます。 但し、ビジネスシーンでも口語の場合は使用されることがあります。 類似の表現 「お手間を取らせる」と似たような意味で、相手に迷惑をかけたり苦労をかけてしまった時に使える表現をチェックしてみましょう。 「手数をおかけして申し訳ございません」 前述した通り、困難な作業や面倒な作業を依頼した場合に、謝罪と感謝を伝えるために使います。 「お手を煩わせて申し訳ございません」「迷惑をお掛けして…」「面倒をお掛けして…」「骨を折らせて…」 「お手間」のように時間や労力といった具体性はなく、相手に依頼したことで、面倒をかけてしまった時に使う表現です。 特に「骨を折らせて」を使う場合は、その面倒や苦労の度合いが大きい場合に使用します。 「負担をお掛けして…」 同じように面倒や苦労を掛けた時に使い、ほかに金銭面での援助をお願いした際にも使用できます。 「ご足労をお掛けして…」 こちらも面倒や苦労を掛けた時に使いますが、中でもわざわざ来てもらった時に使う言葉です。 「お手間」と類語の例文集 具体的に「お手間」や類義語を用いたシーンを想定して、使い方をイメージしてみましょう。 少しの時間でも良いのでアポを取りたい時.

次の

「お手数をおかけしますが」を徹底解説!類語もチェック

お手数をおかけします

「お手数をおかけします」という言葉はビジネスのみならず、メールや普段の会話の中でもよく見かける言葉です。 その言葉の感じから、相手に対しての配慮を感じる言葉でもあります。 この言葉の持つ意味自体を確認してみます。 「お手数をおかけします」の中にある「手数(てかず)」という言葉には「労力」や「手間」「工数」と言った意味があります。 また「手数(てすう)」という言葉は「動作」「作業」またはそれらが多くて面倒なことを意味します。 「お手数をおかけします」ではお手数(てすう)の意味の方で使われています。 「おかけする」は「かける」の敬語です。 「かける」は一方的に相手に与えるという意味です。 全体で作業や動作やそれに費やす時間などの負担を相手に「かける」というような意味があります。 敬いの意味を含んでいます。 ですので「お手数をおかけします」は相手に対する言葉で、自分の行為に対しては使わない言葉です。 この場合の類語としては「よろしくお願いします」が同じような意味を持つ類語の表現となります。 その他の類語表現としては、他に「お手間をおかけします」という言葉もあります。 つまりこの場合の「お手数をおかけします」は、誰かにお願い事をして、相手がそのお願いを引き受けてやってくれるといった時に、そのお願いした内容を相手にお任せしますよ、という「よろしくお願いしますね」といった確認のような意味合いで使われているのです。 「よろしくお願いします」もビジネスで頻繁に登場する重要な言葉です。 使いこなせているようで、知らずに間違って使ってしまっている用法もあるかもしれません。 下の記事で今一度意味や使い方を確認しておきましょう。 誰かに対して「お手数をおかけします」というのは、お願いしている場合でも、謝罪している場合でも、どちらも相手に対して配慮を伝えている言葉です。 この言葉を先ほど意味を見た時のように、「手数」「かける」と分けてみてみます。 「お手数をおかけします」の「お手数」も「手数」の敬語ですし、「おかけします」も「かける」の敬語で非常に丁寧な表現です。 敬語として目上の人に対しても使える表現です。 相手へお願いをする際にも単に「お願いします」というよりも、「お手数をおかけします」と言ったほうが丁寧なのでぜひ敬語として使いたい表現です。 また、謝罪の際にも敬語として使えます。 「お手数をおかけします」自体には手数をかけたという事実しかなく、謝罪の意味合いはないので、その際はもちろんですが、「お手数をおかけし、申し訳ありません」というように謝罪の言葉を前後どちらかに足すことが必要です。 ビジネスメールでも使えるより丁寧な表現 先ほど説明した通り「お手数をおかけします」自体丁寧な表現ですが、より丁寧にするならば「お手数をおかけします」という言葉の前に、「お忙しいところ」「大変恐縮ですが」「ご多忙のところ」「申し訳ありません」とクッション言葉をつけると良いです。 「恐れ入ります。 お忙しいところ申し訳ありません」という感じです。 クッション言葉をつけることでより表現が丁寧になります。 また、「お手数をおかけします」を「お手数をおかけしますが」に変化するとこの言葉自体がクッション言葉になります。 「お手数をおかけしますが、よろしくお願いします」または「お手数をおかけしますが、申し訳ありません」などと少し使い方が変わります。 こういった細かいニュアンスの違いも理解することも使いこなすコツです。 「お手数をおかけします」のようにビジネスメールでもたくさん使える便利が表現がありますので、下の記事もご覧になってみてください。 英語の表現の場合、言葉を増やし婉曲にするほど敬語的な表現になります。 I don't want to bother you, but thanks. (あなたを患わせたくなかったのですが、ありがとうございます)のように相手に手数をかけたくない気持ちなどをbutを使って足すと良いです。 ご負担をおかけします• I am sorry for the inconvenience. I know it' a big ask, and I appreciate you doing it for me. I know it will take some time, and I appreciate you doing it. 本来なら相手方がするべきことではないことをさせてしまう場合など、恐縮しつつもお願いしている場合などにも使います。 注意点は「お手数をおかけしますが、申し訳ありません」という表現は間違いです。 「お手数をおかけしました。 申し訳ありません」というように「が」(英語で言うところのbut)という反する意味を持つ接続後はつけないように注意してください。 謝罪の意の「お手数をおかけします」の例文• お忙しいところお手数をおかけして誠に申し訳ありません。 こちらの不手際でお手数をおかけしてしまい、申し訳ございません。 「お手数をおかけします」という言葉を使うときは、基本的に相手がそれをやることが決まっている状況が確定に近い状況で使います。 例えば、相手の要望を叶えるためにこちらから依頼を逆に提示する場面などです。 なので常にこの感謝の意は「お手数をおかけします」に含まれています。 感謝の意の「お手数をおかけします」の例文• 本件引き受けてくださりありがとうございます。 お手数をおかけします。 何卒よろしくお願いします。 この度はお手数をおかけしました。 お手数をおかけしました。 おかげで本件は無事達成することができました。 はるばる遠方からお越しいただきありがとうございました。 お手数をおかけしました。 便利な言葉「お手数をおかけします」を使いこなそう 様々な使い道を例文とともに解説しましたが、一つのシチュエーションにどれか一つの意味しかないというわけではなく、この「お手数をおかけします」という言葉の中には常に相手に手間をかけて申し訳ないという気持ちと、感謝と労いの気持ちが入った言葉なのです。 「お手数をおかけします」は今まで使ったことがある人が大半だったと思います。 しかし便利な分、正確な意味や使い方を曖昧して使っている人も多い言葉でもあります。 ビジネスメールでもきちんと相手に「お手数をおかけします」の思いを表せるよう使いこなしていきましょう。

次の

「お手数をおかけしますが」を徹底解説!類語もチェック

お手数をおかけします

どちらを使っても同じ意味ですが、 文法的に正しいのは「お手数をおかけします」のほうです。 メールや書簡の中では正しい文法を意識したほうがいいでしょう。 一方で、話し言葉では「お手数をおかけします」「お手数おかけします」どちらを使っても相手に違和感を与えることはないと思われます。 なぜなら、現代日本語の日常会話においては「ごはん食べた」「テレビ見た」というふうに助詞を省略した言い方が既に一般的になっているからです。 また、実際に口に出してみるとおわかり頂けると思いますが「お手数をおかけします」「お手数おかけします」の違いを聞き取るのは難しいため、 口語では細かく気にし過ぎる必要はないでしょう。 ビジネスシーンにおいて、「お手数をおかけします」の使用頻度が最も高いのが、目上の相手や顧客に対して何か依頼をする時です。 「お手数をおかけしますが、よろしくお願いします」 といった形で面倒をかける相手、「大変お手数をおかけしました」 といった形で面倒をかけてしまった相手に、 心苦しさを感じながらも感謝の気持ちやねぎらいの気持ちを伝えるために使います。 話し言葉でも書き言葉でも頻繁に使う言葉です。 また、私生活においても様々な場面で使われています。 例えば、PTAや町内会などの地域の組織においてメンバーに仕事を割り振るとき、書類を提出してもらうときなど、何か依頼をするときに使います。 「お手数をおかけしますが」と前置きして使うことで、相手への配慮の気持ちを込めることができます。 最後に「お手数をおかけします」の言い換え表現をご紹介します。 相手にとって心理的に負担の大きいことをお願いするときに使いま す。 【例文】 ・ご面倒をおかけしますが、何卒よろしくお願いします。 ビジネスシーンでは、思わぬことで相手に時間を使わせてしまった時などに使います。 【例文】 ・ お手間をとらせてしまい、申し訳ございません。 (3)「恐れ入りますが」 相手にお願いをする時に、恐縮する気持ちを表します。 【例文】 ・ 恐れ入りますが、ご確認のうえご返信いただきますようお願い申し上げます。 【例文】 ・ お忙しいところ申しわけございませんが、ご協力よろしくお願いします。 使うシーンは限られますが、何か用事があって相手に来社してもらうときなどに使います。 【例文】 ・ ご足労をおかけしますが、明日はよろしくお願いします。 今回は国語講師の吉田裕子さんに「お手数をおかけします」の使い方を解説して頂きました。 相手に依頼をするときに役立ちますので、使い方を覚えておきましょう。

次の