サンデン リテール システム。 サンデン・リテールシステム株式会社 最大規模の「首都圏物流センター」を草加市に竣工:時事ドットコム

インテグラルの山本礼二郎代表が語る「サンデン・リテールシステムの成長戦略」 : マールレポート ~企業ケーススタディ~ : M&A情報データサイト

サンデン リテール システム

サンデンRSは今回の新物流拠点の設立に伴い、各拠点の機能を集約化することで物流のさらなる効率化を実現します。 1.首都圏物流センターの特長 (1)機能の集約化 本センターは、首都圏支社、サービス・物流本部、受付センター コールセンター に加えグループ会社である株式会社エスディ・メンテナンス(以下SDM)の機能を全て1か所に集約することで、製品の配送・設置業務だけでなく、修理、整備、廃棄までを一貫して手掛けることが可能となり、効率化実現の大きな力となります。 このCVS研修室では、施工や故障診断等の技術訓練、接客応対等の教育訓練をはじめ実験的な試みを実施し、社員やパートナー会社と共に積極的に活用する計画です。 また、修理・整備作業についても本センター内で作業標準を決めることで、全国で統一した整備の技術を担保することが可能となり、加えて短時間での作業の実現により効率化も図れることになります。 (3)整備機能の拡充を図る 冷蔵・冷凍ショーケースの整備量増加に対応するため作業場面積を従来の3倍増床して2,381平方メートル にします。 高効率作業を目的として、大容量エアコンプレッサーや固形炭酸洗浄機を導入するほか、環境対応を目的として、排水の酸やアルカリを中和するための中和槽を設置します。 さらに食品衛生機器の整備を安心して行えるクリーンルームも設置予定です。 (6月完成予定) (4)プレゼンルームを設置し、見学できる機能の新設 お客様に対して安全性を担保する意味で、これまでも要望が多かった受付センター コールセンター の見える化を実現します。 受付センター コールセンター の見学も行う予定です。 またエントランスに、当社の製品の機能を実際に見て触れることのできるプレゼンルームも設置します。 (5)広域エリアへのアクセスに優れた好立地 本センターは、東京外環自動車道「外環三郷西IC」から約4. 4kmに位置し、都心部に隣接したロケーションと各主要高速道路や幹線道路への良好なアクセスにより、首都圏のみならず北関東や東北地方など広域エリアを網羅できる好立地です。 今後は本センターの好立地を生かして積極的に活動を展開していきます。 okada. xo g-sanden.

次の

インテグラルの山本礼二郎代表が語る「サンデン・リテールシステムの成長戦略」 : マールレポート ~企業ケーススタディ~ : M&A情報データサイト

サンデン リテール システム

会社概要 会社名 サンデン・リテールシステム株式会社 代表者名 大和 章浩(ヤマト アキヒロ) 所在地 〒564-0063 大阪府吹田市江坂町1-12-38 他の拠点 〒060-0907 北海道札幌市東区北七条東3-28-32 〒984-0011 宮城県仙台市若林区六丁の目西町8-1 〒920-8203 石川県金沢市鞍月5-177 〒460-0003 愛知県名古屋市中区錦3-11-33 〒337-0051 埼玉県さいたま市見沼区東大宮4-67-8 〒115-0055 東京都北区赤羽西1-7-1 〒115-0055 東京都北区赤羽西2-17-10 〒860-0834 熊本県熊本市南区江越2-9-3 〒812-0015 福岡県福岡市博多区山王1-2-32 〒390-0814 長野県松本市本庄1-13-11 〒950-0911 新潟県新潟市中央区笹口1-20-5 〒372-8502 群馬県伊勢崎市寿町20 〒371-0844 群馬県前橋市古市町215-6 〒761-8073 香川県高松市太田下町2596-1 〒812-0013 福岡県福岡市博多区博多駅東3-13-21 〒110-0005 東京都台東区上野7-6-11 電話番号 06-6339-2516 資本金 500,000千円 建設業許可番号 国土交通大臣許可 第025660号 業務内容 建築工事 とび・土工工事 電気工事 管工事 鋼構造物工事 内装仕上工事 主な対応工事 一戸建ての新築工事には工程があり、それぞれの段階の注意点を踏まえ丁寧な建築工事をすることが欠かせません。 居住性、デザイン性、耐震性、耐火性、耐久性、断熱・気密性などのバランスを考慮しながら、良い家づくりをすることが求められます。 増築工事とは現状の建物を壊さないまま床面積を増やす建築工事のことです。 平屋を2階建てにしたり、敷地内に新しい建物を作るなどの方法があります。 建て替えよりもコストの負担が少ないことが特徴です。 ただし、場合によっては修繕費用、補強費用などが発生することもあります。 改築工事とは床面積を変えずに間取りの変更などを行う建築工事のことです。 火災などで滅失した建物、家主の都合で除去された建物を、規模・構造ともに以前とほぼ同じものとして建て直す際などに施工されます。 増築工事、改装工事、修繕工事と混同されることもありますが違う工事です。 減築工事とは家の床面積を減らすリフォームのことです。 まず、ライフスタイルや周囲の環境の変化に応じて、どのような間取りにするかしっかりと計画を立てることがポイントになります。 減築工事はメリットも大きいものの、注意すべきデメリットもあります。 国や自治体の補助金・助成金制度が増えたためか、一戸建ての耐震補強工事の施工例が増加しています。 地震の多い日本では重要度の高い建築工事ともいえるでしょう。 一戸建ての耐震補強工事にかかる平均費用、具体的な施工例などを紹介します。 とび・土工工事 コンセント工事とは、住宅などにコンセントを設置する工事のことです。 とくに新しくコンセントを設置する場合などは配線工事も必要となります。 いずれにせよ、電気工事の一種なので工事中にある程度の危険も伴うこともあり、施工するには資格が必要です。 照明設備工事とは、照明器具を設置する電気工事のことです。 依頼者の要望、建物の形状、他の設備とのかねあいを配慮して、適切な照明器具を設置するようにしなければいけません。 新築住宅の他、店舗の改修工事などでも行われます。 ネオン設備工事とは、ネオン管を点灯するネオン管灯設備、ネオン変圧器、点滅装置などから構成されるネオンサイン設置する工事のことです。 電気工作物に係る法令の規定基づいて工事が行われ、施工するには資格が必要となります。 電気は電柱から引込線によって各家庭に送られています。 この引込線、引込線取付点、メーターなどを経て分電盤に配線する電気工事のことを引込線工事といいます。 この引込線工事が完了して初めて、電気を使用できるようになるのです。 交通信号設備工事とは、道路上に交通信号機を新設したり、交換、移設などを行う電気工事のことです。 交通、電気、通信、情報、土木、建築などの幅広い知識と技術を必要とします。 そのため、交通信号工事士という認定資格もあります。 避雷針工事とは避雷針を設置する電気工事のことです。 建築基準法では高さが20mを超える建物には避雷針を取り付けられることが義務付けられています。 しかし、それより低い一戸建て住宅でも避雷針があった方が良い場合もあります。 電気防食工事とは、電流によって鋼材の劣化や損傷を防ぐシステムを作る電気工事のことです。 塗装やメッキができない部分の金属の防食に役立ち、建物をより強固にします。 金属防食工事にはいくつかの種類があり、状況に応じて選ぶことも可能です。 冷暖房設備工事とはエアコンを取り付ける管工事のことです。 室内機と室外機を設置し、配管工事、配線工事を行うことが主な作業になります。 省電力、低環境負荷型のエアコンも増えてきている昨今、新しい機種に取り替える工事も少なくありません。 冷凍冷蔵設備工事とは冷蔵庫やショーケースなどを設置する管工事のことです。 飲食店をはじめとして、ケーキショップなど生ものを販売する小売店でも欠かせないものと言って良いでしょう。 冷凍冷蔵設備工事の工程や注意点などについてまとめました。 空調設備とは正しくは空気調和設備と言い、湿度、温度、空気清浄などの室内環境を調整するための設備です。 そのような空調設備を取り付ける管工事を空調設備工事と言います。 近年、マンションの高層化、気密化が進んでいるため、空調設備工事の需要も高まっています。 給水設備とは生活や業務に必要な水を供給する設備のことです。 一方、給湯設備は風呂、洗面台、キッチンなどにお湯を供給する設備です。 これらを取り付ける管工事のことを給水給湯設備工事と言います。 一般家庭でも店舗でもなくてはならないない工事です。 ガス管配管工事とは、ガス管を配置する管工事のことです。 新築の時はもちろん、増改築に伴ってガス栓を増やす際にも行われます。 ガスにはプロパンガス、都市ガスがありますが、それぞれの工事内容などが異なるので注意が必要です。 ダクトとは気体を運ぶ管のことです。 おもに空調、換気、排煙などを目的として天井裏などに設置されます。 このダクトを取り付ける管工事のことをダクト工事といいます。 ダクトにはさまざまな種類があり、目的に応じて的確に選択しなけれないけません。 浄化槽とは生活の中で発生する汚れた水を、きれいにして川などに流す装置のことです。 そのような浄化槽を設置する管工事のことを浄化槽工事といいます。 現在でも下水道が通っていないエリアでは浄化槽を取り付けることが法律で定められています。 鉄骨造の建造物で、木造の木材、鉄筋コンクリート造の鉄筋コンクリートのような役割を果たすのが鉄骨です。 木材よりも強度が高く、鉄筋コンクリートよりも軽いため、大型建築物などに用いられます。 そのような鉄骨を工場で設計して製作し、現場で組み立てる鋼構造物工事を鉄骨工事といいます。 建築に関する十分な知識と高い溶接技術などが必要となります。 橋梁工事は橋を架ける鋼構造物工事です。 橋梁は河川などで分断された地域をつないで交流を生み、人々の生活をより豊かにするために欠かせません。 木造の橋もありますが、現在ではほぼすべての橋梁が鉄骨を用いた鋼構造物工事により製作されています。 鉄塔とは鉄骨で構成される細長い建造物のことです。 代表的なものに送電鉄塔がありますが、日本全国津々浦々まで電気を届け人々の生活を守るのに欠かせません。 鉄塔工事はインフラ整備のために重要な鋼構造物工事のひとつといえるでしょう。 石油・ガスなどの貯蔵用タンクは、貯蔵用タンク設置工事という鋼構造物工事によって設置されます。 危険物を貯蔵するタンクなので十分な強度を持たせるようにしなくてはいけません。 特に可燃性の物質を貯蔵する際には引火リスクにも十分配慮する必要があります。 屋外広告を設置する屋外広告工事には鋼構造物工事と、とび土木工事の2種類があります。 鋼構造物工事に分類されるのは、鋼材の加工・製作から請け負っていることが特徴です。 ここでは鋼構造物工事のひとつである屋外広告工事について解説します。 水門設置工事は、河川などに水門を取り付ける鋼構造物工事のことです。 水門とは河川などの堤防を分断する形で設置され、流水を制御する構造物のことです。 河川の他に用水路、運河、湖沼、港湾、貯水池などに設けられます。 天井や壁、床などを作る内装仕上工事は、建物の最終的な仕上がりを決める大切な仕事です。 インテリア工事、天井仕上工事、壁張り工事、間仕切り工事、床仕上工事、畳・ふすま工事、防音工事などが内装仕上工事になります。 軽天工事とは、壁や天井の下地となる骨組みを作る工事です。 建物の骨組みを作った後、最初に入る内装仕上工事なので、この作業の出来栄えによって、その後の内装仕上げ工事、建物の居住性が大きく変わります。 昔の家には天井などはありませんでしたが、天井にはほこりやチリの落下防止や明るさの調整など様々な役割があります。 天井が剥がれ落ちたりすると被害が大きくなるため、細心の注意をもって内装仕上を行います。 壁に貼る壁材にはクロスや塗り壁、木材、タイルといったものがあり、それぞれに費用や工期、耐久性などの特徴があります。 使用する壁材のメリット・デメリットを把握し、目的に応じたものを選びましょう。 間仕切りは壁とは違ってレイアウト変更や移設などに容易に対応出来るうえに再利用も可能です。 間仕切りにもLGSやガラス、スチール、アルミなどの様々な材質のものが用意されていますから、特徴を把握して最適なものを選んでください。 屋外の騒音が建物の中に聞こえないようにする防音工事は、落ち着いた生活には欠かせない大切な工事です。 窓や壁、床や天井などに適切な処置を施すことで、快適な暮らしを手に入れる事が出来ます。 見た目にはあまり分かりませんが、決して手を抜けない内装仕上工事です。 最近では畳やふすまにも様々なバリエーションが用意されており、好みに合わせてカスタマイズすることが可能です。 和室がなくても洋室にフィットする畳もありますから、自分には関係ないと思わずに参考にしてみてください。 お問い合わせはコチラへ!.

次の

サンデン・リテールシステム株式会社 日本初の「セルカンパニー生産」を開始

サンデン リテール システム

サンデン・リテールシステム株式会社 本社:東京都 代表取締役社長:森 益哉、以下サンデンRS は、新型コロナウィルスへの対策として有効な、高密度の細かい霧による手消毒器 「て・きれいき」の増産体制の強化を図り、多くの要望に応える体制が整いました。 今回増産体制を強化した高機能のミクロ霧タイプの手消毒器 「て・きれいき」は、新型コロナウィルスの感染の 拡大に伴い、多方面の要望に対応すべく、かねてより体制を整えてきました。 部品等の調達も順調に進み、この度販売にむけて増産が可能な体制が整いました。 高機能なミクロの霧による手消毒器 「て・きれいき」の最大の特長は、超音波で噴射されるミクロの霧で、機械に手をかざすだけで、瞬時に手全体を消毒することが可能な点です。 手動で行うポンプ式とは大きく異なり 「て・きれいき」内に手をかざす事で、消毒するために十分な0. 75mlの消毒液が噴射され、連続して1000回以上使用することが可能です。 また 「て・きれいき」は、自動扉との連動を可能にするよう設計が施されており、医療現場においても、限られた区域内への立ち入りの際に、消毒が終了した時点で自動ドアが開くなど徹底した衛生管理ツールとして役立てることができます。 また電源不要の小型タイプの超音波霧化式消毒器も増産を開始しており、機能は少し異なるものの設置場所や対象人数など、目的によって選択することも可能です。 サンデン・リテールシステム株式会社は、これからも人・商品・環境を繋ぐ会社として、消費者・管理者双方の課題解決に取り組み、便利で豊かな生活の実現に向け、新技術やサービスを提供していきます。 okada. xo g-sanden. com.

次の