スマホベーシックプランl。 スマホベーシックプラン|料金|Y!mobile

【Y!mobile】旧料金プランと新料金「スマホベーシック」の違い【プランR】

スマホベーシックプランl

ベーシックパック・ウルトラデータパック 「ベーシックパック・ウルトラデータパック」は、 2019年5月31日(金曜)をもって新規申込み受付を終了いたします。 現在、「カケホーダイプラン」「カケホーダイライトプラン」「シンプルプラン」をご契約中のお客さまは、2019年6月1日(土曜)以降もベーシックシェアパック・ウルトラシェアパック・ベーシックパック・ウルトラデータパック・ケータイパック間の変更およびお申込みが可能です。 ひとりでご利用の方、パケットを多くご利用になる方向けの、パケット通信が定額でご利用いただけるサービスです。 基本プランのカケホーダイプラン/カケホーダイライトプラン/シンプルプランまたはデータプランと組み合わせてご利用になれます。 お申込み: 必要• ご注意事項• 当該月において、ウルトラシェアパック30/50/100、シェアパック5〜30、ウルトラデータL/LLパック、データM/Lパック、ウルトラビジネスシェアパック30/50/100、ビジネスシェアパック5〜3000の利用可能データ量に到達しなかった場合、その通常速度で利用可能な残データ量について、1GB単位で翌月にくりこしできます。 そのとき、1GB未満の端数については、くりこしの対象外となります。 (各種キャンペーンなどで適用されるボーナスパケットは「パケットくりこし」の対象外です。 「ずっとドコモ割プラス」はご契約されているパケットパックとdポイントクラブのステージに応じて、料金割引かdポイント進呈のどちらかを適用するサービスです。 dポイント進呈は、「ずっとドコモ割プラス(dポイント進呈)選択オプション」のお申込みが必要です。 dポイントクラブ非会員のお客さまは、ご契約されているパケットパックと継続利用期間に応じて、料金割引を適用します。 「ウルトラパック」「ケータイパック」を除き、テザリングなど、ご利用方法にかかわらず、同一の料金です。 ただし、基本使用料は利用デバイスに応じた料金となります。 「ウルトラパック」では、テザリングをご利用時には、事前のお申込みが必要となります(定額料1,000円/月)が、現在はキャンペーンによりお申込み不要、定額料無料でご利用になれます。 キャンペーン終了につきましては、決定次第お知らせいたします。 国際ローミング中のデータ通信、「SMS」、デジタル通信(テレビ電話・64Kデータ通信)などはベーシックシェアパック料金の対象外です。 パケットパック契約者およびシェアグループ加入者が「海外1dayパケ」および「海外パケ・ホーダイ」適用対象国・地域の通信事業者を利用した場合はそれぞれの料金が利用した回線に課金されます。 新規契約と同時にパケットパックを申込んだ場合、定額料は日割りされます。 新規契約と同時の申込み以外は日割りされません。 新規契約と同月内に月途中でパケットパックを変更した場合は、日割りされず、二重課金となります。 現状のFOMA/Xiパケット定額サービス契約回線が基本プランへの変更と同時にパケットパックを申込んだ場合、またはFOMAパケット定額サービス契約回線がXiへの契約変更と同時にパケットパックを申込んだ場合、「お申込み後からの適用」となります。 この場合、初回変更時に限りパケットパックでの利用データ量のみ当月の利用データ量として計算され、当月のFOMA/Xiパケット定額サービスの定額料はかかりません。 初回変更時以外は二重課金となります。 パケットパック間の変更は、原則「翌月からの適用」となります。 その場合利用可能データ量および利用データ量は引き継がれます。 当日を含む直近3日間のデータ利用量が特に多いお客さま(FOMA:約300万パケット以上)は、それ以外のお客さまと比べて通信が遅くなることがあります。 (Xi契約でFOMA端末をご利用された通信も対象となります。 )なお、一定時間内または1接続で大量のデータ通信があった場合、長時間接続した場合、一定時間内に連続で接続した場合は、その通信が中断されることがあります。 一部のFOMA機種は128kbps通信に対応していないため、利用可能データ量を超過後、当月末までパケット通信ができなくなります。 (送受信最大128kbps通信となりません。 対象機種は提供条件書をご確認ください。 ) 詳細情報• ベーシックパック・ウルトラデータパック• オンラインでのお申込み 料金プランのお申込みは、My docomo(マイドコモ)で。

次の

ワイモバイルのスマホベーシックプランを解説

スマホベーシックプランl

あら、あなた読み進めちゃいましたか。 あなたも好きなんですね、ワイモバイルが。 ではそんなワイモバイル好きのあなたのためにスマホベーシックプランについて解説を始めます。 なので10分以内のルールをまもれば、スマホベーシックプランでも5480円で1GBのインターネットと通話が楽しめます。 『じゃあスーパーだれとでも定額に加入すれば完全話放題にもできるの?』と気になったあなた、だいぶワイモバイル通ですね。 私も気になっ手調べたところ、 スーパーだれとでも定額の対象プランにスマホベーシックプランは含まれていません。 スマホベーシックプランでの通話は10分以内でがんばるしかなさそうです。 スマホベーシックプランは割引やオプションからも対象外 スマホベーシックプランは家族割やおうち割光セット A 、ワンキュッパ割などの割引も対象外でいい感じにはハブられているプランです。 シェアプランも組めませんし、データ容量2倍オプション無料キャンペーンも非対象なのでデータ容量も1GB、3GB、7GBとなります。 じゃあ割引じゃなくて、ワイモバイル的にも客単価が上がって嬉しいだろうオプションには入れさせてくれるのかと言うと、これもブロック。 ここまで歓迎されない雰囲気が漂っていると、なんだか悲しくなってくるね。 スマホベーシックプランとスマホプランの料金比較 誰からも必要とされないだろうことは承知していますが、一応通常のスマホプランとスマホベーシックプランとで悩んでいる人がいると仮定して、コスト計算をしておきます。 もともと短期利用では選択肢に上がりづらいワイモバイルの中で、 2ヶ月間利用でしか存在意義がない しかもデータ容量は半分で プランがスマホベーシックプランというわけですね~。 スマホベーシックプランはこんな人におすすめ• 利用する期間は2ヶ月以内• 10分以内の通話をたくさんする• mineoやLINEモバイルならMNPではない純粋な解約であれば契約解除料がかかりませんし、10分かけ放題の無料通話オプションに加入することもできるので。 ワイモバイルは短期利用には向かないキャリアです。 まとめ 今回は存在意義のよくわからないワイモバイルのスマホベーシックプランについて解説しました。 決して役に立つわけでもない記事を最後まで読んでいただいてどうもありがとうございます。

次の

【1分でわかる】Y!mobile「スマホベーシックプラン」とは?過去プランと何が変わった?分離プランの変更点と特徴を徹底解説!

スマホベーシックプランl

ソフトバンクとウィルコム沖縄は10月1日、Y! mobileブランドのスマートフォン向け料金プラン「スマホベーシックプラン」における月間通信容量を改定する。 プランに応じて1GB〜4GB増えることになるが、月額料金は2680円から(割り引き適用前)に据え置く。 (記事中の料金は10月1日以降の税別) 改訂内容 今回の改定では、「スマホベーシックプランS」「スマホベーシックプランM」「スマホベーシックプランR」の月間通信容量を以下のように変更する。 mobileが、改正電気通信事業法とそれに伴う改正省令に対応するプランが新たに登場する。 2年契約のない「スマホベーシックプラン」を値下げする形で対応するが、「L」プランについては「R」プランにリニューアルされるという。 ソフトバンクが9月6日、契約期間と解約金のない新料金プランを発表。 9月13日に申し込み受け付けを開始する。 端末によって異なっていた基本料金を統一する。 消費者庁が9月26日、携帯電話の広告表示について注意喚起を行った。 auの「アップグレードプログラムDX」とソフトバンクの「半額サポート+」が該当する。 端末を下取りに出す代わりに支払額の半額を免除するが、実際には半額の免除にはならないことを問題視している。 ソフトバンクが、新たな端末購入補助サービスとなる「半額サポート+」を発表。 2019年9月13日から提供する。 改正電気通信事業法に抵触しないよう、他キャリアのユーザーでも利用可能とした。 関連リンク•

次の