競艇開催情報。 競艇予想の情報の見方を勉強!!初心者こそまずは正しい見方を覚えよう

本日のレース|BOAT RACE オフィシャルウェブサイト

競艇開催情報

松井が独走態勢を築く 地元西山が真っ向勝負! 王者・松井繁(大阪)が今年2度目の当地参戦だ。 前回の1月DCは終盤に3連勝し優出2着とさすがの成績。 SG優勝2回を誇る実績水面で久々の一般戦ならば断然の優勝候補だ。 松井と同じく1月DCで優出したのが、福岡が誇るエンターテイナー・西山貴浩(福岡)。 8月には若松の推薦を受けてSGメモリアルに出場する。 地元で負けるわけにはいかない。 当地周年覇者の辻栄蔵(広島)は当地一般戦に限れば、5連続優出うち2優勝と断然の強さを見せる。 的確さばきは健在で逆転を狙う。 林美憲(徳島)は当地では苦戦しているが、4月戸田GIIで優出するなどパワー勝負が冴えており、当地攻略に力が入る。 初日12R ドリーム戦出場予定選手 艇番 1 2 3 4 5 6 級別 A1 A1 A1 A1 A1 A1 登番 3415 3743 4371 3719 4370 3662 名前 松井繁 林美憲 西山貴浩 辻栄蔵 山口達也 大庭元明 支部 大阪 徳島 福岡 広島 岡山 福岡 勝率 7. 67 6. 77 7. 25 7. 06 6. 83 6. 58 2連率 52. 30 51. 10 49. 00 49. 10 51. 40 53.

次の

ボートレース若松 開催情報

競艇開催情報

競艇予想の基本!出走表の見方 競艇で予想する際にまず基本となる情報が「出走表」です。 出走表を見て選手やモーター、ボートの調子をしっかり把握することで予想の筋道を組み立てるのですが、競艇初心者の方は、具体的に出走表をどのように見ればいいのか分からないことも多いでしょう。 そこで、まずは「出走表」の見方について解説していきます。 出走表で把握できるのは選手、ボート、モーターの調子 出走表には、年2回算出される勝率などのデータが、選手・モーター・ボートごとに載っています。 このデータは毎年5月1日~10月31日と11月1日~翌年の4月30日までの2回行われる、級別審査期間のデータとなっており、例えば5月~10月に算出された勝率は、翌年の1月1日~7月31日まで出走表の全国勝率として載ります。 競艇ファンはこの出走表のデータをもとに選手とモーターの調子を読み取り、レースの行方を予測します。 なお、出走表のデータは7月にもなると古いものとなってしまうので、「最近勝率」や「近況勝率」が載ることになります。 「勝率」「2連率」「3連率」の数字の意味を理解 選手・モーター・ボートの調子は「勝率」「2連率」「3連率」という数字データで表されます。 勝率は1着になった回数を、2連対率は1、2着になった回数を、そして3連対率は1~3着に入った回数を、出走回数で割って出した100分率を意味します。 例えば勝率が「2. 36」と表示されている場合は、過去100回のレースのうち2. 36回1位を獲得している、という計算になっています。 つまり、数字が大きければ大きいほど、過去に入賞した回数が多いということですね。 初心者にも分かりやすい!ボートレーサーのランクにも注目 全てのボートレーサーは、勝率や出走回数などにより、「A1級」「A2級」「B1級」「B2級」の4段階のランクに分けられており、出走表にはレーサーのランクも掲載されます。 初心者の方は「競艇のレースはランク別に行われるの?」と勘違いしてしまうこともあるのですが、競艇のレースはランクに関係なく行われます。 つまり最上ランクのA1級と一番下のB2級のレーサーが同じレースを走ることもある、ということです。 出走表は競艇公式ホームページ「BOAT RACE」で確認しよう 競艇の出走表は、競艇の公式ホームページ「BOAT RACE」で確認できます。 出走表を見るには、トップページの「レース情報を見る」にカーソルを合わせて、「本日のレース」をクリックします。 すると、全国の競艇場で開催される全てのレースがズラッと一覧で表示され、それぞれのレースについて出走表へのリンクが見られます。 なお、ここからは出走表だけではなく「直前情報」のページにも飛べるようになっており、ここではスタート展示や水面気象情報などのレース直前の情報も確認できるので、覚えておきましょう。 競艇予想の専門紙「競艇予想紙」の見方 次にご紹介するのは、競艇を含めた公営ギャンブルにおいて、レースの予想を行うために必要な情報について掲載している「競艇予想紙」です。 競艇予想紙は専門の出版社などが発行しており、新聞紙のように1部数百円で購入したり、最近ではデータとして販売されておりコンビニのネットプリント機能で購入できたりもします。 「予想紙」は公営ギャンブルの必須アイテム 競艇を含めた公営ギャンブルを嗜んでいる大人たちは、新聞紙のようなものを一生懸命に読み込んでいるイメージがあると思います。 この新聞紙のようなものは「予想紙」と呼ばれており、公営ギャンブルでレースの予想を行うために必要な情報がぎっしり詰め込まれています。 中でも特に重要なのは、予想紙独自の予想情報です。 公営ギャンブルファンが予想の参考とできるように、予想紙はレースの予想を独自に行い、後述するような「予想印」を用いてファンに公開しているのです。 「予想印」の見方をしっかり覚えよう 「本命」や「大穴」といった言葉は、予想紙を知らなくても聞いたことがあるでしょう。 これらの言葉は予想紙で使用される「予想印」からきています。 予想紙において選手を評価する際には、以下のような記号で表記され、これらの記号のことを「予想印」といいます。 〇(一重丸)で表される「対抗」は、本命の選手を倒し得る選手に付けられます。 予想紙は競艇場で購入するか、ネットプリントを利用しよう 全国各地の競艇場で、その競艇場で行われるレースを専門に取り扱った予想紙を購入できるほか、多くの予想紙はe-新聞に対応しており、全国のコンビニエンスストアに設置されているマルチコピー機でプリントアウトができます。 実は残念ながら、競艇の予想紙はインターネットの発達などにより徐々に廃れてきており、残念ながら廃刊となってしまった予想紙も存在します。 予想紙片手にレースの行方を見守るのは競艇の昔ながらの醍醐味ともいえますから、競艇初心者は今のうちに体験しておくのも良いでしょう。 競艇予想の要!「オッズ」の見方 競艇で予想を楽しんだり、あるいは本気で儲けたい場合には、競艇における「オッズ」の見方についてもきちんと理解することが必要不可欠です。 ここからはオッズの基本的な知識とその仕組みについて解説していきます。 オッズとは「払戻金の倍率」のこと 「オッズ」とは、自分が購入した舟券が的中した場合に支払われる「払戻金の倍率」のことを言います。 たとえばオッズが2. 0=200円が払い戻されることになります。 舟券の的中率がオッズに関係する オッズに関係する要素として、「舟券の的中率」があります。 競艇にはこちらのとおり7種類の舟券があり、舟券は種類によって的中率が異なります。 基本的にはこれらの的中率が高いものほどオッズは低くなり、低いものほどオッズは高くなります。 オッズは舟券の購入数により変動する 先に説明した舟券の種類ごとに的中率は、あくまで全てのボートが公平平等な条件のもとレースを行ったと仮定した場合の理論的数値です。 実際には競艇場のコンディションや天候条件、あるいはレーサーの実力などによって、どのレーサーが勝利するか=どの舟券が的中するかは変わってきます。 そこで、オッズを計算するもう1つの要素として「舟券の購入数(=人気度)」が出てきます。 多く買われる舟券ほど低くなり、あまり買われない舟券は高くなる、といった具合にオッズが変動します。 ですが実際には6艇それぞれで舟券の人気度が違うので、人気の高いボートはオッズが1. 6となり、人気が低いボートになると6. 4となる、ということが起きるのです。 オッズはあくまで人気度!オッズに頼ると失敗する理由 オッズの見方において大事なことは、オッズはあくまで、「どのボート(レーサー)の人気が高いか」のみを示しているのであり、オッズそのものがボートやレーサーの良し悪しを決めているわけではない、という点です。 競艇のベテランファンは、コースのコンディションやモーターの状態などといった要素を熟慮して自分なりの予想の組み立て方を確立して、それにのっとった予想を行います。 しかしオッズは、そういったベテランファンの舟券購入だけではなく、競艇初心者の舟券購入などにも左右されてしまうので、勝率の参考値として見るには信頼度が下がってしまうのです。 オッズのみに頼るのではなく、これまでご紹介してきた出走表や予想紙などの情報をもとにオリジナルの予想を組み立てるのが重要といえるでしょう。 オッズも競艇公式ホームページ「BOAT RACE」で確認しよう 競艇のオッズも出走表と同様に、競艇の公式ホームページ「BOAT RACE」で確認できます。 オッズを見るには、先ほどの出走表と同様にトップページの「レース情報を見る」から「本日のレース」をクリックし、全国の競艇場で開催される全てのレースを一覧表示すると、それぞれのレースについてオッズへのリンクがあります。 まとめ 競艇はカンや感覚だけで勝てるほど甘いギャンブルではありません。 選手やボート、モーターなどのデータをもとに、予想紙やオッズなどといった予想に関する情報を組み合わせて、オリジナルの予想の筋道をしっかりと組み立てることが重要です。 ですから、データや情報の見方というのは正しく理解しておくことが、競艇初心者にはまず必要な作業といえるでしょう。 今回ご紹介した予想に関する情報やデータの見方をしっかりと理解し身につけて、自信を持って予想を組み立てていきましょう!.

次の

ボートレース若松 公式サイト

競艇開催情報

競艇ボートレースの開催時間現在 競艇ボートレースの開催時間は、大きく分けて 4つに分類される。 ・モーニングレース ・デイレース ・薄暮レース ・ナイターレース は 朝8時30分辺りからスタート展示が開始され、 第1レースは8時50分には行われる。 これは、 全公営競技の中でも最も早いスタートであり、競艇独自のものである。 は 14時辺りからスタート展示が開始され、 14時30分には第1レースが行われる。 そこから 20時50分頃には、最終12レースが終了しているといった感じだ。 21時前には終わる競艇ボートレースだったが…現在の競艇は全てのレース場を含めると、 朝8時30分〜20時50分まで行われている。 非常に長い時間行われているので、ネット投票を利用すれば1日中楽しめるのだが、 のナイターなだけに、 21時前には終わってしまうというのが、少し残念なところがある。 最終レースで負けた後に、もうひと勝負したくなっても、もうレースが無い。 まあ21時前の段階で、だいぶ1日の終わりだとは思うが、 パチンコ店が23時くらいまで開いている事を考えると、なんだか物足りないと思う人も多そうだ。 ところが最近になって 競輪で行われているような、 第1レースが21時頃から始まる、 ミッドナイト競艇(ミッドナイト ボートレース)を 導入しようという動きがどうやらあるようなのだ。 ミッドナイト競輪を参考にしてみるミッドナイト競艇(ミッドナイト ボートレース)を導入する前段階で大事になってくるのが、現在すでに行われている「 ミッドナイト競輪」である。 参考になるのでちょっと紹介したい。 ミッドナイト競輪は、 21時頃から第1レースが開始され、 最終9レースは23時過ぎに行われる。 公営競技の中では、今のところ1日で最も遅い時間までやっているのが「競輪」なので、そう考えると ナイター競艇で負けた後、 ミッドナイト競輪という流れで楽しんでいる人もいるかもしれない。 ミッドナイト競輪の歴史「ミッドナイト競輪」が 始まったのは 2011年1月からなので、おおよそ 10年の歴史が既にある。 ナイター競輪と違って、「 ミッドナイト競輪」は開催時間も非常に遅いので、近隣住民への配慮として 無観客で開催されている。 今となってはコロナの影響で、無観客でのレースというのも競馬、競艇も含めて慣れてきたが、開始当時としては、客を入れずにレースを行うという事がとても珍しかったらしい。 そう考えると、今でこそ で買う客の方が多くなったが、当時としてはかなり斬新な発想だったと言える。 ミッドナイト競輪が行われている競輪場の数 ミッドナイト競輪が行われている開催場はとても多く、現在、全国に 43場競輪場がある中、 22場も行われており、これは 全競輪場の半分以上である。 これだけ多くの競輪場にナイター設備がある事が凄いし、よく許可が取れていると思う。 競艇ボートレースが 7場しか が行われていない (2020年7月現在)のに比べると、今後の競艇ボートレースにも期待をしてしまう。 まあ競艇はモーターを使うので、どうしても騒音の問題が生じるから仕方ないのかもしれないが… 競艇ボートレースは、コロナ禍でどうなることか心配もしたが、売上はどうやら好調で、デイ開催の競輪よりもその売上は高いらしい。 それももしかすると、公営競技過疎時間の効果なのだろうか。 前述したが、現在競艇では大きく分けて 4つの時間帯でレースが行われている。 もう少しそこを掘り下げてみたい。 モーニングレース 朝8時30分頃に第1レースのスタート展示開始。 8時50分には第1レースが行われる。 最終12レースは、14時50分頃に行われる。 開催場は 5場。 通年開催は徳山・芦屋・唐津の 3場。 鳴門と三国は 半年毎の交代制で、4月〜9月は三国、10月〜3月は鳴門である。 「 」はまず朝早いのがその特徴である。 サラリーマンが出勤前に投票する事も可能で、それを狙ってかどの場もオープニングの第1レースには1号艇にA級選手を配置する を行っている。 予想をしやすくし、たくさん舟券を買ってもらおうという理由からだ。 あと、やはりモーニング場の中でも一番先にレースを行うのが売上的には大きいため、どの場がその権利を持つかは持ち回り制で行われている。 デイレース 10時過ぎに第1レースのスタート展示開始。 10時30分には第1レースが行われる。 最終12レースは、16時40分頃に行われる。 開催場は戸田・江戸川・平和島・多摩川・浜名湖・常滑・津・三国(半年)・びわこ・住之江(冬の一時期だけ)・尼崎・児島・鳴門(半年)・宮島・福岡の 15場。 基本的にこの時間帯の開催が一番多い。 ナイターができる前はこの開催時間しかなく、場外発売などの開催時間の被りが凄く多かったようだ。 SGやG1レースもこの時間帯の開催が多く、普段はモーニングレースを行っている場でも、その開催時にはデイレース開催をする。 やはり大きいグレードのレースになれば、モーニングよりも昼間の時間帯のレースの方が売れるということなのだろう。 薄暮レース 開始時間はバラバラだが、大体は 11時30分くらいに第1レースのスタート展示開始。 12時には第1レースが行われる。 最終12レースは、17時30分〜18時頃に行われる。 開催場は平和島・浜名湖・鳴門の 3場。 薄暮レースは 夏の日照時間が長い時期に行われる事が多く、 ナイター照明を常設していないため、日が沈むまで行われる事はないが、少しでも他場と時間が被らないようにしようとして始まった時間帯レースだ。 その中でも鳴門はモーニングも開催している場であり、モーニング・デイ・薄暮といろいろと時間が変わるので、その時の 出走表には充分に注意しておかないと、 レース番号を勘違いする事になるかもしれない。 ナイターレース 14時過ぎに第1レースのスタート展示開始。 14時30分には第1レースが行われる。 最終12レースは、20時40分頃に行われる。 開催場は桐生・蒲郡・住之江・丸亀・下関・若松・大村の 7場。 「 」にも書いたと思うが、ナイターは1997年9月20日に桐生競艇場で始まった。 現在までに7場行われており、そのほとんどが 通年ナイター開催が行われるようになっている。 実際にナイター場の方が時間帯的にも売上が高い傾向があり、2018年度では トップ5はすべてナイター開催場である。 大体 毎日3〜4場開催されている。 ミッドナイト競艇を予測するここまでいろいろと書いてきたが、本題のミッドナイト競艇(ミッドナイトボートレース)がどのようなものになるか 予想して書いてみたい。 まず、開催される場は、 でほぼ間違いないだろう。 今からミッドナイトをするためにナイター設備を導入するのには無理があるし、コストもかなりかかるだろう。 ナイター設備が作れて、 近隣住民との合意も取れているのなら、別にミッドナイトに限らず今すぐにでもナイター開催するべきだと思うし、それができていないということは到底ミッドナイトは無理だと思える。 (騒音などでよりハードルが高いため) ミッドナイト競艇(ミッドナイトボートレース)の開催場はどこになるか?ミッドナイト競艇(ミッドナイトボートレース)の 開催場については現在、どこかのナイター場は実際に近隣住民との話合いを行っているようで、 開催されるのも時間の問題だという。 開催するとなれば、近隣の人に対し何かしらの恩恵もありそうだ。 そう考えると、あまり場の近くに家のない、 桐生や、若松辺りが有力候補になってくるのではないだろうか。 割と都会にある住之江とかは無さそうだ。 ミッドナイト競艇(ミッドナイトボートレース)の開催時間を予想するミッドナイト競艇(ミッドナイトボートレース)の 開催時間は、おそらくミッドナイト競輪の流れを継いで21時くらいからといきたい所だが、いかんせん競艇は 展示航走などがあって、 1レース間の時間が長いので、開始はもっと早く19時くらいからになるのではなかろうか。 19時から始まって、23時30分くらいに終わる感じではないかと、私は予想するw ミッドナイト競艇(ミッドナイトボートレース)のレース数を予想するミッドナイト競艇(ミッドナイトボートレース)の レース数も12レースするのではなく、 8・9レースくらいとかになると思う。 仮に12レースするならば、時間が非常にタイトになるので、厳しいだろう。 ミッドナイト競艇(ミッドナイトボートレース)の観戦について予想するミッドナイト競艇(ミッドナイトボートレース)の 観戦だが、 観客を入れるかどうかは、これは 法律や条例の関係もあり無理だろう。 ミッドナイト開催を行う競艇場はミッドナイト専門の競艇場にすると、ファンはその場に全く入場できなくなってしまうので、ナイター開催との併用で行われるだろう。 無観客でネット投票のみになると考えられる。 コロナの影響で無観客開催には慣れているので、そこはファンも抵抗なく対応できるだろう。 競艇予想サイトがミッドナイト競艇(ミッドナイトボートレース)に対応するか 競艇予想サイトの運営社は、更に予想の幅が広がるので一見大変そうに見えるかもしれないが、どうせ予想などタイマーでセットしているだけだろうし、予想すらどこまで本当にできているのかさえ怪しいところだから、特に問題ないだろう。 ただ販売コースが増えるだけなので、 何も変わらない。 ただ、 本当に予想をしている競艇予想サイトは少し大変かもしれない。 というのも、 次の日の出走表が出るのが、 デイレースなら 18:00〜、 ナイターレースなら 21:00〜なので、 ミッドナイト競艇(ミッドナイトボートレース)は、 おそらく0:00〜くらいに翌日の出走表が出るなるのではないだろうか。 「まとも」に予想をしているところならば、その 出走表が出てから予想をする (常識)ので、本当に予想している予想会社はちょっと大変になるかもしれない。 ミッドナイト競艇(ミッドナイトボートレース)の将来を予想してみる個人的な考えになるが、 将来的には、ミッドナイト開催可能場を 3・4場作って、交代制で開催するといいと思う。 毎日どこかの場でミッドナイトが行われるみたいな感じで。 そうなると、ミッドナイト場開催権を争奪しそうになるが、ソレもソレで面白い 笑 この辺りが私の予想するミッドナイト競艇(ミッドナイトボートレース)である。 前述したが、実際に計画も始まっているようなので、近いうちに開催が開始されるのではないだろうか。 私個人としては2022年くらいまでには、と予想をしている。 是非とも早く開催して欲しいし、それが実現すれば競艇業界の勢いはますます増していくことになるのではないだろうか。

次の