ツナ シーチキン 違い。 ツナとシーチキンの違いは?ツナマヨとシーチキンマヨはどう違うの?

「ツナ」と「シーチキン」の違い

ツナ シーチキン 違い

スポンサードリンク ツナとシーチキンの違いは? いろいろな料理に使える ツナ缶は、わたしたちの食生活で出番の多い缶詰ですよね。 最近はノンオイルで食塩無添加の水煮缶も登場、赤ちゃんのいるおうちでは離乳食にも重宝します。 低糖質&高タンパクのツナはダイエットや筋トレにも大いに役立ちますが、マヨネーズであえるツナマヨはコンビニおにぎりでも不動の人気。 何がどう違うのか、疑問に思っている人は結構多いんですよね。 「食べ比べても同じに思えるし、材料を見てもおんなじ、もしかして、地方によって呼び名が違うの?」 と思うこともあるかもですが、名前が違うのには理由があるのです。 シーチキンは商品名 「シーチキン」は「はごろもフーズ」の登録商標です。 もう少し詳しく言うと、「シーチキン」とは、静岡県にある水産加工品会社「はごろもフーズ」が製造している、「 マグロやカツオを水煮や油漬けなどに加工した缶詰」として登録商標されている商品名です。 登録商標とは、わかりやすくいうと、商品やサービスにつけるネーミングやロゴを特許庁に登録したもののこと。 登録商標になったものは、他のメーカーは勝手に使うことができません。 はごろもフーズ製のツナにだけ、「シーチキン」という名前が使え、他のメーカーは使うことは出来ないのです。 つまり、 「ツナ」が一般的な食品名の総称であるのに対し、「シーチキン」は特定の会社(はごろもフーズ)の商品ブランド名ということになります。 でも「ツナ缶」のことを 「シーチキン」と呼んでいる人も多いですよね。 「シーチキン」という呼び名は広く認知されているので、 「ツナ缶」=「シーチキン」 というようになっているのが現状です このような、商品名が有名になり、固有名詞として一般に使われるようになるパターンは他にもあります。 たとえば、ポリエチレン製バケツの「ポリバケツ」は積水化学の商標ですし、電子オルガンの「エレクトーン」はヤマハの商標です。 海にある波消しブロックの「テトラポッド」も日本テトラポッドの商標です。 「ツナ缶」は一般名称、「シーチキン」は商品名ということですね。 ツナ缶には、他にも、キョクヨーの「ライトフレーク」、いなば食品の「ライトツナ」、伊藤食品の「美味しいツナ」などがあります。 コンビニおにぎりのツナマヨとシーチキンマヨの違いとは? コンビニの人気おにぎりの調査結果では、毎回、ツナを使ったツナマヨやシーチキンマヨの独り勝ちです。 大手のコンビニで売られているツナを使ったおにぎりの商品名は、• セブンイレブン:ツナマヨネーズ・和風ツナマヨネーズ• ローソン:シーチキンマヨネーズ・和風ツナマヨネーズ• ファミリーマート:シーチキンマヨネーズ・和風ツナマヨネーズ• サークKサンクス:シーチキンマヨ・和風ツナマヨ• デイリーヤマザキ:シーチキンマヨネーズ• ミニストップ:ツナマヨ となっています。 前述のように、商標登録の関係で、シーチキンと呼べるのははごろもフーズのシーチキンだけ。 コンビニおにぎりの名称もそれにならって、はごろもフーズのツナ缶を使っているところは、「シーチキン」を名乗った商品名になっているのです。 シーチキンではないツナ缶を使っているのに「シーチキンおにぎり」と表示した場合は、商標権侵害及び不正競争防止法違反となります。 コンビニおにぎりで、「シーチキンマヨネーズ」を見かけたら、「シーチキン」と表記された右上や右下をチェックしてみてください。 Rマークは、「Registered Trademark(登録商標)」を意味します。 ただ、日本においては、登録商標にRマークをつけることは義務づけられていないので、ない場合もあるかもです。 コンビニでツナを使ったおにぎりが誕生したきっかけ もともと、ツナを使ったおにぎりを初めて販売したのは、セブンイレブンでした。 きっかけは、はごろもフーズからの、 「シーチキンを是非使ってほしい」 という売り込みです。 そうして、おにぎりの具材としてツナを使うという商品が生まれ、最初に販売したのです。 なので、当初はセブンイレブンが販売したツナの具材を使ったおにぎりは、「シーチキン」の表記でした。 いま現在、セブンイレブンのおにぎりの表記は「ツナマヨネーズ」と「和風ツナマヨネーズ」。 「ツナ」を使っているということは、はごろもフーズ以外のメーカーのツナが使われているということになりますね。 油漬け:油とスープに漬けたタイプ• 水煮:油を使わずにスープと水で調理したタイプ スーパーなどの売り場では、多くをしめているのが油漬けのツナ缶です。 コンビニで扱っているのもほとんど油漬けのものですね。 大豆油や綿実油が使用されているものがメインですが、オリーブオイルやアマニ油など良質な油を使用したツナ缶もあります。 また、水煮の中には、食塩・油を一切使わずに天然水のみで調理した「食塩・オイル無添加」タイプもあります。 ヘルシー志向や、ダイエット中で油をカットしたい場合に人気のツナ缶です。 油も食塩も無添加のツナ缶は、赤ちゃんの離乳食としても使えるのでとても便利です。 ツナ缶の原料の素材は? ツナ缶に使われる魚はマグロとカツオです。 ツナ缶の原料に使われる魚は主に、• ビンナガマグロ• キハダマグロ• メバチマグロ• カツオ の4種類です。 原材料は上記の4種類ですが、ツナ缶自体は、「 ライトミールツナ」と「 ホワイトミートツナ」の2種類にわけられます。 原材料はキハダやメバチマグロです。 原材料はビンナガマグロで、「ライトミールツナ」よりたんぱく質が良質なことから欧米では 「 sea chicken(海の鶏肉)」と呼ばれています。 はごろもフーズのシーチキンはこの、「sea chicken」から商品名にしたという説があります。 ツナ缶の形状は? ツナ缶の中の身は、大きな塊で入っていたり、細かくフレーク状になっていたりとさまざまです。 大きく分けると3つのタイプに分かれます。 ブロックタイプ• かたまりタイプ• ほぐさずに切り身そのものの状態で缶に詰められてるブロック状です。 そのまま使うことも出来るし、ほぐしても使えるので色々な料理にアレンジが可能なオールマイティの缶詰です。 チャンクは、「大きな塊」「ぶつ切り」といったニュアンスで、料理に使いやすいように、ひと口大くらいの大きさにほぐれています。 そのままサラダやカレーのトッピングにしたり、鍋物などに使えます。 おにぎりや手巻き寿司の具や、サンドイッチを作るときに使うと便利です。 ツナとシーチキンの違いは?ツナマヨとシーチキンマヨはどう違うの?まとめ 缶詰のツナは、マグロやカツオを水煮や油漬けなどに加工したものです。 シーチキンは、はごろもフーズが商標登録したツナの缶詰のこと。 つまり、 「はごろもブランドのツナ缶」=「シーチキン」 ということで、コンビニおにぎりの名称もこれに準じます。 ちなみに、 シーチキンLフレークとシーチキンマイルドの違いは、原料がマグロかカツオかの違いです。 原材料は、• シーチキンLフレーク: きはだまぐろ、大豆サラダ油、食塩、野菜エキス、調味料(アミノ酸等)• シーチキンマイルド: かつお、大豆サラダ油、食塩、調味料(アミノ酸等) となっています。 実家にいた頃は、母に「シーチキン買ってきて」と頼まれ、ツナ缶を買ってきたり、シーチキンとマヨネーズをあえた具材のおにぎりを食べては、「やっぱツナマヨは美味しいよねー」なんて言ってました。

次の

ツナとシーチキンの違い|生活情報サイト

ツナ シーチキン 違い

市販のツナ缶にはいろんな種類があった! みんな大好きツナ缶は、実は種類も豊富です。 缶詰売り場を覗いてみると、ツナだけでかなりの数が並んでいます。 ところで、皆さんはツナ缶を選ぶとき、それぞれどこが違うのか気にしたことはありますか? 実は私も今回調べてみるまで、こんなに種類があることも、中身を気にしたこともありませんでした。 選ぶ時に気をつけるのは、せいぜいオイル漬けか水煮かぐらいです。 あとは値段でしょうかね。 まさかこれほど種類があって、しかもそれぞれ内容が違うとは。 スポンサーリンク ツナ缶12種類の徹底比較 今回集めたのは全12種類。 (これでもほんの一部らしいですが) 果たして、味や内容に大きな差があるのでしょうか。 シーチキンL• 価格:164円• 名称:まぐろ油漬け(フレーク)• メーカー:はごろもフーズ• 原材料名:きはだまぐろ、大豆油、食塩、野菜エキス、調味料(アミノ酸等)• 内容量:70g• エネルギー:206kcal 中身は細かめです。 サンドイッチやおにぎりなどに入っているツナの味に一番近いと思います。 身がふんわりしていて優しい味は、万人に好まれそうです。 シーチキンマイルド• 価格:160円• 名称:かつお油漬け(フレーク)• メーカー:はごろもフーズ• 原材料名:かつお、大豆油、食塩、調味料(アミノ酸等)• 内容量:70g• エネルギー:203kcal 上のシーチキンLと同様、中身は細かめです。 こちらはかつおが原料ということで後味にほんの少しカツオらしさを感じます。 まぐろとの味の違いがもっとあるかと思いましたが言われなければわからない程度です。 食べ慣れた優しい味です。 シーチキンフレーク 1本釣り• 価格:172円• 名称:まぐろ油漬け(フレーク)• メーカー:はごろもフーズ• 原材料名:びんながまぐろ、綿実油、食塩(沖縄産)、野菜エキス、調味料(アミノ酸等)• 内容量:70g• エネルギー:211kcal 沖縄産の海塩を使用した数量限定のツナ缶です。 身の大きさは上記2つと同じく細かいですが、食感は上記のものよりしっかりしていました。 素材のおいしさを感じました。 シーチキンファンシー• 価格:259円• 名称:まぐろ油漬け(ソリッド)• メーカー:はごろもフーズ• 原材料名:びんながまぐろ、綿実油、食塩、野菜エキス、調味料(アミノ酸等)• 内容量:75g• エネルギー:220kcal 名称にソリッドとあるように、ほぐし身でなくかたまりがそのまま入っています。 一切れが大きいのでしっかりした歯ごたえがあり、口の中の存在感は他のツナとケタ違いです。 素材そのままシーチキンファンシー(水煮)• 価格:221円• 名称:まぐろ水煮(ソリッド)• メーカー:はごろもフーズ• 原材料名:びんながまぐろ、まぐろ節エキス、食塩、まぐろエキス• 内容量:75g(固形量55g)• エネルギー:66kcal こちらは水煮のソリッドタイプ。 水煮タイプは油漬けよりも魚らしい味を感じます。 水煮は身が締まっているせいか、さらに魚の存在感を感じます。 口の中で若干パサついた感じがあり、最後のキシっとした歯ごたえは好き嫌いが分かれるかも。 素材そのままシーチキンLフレーク(水煮)• 価格:172円• 名称:まぐろ水煮(フレーク)• メーカー:はごろもフーズ• 原材料名:きはだまぐろ、まぐろ節エキス、食塩まぐろエキス• 内容量:75g• エネルギー:55kcal Lフレークという名前ですが、フレーク自体が大きいわけではありません。 水煮なので素材そのものの味なのでしょうが、ちょっと魚の臭みを感じました。 ライトツナ(フレーク)• 価格:123円• 名称:まぐろ油漬け(フレーク)• メーカー:いなば食品• 原材料名:まぐろ、大豆油、ナチュラルミネラルウォーター、食塩、野菜エキス、調味料(アミノ酸等)• 内容量:70g• エネルギー:215kcal• 原産国:タイ 同じフレークといっても、はごろものフレークより身が大きめです。 歯ごたえがあります。 癖のない味です。 ライトツナ(スーパーノンオイル)• 価格:141円• 名称:まぐろ水煮(フレーク)• メーカー:いなば食品• 原材料名:きはだまぐろ、野菜スープ、ナチュラルミネラルウォーター、食塩ホタテ貝エキス、調味料(アミノ酸等)、紅藻抽出物• 内容量:70g• エネルギー:53kcal• 国産品 フレークの大きさは、こちらも大きくも細かくもなくといった感じ。 素材そのものの味というより、スープの味がしみ込んでいるのを感じました。 ただの水煮よりまぐろ臭さが少ないです。 ライトツナフレーク(食塩無添加 オイル無添加)• 価格:141円• 名称:まぐろ水煮(フレーク)• メーカー:いなば食品• 原材料名:きはだまぐろ、野菜スープ、ナチュラルミネラルウォーター• 内容量:70g• エネルギー:48kcal• 国産品、化学調味料・添加物無添加 こちらは、塩味がついていないので素材そのものの味です。 料理の素材として使い勝手がよさそうです。 網一番 ライトツナ• 価格:150円• 名称:まぐろ油漬け(フレーク)• メーカー:富永食品• 原材料名:まぐろ、大豆油、食塩野菜エキス、昆布エキス、かつおエキス、トマトペースト• 内容量:70g• エネルギー:245kcal• 国内加工、化学調味料無添加 身は細かめで、他のツナ缶に比べて少し塩味がきつく感じました。 このままだと塩辛いですが、このまま何かと和えたりして使うと良さそうです。 ツナフレーク• 価格:108円• 名称:まぐろ水煮(フレーク)• メーカー:三菱食品(輸入者)• 原材料名:めばちまぐろ、野菜エキスパウダー、食塩、調味料(アミノ酸等)• 内容量:70g• エネルギー:50kcal• 原産国:タイ 身は細かめです。 私はちょっと魚臭さを感じました。 今回の商品中最安値です。 音代丸のツナ• 価格:270円• 名称:まぐろ油漬け(フレーク)• メーカー:音代漁業(株)• 原材料名:びんながまぐろ、大豆油、野菜スープ、食塩、調味料(アミノ酸等)• 内容量:80g• エネルギー:196kcal• 自社船一本釣りびん長まぐろ使用 今回集めたツナ缶の中で一番の高級品です。 値段を知らせずに食べた家族からの評価が一番高かったのもこちら。 身は大きくも小さくもなく魚の美味しさが感じられました。 com調べ ツナ缶の中身の量は? 今回比較した缶詰は、缶の大きさがすべて同じです。 記載されている内容量は70g~80g。 ただ、この重さって液体と固形量を合わせた重さなんですよ。 あれ?じゃあ中身はいったいどのくらい入っているの?って気になりますよね。 12個のうち固形量の記載があったのはたった1つ。 素材そのままシーチキンファンシー(水煮)で、こちらは固形量55gとのこと。 他のツナ缶の内容量はどれくらいなのか、早速量ってみました。 缶詰のフタでぎゅーっと水分や油を絞り、身の重さを量ります。 手作業なので誤差はあるでしょうが、結果は次の通りです。 かたまりが大きいためきつく絞りにくいこともありそうですが、1缶の値段が高めなのも納得です。 オイル漬けと水煮で内容量に違いがあるのでは?と思いましたが、そこは関係なさそうです。 ツナ缶に関しては、値段と固形量はほぼ比例すると考えて良いでしょう。 残念ながら飛びぬけてコスパが良いツナ缶は見つかりませんでした。 あえて言うなら100均のツナかな。 ただ、スーパーなどで売られている3~4缶パックなら1缶当たり100円程度の事もありますよね。 コスパ重視ならまとめ買いがお得です、たぶん。 おいしかったのは? 今回比べた中で、個人的に美味しいと思ったのが数量限定のシーチキンフレーク1本釣りと音代丸のツナ、シーチキンファンシーです。 缶を見てみると、この3つはどれも原料が「びんながまぐろ」でした。 ツナ缶と一口に呼んでいますが、原料にはマグロもカツオもあり、さらにマグロの種類は「びんなが」「めばち」「きはだ」など様々なものが使われていることがわかりました。 今までまぐろの種類なんて気にしたことはなかったのですが、今後買うなら「びんなが」を選ぼうかな。 また、カロリーを気にして今まで水煮を選ぶことが多かったのですが、今回食べ比べてみたら油漬けの方が美味しかったのでちょっと心が揺らいでいます。 フレークのサイズ比較 さらに、メーカーによってフレークの大きさに差がある事もわかりました。 食べごたえ重視なら、値段は少々高くなりますがソリッドタイプがいいですね。 サラダに混ぜるなら、フレークが大きめの「いなば」、ツナマヨに利用するなら混ぜやすい「はごろも」のフレークを選ぶと良いと思います。 ツナ缶の比較一覧表 ここまでまとめてきた内容を一覧表にしておきたいと思います。 商品名 値段 名称 メーカー 原材料名 内容量 固形量 エネルギー(液汁含) シーチキンL 164円 まぐろ油漬け(フレーク) はごろもフーズ きはだまぐろ、大豆油、食塩、野菜エキス、調味料(アミノ酸等) 70g 56g 206kcal シーチキンマイルド 160円 かつお油漬け(フレーク) はごろもフーズ かつお、大豆油、食塩、調味料(アミノ酸等) 70g 52g 203kcal シーチキンフレーク 1本釣り 172円 まぐろ油漬け(フレーク) はごろもフーズ びんながまぐろ、綿実油 、食塩(沖縄産)、野菜エキス、調味料(アミノ酸等) 70g 56g 211kcal シーチキンファンシー 259円 まぐろ油漬け(ソリッド) はごろもフーズ びんながまぐろ、綿実油、食塩、野菜エキス、調味料(アミノ酸等) 75g 61g 220kcal 素材そのままシーチキンファンシー(水煮) 221円 まぐろ水煮(ソリッド) はごろもフーズ びんながまぐろ、まぐろ節エキス、食塩、まぐろエキス 75g(固形量55g) 62g 66kcal 素材そのままシーチキンLフレーク(水煮) 172円 まぐろ水煮(フレーク) はごろもフーズ きはだまぐろ、まぐろ節エキス、食塩まぐろエキス 75g 53g 55kcal ライトツナ(フレーク) 123円 まぐろ油漬け(フレーク) いなば まぐろ、大豆油、ナチュラルミネラルウォーター、食塩、野菜エキス、調味料(アミノ酸等) 70g 45g 215kcal ライトツナ(スーパーノンオイル) 141円 まぐろ水煮(フレーク) いなば きはだまぐろ、野菜スープ、ナチュラルミネラルウォーター、食塩ホタテ貝エキス、調味料(アミノ酸等)、紅藻抽出物 70g 49g 53kcal ライトツナフレーク(食塩無添加 オイル無添加) 141円 まぐろ水煮(フレーク) いなば きはだまぐろ、野菜スープ、ナチュラルミネラルウォーター 70g 45g 48kcal 網一番 ライトツナ 150円 まぐろ油漬け(フレーク) 富永食品 まぐろ、大豆油、食塩野菜エキス、昆布エキス、かつおエキス、トマトペースト 70g 48g 245kcal ツナフレーク 108円 まぐろ水煮(フレーク) 三菱食品(輸入者) めばちまぐろ、野菜エキスパウダー、食塩、調味料(アミノ酸等) 70g 47g 50kcal 音代丸のツナ 270円 まぐろ油漬け(フレーク) 音代漁業(株) びんながまぐろ、大豆油、野菜スープ、食塩、調味料(アミノ酸等) 80g 55g 196kcal スポンサーリンク さいごに ツナ缶さえあれば、肉や魚がなくてもいろいろな料理ができるので本当に便利。 これからも必ず常備しておきたいです。 この記事の内容を参考にみなさんの食生活にピッタリのツナ缶を探してみてくださいね。

次の

「ツナ」と「シーチキン」の違い

ツナ シーチキン 違い

「ツナの缶詰」や「シーチキンの缶詰」はスーパーなんかで見かけますよね。 この「ツナ」と「シーチキン」、どう違うのでしょう? シーチキンは商品名 「シーチキン」は「はごろもフーズ」の登録商標、つまり商品名です。 でも「ツナ缶」のことを 「シーチキン」と呼んでいる方も多いと思います。 このような、商品名が有名になり、固有名詞として一般に使われるようになるパターンは他にもありますね。 カツオを使用したものは「シーチキンマイルド」として販売しています。 ツナは2種類ある 「ツナ」はスズキ目サバ科マグロ属に分類される魚の総称としても使われる言葉ですが、ここでは「ツナ缶」の「ツナ」について説明します。 「ツナ」は英語です。 英語で「tuna」と書き、日本語に訳すと「マグロ」です。 調理法は大きく分けると2種類で、油漬け(油とスープに漬けたタイプ)と水煮(油を使わずにスープと水で調理したタイプ)があります。 水煮の一種で食塩・油を一切使わず天然水のみで調理した「食塩・オイル無添加」タイプもあります。 「ツナ」には2種類あります。 1つは「ライトミールツナ」。 原材料はキハダやメバチマグロで、肉色は淡い桃黄色です。 もう1つは 「ホワイトミートツナ」。 こちらは肉色が白いのが特徴です。 原材料はビンナガマグロで、「ライトミールツナ」よりたんぱく質が良質なことから欧米では 「sea chicken(海の鶏肉)」と呼ばれています。 はごろもフーズさんはここから商品名にしたそうです。 違いポイントまとめ• 「ツナ」は(英語で)マグロ属に分類される魚の総称であり、ツナ缶はマグロやカツオを油漬け、水煮にしたもの。 「シーチキン」は「はごろもフーズ」が販売しているツナ缶の商品名。

次の