おいしい カレー レシピ。 どこよりおいしい!?カレーのレシピ☆基本から隠し味、本格タイプまで

【43種類】おいしいカレーの具!定番からおすすめの変わり種まで

おいしい カレー レシピ

写真 掲載:mamagirl 隠し味の紹介もあわせてしていくので早速見ていきましょう。 ・材料(4人分) 出典:photoAC *市販のルー…1箱(230g) *肉 …500g *玉ねぎ …中4個 *じゃがいも…中3個 *にんじん …中1本 *サラダ油 …大さじ2 *水 …1400ml (鍋にふたをする場合は1250ml) ・作り方 出典:photoAC 1.下準備として、具材は一口大に切っておきます。 2.厚手の鍋にサラダ油を熱して、そこへ具材を投入して炒めます。 全体に油が回ったら分量の水を入れ、あくを取りながら具材が柔らかくなるまで煮込みましょう。 3.煮込み終わったら一度火を止めて、ルーを割り入れて溶かしてください。 4.最後にとろみがつくまで弱火で10分ほど煮込んだら完成です。 ですがルーなし、カレー粉なしでもプロ顔負けの本格派カレーが自宅でも作れちゃうんです!では早速見ていきましょう。 にんにくとしょうがをすりおろし、鶏もも肉は皮を剥ぎ食べやすい大きさに切っておいてください。 2.フライパンに油を入れ、中火で熱したところにみじん切りした香菜を加え、香りがし始めたら玉ねぎにふたつまみ程度の塩をまぶして炒める。 3.玉ねぎがアメ色に変わったら50mlほどの差し水を投入します。 4.にんにく、しょうがを加えて混ぜ合わせ、さらにトマトピューレも加えて水分がなくなるまで炒めましょう。 5.火を止めスパイスを加え、カレーの素になる土台の味つけをしていきます。 6.弱火でしっかり混ぜ合わせながら、鶏もも肉も加え炒めます。 鶏肉が全体的に白っぽくなったら水を加え、火加減を強火にしてから一度沸騰させてください。 7.沸騰後はたまに混ぜながら15分ほど弱火で煮込みます。 香菜を加え、最後に軽く煮込んでください。 最後に分量外の砂糖をひとつまみ加え、よくかき混ぜて完成です。 ・おいしく作るためのコツ 出典:photoAC カレー作りで失敗する人の多くは水の量が多すぎることが原因!水を入れるときはレシピの分量を少なめで入れることがコツになります。 入れすぎるとカレーの風味が減ってしまうので注意してください。 子どもも食べやすくなるので、家族で同じカレーを楽しむことができますね。 分量は1人前あたりスプーン1杯ほどを目安にしてください。 多く入れすぎてしまうと酸っぱくなるので注意が必要。 入れるタイミングは最後の仕上げがおすすめです。 ・甘みがプラスできる果物 出典:photoAC 果物の隠し味の中でも定番なリンゴ。 すりおろしてカレーに入れることで、リンゴの甘さがそのまま加わります。 出典:photoAC 意外とあまり知られていないのがバナナ。 潰して入れることで甘くてとろけるようなカレーに仕上げることができます。 バナナを隠し味に使うときは、スプーン1杯程度を仕上げ直前に混ぜてくださいね。 隠し味に使うことで、カレーを作った翌日のようなコクを引き出すことが可能なのです。 分量の目安は小鍋ひとつに対し、コーヒースプーン半分程度を加えてみましょう。

次の

【究極】最強シェフの絶品カレーを作る9つの方法「カレーに水不要!トマトジュースで作れ! ポテトチップス入れろ!」 | バズプラスニュース

おいしい カレー レシピ

高級カレーは万人においしい カレーライスの好みは千差万別というか「辛いの好き」「あっさり好き」「とろみがあるのが好き」「あの隠し味があるのが好き」と超バラバラですが、一流レストランの高級カレーは万人においしいと思われるようです。 実際に好みがバラバラな人たちに試食してもらったコメントは、皆、高評価。 一流のカレーは万能の味なんですね。 番組は 「一番おいしいカレー=万人うけするカレー」という定義のもと、どんなレシピが良いのか探るべく、進行していきます。 インド人も認める日本のカレー 東京で暮らすインド人20人に日本のカレーライスを試食してもらい、以下の4つから回答を選んでもらいました。 おいしいし、カレー• おいしいけど、カレーじゃない• おいしくないけど、カレー• おいしいくないし、カレーでもない 結果は、おいしさについては 全員が「おいしい」。 そしてカレーか否かというと、意外にも 20人中17人が「カレーである」と答えたそうです。 インドカレーって結構日本のカレーと違う感じだと思うのですけど、そうなのですねえ。 高級カレーの特徴• ソースが超なめらか。 コクのある深い味。 肉はうまみがたっぷり。 だそうです。 おいしいカレーに出会ったときのコメントに使えそうですw 家庭のカレーを味のプロが評価。 おいしいのは... !? ベテラン主婦3人 A,B,Cさん と、若い女性1人 Dさん にカレーを作ってもらい、そのカレーを感応試験の検査員(食品開発などで味のよしあしを決める、いわば味評価のプロ)が評価するという企画です。 ルールは「カレールーは同じ」「それ以外の材料や調味料は自由」「とにかくおいしいと思うカレーライスを作ってもらう」ということで、好きなようにアレンジしてよいです。 調理開始。 ベテランは独自の工夫や手慣れた手つきに対して、Dさんはぎこちない様子です。 ルウをいれる段階では主婦3人は手際よくルウをいれているのに対し、Dさんは説明を読みつつ火を止めてゆるりとルウをいれました。 ベテランはケチャップや料理酒やチョコレートなど、自分なりの隠し味をつけていて、作り方にバリエーションがあります。 Dさんはまたも説明をつどつど読んで調理を進め、隠し味についても「パッケージに書いてないので... 」ということで、なにもいれていません。 そんなことで大丈夫かDさん。 完成しました。 いよいよ試食タイムです。 わざと もし司会者がこれを拒否するなら そのほうが槍玉にあげられるでしょうね^^; それはさておきw この方法ちょーすげぇ! ガテーン!ガテーン!ガテーン!!• お返事来ましたよ。 -------------------------------------------------------------- いつもNHKの番組やニュースをご覧いただき、ありがとうございます。 お問い合わせの件についてご連絡いたします。 このたびはインターネット上のNHK番組の違法アップロードに関する情報提供をいただきありがとうございました。 ホームページでの使用となると、それがネットを通して世界中誰でもアクセスできることから、番組の権利者全員の許諾が必要となります。 NHKでは自ら行っているパトロールや視聴者の皆様からの情報提供にもとづき、インターネット上でNHK番組を違法に掲載しているサイトに対して継続的に削除要請を行っております。 近年国内外を問わず、こうした違法サイトが爆発的に増加している中、違法サイトの削除についてはサイト側の姿勢によるものが多く、対応には法的な装置を含め非常に時間がかかる場合があることをご理解いただければ幸いに存じます。 今後とも、NHKをご支援いただきますようお願いいたします。 お便りありがとうございました。 NHK視聴者コールセンター -------------------------------------------------------------- だ、そうです。 これですっきりしましたね。 明日カレーにしようと思って検索して探していたところ凄くタメになりましたこちらのサイト、それと共にNHKのためしてガッテンも今度見てみようと思いました。 それから、著作権の話題でコメントが荒れている事に残念な気持ちになりました。 時代遅れですね、この時代どういうところからお金が発生するかわからない、著作権が侵害されていても、そこからクチコミの評判や人気が出て話題になったりすることもありますし、意外と良い番組紹介になってるんじゃないですか?(実際、自分も番組を見てみようと思いましたよ)何でもかんでも著作権違法だからとわざわざ書き込まなくてもいいんじゃない?通報したんなら自然と削除依頼が来るでしょう、自分NHKの受信料もBSの定額料金までもちろん払ってますけど、NHK好きな人って頭が固いくそまじめな人が多いのかな~?しかし、拝見しました楽しかったです通報しました。 ってなんか現金だな~wギャグでいってんのかなぁ?•

次の

【究極】最強シェフの絶品カレーを作る9つの方法「カレーに水不要!トマトジュースで作れ! ポテトチップス入れろ!」 | バズプラスニュース

おいしい カレー レシピ

隠し味の紹介もあわせてしていくので早速見ていきましょう。 ・材料(4人分) 出典:photoAC *市販のルー…1箱(230g) *肉 …500g *玉ねぎ …中4個 *じゃがいも…中3個 *にんじん …中1本 *サラダ油 …大さじ2 *水 …1400ml (鍋にふたをする場合は1250ml) ・作り方 出典:photoAC 1.下準備として、具材は一口大に切っておきます。 2.厚手の鍋にサラダ油を熱して、そこへ具材を投入して炒めます。 全体に油が回ったら分量の水を入れ、あくを取りながら具材が柔らかくなるまで煮込みましょう。 3.煮込み終わったら一度火を止めて、ルーを割り入れて溶かしてください。 4.最後にとろみがつくまで弱火で10分ほど煮込んだら完成です。 ですがルーなし、カレー粉なしでもプロ顔負けの本格派カレーが自宅でも作れちゃうんです!では早速見ていきましょう。 にんにくとしょうがをすりおろし、鶏もも肉は皮を剥ぎ食べやすい大きさに切っておいてください。 2.フライパンに油を入れ、中火で熱したところにみじん切りした香菜を加え、香りがし始めたら玉ねぎにふたつまみ程度の塩をまぶして炒める。 3.玉ねぎがアメ色に変わったら50mlほどの差し水を投入します。 4.にんにく、しょうがを加えて混ぜ合わせ、さらにトマトピューレも加えて水分がなくなるまで炒めましょう。 5.火を止めスパイスを加え、カレーの素になる土台の味つけをしていきます。 6.弱火でしっかり混ぜ合わせながら、鶏もも肉も加え炒めます。 鶏肉が全体的に白っぽくなったら水を加え、火加減を強火にしてから一度沸騰させてください。 7.沸騰後はたまに混ぜながら15分ほど弱火で煮込みます。 香菜を加え、最後に軽く煮込んでください。 最後に分量外の砂糖をひとつまみ加え、よくかき混ぜて完成です。 ・おいしく作るためのコツ 出典:photoAC カレー作りで失敗する人の多くは水の量が多すぎることが原因!水を入れるときはレシピの分量を少なめで入れることがコツになります。 入れすぎるとカレーの風味が減ってしまうので注意してください。 子どもも食べやすくなるので、家族で同じカレーを楽しむことができますね。 分量は1人前あたりスプーン1杯ほどを目安にしてください。 多く入れすぎてしまうと酸っぱくなるので注意が必要。 入れるタイミングは最後の仕上げがおすすめです。 ・甘みがプラスできる果物 出典:photoAC 果物の隠し味の中でも定番なリンゴ。 すりおろしてカレーに入れることで、リンゴの甘さがそのまま加わります。 出典:photoAC 意外とあまり知られていないのがバナナ。 潰して入れることで甘くてとろけるようなカレーに仕上げることができます。 バナナを隠し味に使うときは、スプーン1杯程度を仕上げ直前に混ぜてくださいね。 隠し味に使うことで、カレーを作った翌日のようなコクを引き出すことが可能なのです。 分量の目安は小鍋ひとつに対し、コーヒースプーン半分程度を加えてみましょう。

次の