スマホの容量を増やすには。 スマホのストレージ空き容量を「ガバッ」と空ける簡単な方法

LINEアプリの容量を減らす4つの方法【2018年版】 [LINEの使い方] All About

スマホの容量を増やすには

スマートフォン( スマホ)を利用していると、容量不足問題に直面することがあります。 「ストレージの空き容量がありません」などと表示され、「あぁ、容量を空けなきゃ」と対策を迫られます。 Android端末であれば、SDカードを使って容量をアップさせたり、パソコンにデータを移したりといったこともできますが、 iPhoneの場合はあとから容量を増やすことができないため、困ってしまいます。 そこで今回は、スマホのストレージ容量を確保するための方法を紹介します。 空き容量を増やすテクニックはいくつもありますが、なかでも大胆に容量を空けることができるものを中心に5つ紹介します。 まずはこの画面で、どのアプリがストレージを消費しているかを確認し、不要なアプリは削除してください。 キャッシュを削除 一部のアプリは、使用するたびに「キャッシュ」と呼ばれるファイルをスマホに蓄積していきます。 キャッシュを蓄積することによって、表示を高速化させたり、データ通信量を抑えているのです。 このキャッシュという機能には、ストレージを消費するデメリットもあります。 一例に、人気ニュースアプリ「SmartNews」の場合、数百MBものキャッシュを保持しています。 このキャッシュをクリアすることで、空きストレージを増やことができます。 キャッシュのクリアの方法はアプリによって異なり、上記のように設定画面からアプリ名を探すタイプと、アプリを起動してからアプリ内の設定画面でクリアするタイプがあります。

次の

【Android】内部ストレージ不足を解消!空き容量を増やす方法を解説!

スマホの容量を増やすには

空き容量が少なくなるとスマホの動作が重くなったりするんだよ! スマホを長く使う上でストレージ空き容量はとても大事なので、この記事でストレージ空き容量を増やす方法を学びましょう。 スマホのストレージ空き容量が減る原因 そもそも「どうしてスマホのストレージ空き容量が減っていくのか」について知らなくてはいけませんね。 スマホに保存されているデータが多くなるほど、ストレージ空き容量は減っていきます。 なぜなら ストレージ空き容量は、スマホに保存できるデータの残り容量を表しているからです。 そのため大容量の動画などをダウンロードすると、ストレージ空き容量が一気に減ってしまいます。 ストレージ空き容量を減らしたくないなら、スマホに保存されているデータを少なくすればいいですよ。 スマホに保存してある不要なデータを削除しよう! 不要なデータを定期的に削除するだけで、ストレージ空き容量を減りにくくすることができます。 なぜなら スマホには自分の使わないデータも日常的に保存されていて、それらがストレージ空き容量を減らす原因にもなっているからです。 写真や動画はネット上にバックアップして、スマホからは削除する• 使わないアプリはアンインストール• アプリ内のキャッシュデータを定期的に削除する• Androidなら外部メモリーにデータを移行する 写真や動画はネット上にバックアップしてスマホからは削除する 写真や動画はバックアップしてから削除しましょう。 なぜなら写真や動画をそのまま消してしまうと、後でまた見たくなったときに戻ってこないからです。 写真や動画で大切な思い出を保存する人は多いので、消したくないですよね。 しかし、写真や動画がストレージ空き容量を減らす原因になっているのも事実です。 なので ストレージ空き容量を増やしたいなら、ネット上にバックアップしてから写真や動画を削除するようにしましょう。 Googleフォトなら容量無制限でバックアップできるのでおすすめです。 使わないアプリはアンインストール 使わないアプリをアンインストールすれば、ストレージ空き容量が増えます。 なぜならアプリは容量が大きいものが多く、使っていないアプリでもストレージ容量をたくさん消費しているからです。 使っていないアプリに限って容量が大きいんだよね。。 容量の小さいアプリを削除してもあまり変わりませんが、 大容量のアプリを削除すると一気にストレージ空き容量が増えます。 ストレージをたくさん消費している、使っていないアプリがあったら削除しましょう。 アプリ内のキャッシュデータを定期的に削除する アプリ内に溜まったキャッシュデータは、定期的に削除しましょう。 なぜなら アプリ単体でのストレージ消費が少なくても、キャッシュデータで容量をたくさん消費するものが多いからです。 実際に僕が日常的に見ているマンガアプリはキャッシュデータの容量が大きく、1ヶ月もすれば500MBも溜まります。 少ないキャッシュデータでも、放置すればストレージ容量をどんどん圧迫していきます。 キャッシュデータはアプリ内の設定で削除して、ストレージ空き容量を増やしましょう。 Androidを使っているなら外部メモリーにデータを移行する Androidスマホを使っているなら、SDカードにデータを移すのもアリです。 なぜなら SDカードにデータを移行することで、スマホの内部ストレージ空き容量を増やすことができるからです。 実際に僕も前使っていたスマホがAndroidだったので、写真や動画は定期的にSDカードに移していました。 データの保存先をSDカードに設定すれば、自動的にデータがSDカードに保存されるようになります。 Androidは外部メモリーにデータを移せるので、定期的にSDカードに写真や動画を移行するようにしましょう。 まとめ:大容量ストレージのスマホを選ぼう! この記事で解説した 「スマホのストレージ空き容量を増やす方法」を実践すれば、スマホのストレージ容量が足りなくなる問題を解決できます。 最後にもう一度内容を確認しましょう。 写真や動画はネット上にバックアップして、スマホからは削除する• 使わないアプリはアンインストール• アプリ内のキャッシュデータを削除する• AndroidならSDカードにデータを移す 上記の4つを実践していただければ、スマホのストレージ空き容量を増やすことができます。 ストレージ容量が少なくなると、大容量の動画やアプリをダウンロードできなくなるので、 スマホに保存されているデータは定期的に削除しましょう。 ストレージ空き容量を増やす方法を実践できたら、次はデータ通信量を節約する方法を確認しましょう!具体的に学びたい方は「」にも目を通しましょう。

次の

Gmailの容量は?空き容量を確認・増やす・削除して容量を確保する方法を解説!

スマホの容量を増やすには

内蔵メモリ(RAM)って何? 概要: 「メモリ」の「RAM」とは、PCやスマホなどが 何らかの処理を行う際、データを一時的に保管するための場所のことです。 メモリの役割は、主にPCやスマホなどの 処理を高速にすることで、よく 作業机の広さに例えられます。 「作業」領域を表す「RAM(ラム)」とは、英語の「Random Access Memory」(ランダム・アクセス・メモリ)の略語で、CPUが何らかの処理を行ったり、画面上に何かしらのデータを表示したりするときに使う作業用のメインメモリ(主記憶装置)です。 RAMのデータは頻繁に書き換えられ、電源が切れると作業に使っていた一時データも消えます。 揮発性メモリーともいいます。 分かりやすく言い換えるなら、RAMは「机や作業台」と表現できます。 RAMの容量が大きい(=机が広い)ほど、一度に多くのソフトやアプリを開けるというわけです。 一般的には、Androidのスマホとタブレットが搭載しているRAMは1~8GB程度です。 【豆知識】「RAM」と「ROM」違いは何ですか? 「保存」領域を表す「ROM(ロム)」とは、英語の「Read Only Memory」(リード・オンリー・メモリ)の略語で、Read Onlyという名前の通り、書き込み不可・読み出しのみ可能なメモリを指します。 ROMはよく本棚に例えられます。 電源を切っても、もともと書き込まれているデータが消えることはありません。 不揮発性メモリーともいいます。 書き換えをしない固定プログラムなどに使われています。 ゲームソフトや音楽CDなどがROMの代表例です。 スマホやタブレットにおけるROMのサイズは、16~256GBががほとんどです。 しかし、日本のスマホ業界ではROMはデバイスのデータ保存領域として認知され、ストレージ容量(ストレージはデータの書き込みと読み込み、両方を行うことができる)と同義に扱われています。 もし、ROM16GBと書いてあれば、アプリや写真、音楽などを16GBまで保存できるということを表しています(システムの保存にも使われているので、実際に使えるのは10GB前後です)。 スマホやタブレットのデータにアクセスして基本的な編集を行う場合、次のような動作が行われています。 容量が足りなくなった場合、何かのデータを消さないと新規に写真を撮れなくなったり、OSの更新ができなくなったりします。 内蔵メモリ(RAM)を増やす必要はあるか? 概要:RAM(ラム)は「メモリ」のことで、メモリ容量によってAndroidスマホまたはタブレットがどれだけ効率よくデータやアプリを扱えるかが変わります。 メモリを増やすことによって、Androidスマホまたはタブレットの速度が改善されます。 上述のようにAndroidスマホまたはタブレットは、要求されたプログラムまたはドキュメントをストレージディスクからメモリへ読み込み、メモリから情報の各部分にアクセスします。 あまりに多くの操作がメモリに依存しているため、メモリの容量はパソコンのパフォーマンス速度に大きく影響します。 スマホやタブレット上で実行するほとんどすべてのことは、十分なメモリ容量があることが前提となっています。 RAMの数字が大きければ、作業できるスペースが広くとれるので一度に多くの動作が可能になります。 逆にRAMが少ないと動作が遅くなり、RAMが足りなくなるとアプリが強制終了したり、スマホが再起動したりすることもあります。 簡単に言えば、実行する作業が多ければ多いほど、より大量のギガバイト(GB)数のRAMが必要になります。 そのため、メモリ(RAM)を増やすことは必要です。 【補足】RAM増設が必要となる兆候 スマホまたはタブレットの動作が遅くなったり、固まったり、クラッシュしたりすることに最初に気付いた時は、まずメモリ不足を疑ってください。 具体的に言えば、以下の兆候のいずれかが当てはまる場合は、メモリを増設する必要があるかもしれません。 ページを開こうとすると一部しか読み込まれなかったり、まったく読み込まれなかったりする。 データがあるべき場所が空白になる...... 内蔵メモリ(RAM)を増やすのは可能? パソコンの場合、メモリの増設はあなたが思っているよりも遥かに簡単です。 より大きな容量のメモリを挿せばいいです。 メモリを購入する 3. パソコンのフタを開ける 4. 挿さっているメモリを抜く 5. メモリスロットにメモリを挿す 6. しかし、デスクトップパソコンと異なり、Androidスマホやタブレットの場合、RAMはスマホやタブレットを買った後に追加できないので、どうすればいいですか(メモリ容量が大きくて新しいスマホやタブレットを購入したくない!)? ご存知のように、Android端末で十分な内部ストレージ容量を確保するために、SDカードを使う人が多いでしょう。 理論上は、SDカードに異なるファイルシステムのパーティションが作成できます。 一般的にストレージ(ROM)はFAT32方式でフォーマットされますが、内蔵メモリ(RAM)はEXT2、EXT3またはEXT4方式でフォーマットされます。 そのため、SDカードを利用してAndroidスマホとタブレットの内部メモリを増やすことができます。 SDカードを利用できるAndroidスマホの場合は、スマホにSDカードを挿し込んで、データの保存先をSDカードに設定しておきましょう。 これは、最も早く、最も簡単に、最も低コストでAndroidスマホのパフォーマンスを向上する方法だと思います。 内蔵メモリ(RAM)を増やす方法? 実行中のアプリケーションを全て閉じて、RAMメモリをクリアした後でもまだメモリの空き容量が不足するなら、ここではAndroidスマホに挿入(装着)しているSDカードを利用して内部メモリを増やす方法(つまり、EXT2、EXT3またはEXT4でフォーマットされたパティションを作成・拡張すること)をご紹介します。 以下で提供する詳細な手順に従うと、特別なパソコンスキルがなくても、RAMを簡単に増やすことができます。 重要なデータを強力なバックアップフリーソフト「」でバックアップしたほうがいいです。 空き容量がほとんどない場合、32GBを超える新しいSDカードを購入したほうがいいです。 ここでは高い信頼性があるAOMEI Partition Assistant Professionalをお勧めします。 することができます。 また、ユーザーフレンドリーなインターフェースを備えてPC初心者でも楽に操作できます。 ITサービスプロバイダーや企業である場合、台数無制限のPC&サーバー向けと(*クライアントに有償技術サービスを提供できる)をお勧めします。 手順 1. SDカードをカードリーダーに挿入して、コンピュータに接続します。 AOMEI Partition Assistantをダウンロードし、インストールし、起動します。 手順 2. 新しいSDカードの場合は、AOMEI Partition Assistant Professionalのメイン画面で、SDカードを右クリックして、「 パーティションを作成」を選択します。 そしてEXT2、EXT3またはEXT4ファイルシステムで新しいパーティションを作成します。 これはデータを失うことなくメモリ(RAM)を増やすことができます。 詳しい情報については! 手順 3. ポップアップウィンドウで、パーティションサイズを調整し、ドライブ文字を割り当て、ファイルシステムとして「 FAT32」を選択します。 手順 4. 手順 5. 次には、SDカードの左側の未割り当て領域を右クリックして「 パーティションを作成」を再度選択します。 「Windowsはリムーバブルディスクの1番目のパーティションしか認識しないため、2番目のパーティションにドライブレターを割り当てることができない」といったメッセージが表示されたら、「 はい」をクリックして続行します。 手順 6. ここではファイルシステムとして「EXT2」「EXT3」または「EXT4」を選択する必要があります。 手順 7. 最後に、「 適用」をクリックすることを忘れないでください。 手順 8. SDカードをPCから取り外してから、Android OS搭載のスマートフォンまたはタブレットに取り付けます。 スマートフォンやタブレットの内部メモリが増設されているか確認してください。 もし、事前にバックアップを取っておいたなら、イメージファイルをSDカードに復元する必要があります。 万一のために、操作を慎重に行うか、重要なデータを常にバックアップしてください。 まとめ メモリ(RAM「ラム」)はランダムアクセスメモリの略語で、データをパソコンに短時間保存することで迅速なアクセスを可能にするコンポーネントです。 この記事では、SDカードをリサイズ/分割することによりAndroidスマホとタブレットのメモリ(RAM)を増やす方法をご紹介しました。 メモリ(RAM)が足りませんというエラーでスマホやタブレットは重く・遅くなる問題を完全に解決できます。 スマホやタブレットをサクサク動作させたい方は、是非見逃さないでください。 もし、この記事が役立つなら、友達や家族と共有しましょう!また、何か質問や提案がある場合は、以下のコメント欄に入力するか、またはまでご連絡ください。 よろしくお願いします。

次の