六竜hl。 六竜HL 風の六竜イーウィヤ攻略

【グラブル】光六竜HL「ル・オー(白)」攻略!強制全滅技(超越)に注意

六竜hl

アルベール アビダメによる攻撃回数を稼げる点と2回行動できる点、アビの再発動や追撃などかなりこの敵には合っているキャラ。 個人的には上記キャラに及ばないが適性が高いキャラ サルナーン(光属性) イオの自動発動アビのおともに。 4アビでスキルの再発動が出来るので便利。 HP40%時の予兆トリガーはかばうキャラで対応するか、その時点で火力で押し切る方が早い。 特殊技に状態異常が多いのでマウントやクリアオールは便利。 ジョブで有効なのは、ランバージャック、セージ、キャバルリー、ウォーロック ランバージャックは回復も出来るし、アビ発動回数に応じてアビダメを出来るので立ち回りがしやすくなるとは思います。 セージはマウントとクリアオールを積めるので便利。 キャバルリー(あわせて連撃UPもある)、ウォーロックは追撃が付与できるので便利。 キャラとして適性が特に高いのはイオ、ノア、ジャンヌダルク(リミテッド)、アルベール、サラ、ルシオあたり イオに関してはアビダメによる後半の飛ばし性能が非常に高いのでおすすめ。 ノアは、1回被ダメ回避も便利ですが、中盤から奥義2連付与できるのでDPTが高い。 また奥義で奥義加速できるのが便利。 ジャンヌダルク(リミテッド)は、2アビによる確定TA付与を高頻度で付与できるので特殊技の回避などに使えます。 また火力がある装備編成ならレスラーで一気に飛ばせるので。 アルベールは、アビダメにてダメ回数を稼げるし、再発動アビや追撃付与など特殊技解除の適性が高い。 ルシオは、味方の支援をしながら、本人も火力があるのが便利。 TA確定で高倍率追撃なども付与があるので使える。 サラは、かばうや属性カットなど守り性能も高いが、被ダメージ時にカウンター、特殊技時にバリア付与できる2アビが発動するので適性は高い。 多段ダメ解除特殊トリガーは基本ガードか、追撃付与やアビダメで 30回の多段ダメ解除などは条件が厳しいので編成によってはガードで済ます方が楽だが、それ以外のHP多段ダメ解除の特殊トリガーは18回、24回なので味方全体に追撃付与して連撃を安定させた方が楽です。 通常の特殊技はガードしなくても6000程度であまりダメージは受けないですが、ターンダメージなどもあるのでガードした方が無難です。 ただし、召喚が使えないのがネックで黒麒麟連打が出来なくなっています。 40%以下の回復不可地帯では楽になりますね(40%の特殊技が主人公に来ると意味がなくなるからそのタメにかばう持ちは欲しいですね)。 立ち回り例 今回クリアに使った編成は下記になります。 もう一つが、 こちらです。 数が足りない場合はカーバンクルやアヌビスを入れた方が立ち回りしやすいです。 大雑把に解説します。 (初手~その後の大雑把な流れ) まず基本的にはイオのアビダメを後半に向かって連打するだけで勝てるので、それまではHP維持や特殊技などガードで防御しつつ、HPを減らしていきます。 後半まで召喚は全く使いません。 奥義効果が切れていたら、奥義打ってから4アビ効果を一気に発動しよう。 全部の紹介は特にするつもりはありませんが、特殊技に合わせてガードしたりすれば大体どうにかなると思います。 それでも難しい場合は、黒麒麟でカバーしたりすれば、クリア自体は慣れれば可能とは思います。 終わりに キャラ編成でイオ、ノアあたりを入れとくと、動きやすくなります。 装備以上にキャラが重要なのでキャラ次第で難易度が大きく変わります。 今後の属性のこと考えると、ソロメインならマルチで強いキャラより、ソロで強いキャラを揃えた方が良いかもですね。

次の

【グラブル】ル・オー(六竜討伐戦「白」)の攻略とドロップ【六竜HL】

六竜hl

HP40%以下からはディスペルがトリガー誘発になるので注意。 『島投擲』は必ずガードしましょう。 スワッターはデバフ入っていて属性カットなど入っていればそこまでダメージは入らないです。 そのタイミングでデバフをちゃんと入れよう。 他で追撃など付与出来れば基本楽にこなせるとは思います。 アビで有効なのは、スロウ、マウント、クリア 通常攻撃しないのでスロウでゲージ貯めないようにするとかなり楽に立ち回れます(5ターン毎に特殊行動あるので注意)。 奥義ゲージ系のデバフ付与してくるので、マウントやクリアなどで対策を。 セージは回復できるし、マウントやクリアオールできるのが良い点。 スパルタはスロウが使える点とファランクスでカットを回せるのが大きい(特殊技・島投擲は防げないので注意)。 キャラとして適性が特に高いのはグリームニル(リミテッド)、アンチラ、ユリウス、水着ユエル、カッツェリーラ グリームニル(リミテッド)に関しては【バレンタイン限定】と【リミテッド限定】の両方がいますが両方とも適性は高いですが今回は、リミテッドの方が適性が高いと思います。 アンチラは、全体バフ、全回復、消去不可の攻防デバフ、奥義ディスペルなど便利。 ユリウスは、デバフ、スロウ、ディスペルなど戦いを安定させるのに役に立ちます。 黒麒麟は40%の状態異常全回復したときや25回ダメや緊急時のアビ使用などで非常に役に立つ。 この特殊技が防御無視なので属性カットなどで対応しよう。 立ち回り例 今回クリアに使った編成は下記になります。 個人的には下記の通りの編成でも良いのかな?とは個人的には思いました。 人によってこの辺りは考えが変わるとは思います。 水着ユエルで奥義追撃、多段アビダメ、回復、攻撃デバフとかなり戦いやすくなります。 ただある程度余力あるなら、水着ユエルの代わりにシエテいれて後半を飛ばすのもありだとは思います。 モニカ(リミテッド)いれば入れた方が楽かも。 シエテがいることで奥義ダメが高くなるので、前半も火力ダメが高くなるうえに、後半も40%から一気に火力で飛ばせるのがでかい。 グリムはガードやマウント、スロウに多段アビダメと役割が大きい。 アンチラは永続デバフ、全体バフ、単体追撃付与なども便利。 大雑把に解説します。 (初手~その後の大雑把な流れ) まず主人公が、1アビとミゼラブルミスト、安らぎの木もれ日(回復アビ)を押します。 あとはアンチラは2アビ、3アビ、4アビを押します。 他キャラはデバフやマウントのアビなどあれば入れていく。 2ターン目以降でスロウなど入れていきます。 あとは特殊技の前に鞄をうったりすれば被ダメを抑えられます。 HPトリガーの多段ダメ解除などはアビダメや追撃などでクリアしていく。 40%時に状態異常を全回復されるので、アビのCTをしっかり意識してデバフを入れるか、黒麒麟の召喚石を使っていこう。 これ以降はディスペルを使うと特殊行動を誘発するので注意だが、面倒ならシエテ(最終上限解放済み)で一気に飛ばす方が楽な気もします。 全部の紹介は特にするつもりはありませんが、特殊技 『島投擲』に合わせてガードしたりすれば大体どうにかなると思います。 それでも難しい場合は、黒麒麟でカバーしたりすれば、クリア自体は慣れれば可能とは思います。 終わりに キャラ編成でアンチラ、グリームニル、ユリウス、モニカ(リミテッド)、カッツェリーラあたりを入れとくと、動きやすくなります。 装備以上にキャラが重要なのでキャラ次第で難易度が大きく変わります。 今後の属性のこと考えると、ソロメインならマルチで強いキャラより、ソロで強いキャラを揃えた方が良いかもですね。

次の

【グラブル】六竜討伐戦「黒」フェディエル(闇)攻略と使えそうなキャラ

六竜hl

アルベール アビダメによる攻撃回数を稼げる点と2回行動できる点、アビの再発動や追撃などかなりこの敵には合っているキャラ。 個人的には上記キャラに及ばないが適性が高いキャラ サルナーン(光属性) イオの自動発動アビのおともに。 4アビでスキルの再発動が出来るので便利。 HP40%時の予兆トリガーはかばうキャラで対応するか、その時点で火力で押し切る方が早い。 特殊技に状態異常が多いのでマウントやクリアオールは便利。 ジョブで有効なのは、ランバージャック、セージ、キャバルリー、ウォーロック ランバージャックは回復も出来るし、アビ発動回数に応じてアビダメを出来るので立ち回りがしやすくなるとは思います。 セージはマウントとクリアオールを積めるので便利。 キャバルリー(あわせて連撃UPもある)、ウォーロックは追撃が付与できるので便利。 キャラとして適性が特に高いのはイオ、ノア、ジャンヌダルク(リミテッド)、アルベール、サラ、ルシオあたり イオに関してはアビダメによる後半の飛ばし性能が非常に高いのでおすすめ。 ノアは、1回被ダメ回避も便利ですが、中盤から奥義2連付与できるのでDPTが高い。 また奥義で奥義加速できるのが便利。 ジャンヌダルク(リミテッド)は、2アビによる確定TA付与を高頻度で付与できるので特殊技の回避などに使えます。 また火力がある装備編成ならレスラーで一気に飛ばせるので。 アルベールは、アビダメにてダメ回数を稼げるし、再発動アビや追撃付与など特殊技解除の適性が高い。 ルシオは、味方の支援をしながら、本人も火力があるのが便利。 TA確定で高倍率追撃なども付与があるので使える。 サラは、かばうや属性カットなど守り性能も高いが、被ダメージ時にカウンター、特殊技時にバリア付与できる2アビが発動するので適性は高い。 多段ダメ解除特殊トリガーは基本ガードか、追撃付与やアビダメで 30回の多段ダメ解除などは条件が厳しいので編成によってはガードで済ます方が楽だが、それ以外のHP多段ダメ解除の特殊トリガーは18回、24回なので味方全体に追撃付与して連撃を安定させた方が楽です。 通常の特殊技はガードしなくても6000程度であまりダメージは受けないですが、ターンダメージなどもあるのでガードした方が無難です。 ただし、召喚が使えないのがネックで黒麒麟連打が出来なくなっています。 40%以下の回復不可地帯では楽になりますね(40%の特殊技が主人公に来ると意味がなくなるからそのタメにかばう持ちは欲しいですね)。 立ち回り例 今回クリアに使った編成は下記になります。 もう一つが、 こちらです。 数が足りない場合はカーバンクルやアヌビスを入れた方が立ち回りしやすいです。 大雑把に解説します。 (初手~その後の大雑把な流れ) まず基本的にはイオのアビダメを後半に向かって連打するだけで勝てるので、それまではHP維持や特殊技などガードで防御しつつ、HPを減らしていきます。 後半まで召喚は全く使いません。 奥義効果が切れていたら、奥義打ってから4アビ効果を一気に発動しよう。 全部の紹介は特にするつもりはありませんが、特殊技に合わせてガードしたりすれば大体どうにかなると思います。 それでも難しい場合は、黒麒麟でカバーしたりすれば、クリア自体は慣れれば可能とは思います。 終わりに キャラ編成でイオ、ノアあたりを入れとくと、動きやすくなります。 装備以上にキャラが重要なのでキャラ次第で難易度が大きく変わります。 今後の属性のこと考えると、ソロメインならマルチで強いキャラより、ソロで強いキャラを揃えた方が良いかもですね。

次の