スケープ シフト。 スケープシフト

スケープシフト

スケープ シフト

白日の下に、と風景の変容の話。 ーーーーー 僕たちはチームとして、白日の下にについて研究を続けてきた。 そしてその研究によって、多くのを手に入れることができた。 たくさんの新デッキの誕生、そしてたくさんの旧デッキの生まれ変わりを目にすることとなった。 ……では最良の選択とはなんなのだろうか。 僕たちは白日の下に、をスケープシフトに取り入れるのが一番いいだろう、と結論づけている。 達がすでにこの2枚を組み合わせてはいるだろうし、スケープシフトを使っているプレイヤーはきっと躍起になってデッキを改良していることだろう。 それだけでも十分すぎる恩恵を僕たちは受けることができるだろう。 それだけではなく、この風景の変容は、風景の変容としてだけでなく、マナ加速にも、ドローソースにも、火力にも、バウンスにも、ライフゲインにも、ブロッカーにも……全てになることができるのだ。 白日の下に では、このカードについてもう少し詳しく考えてみたいと思う。 このカードは5マナであり、風景の変容より1マナ重たい。 これはちょっと使いづらいカードとは言えるが、それよりも風景の変容を唱えるために4色目が必要となる、というのほうが大きな問題となるだろう。 スケープシフトの3色マナ基盤は安定性とライフを考慮するにかなり盤石といっていいだろう。 4色目を足すことはたしかに難しいだろうが、不可能ではない。 マナ基盤の安定性は若干下がるものの、なんとでもなる範囲である。 また、4色目は白、黒どちらでもいいだろう。 では、更に掘り下げていこう。 このカードが風景の変容として働くことはもう知っている。 しかしながらこのカードの汎用性はとても素晴らしいものとなるため、できれば風景の変容よりこちらを引きたい。 もちろんさらなるマナ加速として使うこともできるし、こんな使い方もできる。 除去がほしい?神々の憤怒や至高の評決になろう。 カードを引きたい?入念な研究にも、調和にもなろうじゃないか。 ライフゲインするブロッカーをたてたい?じゃあ台所の嫌がらせ屋や、強情なベイロスになっておこう。 では、これを踏まえて60枚で、スケープシフトを組んでみよう。 ここで、デッキ枚数を増やすことによって、この問題を克服しようという試みがJames Jway Zornes によって行われ、この方法は白日の下にを用いる事によってよりやりやすくなるのだ。 デッキ枚数を増やすことによって起こるのは、引きたいカードをひkなくなるという問題である。 しかしながら、このデッキには風景の変容が8枚も入っている。 きっとコンボの成を保ったまま、マナ基盤をより良くすることができるだろう。 そう、4色目を足す必要がある、という現実に対して、デッキ枚数を増やすというアプローチをすることで、すんなりと土地基盤を維持しつつ風景の変容を唱えられるようになるのだ。 また、白日の下にによってデッキの中にある大半のカードは唱えられることだろう。 そして、デッキ枚数を増やす事によって得られる利点として、内陸の湾港をデッキに入れられるというものがある。 Reid がジャンドがアブザンに優る理由として、黒割れの崖によるマナの安定を上げているが、同様にスケープシフトにおいても、このカードによってマナの安定を図ることができる。 ペイライフなしで、アンタップ状態で場に出る土地によって、よりデッキが安定化し、他のデッキに差をつけることができるだろう。 では、72枚のバージョンについてみてもらいたい。 マナベースは調整しがいがあるだろうし、このカードは新しい道具となってくれることだろう。 本当に60枚に固執することが正しいのか。 それについてどんどん意見を聞かせてもらいたい。 とにかく、BFZによって得られるカードによって、ZENで生まれたカードを用いたデッキが強化される、というに対して、僕はとても興奮している。 heyakita.

次の

mtg現スタンダード最強バントスケープシフトについて

スケープ シフト

最終回! あ、あのカードもまた出てきます。 ちょっと食傷気味……。 ーーーーー 最後のデッキとして、もう一つ、ランプデッキであるスケープシフトを紹介したいと思う。 青白ミッドレンジやストーム、感染、護符コン、Zoo、マーフォーク、呪禁オーラ……様々なデッキが候補に上がったが、ヴァラクートについて、わりと詳しいため、これについて述べようと思う。 これはあくまでエクステンデッド時代のデッキではあるが、昨今のオール・イン型のスケープシフトと構造の多くは同じだろう。 適量の打ち消しとブロッカーによって時間を稼ぎ、風景の変容によって一気に殺すことができる。 このころのエクステンデッドはラヴニカブロックがイリーガルであったために、このデッキでは虹色の前兆とそれをサーチする戦争門が採用されているのだ。 青い呪文の枚数を保ちつつ、出来る限り山をデッキの中に入れておきたい……まだこの手のデッキは、ショックランドがリーガルであるこのフォーマットでは見られていない。 そしてこのカードはモダンが公式フォーマットとなると同時に禁止カードに指定され、解禁までしばらく待つこととなった。 そして解禁後、このようなリストが誕生したのである。 耕作はヴェリアナ対策としてとても良いだろうし、探検や血清の幻視はカードのフィルターとしてとても有用であった。 虹色の前兆によって、コンボすることなく、ただ土地を置くだけで相手を殺せるようになっている点にも注目してもらいたい。 モダンで開催されたPTにおいて2度、彼はサンデーまで到達しているのだ。 時間の把握や血清の幻視にとどまらず、撤廃まで採用している点を除けば、既存のレシピと特に大きな違いはないだろう。 このデッキはTier 1にこそならなかったものの、ここで素晴らしい結果があったことも紹介しておきたい。 僕がRG rampを用いてPTQを勝ち抜いたのと、その仕組はほとんど同じだった。 より速いコンボデッキに対して数枚の打ち消し、そしてそのための青マナ源が2枚しか存在していないことに注目してもらいたい。 風景の変容以外の勝ち筋も準備出来ているのだ。 これは宝船の巡航がリーガルだった闇の時代の産物であり、2ヶ月程度でその姿を消したという点を付け足しておこう。 Matthewによってブラッシュアップされたものだ。 ちなみにこのデッキにフィーチャーマッチで僕はコテンパンにされている。 この、入念な研究をこのリストに取り入れるという発想はとても興味深い。 だが、今はもっと興味を持っているカードが存在している。 白 日 の 下 に このカードはとても素晴らしいものだろう。 スタンダードではもちろん採用されるだろうが、モダンのスケープシフトにも、きっと採用されるカードとなるだろう。 コンボデッキにおいてコンボパーツを引けないというのはとても大きな問題となるが、このカードによって風景の変容を8枚体制とすることができるのだ。 殆どの場合において、このカードは有用となることだろう。 コンボパーツが揃っている場合は別として。 また、血染めの月環境となった時には4色目をタッチする発想はあまりよろしくないかもしれないが、そこは調整力とメタ読み力の見せ所だと思ってほしい。 Tips• 原始のタイタン型でない限り、フェッチする土地は山ではないほうがいい。 風景の変容のために出来る限りとっておくべきだ。 桜族の長老はすぐにサクるべきカードではないこともある。 相手のライフが18点以下ならば風景の変容1発で落とすこともできるため、このカードで少しでも相手のライフを削っておくのは悪い発想ではないはずだ。 サイドボードについて• 短期決戦が想定されるときには山を抜くこともあるだろう。 ゲームが短くなればなるほど、山を使う機会は少なくなるためだ。 稲妻を採用していないのならば、青いデッキに対しては瞬唱は抜いてしまっていいだろう。 基本的にフラッシュバックしようとした呪文は重くなるために、カウンターの餌食となるのだ。 相手に対しても同様のことが言えるだろう。 僕はこのカードをあくまで追加の風景の変容だと思っており、白日の下に、を用いることでそれは十分に代替できるだろう。 8回分を読んでくれてありがとう!これを書くのは新鮮な経験になったし、みんなも楽しんでくれたと思っているよ! heyakita.

次の

Inkscapeで文字(テキスト)を入力・編集する手順

スケープ シフト

岩SHOWの「デイリー・デッキ」:モダンアーキタイプ特集 第2回「タイタン・シフト」 by 岩SHOW やあ、モダン・ウォリアー候補生諸君! 今日もモダンでどういったデッキが使われているのかわからないという君たちのために、トレーニング・メニューを用意したぞ。 全10回の連載を経て、へ挑め! モダン・ブートキャンプの開幕だ! 本戦には参加しないという人も、放送を観る際の参考にでもなれば幸いだ。 これを読んで興味が出たら、デッキを作ってモダンのトーナメントに挑んでみてくれ。 SHOW軍曹との約束だ! それじゃあ早速、第2回のデッキを紹介しよう。 このデッキがどうやって勝とうとしているのか、ちょっと考えてみてくれ。 Ian Flinn - 「タイタン・シフト」 StarCityGames. 基本でない土地をサーチできるため、ヴァラクートを見つけるにはもってこいのクリーチャーで...... ヴァラクートは固有名詞付きの割に伝説ではないので、コイツの誘発型能力で2枚持ってくることができてしまう。 中速のコンボデッキで、実に強かった! そんなデッキがモダンにやってきたのがこの「タイタン・シフト」だ。 タイタンは文字通り、《》のこと。 ではシフトとは? 勘が良い者にはもうお分かりのことだろう、《》だ。 このソーサリーは、土地を生け贄に捧げた分だけライブラリーから好きな土地を探してきて戦場に出すことができる。 一見、あまり使い道のないカードだったが、ヴァラクートというパートナーを得てからは、4マナでゲームを終わらせられるソーサリーに変貌した! 土地が7枚ある状態でこれを唱え、すべて生け贄に捧げて山・タイプの土地6枚+ヴァラクートをサーチする。 それらの土地はすべて同時に戦場に出るのだが、この時6枚の山全てがヴァラクートの能力を誘発させる。 そのすべてが6枚目の山になるわけだからな。 まあ《》なんかを撃ち込んでも良いし、次のターンに山セットとかでも良いしな。 この土地7枚時の《》を最速で狙うこと・あるいはタイタンによる暴行を軸にして組まれたデッキ、それが「タイタン・シフト」なのだ。 なので、デッキを構成するカードはこれらのキーカード+土地を伸ばす緑のカードが大多数で、それに赤いコントロール要素を足す形となっている。 すべてを吹き飛ばすモンスタートラックのようなパワフルなデッキだが、やることは地道だ。 序盤は《》《》《》、このリストでは不採用だが《》《》なんかを使って、とにかく盤面に土地を並べていくことに全力を尽くす。 このデッキの強みは《》だ。 3マナで全体3点は序盤に展開されるクリーチャーの大多数を薙ぎ払うことが可能で、かつ死亡するクリーチャーを代わりに追放することでモダンに多数いる「死を超越してくるクリーチャー」をまとめて対処可能だ。 このカードを用いることができるのも「タイタン・シフト」のウリの一つであり、特定のデッキ 今度教えるが、「ドレッジ」という名前を覚えておいてくれ! に有利が付く要因となっている。 まあ、《》ではなく《》を使っていたりするリストもある。 そのへんはメタゲーム次第、仮想敵を何と見るかによるが...... 簡単な方を選ぶのが吉なので、個人的には憤怒をオススメする。 まあ、併用でも良いかな。 その辺りは君たち各自の判断に委ねよう。 あららという間に勝負が決まることも勿論ある、モダンで勝つにはブン回りが必要とよく言われるように、このデッキも4ターン目に18点、なんて動きも可能だ。 だが、基本は中速のボード 盤面 コントロール寄りのデッキだということを念頭に入れて、自機とするなり対策するなりしてほしい。 まあ、中速とは言っても「モダンにおける中速」なのでスタンダードなどとはまた勝手が違ってはくるが...... 土地さえ伸びていけば勝利は自ずと転がり込んでくる、そんなデッキだ。 《》なんかでうまく立ち回って、タイタンに繋げよう。 物理的にこの巨人をどうしようもできないというデッキも少なくない。 そんな相手と当たってタイタンで土地サーチしている時は、本ッ当に、気分が良いぞぉ。 このデッキに有効なサイドボード• 《》他、各種打ち消し• 《》 《》でヴァラクートを完全に封じられると勝ち手段がタイタンでのパンチぐらいしかなくなってしまって厳しい。 これに対抗できるようにアーティファクトだけでなくエンチャントに触ることができるパーマネント破壊呪文がサイドボードには必須だ。 このリストでは対応して打ち消し呪文を使えない《》を採用している。 エンド前にこれで割って、メインで決めるという流れを意識しての採用だろうな。 各々、自分に合った《》対策を考えておくように。 《》で根絶やしにされるのもイヤなため、これを採用していそうな赤絡みの中速デッキと対戦する際は不要にヴァラクートを戦場に出さないように! 決める時に一気に出して決める、これを意識するだけでこのカードは回避できるはずだ。 このデッキはどっしりと腰を下ろす方向で組まれているが、その派生形でもっと高速コンボに特化したものもある。 ここでまとめて紹介しておこう。 まあエムラクール型にも、ヴァラクートを封じられても一瞬で決着をつけられるという利点がある。 どのリターンを重視するか、それによってどのリスクを背負うのか、考えながらデッキを構築しよう。 煮えたぎる情熱を放つにはうってつけのヴァラクートデッキ。 このデッキは一人回しをするだけでも練習になる。 そりゃもちろん相手がいた方が良いが、寝る前の時間とかそういうのを有効活用できるのもデッキの強みであると私は思っている。 というわけで、このデッキが気に入った諸君は素振りを欠かさずに。 1日100噴火くらいさせて心身ともに最高潮でグランプリに臨んでくれ! さあ練習開始だ!.

次の