シュガー モーリ。 シュガーの歌った江戸っ子流ほめ言葉、くたばっちまえ アーメン!

シュガー(歌手)、毛利公子の謎の急死|迷宮入り事件30年の真相は?

シュガー モーリ

リンク 「爆報フライデー」 コーラスグループ・Sugarとデビュー曲 「ウエディング・ベル」 とは? シュガーはもともと、「クミとモーリ」の女子高生バンドでした。 シュガー結成のきっかけは毛利公子さんと長沢久美さんがかりんとうというグループを組んでポプコン14回大会に参加し、特に受賞することはなく終わりました。 その後笠松美樹さんを加えてシュガーを結成しました。 シュガーのデビュー曲は、 有名な「ウエディング・ベル」です。 曲を説明すると、「自分の恋人が、他の女と結婚することになり、招待された結婚式場で、新郎新婦への怒りを歌った」です。 3人の卓越した、そして 可愛いらしい女性の声と、 歌詞のギャップが大いに話題となって、 48万枚のセールスまで行き着きました。 シュガーの楽曲『ウェディングベル』はメンバーが作詞作曲に絡んでおらず、古田憲昭氏の作品です。 1980年代のアニメが好きな人にはお馴染みのクリーミーマミの楽曲「デリケートに好きして」を作った人物としてもお馴染みです。 因みにその本業はデザイナーの仕事だそうです。 自分では無い別の人と結婚した元恋人の結婚式に出席し、新郎新婦に対する怒りを歌詞に込めた楽曲に仕上がっています。 「くたばっちまえ!アーメン」らの皮肉に、「キリスト教への冒涜だ!」「あまりにも配慮にかける!」と批判もありました。 そのため、キリスト教関係者の多いと予想される地域では、該当箇所を流さなかったり、カットしたり、フェードアウトしたり、音量を極小にしたりという対応が行われたそうです。 2曲目が話題にならなかったこともあり、その後はヒット曲に恵まれず、右肩下がりに活躍が収まっていきました。 当時は、シンガーソングライターやソロ歌手がメインで活躍している時代でもあったので、時代が早すぎたかもしれません。 シュガーが解散した翌年の 1988年に、日本音楽史上で最も売れた 女性デュオ「Winkの相田翔子と鈴木早智子」が登場しました。 「爆報フライデー」 コーラスグループ・Sugar のリーダーのモーリの突然死の原因は? モーリ 本名:毛利公子 結婚後は徳本公子 生年月日:1960年9月29日 出身地:神奈川県横浜市 学歴:神奈川県立鶴見高校 再結成を約束して解散した翌年に結婚したシュガーのリーダー、モーリが、2年後、29歳で急死しました。 1988年に結婚したモーリは、結婚後も、ラジオやテレビのワイドショーのリポーターとして活動していました。 1989年には子供を妊娠し、夫との幸せな過程を築く大きな一歩を踏み出しました。 そして1990年4月、出産直前に死亡してしまいます。 臨月を迎え、もういつ産まれてもおかしくない時期、モーリの夫は海外出張中。 赤ちゃんの名前は「さくら」とつけるつもり、とモーリは、クミに話しました。 そして出産前日、モーリから「陣痛が始まった」とクミのところへ電話がありました。 ところが、4月7日の朝、クミのところへモーリの妹さんから、モーリも赤ちゃんも亡くなったと電話があったのです。 陣痛が始まったと思い病院へ行ったモーリとモーリの妹さんに告げられたのは、「赤ちゃんの心音がしない」という事実でした。 モーリの精神的なダメージを考慮し、翌日お腹の赤ちゃんの処置をすることになったのですが、妹さんがモーリの異変に気付き、他の病院に緊急搬送されたものの、医者から告げられたのは、モーリの死だったと言います。 またその時には、「死因は不明」ということでした。 モーリの死因は 、羊水塞栓症だろうと言われています。 羊水塞栓症とは、母体の血中に羊水が流入してしまうことで、母体の血管を塞ぎ、呼吸循環障害らを起こしてしまうものです。 確かなことは、明確に発表はされていません。 今クミさんが願うことは、モーリが悲劇の歌姫ではなく、明るく元気で、行動力がある歌姫だったことを記憶に残してほしいということです。 「爆報フライデー」 コーラスグループ・Sugar のクミとミキの現在は? クミ 本名:長沢久美子 生年月日:1960年7月15日(現在59歳) 出身地:神奈川県横浜市 学歴:神奈川県立鶴見高校 クミは、シュガー解散後もソロ活動をしていましたが、現在は企画・デザイン会社Bringの代表をやっているそうです。 デザインや企画の会社Bringの代表取締役をやっているクミ(長沢久美子、現在は長澤久美子)は、 引退してからは、20年以上、音楽にまつわる活動はしていなかったようです。 また、クミさんは犬好きとしても知られ、犬の愛護を目的とした団体であるNPO法人シュガープロジェクトも運営しているとのことです。 犬好きのSugarクミは、テレビで「犬へのラブレター」という企画をやったこともあります。 もう1度あの曲が聞きたいなーという人もいるなか、2010年にシュガーのクミはソロ活動を再開しました。 ウエディングベルを披露することもあるそうです。 二人は現在も仲良くしていて、笠松美樹から長澤久美子へ楽曲提供をすることもあるといいます。

次の

アプリSUGARシュガー佐藤健と生電話!でも課金が必要?初め方・使い方を解説|クワークのキャンプブログ

シュガー モーリ

スポンサーリンク 出典:〔amazon〕 コーラスグループシュガーを色々な角度から掘り下げていきます。 プロフィール• グループ名 シュガー• 活動期間 1981年 — 1987年• カテゴリー コーラスグループ• メンバー ミキ、クミ、モーリー 現在。 メンバーは何してる?ライブは?「ウェディングベル」の誕生秘話は? 現在グループは解散してその後再結成などは行われていません。 メンバーはまず、モーリーについて、ボーカルとベースでリーダーでした。 しかし1990年に第一子出産の際常位胎盤早期剥離を起こし、それによる羊水塞栓症で死去しました。 何と、29歳という若さでした。 もし生きていれば未だに音楽活動をしているのかもしれませんね。 ミキについてはシュガー解散後子供番組出演するなどして音楽活動を続けていましたが、現在は作曲家としても活動中です。 クミは、ソロ活動をした後にデザイン会社Bringの代表取締役として活動しています。 流石に音楽に身を置いている人は少なくなっています。 メンバーがひとり亡くなっているためライブなどは行えません。 シュガー結成のきっかけは毛利公子さんと長沢久美さんがかりんとうというグループを組んでポプコン14回大会に参加し、特に受賞することはなく終わりました。 その後笠松美樹さんを加えてシュガーを結成しました。 グループ名の由来はしおらしくないからシュガーと言うことになりました。 ある意味発想の転換という感じがありますね。 シュガーの楽曲『ウェディングベル』はメンバーが作詞作曲に絡んでおらず、古田憲昭氏の作品です。 80年代のアニメが好きな人にはお馴染みのクリーミーマミの楽曲「デリケートに好きして」を作った人物としてもお馴染みです。 1980年代には楽曲を量産して、いましたが現在は表舞台に出てくることは殆ど無くて作詞作曲の他は本業を持っており作曲家で世の中に出てくる気はあまりなかったというのが本音だったようです。 スポンサーリンク 因みにその本業はデザイナーの仕事だそうです。 自分では無い別の人と結婚した元恋人の結婚式に出席し、新郎新婦に対する怒りを歌詞に込めた楽曲に仕上がっています。 シングル11枚をリリースし、アルバム7枚ベストを含みでリリースしています。 6年間の活動で終止符を打っています。 今は結婚に対しても価値観は多様化してしまい結婚するなら金銭も生活も対等にしたいという事が当り前となったため結婚式場に乗り込んでくる行動力がある女性というのもいない感じがあります。 今は逆に男性の方が女々しくて、もし女性に裏切られて結婚でもされたら逆上してストーカーなどになってしまいそうですね。 時代と価値観は常に変化しているのでやっぱり昔の歌という感じは否めませんね。 まとめ 時代を彩る歌はいつの時代にも存在します。 例えば一昔前にポケベルが流行ったときには「ポケベルが鳴らなくて」という歌もありました。 今はスマホ時代になったのでポケベルの存在を知らない人もいるかもしれません。 歌として今の時代に歌っても、ポケベル自体使用している人が限られた業種の人しかいないので通用しなくなりました。 今はやっているハッシュタグやリツイート、既読スルーなんて言葉も時代が過ぎれば過去の物になるかもしれません。 一番良い詩というのは時代を超えて聞かれても、色あせない物ですけど恋愛に対するアプローチの仕方や価値観の変動でそれはどうしても叶わない事の方が多いです。 しかしながら詩は時代を映す鏡と言われるので、ウエディングベルという曲は説明付きながらも聴いてみて時代を振り返るのも面白いでしょう。 人間が生きるには寿命があって、生きる時間も限られているのでどうしてもその時の時代をみた物しか書くことしか出来ません。 だからこそ面白みがあると言えますね。 まあ音楽自体もそのうちAIにとって変わられるといわれますが、そうなると人間味がない音楽が世の中に溢れて益々聞いて貰えなくなってしまいそうです。

次の

モーリ/元シュガー 毛利公子は出産時に亡くなる。病名や症状について(爆報!THEフライデー)

シュガー モーリ

1980年代の人気ボーカルグループ「Sugar(シュガー)」のメンバーが13日、TBS「爆報! THEフライデー」(金曜後7・00)に出演。 「Sugar」はリードボーカルでピアノのミキ(笠松美樹)、ギターのクミ(長沢久美子)、リーダーでベース担当のモーリで結成された3人組女性ボーカルグループ。 1981年にデビュー曲「ウエディング・ベル」を発売。 美しいハーモニーと、元カレの結婚式に招かれた女の子の切ない心情を描いた歌詞が話題に。 歌詞の中でもモーリが「くたばっちまえ!アーメン」と歌った斬新で過激な表現が注目を集め48万枚のヒット。 NHK紅白歌合戦にも出場した。 3人の明るく自由で飾らないキャラクターが人気で、当時レギュラー番組5本を持つ売れっ子となったが、突然の悲劇がグループを襲う。 モーリが29歳の時に急死。 笑顔を振りまいていた3人は一転、悲劇のグループに。 モーリの死から30年、中学の同級生でもあったクミが今回、長年の沈黙を破り、モーリの死の裏側にあった事実を告白した。 現在59歳のクミは、シングルマザーとして2人の息子を育て上げ、広告デザイン会社に勤務。 ミキの近況については「作曲家として活動をしている」と明かした。 ミキはモーリの死以来、沈黙を貫いているという。 クミは27歳で結婚、1児の母となった。 翌88年にモーリも会社員男性と結婚し妊娠。 出産と子育てに力を注ぐため「Sugar」は一時解散することになる。 90年4月5日、夫が海外出張中のモーリとクミはいつものように一緒にランチをしたという。 翌6日の夕方頃、クミのもとへモーリから電話があり「陣痛があったの。 これから病院に行ってくる」と報告を受けた。 いよいよだと心待ちにするクミだったが、その電話から12時間後の7日朝、モーリの妹から電話があり「お姉ちゃんと赤ちゃんが…」。 クミは病院に駆けつけたが「モーリはすでに霊安室にいて。 これが現実なのかと受け入れがたい状況で…」とクミは涙を流し、当時を振り返った。 クミが親族から聞いた話によると、モーリは6日の電話のあと、病院で妹と合流したが、診察を受けると「赤ちゃんの心音がない」と医師から衝撃の言葉が。 陣痛と思って病院に駆け込んだ時には既におなかの赤ちゃんは息をしていなかったという。 通常、出産直前の赤ちゃんが死産の場合、常位胎盤早期剥離や妊娠時高血圧症候群などが考えられるが、現代医学でもおよそ25%は原因不明だという。 モーリの精神的な落ち込みや母体のことを考え、おなかの子は翌日対処することに。 落ち込むモーリを心配した妹が、病院に一晩泊まることになったが、夜中2時頃、そばですすり泣いていたモーリの身体に異変を感じたという。 息をしていないことに気づき、慌てて医師に報告。 モーリは入院中の産婦人科から別の救急救命病院へ搬送されるも息を引き取ったという。 当時、医師も死因が分からない状態で、彼女の死因については病名などさまざまな憶測が流れたものの、関係者が口を閉ざしたため、現在も明らかになっていない。 モーリの死から30年、クミが沈黙を破った理由を告白。 「モーリが亡くなって30年たって、悲しいという否定的な部分が一人歩きしてしまう。 死んだという悲しみじゃなく、モーリのことは辛く思わないでほしいなって」と吐露。 モーリの歌声を聞いた時に、笑顔のモーリを思い出してほしいというのが願いだと語った。 2020年03月13日 20時58分 芸能.

次の