冷凍 えのき レシピ。 えのきたっぷり!冷凍で長期保存もできるえのきの作り置きレシピ集!

簡単!えのきだけの冷凍保存術|解凍・プロのレシピ| Pacoma パコマ | 暮らしの冒険Webマガジン

冷凍 えのき レシピ

豚肉の冷凍する下味のレシピ豚こま編の1つ目は、ポークケチャップです。 豚肉とトマト味のこのレシピは基本的には、豚ロースで作るポークケチャップですが、どこのスーパーでも買える豚こま肉でアレンジしてみます。 フライパンな油をひいたら、にんにくを炒めて、玉ねぎがしんなりするまで炒めます。 その他の入れたい野菜を入れて火を通したら、豚肉を入れ、塩コショウをふってケチャップで味を整えます。 火が通ったら完成です。 豚こま肉でポークケチャップの材料• 豚こま肉約300グラム• にんにく1欠片もしくはにんにくチューブ適量• 玉ねぎ半分• その他お好みの野菜適量• 塩コショウ少々• 油をひいたフライパンににんにくの芽とたまねぎを入れて炒めます。 その後に豚にくを入れてよく炒めます。 塩コショウと焼肉のたれで味をつけたら完成です。 豚こまはとても使いやすいので、ぜひ最大限に活用してください。 また、焼肉のたれは、お米にも合いますが、麵類にも合います!個人的にはパスタと豚肉と焼肉のタレやうどんが好みです。 豚こまの焼肉のたれ炒めの材料• 豚こま300グラム• にんにくの芽10グラム• たまねぎ半分• その他入れたい野菜• 焼肉のたれ50グラム(好みで加減)• いわゆる豚キムチです。 冷凍しておけば作り置きのおかずとしてぴったりなのでぜひおすすめです。 また、ご飯と一緒に炒めればキムチチャーハンにもなり、お鍋に入れればキムチ鍋になります。 アレンジとしても使えるので1ストックはしておきましょう。 フライパンにごま油(なければサラダ油)を引いて、玉ねぎを炒めます。 玉ねぎがしんなりしてきたら豚肉を入れて火を通します。 キムチの素かキムチ漬けを一緒に炒めたら完成です。 以下の記事は冷凍保存におすすめのおかずレシピが載っています。 そちらも参考にしてください。 豚こま肉で豚キムチの材料• 豚こま肉300グラム• 玉ねぎ半分• 王道なのはピーマンにひき肉を詰めるものがありますが、今回は油揚げにひき肉を詰めるレシピを紹介します。 まず、干ししいたけを600ccの水で戻します。 その間に玉ねぎと人参をみじん切りにしておきます。 油揚げは半分に切ります。 水400ccを鍋に入れ、玉ねぎ、人参、しいたけの戻し汁、ひき肉を入れ、沸騰させます。 しいたけも細かく切って鍋に入れ、調理酒、砂糖を加えて火を通します。 火が通ったら、だし、塩、醤油で味付けをし、30分以上煮込みます。 具材とつゆをざるでこしながら分けます。 つゆは再び鍋に戻し、具材は油揚げに詰めていきます。 上の部分をかんぴょうで結び、かんぴょうの部分を下に向けながら鍋に入れ、かんぴょうが柔らかくなるまで煮たら完成です。 冷たくても暖かくてもおいしい一品です。 ひき肉で作る油揚げの肉詰めの材料• ひき肉300グラム• 水1000cc• 玉ねぎ1個• にんじん3分の1• 干ししいたけ100グラム• 砂糖大さじ4• 調理酒大さじ5• だしの素、塩少々• ハンバーグは焼いてから冷凍しても焼く前に冷凍しても問題ありませんので、やりやすい方で冷凍してください。 ひき肉に玉ねぎのみじん切りを入れ、粘り気が出るまでこねます。 卵、塩コショウで調味して空気を抜いたら型を取ります。 冷凍する場合は1つずつラップにくるみます。 ソースは、ハンバーグの焼いた時の汁とソースとケチャップを混ぜるのみです。 ソースも冷凍できます。 ハンバーグには付け合わせが必須です。 また、ソースはお好みでポン酢と大根おろしにしたりデミグラスソースにしたりアレンジをきかせてください。 以下の記事はハンバーグの付け合わせにぴったりな手軽な野菜レシピが載っています。 そちらも合わせて読んでみてください。 ひき肉でハンバーグの材料• ひき肉300グラム• 玉ねぎ半分• 卵1個• ソース、ケチャップ各大さじ1ずつ(好みで加減)• すき焼きのような味付けをしておいて冷凍保存しておく作り置きおかずレシピです。 冷凍に向かない白滝や豆腐は抜いて、そのままおかずとしても食べれますし、ご飯に乗せて食べてもおいしいです! フライパンに豚肉を引いて塩コショウをふったらよく焼きます。 砂糖、調理酒、醤油で味を調えたらネギ、白菜、えのきを加えて完成です。 お好みで食べる直前に卵を割ってください。 多めに作って小分けで冷凍しておくのも1つの方法です。 すき焼きとして食べる場合には、食べる前に豆腐と白滝を加えてください。 豚バラですき焼き風の材料• 豚バラ肉300グラム• 砂糖大さじ4• 醤油大さじ2• ネギ1本• 白菜4分の1• えのき1株• 塩コショウ少々• 牛丼と同じ作り方でお肉が違うだけなので簡単です。 たくさん作っておき、1食ずつ小分けにして食べる時に電子レンジでチンするのが簡単に食べられる方法です。 鍋に玉ねぎ、豚肉を入れて具材が浸る程度の水を入れ、だしの素、砂糖、しょうがで煮込みます。 豚肉が柔らかくなったら、塩、醤油で味付けをしていきます。 お好みでネギを散らして食べてください。 アレンジレシピとして、豚丼の素の上にキムチをのせたり、チーズをトッピングするレシピがおすすめです。 また、余ってしまった場合には天ぷらにしてかき揚げにするととてもおいしいので、そちらも試してみてください。 豚バラ肉で豚丼の材料• 豚肉300グラム• 砂糖大さじ4• 調理酒大さじ2• 玉ねぎ1個• だしの素、塩、しょうが少々• 下ごしらえが少々手間ですが、作り置きおかずとしてぴったりのレシピなのでぜひ時間がある時にたくさん作っておきましょう。 巻く野菜は基本なんでもいいのですが、筆者はいんげんと人参が好みです。 巻く野菜を下ゆでします。 生の豚肉に塩コショウをふって、野菜を巻いていきます。 フライパンに油をひいて、豚肉の巻き終わりを下にしならがフライパンに並べ、火にかけます。 肉巻きをひっくり返しながらある程度焦げ目がついたら少量の水で蒸し焼きにします。 この時に、だしの素、砂糖を加えます。 水分が飛んだら、塩、醤油で味付けをして完成です。 お弁当にも最適です。 お皿に盛りつける場合には、下にレタスや隣にトマトを飾ると映えます。 また、巻く具材は大根やえのきにしてもおいしく召し上がれます。 豚ロースで肉巻きの材料• 豚ロース300グラム• お好みの野菜適量• だしの素、砂糖、塩コショウ少々• 塩小さじ1• お弁当のおかずとして定番の生姜焼きを冷凍で作り置きしておきます。 生姜焼きはそのままでもおかずとして活用できますが、アレンジすることも可能です。 特に豚丼の元へのアレンジはとてもおいしく出来上がるのでおすすめです。 豚肉の生姜焼きのレシピは、フライパンに少な目の油をひいて塩コショウをふった豚肉を焼きます。 チューブしょうがで味付けをしながらしっかりと豚肉を焼きます。 しょうゆ、砂糖、スライスしょうがで味を調えたら完成です。 お皿に盛りつける場合には、下にレタスをひいて、大き目の豚肉のまま盛り付け、スライスしたしょうがを上に飾ります。 お弁当のおかずにする場合にはしっかりとカットして盛り付け、ミニトマトを横に添えましょう。 豚肉の生姜焼きの材料• 豚肉ロース300グラム• 砂糖、醤油、塩、スライスしょうがコショウ少々• メンマと豚肉を使って炒める簡単レシピです。 メンマは瓶詰めの物を使用します。 油をひいたフライパンにざく切りの玉ねぎを入れて軽く炒めたら、豚肉を入れて塩コショウをふってしっかりと火を通します。 最後にメンマを加えて炒めたら完成です。 豚肉でメンマを巻いて食べることでおいしさが高まります。 メンマの味付けを利用しているので、基本的に味付けはシンプルの方がいいです。 冷凍してお弁当のおかずにどうぞ。 豚肉とメンマの炒め物• 豚肉ロース300グラム• 玉ねぎ1個• メンマ1瓶• 塩コショウ少々 冷凍の豚肉の保存期間は? 冷凍の豚肉の保存期間は調理前なら1週間から1ヶ月.

次の

エノキの冷凍保存方法とレシピを紹介【写真付きで解説!】

冷凍 えのき レシピ

武蔵裕子 料理研究家。 両親と息子2人、3世代の食卓を切り盛りしてきた経験から生まれた和食をベースとしたレシピは多くの支持を集めている。 雑誌、書籍、web、企業のメニュー開発などで活躍中。 『味つけ冷凍で作りおき』(PHP研究所)、『15分で一汁一菜 毎日のごはんはこれでいい!』(講談社)など著書も多数。 えのきだけの正しい冷凍保存&解凍方法 きのこ類は、冷蔵よりも冷凍の方が旨みが増すと言われています。 料理研究家・武蔵さんの冷凍保存方法を実践すれば、えのきだけの美味しさをしっかり保てますよ。 冷凍保存方法だけでなく、保存期間、解凍方法もしっかり覚えましょう! えのきだけの冷凍保存方法 えのきだけはもちろん、きのこ類は水洗いしないのが鉄則。 冷凍するえのきだけは、変色していなくて、ずっしりと重みがあるものを選びましょう! 【えのきだけの冷凍保存方法】• えのきだけは袋ごとまな板におき、袋の上から根元(下から3㎝くらいのところ)を切り落とす。 えのきだけを袋から出して、さらに長さを半分に切り、ほぐす。 そのまま保存袋に入れ、空気を抜く。 冷凍した日を必ず記入する。 もうひと手間かけられるなら、保存袋を包装紙や紙袋に包む。 ゆっくり冷凍することで味と香りが生きるのだとか。 【保存期間】約3~4週間 冷凍えのきだけの解凍方法 冷凍したえのきだけは、特に難しい解凍方法はなく、フライパンで炒めたり、電子レンジにかけたり、そのまま調理に使ってOK。 自然解凍もできます。 【こんな冷凍方法もあり!】 えのきだけといっしょに他のきのこ類をミックスして冷凍することもできます。 焼きそば用に「ニラとえのきだけ」を、中華炒め用に「小松菜とえのきだけ」をセットで冷凍するのもおすすめ。 また、えのきだけの根本だけ切り落とし、そのままの長さである程度まとめて小分けにして冷凍すると、肉巻きなどにそのまま使えます。 冷凍えのきだけのレシピ&活用法 冷凍したえのきだけのとっておきレシピをご紹介。 冷凍したえのきだけを使いきれずに、そのまま冷凍庫に放置・・・なんてことにならない活用術もぜひチェックしてくださいね。 【冷凍えのきだけレシピ】えのきりんご えのきだけとリンゴの自然な甘みを楽しめるシンプルな味つけのレシピ。 白ワインのおつまみにもおすすめですよ。

次の

簡単!えのきだけの冷凍保存術|解凍・プロのレシピ| Pacoma パコマ | 暮らしの冒険Webマガジン

冷凍 えのき レシピ

【しいたけ】石づきと軸を切り、保存袋で冷凍 1 石づきがあれば取り除き、かさと軸に切り分けます。 2 冷凍用保存袋に入れ(軸も入れる)、口を閉じて冷凍します。 冷凍庫で1ヵ月程度保存可能。 食べるときは凍ったまま料理に加えて加熱調理します。 *丸ごとでも冷凍できますが、スライスしてから冷凍すると炒め物などにそのまま使えて便利です。 軸も食べられるので用途に合わせてカットしましょう。 【エリンギ】縦薄切りにし、保存袋で冷凍 1 エリンギは、長さを半分に切ってから、縦薄切りにします。 2 冷凍用保存袋に入れ、口を閉じて冷凍します。 冷凍庫で1ヵ月程度保存可能。 食べるときは凍ったまま料理に加えて加熱調理します。 【えのきだけ】ほぐしてから保存袋で冷凍 1 えのきだけは根元を切り落とし、食べやすくほぐします。 2 冷凍用保存袋に入れ、口を閉じて冷凍します。 冷凍庫で1ヵ月程度保存可能。 食べるときは凍ったまま料理に加えて加熱調理します。 【しめじ】ほぐしてから保存袋で冷凍 1 しめじは根元を切り落として小房に分けます。 2 冷凍用保存袋に入れ、口を閉じて冷凍します。 冷凍庫で1ヵ月程度保存可能。 食べるときは凍ったまま料理に加えて加熱調理します。 3 冷凍用保存袋に入れ、口を閉じて冷凍します。 冷凍庫で1ヵ月程度保存可能。 食べるときは凍ったまま料理に加えて加熱調理します。 【なめこ】パックはそのまま、株なめこは石づきを落として冷凍 *パックで売られているなめこの冷凍 パックごと、そのまま冷凍できます。 ただし、冷凍保存期間は他のきのこに比べて短めの2〜3週間程度です。 食べるときは凍ったまま料理に加えて加熱調理します。 *株ごとのなめこの冷凍 1 石づきを取り除き、1本ずつほぐします。 2 冷凍用保存袋に入れ、口を閉じて冷凍します。 冷凍庫で1ヵ月程度保存可能。 食べるときは凍ったまま料理に加えて加熱調理します。 【番外編】冷凍きのこミックスも便利! きのこを冷凍する際は、数種類を混ぜると料理の旨みが一層アップ。 組み合わせは好みでOKですが、若子先生のおすすめは、味と風味のバランスがいい「しめじ・えのきだけ・エリンギ」。 しいたけを入れる場合は、味や香りの主張が強いため入れすぎに注意しましょう。 *冷凍きのこミックスの作り方 1 好みのきのこは、石づきがあれば切り落とし、食べやすく切り分けるかほぐします。 2 ボウルなどで混ぜてから冷凍用保存袋に入れ、口を閉じて冷凍します。 冷凍庫で1ヵ月程度保存可能。 食べるときは凍ったまま料理に加えて加熱調理します。 冷凍きのこを使ったレシピ3品 冷凍きのこを手軽に使える食べ方アイデア。 いずれも冷凍きのこならではの旨みを活かしたレシピです。 きのこは凍ったまま加えてOK。 レンジで完成!「きのことベーコンのレンジ蒸し」 冷凍エリンギ(150g)と8mm幅に切ったハーフベーコン(2枚)を耐熱ボウルに入れてラップをかけ、600Wの電子レンジで約3分間加熱します。 最後にお好みで黒こしょうをかければできあがり。 しめじやえのきで作っても美味しく、ベーコンはウインナーでも代用可。 きのこの旨みたっぷり!「スピード中華スープ」 耐熱カップに冷凍えのき(50g)と中華だし(小さじ1)、水(150ml)を入れて、600Wの電子レンジで約4分間加熱するだけ。 だしは、コンソメや和風だしでもOK。 冷凍ミックスきのこで作っても美味しい。

次の