阿武隈 川 ライブ カメラ。 阿武隈川のライブカメラや水位を見る方法!現状の氾濫の可能性を確認!

阿武隈川ライブカメラ映像!水位情報や氾濫情報は?ツイッター動画は?

阿武隈 川 ライブ カメラ

福島県のライブカメラ一覧 FUKUSHIMA LIVE CAMERA LIST• 県土面積は13,782平方kmで、北海道、岩手県に次いで全国3位。 県土の7割の97万haが森林で全国4位。 県人口は約200万人で、県庁所在地の福島市は約29万人。 福島県は13市13郡31町5村で構成されていますが、県は大まかに会津、中通り、浜通りの3地域に区分されます。 新潟県との境の越後山脈と県中央部の奥羽山脈との間の会津盆地を中心とする地域を「会津地域」、奥羽山脈と太平洋岸の間にある阿武隈高地との間の地域を「中通り地域」、阿武隈高地と太平洋岸との間の地域を「浜通り地域」と呼んで区別しています。 各地域は山脈によって隔てられている上に、太平洋岸、高地、内陸、盆地などの諸条件から気候が異なります。 越後山脈と奥羽山脈の間の「会津地域」は日本海側気候で全域が豪雪地帯で知られています。 盆地である事から夏は暑くなりますが、冬の積雪は相当な量です。 「中通り地域」と「浜通り地域」は共に太平洋側気候と内陸性気候の特徴がありますが、「浜通り地域」の方が太平洋側気候の影響が強くて比較的暖かいです。 福島県と会津 福島といえばNHK大河ドラマ「八重の桜」の舞台となった「会津」が良く知られています。 1868年からの戊辰戦争、会津戦争を戦った会津藩の鶴ヶ城の籠城戦は過酷なものでした。 白虎隊の悲劇もあり、籠城戦の末に会津藩は降伏、鶴ヶ城は破壊されました。 現在の会津若松市の鶴ヶ城は昭和40年に再建されたものです。 福島県の観光地と温泉 観光地としては会津若松市の鶴ヶ城、会津武家屋敷、猪苗代湖、野口英世記念館、南会津の尾瀬の湿原、白河市の丹羽長重築城の小峰城、いわき市のいわき・ら・ら・ミュウなどがり、温泉には郡山市の美人の湯として名高い磐梯熱海温泉、日本三古泉の名湯「」(いわき市)、奥州三名湯の一つ「」(福島市飯坂町)、荒川の渓流沿いに湧く「」(福島市)、吾妻山中腹に湧く「」(福島市町庭坂)などがあります。 福島県の郷土料理 福島の郷土料理にはホタテの貝柱で出汁を取って豆麩、人参、椎茸、里芋など具沢山のお吸い物のや保存食の身欠きにしんを山椒の葉と共に会津本郷焼のにしん鉢で漬けたなどがあります。

次の

福島県のライブカメラ:ライブ天国

阿武隈 川 ライブ カメラ

逢瀬川の氾濫 決壊 の可能性や現在の状況(Twitter最新情報) 逢瀬川の氾濫・決壊状況を Twitterの 最新情報を元に、氾濫の可能性や 時系列で現状をお届けします。 2019年10月13日 午後の逢瀬川の様子 歩いて回ってきたけど、阿武隈川・逢瀬川沿いは冠水。 工業団地に至っては入ることすらできない状況だった。 4号のガイアのあたりで東西どちらも通行止めになってる影響でかなり渋滞してるし、車で出歩かないほうがいいと思う。 嫁は自宅で待機。 案の定、逢瀬川決壊で自宅周辺が浸水、マンションなので自宅は大丈夫でした。 道路閉鎖で帰ることが出来ず。 これいつになったら帰れるんだろうか。 声も出ないほど酷い状況でした…… — marusu133 d51c57c61 河川の氾濫・決壊による被害を見て、 泳げない私には、ライフジャケットが 必要だと感じました。 Check 共に、• 通れた道が水色• 水防団待機水位に到達(レベル1) 今後の天気予報に注意• 氾濫注意水位に到達(レベル2) 避難の準備を始める• 氾濫危険水位に到達(レベル4) 避難場所に到着している• 氾濫発生情報(レベル5) 身を守ることだけ考える 以下、逢瀬川の 氾濫 決壊 や氾濫危険水位 に達した過去 歴史 を随時まとめて いきます。

次の

福島県のライブカメラ:ライブ天国

阿武隈 川 ライブ カメラ

須賀川市浜尾から伊達市梁川町までの阿武隈川や支流の松川、荒川の水位、周辺状況を監視する大量のライブカメラが福島河川管理事務所により提供されています。 15個のブロックに分割されていて任意のブロックを選択するとカメラアイコンが表示されます。 更新は1時間毎です。 阿武隈川水系の摺上川と上流ダムは10分おきに更新されます。 阿武隈川本流の設置されている自治体と台数• 水系としての流路延長239kmは、東北で北上川に次ぐ長さの川である。 古くは大隈川と呼ばれていた。 那須岳の1つ三本槍岳のすぐ北に位置する福島県西白河郡西郷村の甲子旭岳に源を発し東へ流れる。 白河市に入り西白河郡中島村付近で北に流れを変えると、須賀川市・郡山市・福島市と福島県中通りを縦貫して北に流れる。 福島県と宮城県の境界付近では、阿武隈高地の渓谷を抜ける。 この区間を並走する国道349号は、待避所のある1車線の険しい道路となっている。 宮城県伊具郡丸森町で角田盆地に入り、角田市を流れて仙台平野に出る。 現在は岩沼市と亘理町の境で太平洋に注ぐ。 勾配がゆるやかな川で穏やかな印象があるが、増水時にはあふれやすく洪水被害の絶えない暴れ川でもある。 1986年には台風による増水で大規模な洪水が起こっているほか、2011年には津波の逆流により大規模な海嘯が発生している。 引用元:.

次の