ロマサガrs 2属性。 【ロマサガRS】打属性の能力上げ周回おすすめクエスト【ロマサガ リユニバース】

【ロマサガリユニバース】属性武器とスタイルのおすすめ組み合わせ

ロマサガrs 2属性

詳しくは下で解説。 ライトボールで雑魚殲滅力が高い Sレオンは剣のSスタイルで、陽全体術の「ライトボール」を持ちます。 低コストで使用できるのが魅力で、アビリティに弱点集中IIを持っているため、陽弱点の敵に対して火力期待値が高いです。 ランク上げにも便利 レオンは自身の雑魚殲滅性能だけでなく、急速成長II プレイヤー獲得経験値アップ のアビリティを持つため、編成するだけでランク上げも捗ります。 高い知力補正で高火力の熱アタッカーに もともとウィルは棍棒スタイルながら知力が非常に高いスタイルでした。 さらに腕力がそこまで高くないため火力が思うように出ず、低い評価を受けていました。 しかし、火棍棒の実装により、技3の「焼殺」で単体攻撃の熱属性技としてはトップクラスの火力を出せるようになりました。 クエストによっては唯一無二の活躍が期待できるため、優先して取るべき組み合わせといえるでしょう。 生命の水の回復量アップ 水術威力付きの武器を装備させることによって冷属性の回復術である「生命の水」の回復量を増加させることができます。 クリスマスゆきだるまの最重要目的ともいえるヒーラーとしての性能を大幅強化することができるため優先して獲得したい組み合わせです。 デルタ・ペトラの火力が大幅強化 Sジニーから継承できる「デルタ・ペトラ」をSSジニー継承し、土棍棒を持たせる組み合わせです。 SSジニーはそこそこ知力値が高いため、全体火力としても期待できます。 全体デバフが可能に SSジニーは能力弱体 攻撃時に確率デバフ のアビリティを持ちます。 これは、技、術でも発生することがあるため、デルタ・ペトラで全体攻撃ができるようになれば一度で多くのデバフを狙えるようになります。 低コスト全体攻撃で雑魚処理性能アップ Sソフィアから継承できる「ライトボール」をSSソフィア継承し、光棍棒を持たせる組み合わせです。 低コストで全体攻撃が可能になり、全体削りとしても活躍が期待できます。 ヒールライトの回復量アップ 光術威力付きの武器を装備させることによって陽属性の回復術である「ヒールライト」の回復量を増加させることができます。 ソフィアの最重要目的ともいえるヒーラーとしての性能を大幅強化することができるため、SSソフィアを所持している方は真っ先に目指したい組み合わせです。 フレイムウィップの火力が大幅強化 SSシャールは槍のSSスタイルで熱単体攻撃の「フレイムウィップ」を持ちます。 もともと腕力と知力がどちらも高いスタイルだったため、フレイムウィップでの熱攻撃と無双三段での突火力で活躍の幅が広がります。 足払いでのスタンとフレイムウィップでのマヒで火力を出しつつ状態異常が付与できるのも魅力です。 生命の水の回復量アップ 水術威力付きの武器を装備させることによって冷属性の回復術である「生命の水」の回復量を増加させることができます。 Sマライアの最重要目的ともいえるヒーラーとしての性能を大幅強化することができるため優先して獲得したい組み合わせです。 デルタ・ペトラの火力が大幅強化 SSアイシャは斧のSSスタイルで土術全体攻撃の「デルタ・ペトラ」を持ちます。 もとから知力補正はそこそこ高かったため、火力にも期待でき、打属性の全体攻撃はアタッカー性能を向上させてくれます。 さらに確率は低めですが、現状持っているスタイルが少ない石化を全体に付与できる点も優秀です。 ソーンバインドの火力が大幅強化 Sジャミルから継承できる「ソーンバインド」をSSジャミルに継承し、風小剣を持たせる組み合わせです。 斬属性では希少な全体攻撃を持つことができ、雑魚処理性能が向上します。 また、自身の攻撃時に確率でスタン耐性デバフとも相性がよく、素早さが早いため、先制で全体スタンを狙うことができる点が魅力です。 ファイアボールやフレイムウィップの火力を大幅強化 SSワグナスは槍スタイルながらファイアボールを習得する他、Sから継承できるフレイムウィップの火力にも大きく影響するため、運用するには火属性の槍がほぼ必須になります。 武器は大体3~4周に1本の確率でドロップしました。 そのため、約 3本に1本の確率で属性武器がドロップする計算になります。 属性武器は比較的ドロップする 上記の検証からもわかる通り、通常の属性武器は比較的高い確率でドロップします。 それでも属性は全6種類のため、狙いの属性を出すにはある程度周回は必要になりますが、根気良く周回していれば無理なく狙える確率になっています。 数値的にも 知力値1しか変わらないため、狙いの属性が出たら厳選終了でいいでしょう。 あとは能力値上げ周回のついでで狙うのが精神衛生上おすすめです。

次の

【ロマサガRS】打属性の能力上げ周回おすすめクエスト【ロマサガ リユニバース】

ロマサガrs 2属性

死海魚 【HP】27600【弱点】打・冷・雷【耐性】なし 死海魚にはマヒが有効です。 開幕でマヒさせてしまえば、事故率は0%です。 死海魚を撃破するまでに、毒魚にペチペチ攻撃されますが、まあ気にならないレベルでしょう。 死海魚が2回攻撃なので、デスシャークの撃破に時間をかけると全滅する可能性があります。 「強めの火力要員をたくさんいれるか、回復2枚で地道に攻略」の2択になるかと思います。 おすすめパーティ 以上の敵情報から、 ・高火力でサクッと周回してしまうパーティ ・火力役(打属性メイン)、マヒ役、スタン役、回復役の4ロールを詰めたバランスパーティ この2つが優秀かと思います。 もちろん上記でないとクリアできないわけではなく、安定度が高まる程度にお考えください。 サブミッション詰め合わせパーティ 陣形スペキュレイションで前3人を体術(サブミッション)で固めました。 後ろ2名は回復ですが、冷属性の攻撃もできるので火力的にはなかなかです。 適当に育成枠を1名入れても安定します。 ある程度育ってきたら、1人ずつSやAスタイルにチェンジしても安定しそうです。 戦闘力6000台のキャラだと頻繁にクルクルする印象があります。 4ロール詰め合わせパーティ 回復2名、火力1名、スタン1名、マヒ1名のラピッドストリームも安定感あります。 Aキャットでも火力として通用するので、この部分に適当な育成枠を入れるといいかと思います。 また白薔薇姫の部分も、ほとんど回復にしか役に立っていないのでウンディーネやソフィアでもOKかと。 最初はバーバラの位置にハリードを配置していたのですが、全滅したのでチェンジしました。 火力は大分減りますが、4ロール揃っていたほうが安定感が増すのは間違いないです。

次の

【ロマサガRS】【クエスト攻略】2章1話のおすすめクエストと各属性2倍期間中はここを回ると○(3/27更新)

ロマサガrs 2属性

【記事の補足】 各クエスト毎の素ステ上限値の数値は、 SSカタリナの旧上限値を基準に平均値を算出して記載しています。 能力上限の大体の目安として参考にしてください。 【前提】遠征「ジャングル奥地」でも到達可能 パーティ戦闘力30,000は遠征「ジャングル奥地」で遠征を繰り返しても到達できる育成ラインです。 チケットが余っているならスタメンキャラにガンガン使用し、次の のステップに進みましょう。 遠征「ジャングル奥地」解放条件の VH7-2-5のクリアがまだの場合は、下記に記載の戦闘力30,000が目指せるクエストを周回して育成し、VH7攻略を目指しましょう。 メインVH4-1-5. こちらは"VH4-1-5と比べて" スタミナ消費が少ない代わりに 副産物がないので一長一短です。 メインH6-1-5. ハードのため スタミナ消費が軽く、しっかりと育成されたSSコウメイやSSブルーがいれば他は誰でもいいので パーティの自由度が高いのも魅力です。 出現する敵こそ多いものの1体辺りのHPが少なく、 全体攻撃でまとめて処理できるため周回しやすいです。 ソフィアやゆきだるまなど棍棒で術を使用するキャラの強化に重要な要素になるので、能力上げと並行して属性厳選できるのが魅力です。 メインVH9-1-4. 所持しているキャラによっては VH7、8よりも周回しやすい場合もあります。 生存率をあげるためにも、副防具は 斬耐性を意識しましょう。 ラウンド1ではHPが低めのレブナントが5体出現するため、 全体攻撃持ちがおすすめです。 メインVH10-1-2. 編成の自由度も高い VH10-1-2は10話のベリーハード中でも難易度が低めでオートでも周回しやすいです。 メインVH10-1-3. メインVH11-1-2. 編成の自由度も高い VH11-1-2は11話のベリーハード中でも敵の出現数が少なく、オートでも周回しやすいです。 打アタッカーを育成しながら、打武器も厳選できるのが大きなメリットです。 メインVH11-2-3. 難易度は11-2-1より高めなので、小剣の厳選が終わったら11-2-1に戻るか、 12話周回に進むのがおすすめです。 メインVH12-2-2. 敵の攻撃もほぼ斬攻撃になっているため、ベースで斬耐性が高い 斬アタッカー主体で安定周回が可能です。 敵のHPが少ない代わりに出現数が多いので、 全体攻撃や 範囲攻撃キャラを編成して まとめて処理しましょう。 VH12-2-2では水杖と土杖がドロップするため、能力上げと同時に杖の能力厳選が可能です。 メインVH12-2-5. 出現数が少ないので、比較的周回も簡単で安定します。 敵が 縦一列攻撃を使用するので、体術キャラを編成する場合でも ラピットストリームは避けましょう。 VH12-2-5では光杖と闇杖がドロップするため、能力上げと同時に杖の能力厳選が可能です。 メインVH外伝-2-1. 強い攻撃がほぼ無いため、周回も簡単で安定します。 開幕で全体攻撃ができると、 シュラークをまとめて処理できるので、周回速度アップに繋がります。 メインVH外伝-2-4. メインVH13-2-2. また、1、3ラウンドの敵は陰弱点でもあるため、新ルージュも輝きます。 それぞれの引率役などは下記ページにてまとめていますので、参考にしてみてください。 HPに関しては表記の数字より伸びる可能性がありますが、「ここまではそれなりに上がりやすいよ」 というラインまでの数値で記載しています。 能力上限の大体の目安として参考にしてください。 この期間は対象キャラを育成するチャンスなのでスタミナ回復剤を効率良く使うようにしましょう。 素ステの上限値について 「素ステ」とはスタイル補正・装備補正等を除いた キャラの純粋なステータスのことです。 素ステはキャラ毎に上限値が決められており、中には同じキャラでもスタイル事に上限値が異なる例もあります。 1例としてSとAで器用さの育成傾向が違うクローディアの場合、Sの器用さは旧上限値 51に対し、Aは旧上限値 54まで伸びます。 このように、キャラを限界まで育成するには育成傾向の違う スタイルを切り替えて能力上げを行う必要があります。 HPは周回数、能力値はより高難度を周回 HPは他の能力値に比べて上昇幅が大きいため、比較的低めの難易度のクエスト周回でも上がりやすいです。 逆に能力値は、最大値に近づくに連れて、より高難度のクエストでない限り上がらなくなってきます。 そのため、HPだけ上げたいのであれば少し難易度を落として 周回数を稼ぎ、能力値を上げたい場合はさらに上の難易度での周回に切り替えるのがおすすめです。 ベリーハードで武器集めと合わせて周回 ベリーハードでドロップするS武器には能力付き武器があるため、能力の厳選も兼ねることでパーティを一気に強化することができます。 周回するクエストを厳選したい武器種がドロップするクエストから選ぶのもありです。 そもそも能力上げとは? 能力上げとは"キャラ"の"基本能力値"を上げること 「能力上げ」とはクエストをクリアした時に成長するキャラクターの 基本能力値を上昇させることです。 スタイルのレベル上げなどとは別にキャラクターを強化することができるため、より高難度のクエストを攻略する上で非常に重要なポイントです。

次の