レモン ドライ フルーツ 作り方。 ドライフルーツ手作り作り方、自宅で簡単、材料とコツとは?

ハーバリウム ドライフルーツから手作りして作るには コツはこれ‼

レモン ドライ フルーツ 作り方

さっそく作り方を紹介します。 【材料】 レモン2~3個 レモンの皮もそのまま使うので、防腐剤やワックスが使われていない 国産レモンを使うのがオススメです。 【作り方】 1. レモンを5mmくらいの輪切りにして、種は取り除きます 2. キッチンペーパーの上に乗せて、レモンの水分を拭き取ります 3. オーブンシートを敷いた天板にレモンを並べます 4. オーブンを止めて、そのまま1時間~2時間置いておきます 6. ・逆にレモンが厚い場合には、時間を2~3分長めにして調整してください。 【保存方法】 手作りのドライフルーツは、長期の保存にはむいていないので 暑くなるこれからの季節は冷蔵庫に入れて、10日間くらいが目安です。 ドライレモンを作っておけば 紅茶やお湯に、ポンっと入れるだけで お手軽にビタミンCが摂れますね^^ レモンには疲労回復の効果があるクエン酸も多く含まれているので ホットハチミツレモンもオススメです。 ただ、レモンの皮には多くのビタミンCが含まれている反面、 紫外線を吸収しやすくしてしまうソラレンという物質も含まれているので、 朝にはあまり摂らない方が良いそうです。

次の

果物を切って干すだけ。自家製「ドライフルーツ」の作り方

レモン ドライ フルーツ 作り方

スポンサーリンク ドライフルーツって自分では作れないの? ドライフルーツは販売されているものを買う!というイメージが強いですよね。 html そんな気持ちに駆られてしまったら、とにかく作り方を調べるしかありません! 調べていけば、ドライフルーツを家で作れるのか作れないのか…答えはおのずと見つかるはず。 ということで、早速、調べてみたのです。 どうやら、フルーツを天日で乾燥させて保存食として利用するというのは、大昔からあるみたい! もしかして、『 』で紹介したような良さが、古くから知られていたとか? だって、紀元前数千年前という昔々、メソポタミア文明やエジプト文明のあたりまで遡れるみたいだもの。 どちらも気候は乾燥地帯を含みますよね? つまり、天日干しに適した地だったってことかな? いずれにしても、そんな大昔からあるならば、現代人が家でドライフルーツを手作りすることも可能なのでは? 実際、ネット上で『ドライフルーツ 手作り』をキーワードに調べると、あるある! 『』 オーブンでドライフルーツを作っちゃおう! さて、ドライフルーツは生のフルーツを乾燥させなくてはなりません。 ということで、まず、頭に思い浮かぶのは、家電のオーブン! これなら、ドライフルーツ作りに役立つのではないでしょうか。 seesaa. html ちょっと調べてみたのですが、意外にも簡単そうでした! これなら初挑戦になる私でも、うまくいくかもしれない! 1 オーブンの天板にクッキングシートを乗せる。 2 お好みのフルーツを薄切りにする。 ・ リンゴやぶどう類は皮付きのまま ・ バナナやキウイフルーツ等は皮を剥いでから。 ・ オレンジやみかん類は、皮もドライフルーツとして食せる。 (ぶどうは二等分くらいで構わない) 3 温度設定は100~110度くらい、余熱をしないで、そのまま焼き始める。 4 1時間くらい焼いたら、反対に返して、更に30分くらい焼いたら出来上がり~! とオーブンさえあれば思ったよりも簡単に作れそうですね。 スポンサーリンク 電子レンジでドライフルーツを作っちゃおう! 次に、便利で重宝している人も多そうな電子レンジ! この電子レンジでドライフルーツを作ることができれば、更に使い勝手が広がる家電ではないでしょうか。 rakuten. ・ リンゴやぶどう類は皮付きのまま ・ バナナやキウイフルーツ等は皮を剥いでから。 ・ オレンジやみかん類は、皮もドライフルーツとして食せる。 (ぶどうは二等分くらいで構わない) 2 1で切ったフルーツの水分をクッキングペーパー等で吸収させる。 3 別のクッキングペーパー2~3枚を重ねて耐熱皿に敷き、1のフルーツを並べる。 4 30~60秒ずつレンジにかけていくが、かけるたびにクッキングペーパーを新しいものと取り替える。 5 余分な水分が飛んで乾燥したら出来上がり! なんと電子レンジでも作れてしまうんですね。 これなら簡単に試せそうですね。 html まず、オーブンについてです。 片面に1時間、もう一方の面に30分ほどの時間をかけて、じっくりと焼いていきますよね。 このじっくりと焼き上げていくスタイルは、短時間でフルーツの水分をしっかり飛ばしてくれるのでは? フルーツの甘みをぎゅっと濃縮しながらも、カリッとジューシーな食感を味わえそう! 次に、電子レンジです。 ちょっとした前準備で余分な水分をクッキングペーパーに吸い取らせることが必要になりますよね。 しかし、30~60秒ずつレンジにかけることを数回繰り返すだけですから、便利! あっという間に憧れのドライフルーツが作れそう! どちらも美味しく仕上がりそうですね。 ただし、時間が無い等の状況でドライフルーツを手作りするならば、 オーブンよりも電子レンジが良いかも。 しかし、じっくり焼いて、しっかり乾燥してるドライフルーツが良いなら、オーブンかな? 自分で作るのも楽しそうでしたが、手軽におすすめのドライフルーツを摂取したい!という方は、 もチェックしてみて下さいね。 本日のおさらい ドライフルーツは、オーブンや電子レンジでも作ることができます! オーブン利用でも電子レンジ利用でも、双方それぞれに美味しいドライフルーツを手作りできるのが嬉しいですね。 もちろん、しっかりと乾燥させたいのならオーブンでしょう。 また、時間があまりない場合には、電子レンジを使ったもので構いませんよ。 『 』 色々なフルーツをドライフルーツに変身させちゃいましょう! やっぱり毎回手作りは面倒だな・・・と感じる方にはこちらもおすすめです。 ナッツやドライフルーツが種類豊富に揃っていて迷ってしまうぐらいです。 ダイエット中の方や健康おやつをお探しの方は試してみてくださいね! スポンサーリンク•

次の

健康・美容効果がいっぱいのドライフルーツ!おすすめの食べ方は?

レモン ドライ フルーツ 作り方

手作りドライフルーツの特徴 自分の手でつくるドライフルーツは、 とにかく食品本来の味が楽しめます。 一般的に売られているドライフルーツは、工場などで大量生産されているものも多く、より安全な保管方法として防腐剤や添加物をいれる場合があります。 甘みをひき出すために甘味料を混ぜているものもありますから、 本来果物が持っている良さを十分に味わえないこともあります。 その点 1つずつ手作業で行う手作りドライフルーツは、果物が持っている本当の味を堪能でき、安全であることから人気を得ています。 手作りドライフルーツのメリット ドライフルーツを手作りするメリットは、 自分の好みの果物を好きな量だけ作れるという事。 そして先ほども少し紹介したように、自分で作っている為 添加物や甘味料などの心配がないという所にあります。 いつも新鮮なドライフルーツを食べられるので、よりおいしさを実感できますよね。 自分だけの オリジナルドライフルーツを作ることもできます。 素材本来の味を活かしてつくったり、お菓子作りに使うから少し甘めにしてみようなど、 味を調節できるのもメリットといえるでしょう。 手作りドライフルーツの注意点 ドライフルーツは 直ぐにできるものではありません。 じっくり時間をかけて作るものなので、その覚悟が必要です。 また様々なつくり方がありますが、 電化製品を使用して作るものもあるので、電気代がいつも以上にかかってしまう場合もあります。 1回で成功するとは限らない為、通常にドライフルーツを 買うよりもコスパが悪くなってしまう場合もあります。 「最初は失敗するもの」くらいの気持ちで取り組むと良いかもしれませんね。 ドライフルーツの作り方 ドライフルーツを作る方法は以下の4通りです。 天日干し• 電子レンジ• オーブン• 天日干しで作るドライフルーツの作り方 まずオーソドックスな天日干しでのつくり方を紹介していきます。 用意するものは、 天日干しネットまたは平らなザルです。 天日干しは自然の太陽光を使うので、より 自然なドライフルーツにできるのが特徴です。 機械を使わない分誰でもすぐ取り組める方法です。 まずは 果物を水洗いして、お好みで皮をむいておきます。 リンゴなどは切った瞬間から酸化がおこってしまうので、塩水に15分ほど浸しておきましょう。 キッチンペーパーなどで しっかり水気をとり、重ならないように広げていきます。 ここまではこのあと出てくる作り方でも同じ工程になります。 晴れの日には 直射日光があたる時間だけ天日干しして、それ以外の時間は室内で保管してください。 30分に1回など時間を決めて裏返していきます。 これを 約2週間ほど続ければ完成です。 カビが生えてしまう恐れがあるので、湿気の多い 梅雨時期はさけてください。 天日干しは自然光の力のみで作るので水分のとびやすい、リンゴやパイナップルがオススメです。 電子レンジで作るドライフルーツ作り方 一家に一台はある電子レンジ。 実は 電子レンジでもドライフルーツを作ることが出来るんです。 難しい作業はいらないのでお子さんでもチャレンジすることができますよ。 スライスまで終了したら、 耐熱皿を用意しクッキングペーパーを2枚ほど敷きフルーツを並べます。 1分ずつレンジで温めたら取り出し、また新しいクッキングペーパーを敷きます。 水分が完全に飛ぶまで繰り返すだけなのでかなり簡単なのですが、クッキングペーパーを大量に使うので 果物の他に別途費用がかかってしまいます。 簡単に水分を飛ばすことができるので、 水分量の多い柑橘系や桃などはレンジで作る方法がオススメです。 オーブンで作るドライフルーツ作り方 オーブンは100度を超える空間をつくることが出来るので、一度スタートボタンを押したらあとは 出来上がるのを待つだけという手間のかからなさが魅力です。 果物をスライスし終わったらオーブンシートをひいた天板に重ならないように並べます。 予熱はいらないので 100度で約1時間ほど乾燥させていきます。 1時間たったら裏かえして、さらに40分ほど乾燥させます。 あくまでも目安の時間なので、 水分が抜けきらなかった場合はもっと時間をかけましょう。 若干香ばしく仕上がる傾向があるので、 バナナやアプリコットなどがオススメです。 ドライフルーツメーカーで作るドライフルーツ作り方 ドライフルーツメーカーというのは、別名 食品乾燥機です。 今では4000円前後で手に入るので、購入してみても良いかもしれません。 ドライフルーツをよく食べる方は、この作り方がオススメ。 まず果物の準備は天日干しとおなじ作業になります。 スライスした果物をドライフルーツメーカーに並べるだけ。 機械によって多少の差はありますが、 基本的には一度入れてしまえばあとは出来上がるのを待つだけです。 失敗が少ないというのがメリットなのですが、ずっと電気を使う事になるので、 電気代は上がってしまいます。 容器に入れて乾燥させるので、転がりやすい チェリーやブドウなどを作るのがオススメです。

次の